オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
[TGS 2019]日本におけるeスポーツ拡大の鍵は「ゲーミングカフェ」? BenQとパートナー企業が普及に向けてタッグを組む
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2019/09/15 15:39

イベント

[TGS 2019]日本におけるeスポーツ拡大の鍵は「ゲーミングカフェ」? BenQとパートナー企業が普及に向けてタッグを組む

画像(006)[TGS 2019]日本におけるeスポーツ拡大の鍵は「ゲーミングカフェ」? BenQとパートナー企業が普及に向けてタッグを組む
 東京ゲームショウ2019のビジネスソリューションコーナーに,ゲーマー向け周辺機器でお馴染みのBenQの日本法人であるベンキュージャパンがブースを構えていた。BenQのブースというからには,「BenQ ZOWIE」ブランドのゲーマー向け液晶ディスプレイや入力デバイスを並べているのだろうと足を運んでみたところ,確かに製品展示もあるものの,今回は製品はメインではないのだという。

BenQブースには,同社の液晶ディスプレイやサードウェーブのゲーマー向けPCブランド「GALLERIA」のデスクトップPCが並んでいる。ただし,今回の主役はこうしたハードウェアでないという
画像(002)[TGS 2019]日本におけるeスポーツ拡大の鍵は「ゲーミングカフェ」? BenQとパートナー企業が普及に向けてタッグを組む

BenQ ZOWIEブランドのキーボードやマウス,マウスパッドなどを詰め込んだ巨大アタッシュケース。こちらも今回のメインではない
画像(004)[TGS 2019]日本におけるeスポーツ拡大の鍵は「ゲーミングカフェ」? BenQとパートナー企業が普及に向けてタッグを組む

 BenQがテーマとしたのは「ゲーミングカフェ」。ゲームプレイに重点を置いたネットカフェのことである。
 とくに韓国や中国では,「PC房」(ピーシーバン)と呼ばれるゲーミングカフェが2000年代初期から数多く存在しており,PCゲームの普及促進に欠かせない存在だった。筆者も韓国で取材したことがあるが,Samsung Electronicsのような超大手エレクトロニクス企業が運営するチェーン店もあるほどで,学生や家族連れで賑わっていたものだ。

 もちろん日本にも,呼び名はいろいろだがゲーミングカフェに類する店舗はあちこちにある。ただ,広く普及して多くのゲーマーが足を運ぶようなほどではない。普及が進まなかった理由はいろいろあるだろうが,国内においてPCゲームが据え置き型ゲーム機のゲームほど普及していない理由の1つに,ゲーミングカフェの不在を挙げる声は少なくなかった。

 BenQは,日本においてゲーミングカフェの不在が続くことは,世界的には主役であるPCゲームベースのeスポーツの普及を阻害すると考え,その解決のために立ち上がったのだという。そして,「e-sports SQUARE AKIHABARA」やさまざまなeスポーツ関連イベントの運営を手がけるRIZeST,ネットカフェ運営事業やイベント事業,コンテンツ流通事業を手がけるテクノブラッドとタッグを組んで,ゲーミングカフェのビジネスに取り組みたいと考えている事業者に対する支援を行う取り組みを始めた。今回のブース出展は,その取り組みをアピールするためのものというわけだ。

 ブースでは,BenQ製のディスプレイやデバイス類,eスポーツ関連事業にも力を入れているサードウェーブのゲーマー向けPC,そしてテクノブラッドが開発したゲーミングカフェ向けコンテンツ配信システムとなる「デスクトップランチャー」などを組み合わせたデモを展示していた。ゲーミングカフェの運営に必要となる基本的なシステムのサンプル事例を見せる内容だ。

ゲーミングカフェの環境をイメージした展示
画像(003)[TGS 2019]日本におけるeスポーツ拡大の鍵は「ゲーミングカフェ」? BenQとパートナー企業が普及に向けてタッグを組む

画面では,テクノブラッド製のデスクトップランチャーが動いていた。ゲーミングカフェで使うPCにこれをインストールして,来場者が操作する入り口にするわけだ
画像(005)[TGS 2019]日本におけるeスポーツ拡大の鍵は「ゲーミングカフェ」? BenQとパートナー企業が普及に向けてタッグを組む

 ただ,ブースで直接商談をするというわけではなく,興味持った事業者に対しても,BenQ製品の購入を必ず求めるということもないそうだ。あくまでもゲーミングカフェ事業に取り組んでみたいという事業者に対してのサポートを提案し,事業実施へのハードルを下げることで,日本におけるeスポーツの普及を目指すというのが,BenQの狙いとのことだった。

 加えて,BenQとRIZeST,そして京都を基盤にeスポーツ事業に取り組むスサノオは共同で,9月13日に行われたTGSフォーラムにて,「eスポーツ参入への第一歩」と題した講演を行った。講演もまた,3社のeスポーツビジネスへの取り組みを説明したうえで,ゲーミングカフェ事業への参加を呼びかけるものだった。

BenQにてアジア太平洋地域におけるeスポーツ事業のビジネスマネージャーを担当するGavin Wu氏は,各国におけるBenQのゲーミングカフェ事業を説明した。方向性は異なるが,パートナー企業とともにこのようなゲーミングカフェが日本でも広がるように支援するというのが,今回の出展でBenQがアピールしたい点である
画像(007)[TGS 2019]日本におけるeスポーツ拡大の鍵は「ゲーミングカフェ」? BenQとパートナー企業が普及に向けてタッグを組む

 BenQは世界市場においてもeスポーツ事業への支援を行っているので,今回の取り組みもグローバルで展開している社を挙げた取り組みなのかと思ったが,ブースの担当者によるとそうではなく,あくまでも日本法人独自の活動であるという。パートナー企業として,日本のRIZeSTやテクノブラッド,サードウェーブと組んでいるのも,日本のニーズに合わせたサポートができる企業であるからだろう。

 すぐに結果が出るようなものではなく,長期的な視点が必要な難しい取り組みだとは思うが,PCゲームとeスポーツの裾野を広げるものとして歓迎したい。

BenQ日本語公式Webサイト


4Gamerの東京ゲームショウ2019特設サイト

  • 関連タイトル:

    ZOWIE(旧称:ZOWIE GEAR)

  • 関連タイトル:

    XL,XR,RL

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:11月17日〜11月18日
タイトル評価ランキング
81
KENGOHAZARD2 (PC)
76
鬼ノ哭ク邦 (PC)
74
2019年05月〜2019年11月