オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
NVIDIA,ノートPC用GPUの新製品「GeForce 500M」発表。ミドルクラス向け
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2011/01/06 06:00

ニュース

NVIDIA,ノートPC用GPUの新製品「GeForce 500M」発表。ミドルクラス向け

GeForce 500M
 日本時間2011年1月6日6:00,NVIDIAは,開発コードネーム「Sandy Bridge」として知られるCore i7・i5・i3-2000番台が登場するのに合わせ,ノートPC向け単体GPUの新製品シリーズ,「GeForce 500M」を発表した。

 北米時間の2011年1月5日に米ネバダ州ラスベガス市で発表会が開催されることもあり,今回明らかになったのは製品概要のみだが,発表当初のラインナップは下記5モデルとなる。

  • GeForce GT 555M(以下,GT 555M):
    144 CUDA Cores,コア590MHz,シェーダ1180MHz,192bit GDDR5/DDR3,メモリ2500MHz(GDDR5)/1800MHz(DDR3)相当
  • GeForce GT 550M(以下,GT 550M):
    96 CUDA Cores,コア740MHz,シェーダ1480MHz,128bit GDDR5/DDR3,メモリ1800MHz相当
  • GeForce GT 540M(以下,GT 540M):
    96 CUDA Cores,コア672MHz,シェーダ1344MHz,128bit GDDR5/DDR3,メモリ1800MHz相当
  • GeForce GT 525M(以下,GT 525M):
    96 CUDA Cores,コア600MHz,シェーダ1200MHz,128bit GDDR5/DDR3,メモリ1800MHz相当
  • GeForce GT 520M(以下,GT 520M):
    48 CUDA Cores,コア700MHz,シェーダ1400MHz,64bit GDDR5/DDR3,メモリ1600MHz相当


「GT」5製品が登場したGeForce 500M

「GTX」はGeForce 400Mシリーズが継続


 以上,「GT」クラスの5モデルが登場したGeForce 500Mは,TSMCの40nmプロセスで製造されることが発表されているが,これらがデスクトップPC向けのGeForce GTX 500シリーズと同様に,新設計のシリコンを用いたものなのか,GeForce 400Mシリーズのリネーム品なのかは明らかになっていない。
 ただ,NVIDIAが公開した製品イメージからは,

  • GT 555Mが「GeForce GT 445M」と
  • GT 550MとGT 540M,GT 525Mが,「GeForce GT 435M・425M・420M」と
  • GT 520Mが「GeForce 410M」と

それぞれピン互換を保っていることは見て取れる。

GeForce 500M
GT 555M
GeForce 500M
GT 550M
GeForce 500M
GT 540M
GeForce 500M
GT 525M
GeForce 500M
GT 520M

GeForce搭載ノートPCの80%以上がOptimusをサポートするとNVIDIAは予告
GeForce 500M
 気になる3D性能は,NVIDIAが公開した「Sandy Bridgeの統合型グラフィックス機能との比較データ」によると,GT 540Mで2.5〜4倍,GT 520Mで1.5〜2倍に達するとのこと。
 また,GeForce 500Mシリーズを搭載したノートPCの80%以上が,「Optimus」により,Sandy Bridge統合型グラフィックスとの間でシームレスな処理切り替え機能を有効にする予定だという。GT 540M以上では,3D Visionなどによる3D立体視にも対応するため,立体視対応ノートPC向けとしても最適とNVIDIAはアピールしている。

グラフのバーは青が「AnandTechのベンチマークデータを参考にした」(NVIDIA)という,「Core i5-2400/3.10GHz」のもの。黄緑がGT 520M,緑がGT 540Mとなっている
GeForce 500M

2011年1月時点におけるノートPC向けGeForceのラインナップ。最上位にGeForce GTX 485Mが追加されるほか,GeForce GTX 470M&460Mは継続販売される
GeForce 500M
 このGeForce 500Mシリーズの投入に合わせて,NVIDIAはノートPC向けグラフィックスチップのラインナップを一新。最上位には「GeForce GTX 480M」の後継となる「GeForce GTX 485M」を投入し,その下に従来製品「GeForce GTX 470M」「GeForce GTX 460M」を据えたうえで,ミドルクラスをGeFoce 500Mで固めることになった。
 なお,エントリー向けのGeForce 410Mと同315Mは継続販売される。

※一部筆者推測。メモリクロック表記はNVIDIA式に倣った

 「CPUが性能向上しただけでは不十分。よりよいGPUを組み合わせてこそ,リッチなユーザー体験を実現できる」というスタンスで,NVIDIAは,Sandy Bridge世代のノートPCに,GeForce 500Mシリーズを売り込んでいく。

GeForce 500M
よりよいCPUとGPUの組み合わせこそ,すばらしいユーザー体験をもたらすとして,Sandy Bridgeには最新のGeForceシリーズを組み合わせるべきだとアピールするスライド
GeForce 500M
主要ソフトウェアデベロッパも,GPUの重要性を認識しており,GPUによるアクセラレーションによって,より多くのCPUリソースを使えるようになり,ソフトウェアの処理速度も向上するという

Sandy Bridge世代のノートPCでは,200以上のGeForce搭載モデルが登場予定。その数はすでに2010年の実績を60%以上上回っているという
GeForce 500M
 NVIDIAのノートPC向けGPU部門にとって,2010年は,世界シェア上位5社のノートPCベンダーのうち4社でGPUが採用されるなど,大きな成功を収めた年になった。
 しかし,2011年の採用例はすでに200機種以上。これは,2010年の採用例をすでに60%上回っているとのことなので,これまで以上にGeForce搭載ノートPCは増えてくると思われる。

  • 関連タイトル:

    GeForce 500M

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:07月23日〜07月24日