オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
Tt eSPORTS,フルカラーLED搭載のゲーマー向けキーボード「POSEIDON Z RGB」を国内初披露。7月発売で想定売価は1万3000円程度に
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2015/04/07 19:13

ニュース

Tt eSPORTS,フルカラーLED搭載のゲーマー向けキーボード「POSEIDON Z RGB」を国内初披露。7月発売で想定売価は1万3000円程度に

Tt eSPORTS
 2015年4月7日,Thermaltake Technology(以下,Thermaltake)は,都内にて,販売代理店のアスクと合同で事業戦略・新製品発表会を開催した。発表会のメインは液冷対応や静音設計を売りとしたPCケース新製品だったが,4Gamer的に注目すべきは,日本初公開となる新型ゲーマー向けキーボード「POSEIDON Z RGB」だ。本製品は,“Cherry青軸風”キースイッチを採用したLEDバックライト搭載キーボード「POSEIDON Z Illuminated」のバリエーションモデルで,LEDが約1677万色対応となったのが特徴となっている。
 世界市場における正式な発表は,2015年6月に開かれる「COMPUTEX TAIPEI 2015」のタイミング,国内発売は2015年7月をそれぞれ目標にしているとのこと。販売代理店想定売価は1万3000円前後となるもようだ。本稿では,この新型キーボードをレポートしよう。

POSEIDON Z RGBの英語配列モデル。国内販売モデルは日本語配列になるそうだ
Tt eSPORTS

 ベースとなったPOSEIDON Z Illuminatedと同様に,POSEIDON Z RGBは,シンプルなデザインを採用したキーボードとなっている。フルカラーLEDを採用するゲーマー向けキーボードといえば,カスタマイズ可能な追加キーやボタン類を備えた,大柄で高価な製品が多い傾向にあるが,POSEIDON Z RGBはそうした追加キーの類を持たない。本体右上に[Windows]キーの無効化キーを備えている以外,特殊なキーの類はないので,サイズも比較的コンパクトだ(※POSEIDON Z Illuminatedのサイズは440(W)×133(D)×37(H)mm)。

LEDバックライトがフルカラー対応になっていることを除けば,見た目はPOSEIDON Z RIlluminatedと変わらない。マクロ用キーやマルチメディアキーの類を持たないシンプルなキーボードだ
Tt eSPORTS Tt eSPORTS

キートップを外してみると,Cherry MX Blueによく似たキースイッチが使用されていた。LEDが軸の上側に付いたオーソドックスな形状をしている
Tt eSPORTS
 発表会場には製品の資料がなにもなかったので,採用するキースイッチや同時押し関連の仕様はまったく分からなかった。
 そこで展示機材のキートップを外してみたところ,“Cherry青軸風”のメカニカルキースイッチが姿を現した。スイッチを覆うカバーの表面に「Kailh」の刻印があったので,中国Kaihua Electronics製と思われるメカニカルキースイッチのようだ。
 なお,POSEIDON Z Illuminatedには,Cherry青軸風に加えてCherry茶軸風キースイッチを採用した製品も用意されていたのだが,POSEIDON Z RGBにも茶軸風キースイッチモデルが登場するのかどうかはまだ分からない。

 フルカラーLEDバックライトを備える他社製キーボードには,さまざまな発光パターンを選択したりカスタマイズしたりできる点を特徴とするものが多いが,POSEIDON Z RGBもその例に漏れない。ちょっと面白いのは,[Fn]キーとメインキーの[1]〜[0]キーを同時に押すことで,発光パターンを随時切り替えられるという点だ。

 現場での説明によると,[Fn]キー+[1]〜[9]キーまでのそれぞれに異なる発光パターンが割り振られており,[Fn]キー+[0]キーはリセットになるとのことだった。展示機で試してみたところ,全キーが同じ色で光ったり,色が次々と変化したりといったパターンのほかに,押したキーの左右方向に光が流れるような,ちょっと変わったパターンも用意されていた。
 いずれかのキーを押すと,キーボード全体に模様が描かれたように光るというパターンもあり,その発光パターンはユーザーがカスタマイズできるということだ。ただ,展示機材が接続されていたPCでは,特別なドライバソフトがインストールされていなかったため,カスタマイズ機能は確認できなかった。

Tt eSPORTS
[Fn]キーと[1]〜[0]キーの同時押しで,キーボードバックライトの発光パターンを随時切り替えられるのがポイントだ
Tt eSPORTS
発光パターンは設定ソフトウェアでカスタマイズも可能とのこと。展示機では,なにやら不思議な配置で光るパターンが用意されていた

本体底面。5つの大きなゴム足と,高さ調整可能なスタンドが用意されていた
Tt eSPORTS
 POSEIDON Zシリーズは,シンプルなキーボードを求めるゲーマーに好評だったとアスクの担当者は話していた。フルカラーLEDバックライトを採用するゲーマー向けメカニカルキーボードとしては比較的安価になりそうなので,POSEIDON Z RGBは,「カラフルなLEDに興味はあるけど,他社のは高すぎる」という人に喜ばれるのではないだろうか。

 ちなみに,Thermaltakeのゲーマー向けキーボードには,金属製の交換用キートップ「METALCAPS」が用意されており,話題になったこともある。それを受けて,POSEIDON Z RGB用として,バックライトが透過するようにデザインされた金属製キートップの発売が予定されているとのことだ。七色に光る金属製キートップのキーボードというのも,なかなか個性的で面白いかもしれない。


静音性重視のミニタワー型PCケース「Mute F51」


 発表会では,PCケースの新製品として,静音性を重視したミニタワー型PCケース「Mute F51」という製品が,世界に先駆けて日本で初披露された。正式な発表はこちらもCOMPUTEX TAIPEI 2015の時期になるという。
 海外では「ThermaltakeのPCケースはうるさい」といわれることもあったので,とくに静音性に気を配って設計された製品とのこと。左右側面や天面,前面のそれぞれ内側に,防音素材のシートが貼り付けられているのが特徴のようだ。取り立ててゲーマー向けといえるような特徴はないが,静音性を重視したPCケースの導入を検討している人は,覚えておくといいかもしれない。

静音性重視の新型PCケースであるMute F51(左)。右写真は本体右側面に取り付けるプレートの内側で,防音用のシートが貼られている
Tt eSPORTS Tt eSPORTS

天板部には,マグネット固定式のシートが貼られている(左)。これを外したうえで,内側にネジ止めされた防音シート付きの板を外すと,天板側に空冷ファンを取り付けたり,液冷用ラジエターを外側に取り付けたりできるようになる。本体内部の前面側にあるストレージ用ベイは,取り外し可能になっていた(右)
Tt eSPORTS Tt eSPORTS

アスクのTt eSPORTS製品情報ページ

Tt eSPORTS 公式Webページ(英語)

  • 関連タイトル:

    Tt eSPORTS

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:11月19日〜11月20日
タイトル評価ランキング
81
KENGOHAZARD2 (PC)
76
鬼ノ哭ク邦 (PC)
74
73
DEATH STRANDING (PS4)
56
Epic Seven (iPhone)
2019年05月〜2019年11月