オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
RTX 2080 Max-Q搭載で薄さ18.95mm,重量2.25kgのゲーマー向けノートPCをMSIが発表。「GS75 Stealth」
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2019/01/08 20:43

ニュース

RTX 2080 Max-Q搭載で薄さ18.95mm,重量2.25kgのゲーマー向けノートPCをMSIが発表。「GS75 Stealth」

 北米時間2019年1月7日,MSIは,CES 2019会場の同社ブースでプレスイベントを行い,その場で,NVIDIAのノートPC向けGeForce RTX 20シリーズGPU採用ノートPCを多数披露した。
 そのなかでも,MSIが時間のほとんどを割いて説明したのが,17.3型筐体に「GeForce RTX 2080 with Max-Q Design」(以下,RTX 2080 Max-Q)を搭載する「GS75 Stealth」だ。

GS75 Stealth
画像(002)RTX 2080 Max-Q搭載で薄さ18.95mm,重量2.25kgのゲーマー向けノートPCをMSIが発表。「GS75 Stealth」


「17.3型のRTX 2080搭載機として世界最薄かつ最軽量」を謳うGS75 Stealth


 MSIのゲーマー向けノートPCラインナップでは,薄型軽量かつ高性能を志向した製品に「GSxx Stealth」という名が付いている。今回のGS75 Stealthは,筆者の記憶にある限り本シリーズとして始めて17.3インチ液晶パネルを採用した製品なのだが,注目すべきは畳んだ状態の約18.95mmという厚さ,そして約2.25kgという重量だ。MSIはこの数字を基に,GS75 Stealthを「17.3型のRTX 2080搭載ノートPCとして世界最薄かつ最軽量」(World's 1st 17" ThinLight Gaming Laptop With GeForce RTX 2080)と主張している。

側面から見ると,ボディの薄さがよく分かる
画像(005)RTX 2080 Max-Q搭載で薄さ18.95mm,重量2.25kgのゲーマー向けノートPCをMSIが発表。「GS75 Stealth」 画像(004)RTX 2080 Max-Q搭載で薄さ18.95mm,重量2.25kgのゲーマー向けノートPCをMSIが発表。「GS75 Stealth」

 MSIによると,薄さと軽さに並ぶ,もう1つの大きな特徴は,液晶ディスプレイの額縁(bezel,ベゼル)部分をギリギリまで短くしたという4辺狭額縁デザインにある。
 液晶パネルの左右と上側のベゼルを薄くした3辺狭額縁デザインなら,決して珍しいものではないが,GS75 Stealthでは,液晶パネル下側も短くしたのがポイントだそうだ。正直なところ,開いたときの液晶パネル下側にくる額縁は「びっくりするほど細い」わけではないのだが,左右の額縁は約5.2mmしかなかったりするので,全体としては十分に狭額縁だと言えるレベルだと思う。

同じサイズの液晶パネルを採用するMSIの従来製品と比較したスライド。開いたときの液晶パネル下側はそこまで狭額縁という印象もないが,全体としては間違いなく狭額縁デザインだ
画像(008)RTX 2080 Max-Q搭載で薄さ18.95mm,重量2.25kgのゲーマー向けノートPCをMSIが発表。「GS75 Stealth」

 GS75 Stealthは,詳細未公開ながらCPUに第8世代Core i7プロセッサを組み合わせてあり,CPUも相応に発熱量が大きくなっている。そこでMSIはその対策として,GS75 Stealthで新しい冷却機構「Cooler Boost Trinity+」を採用した。
 いまどきのゲーマー向けノートPCでは,筐体の後部左右に空冷ファンを2基装備したうえて,CPUやGPUが発した熱を複数本のヒートパイプで空冷ファンのヒートシンクにつなげる冷却構造を採用する製品が珍しくない。それらに対してCooler Boost Trinity+では,冷却ファンを3基,ヒートパイプを7本も使う独自の機構を採用することで,薄型筐体でも高性能なGPUとCPUを搭載したうえで十分なレベルの冷却を行えるようになったという。

Cooler Boost Trinity+の冷却機構を取り外した状態(左)。CPUやGPUから熱を奪って熱くなった空気は,左右側面後端と背面の排気孔(右)から外に排出されるそうだ
画像(006)RTX 2080 Max-Q搭載で薄さ18.95mm,重量2.25kgのゲーマー向けノートPCをMSIが発表。「GS75 Stealth」 画像(007)RTX 2080 Max-Q搭載で薄さ18.95mm,重量2.25kgのゲーマー向けノートPCをMSIが発表。「GS75 Stealth」

GS75 Stealthでゲームのプレイを披露するJdotB氏
画像(010)RTX 2080 Max-Q搭載で薄さ18.95mm,重量2.25kgのゲーマー向けノートPCをMSIが発表。「GS75 Stealth」
 この件について,イベントのゲストとして登壇したプロゲーマーのJdotB氏は,ステージ上でGS75 Stealthを使って「Battlefield V」のプレイを披露。自分が使っているデスクトップPCと比べても性能面では遜色がないと述べ,サーマルスロットリングによる性能低下がないことをアピールしていた。

 なお,冒頭でも簡単に紹介した17.3インチの液晶パネルは,解像度1920×1080ドット,垂直最大リフレッシュレート144Hz対応でIPS方式のもの。MSIがそのほか,従来製品比でタッチパッドの面積が35%増えたことと,搭載するDynaudioブランドのスピーカーで最大音量が10dBA上がったことを新要素として挙げていたことは付記しておきたい。

GS75 Stealthの主な特徴を列挙したスライド
画像(009)RTX 2080 Max-Q搭載で薄さ18.95mm,重量2.25kgのゲーマー向けノートPCをMSIが発表。「GS75 Stealth」

 MSIの日本法人であるエムエスアイコンピュータージャパンによると,GS75 Stealthは2019年2月上旬にも国内発売の予定があるとのことだ(関連記事)。ただ,価格はいまのところ明らかになっていない。

●GS75 Stealthの主なスペック
  • CPU:第8世代Core i7プロセッサ(詳細未公開)
  • チップセット:未公開
  • メインメモリ:未公開
  • GPU:GeForce RTX 2080 Max-Q Design
  • ストレージ:PCIe M.2接続SSD×2,Serial ATA M.2接続SSD×1,Serial ATA接続2.5インチSSD×1
  • パネル:17.3インチIPS液晶,解像度1920×1080ドット,垂直最大リフレッシュレート144Hz
  • 無線LAN:IEEE 802.11ac(Killer製,詳細未公開)
  • 有線LAN:1000BASE-T(Killer製,詳細未公開)
  • 外部インタフェース:詳細未公開
  • スピーカー:内蔵2chステレオ
  • マイク:未公開
  • インカメラ:未公開
  • バッテリー容量:バッテリー駆動時間 最大約8時間
  • ACアダプター:付属(出力未公開)
  • 公称サイズ:396.1(W)×259.5(D)×18.95(H)mm
  • 重量:約2.25kg
  • OS:64bit版Windows 10 Home

MSI公式Webサイト

  • 関連タイトル:

    G Series

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:07月20日〜07月21日