オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
[EVO2013]アメリカの選手たちが開催国の意地を見せた「EVO2013」最終日レポート。「スパIV AE Ver.2012」で優勝したXian選手のインタビューも掲載
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2013/07/16 19:04

イベント

[EVO2013]アメリカの選手たちが開催国の意地を見せた「EVO2013」最終日レポート。「スパIV AE Ver.2012」で優勝したXian選手のインタビューも掲載

 世界中の格闘ゲームプレイヤー達がアメリカ・ラスベガスに集い,9つのタイトルで頂点を競い合う「Evolution 2013」(以下,EVO2013)。日本時間の2013年7月13日から行われた本イベントも,ついに7月15日の最終日を迎え,すべての世界王者達が出揃った。本稿では,それぞれの決勝トーナメントの結果をお伝えするとともに,「スーパーストリートファイターIV アーケードエディション Ver.2012」部門の優勝者,シンガポールのXian選手へのショートインタビューをお届けしよう。

スーパーストリートファイターIV アーケードエディション(パッケージ版)
スーパーストリートファイターIV アーケードエディション(パッケージ版) スーパーストリートファイターIV アーケードエディション(パッケージ版)

Evo Championship Series 公式サイト


「THE KING OF FIGHTERS XIII CLIMAX」


優勝
 Reynald選手/アメリカ(ネスツスタイル京,キム,チン)
準優勝
 ウー選手/日本(リョウ,キム,舞など)
3位
 MadKOF選手/韓国(マチュア,シェン,キムなど)
4位
 ときど選手/日本(炎を取り戻した庵,Mr.カラテ,キム)
5位タイ
 verna選手/韓国(デュオロン,Mr.カラテ,キム)
 Xian選手/シンガポール(炎を取り戻した庵,ネスツスタイル京,Mr.カラテ)
7位タイ
 Romance選手/アメリカ(キング,紅丸,ユリ)
 Fox選手/フランス(チン,Mr.カラテ,庵)

ときど選手は韓国の強豪MadKOF選手と激戦を繰り広げるも,わずかに力及ばずLOOSER'Sへ。そして,続くLOOSER'S準決勝でReynald選手に敗戦
スーパーストリートファイターIV アーケードエディション(パッケージ版)
スーパーストリートファイターIV アーケードエディション(パッケージ版)

ウー選手は,ときど選手を破ったMadKOF選手を2戦連取で下し,WINNER'S側で決勝戦へと駒を進める。Reynald選手との決勝戦でも一気に2セットを取り,リーチをかけたものの,そこからReynald選手が驚異の粘りを発揮。まさかの逆転負けを喫してしまった
スーパーストリートファイターIV アーケードエディション(パッケージ版)
スーパーストリートファイターIV アーケードエディション(パッケージ版)

※WINNER'Sはここまで無敗で勝ち上がってきた選手。LOSER'Sは1度だけ敗北し,敗者復活トーナメントをくぐり抜けてきた選手を示している。LOSER'Sの選手にも優勝のチャンスは残されているが,決勝戦であるグランドファイナルで,WINNER'Sで登ってきた選手に2回勝利しなくてはならない。


「大乱闘スマッシュブラザーズDX」


優勝
 Mango選手/アメリカ(ファルコ,フォックス)
準優勝
 Wobbles選手/アメリカ(アイスクライマー)
3位
 Hungry Box選手/アメリカ(プリン)
4位
 Dr. PeePee選手/アメリカ(ファルコ)
5位タイ
 Armada選手/スウェーデン(ピーチ)
 Mew2King選手/アメリカ(シーク)
7位タイ
 Shroomed選手/アメリカ(ドクターマリオ)
 Ice選手/ドイツ(シーク)

スーパーストリートファイターIV アーケードエディション(パッケージ版)
スーパーストリートファイターIV アーケードエディション(パッケージ版) スーパーストリートファイターIV アーケードエディション(パッケージ版)
テクニカルなキャラクターであるアイスクライマーを使いこなすWobble選手と,堅実なプレイが光るMango選手の組み合わせで行われた決勝戦では,Mango選手が素晴らしいアイスクライマー対策を見せ,見事に優勝。会場には,アメリカのスマブラファンが大勢駆け付けており,大きな盛り上がりを見せた。ちなみに,筆者はニコニコ生放送の「大乱闘スマッシュブラザーズDX」部門で解説をしていた
スーパーストリートファイターIV アーケードエディション(パッケージ版)


「インジャスティス:神々の激突」


優勝
 KDZ選手/アメリカ(スーパーマン)
準優勝
 Crazy DJT 88選手/アメリカ(グリーン・ランタン,ドゥームズデイ)
3位
 Chris G選手/アメリカ(グリーン・アロー,ブラック・アダム)
4位
 MF Slayer選手/アメリカ(スーパーマン)
5位タイ
 Theo選手/アメリカ(スーパーマン)
 Godspeed選手/アメリカ(ブラック・アダム,アクアマン)
7位タイ
 REO選手/アメリカ(バットマン)
 PR Balrog選手/アメリカ(キラーフロスト)

スーパーストリートファイターIV アーケードエディション(パッケージ版)
決勝戦はスーパーマンを使うKDZ選手とCrazy DJT 88選手による試合。途中でCrazy DJT 88選手がグリーン・ランタンからドゥームズデイにキャラクターを変更すると,会場は「Real Counter Pick!」と大盛り上がり。ご存知の方も多いと思うが,ドゥームズデイはスーパーマンを物語上で一度倒しているのだ
スーパーストリートファイターIV アーケードエディション(パッケージ版)

しかし,その後もKDZ選手が圧倒的な試合運びを見せて優勝を果たした。思わず檀上にスーパーマンが登場
スーパーストリートファイターIV アーケードエディション(パッケージ版)
スーパーストリートファイターIV アーケードエディション(パッケージ版)


「ULTIMATE MARVEL VS. CAPCOM 3」


優勝
 Flocker選手/アメリカ(ゼロ/バージル,ホークアイ)
準優勝
 Justin Wong選手/アメリカ(ウルヴァリン,ストーム,豪鬼など)
3位
 Angelic選手/アメリカ(ウルヴァリン,ドーマムゥ,シュマゴラス)
4位
 Cloud805選手/アメリカ(ゼロ,バージル,ダンテ)
5位タイ
 Filipino Champ選手/アメリカ(マグニートー,Dr.ドゥーム,フェニックスなど)
 Chris G選手/アメリカ(モリガン,Dr.ドゥーム,バージルなど)
7位タイ
 Ranmasama選手/アメリカ(ハガー,ドーマムゥ,マグニートー)
 Zak選手/カナダ(ゼロ,バージル,ダンテ)

UMvC3部門は,ある意味Justin Wong選手のためにあったと言っても良いだろう。強豪Chris G選手との試合で,僅差の勝負を制したのち,LOOSER'S側から決勝戦まで一気に駆け上がり,会場のテンションは最高潮へ
スーパーストリートファイターIV アーケードエディション(パッケージ版)
スーパーストリートファイターIV アーケードエディション(パッケージ版)

スーパーストリートファイターIV アーケードエディション(パッケージ版) スーパーストリートファイターIV アーケードエディション(パッケージ版)
Flocker選手とJustin Wong選手で争われた決勝戦では,会場を味方に付けたJustin Wong選手が,幾度となく逆転劇を見せ付けてリセット(LOOSERS'側の選手が3セット先取し,続く試合の勝者が優勝となる状況のこと)まで持ち込む。しかしFlocker選手も粘り強さを見せ,ギリギリの戦いを制して優勝をものにした。ちなみに,Twitch.tvで行われた公式配信では,同時視聴者数14万4000人超を達成したとか
スーパーストリートファイターIV アーケードエディション(パッケージ版)


「スーパーストリートファイターIV アーケードエディション Ver.2012」


優勝
 Xian選手/シンガポール(元)
準優勝
 ときど選手/日本(豪鬼)
3位
 Infiltration選手/韓国(豪鬼,リュウ,ハカン)
4位
 PR Balrog選手/アメリカ(バイソン,フェイロン)
5位タイ
 sako選手/日本(いぶき,殺意の波動に目覚めたリュウ)
 ハイタニ選手/日本(まこと)
7位タイ
 ウメハラ選手/日本 (リュウ)
 GamerBee選手/台湾(アドン)

ウメハラ選手とInfiltration選手の試合は,ウメハラ選手にとって,EVO 2012の雪辱戦とも言える戦いとなった。序盤はウメハラ選手が優勢だったものの,中盤からはInfiltration選手が持ち前の粘り強さを発揮し,見事に逆転勝利を果たした
スーパーストリートファイターIV アーケードエディション(パッケージ版)
スーパーストリートファイターIV アーケードエディション(パッケージ版)

TOPANGAアジアリーグでも行われたsako選手とXian選手の試合では,まずsako選手がいぶきを選択して1勝するも,続く2セット目はXian選手が取り返すシーソーゲームに。ここでsako選手は殺意リュウにキャラ変更したが,痛恨のコンボミスが響き,Xian選手が勝利を手にした
スーパーストリートファイターIV アーケードエディション(パッケージ版)
スーパーストリートファイターIV アーケードエディション(パッケージ版)

ハイタニ選手はGamerBee選手との試合を3-2で辛くも勝利を手にしたが,続くPR Balrog選手との試合では,要所のセービングアタックでリズムを崩されてしまい,無念の敗退
スーパーストリートファイターIV アーケードエディション(パッケージ版)

WINNER'Sブラケットからの再戦となる,Infiltration選手とPR Balrog選手の試合では,追い詰められたInfiltration選手が,なんと豪鬼からハカンにキャラを変更。ダッシュストレートへオイルコースターで的確に反撃するなどのスキルを見せ付け,まさかの逆転勝利を果たした。ちなみに,右写真はオイルコースターの真似をする観客達
スーパーストリートファイターIV アーケードエディション(パッケージ版) スーパーストリートファイターIV アーケードエディション(パッケージ版)

LOOSER'S決勝では,ときど選手対Infiltration選手という,豪鬼使いの頂上対決が実現。試合はときど選手が抜群の集中力を見せ付け,ウメハラ選手の仇を討った。なお,写真左は,ときど選手を応援するふ〜ど選手,ボンちゃん選手,そしてマゴ選手だ
スーパーストリートファイターIV アーケードエディション(パッケージ版) スーパーストリートファイターIV アーケードエディション(パッケージ版)

グランドファイナルはときど選手とXian選手による,WINNER'S決勝戦の再演。斬空波動拳を多用して時間を図るときど選手に対し,ここぞという場面での惨影や絶影による対応を見せたXian選手が,見事EVO2013の「スーパーストリートファイターIV アーケードエディション Ver.2012」部門の覇者に輝いた
スーパーストリートファイターIV アーケードエディション(パッケージ版)
スーパーストリートファイターIV アーケードエディション(パッケージ版)


「スーパーストリートファイターIV アーケードエディション Ver.2012」部門優勝 Xian選手 ミニインタビュー


スーパーストリートファイターIV アーケードエディション(パッケージ版)

4Gamer:
 「スーパーストリートファイターIV アーケードエディション Ver.2012」部門の優勝,おめでとうございます。

Xian選手:
 ありがとうございます。

4Gamer:
 今の気持ちを教えてください。

Xian選手:
 ……もう,言葉にならないほど嬉しいです。

4Gamer:
 予選から決勝まで,数多くの強敵と戦ってきたわけですが,一番苦しい戦いとなった相手は誰でしょうか。

Xian選手:
 sako選手です。sako選手は元を使えることもあって,元というキャラクターの立ち回りや連係をすべて知っているので,とても苦しい戦いになりました。たぶん,元を理解しているのは日本人でsako選手だけなんじゃないかと思います。そもそも僕は,sako選手の元の対戦動画を参考に,起き攻めや連係を研究したんですよ。sako選手は僕の憧れなんです。

4Gamer:
 そうだったんですね。では,そのsako選手に勝つことができた理由は,どんなところにあるのでしょうか。

Xian選手:
 僕とsako選手は,以前にもTOPANGAアジアリーグで対戦したことがあったんです。僕も殺意リュウをそれなりに使っていたので,そのときは勝てる自信があったんですが,sako選手は僕の想像以上に殺意リュウを仕上げてきていて,負けてしまったんですね。
 そういう経緯もあったので,初日にベスト8に残ったあとは,ホテルでトレーニングモードに籠もって,ひたすら殺意リュウ戦の研究――起き攻めの対処や,こちらからの起き攻めを調べていました。だから,初戦でsako選手がいぶきを選択してきたときは驚きましたね。

4Gamer:
 いぶき戦はどうだったのでしょうか。

Xian選手:
 シンガポールにも強いいぶきのプレイヤーがいるので,対策不足は感じませんでした。とはいえ,あそこまでいぶきと殺意リュウを仕上げているsako選手には,本当に感動しました。

4Gamer:
 Xian選手が今までsako選手を追い掛けていたように,来年のEVO2014ではXian選手が追い掛けられる側となりますが,来年も優勝する自信はありますか。

Xian選手:
 来年は難しいでしょうね。というのも,元というキャラクターは,まだみんな対策ができていないところがあるんです。例えば起き攻めの二択も,今年はあまりガードされず,そのおかげでトップ16まで順調に勝てたのだと思います。しかし,来年になれば元対策が進むと思うので,簡単には勝てないでしょう。

4Gamer:
 といっても,来年は「ウルトラストリートファイターIV」で行われるかもしれません。

Xian選手:
 もし元が強化されるとしたら,それはとても嬉しいですね(笑)。

4Gamer:
 最後に,日本のプレイヤーにメッセージをお願いします。

スーパーストリートファイターIV アーケードエディション(パッケージ版)

Xian選手:
 まずは,応援してくれてどうもありがとうございます。日本は食べ物が美味しいし,皆さん優しいし,歓迎してくれるので,本当に大好きな国です。TOPANGAリーグのような機会があれば,ぜひまた行きたいと思っています。また,僕のスポンサーである,Mad Catzの製品を使ってくれている人達にも感謝したいです。僕はアーケード ファイトスティック プロを使っていて,これは元のしゃがみ中Pキャンセル百連勾のスライド入力もやりやすいので,まだ使っていない人はぜひ使ってみてください。

4Gamer:
 ありがとうございました。

スーパーストリートファイターIV アーケードエディション(パッケージ版)

Evo Championship Series 公式サイト

  • 関連タイトル:

    スーパーストリートファイターIV アーケードエディション(パッケージ版)

  • 関連タイトル:

    スーパーストリートファイターIV アーケードエディション(パッケージ版)

  • 関連タイトル:

    スーパーストリートファイターIV アーケードエディション(ダウンロード版)

  • 関連タイトル:

    スーパーストリートファイターIV アーケードエディション(ダウンロード版)

  • 関連タイトル:

    スーパーストリートファイターIV アーケードエディション

  • 関連タイトル:

    Super Street Fighter IV Arcade Edition

  • 関連タイトル:

    インジャスティス:神々の激突

  • 関連タイトル:

    インジャスティス:神々の激突

  • 関連タイトル:

    ULTIMATE MARVEL VS. CAPCOM 3

  • 関連タイトル:

    ULTIMATE MARVEL VS. CAPCOM 3

  • 関連タイトル:

    THE KING OF FIGHTERS XIII

  • 関連タイトル:

    THE KING OF FIGHTERS XIII

  • 関連タイトル:

    THE KING OF FIGHTERS XIII CLIMAX

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:12月06日〜12月07日