オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
3Dエフェクトツール「BISHAMON」の最新バージョンがGTMF 2013で発表予定
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2013/07/18 13:11

リリース

3Dエフェクトツール「BISHAMON」の最新バージョンがGTMF 2013で発表予定

BISHAMON
配信元 マッチロック 配信日 2013/07/17

<以下,メーカー発表文の内容をそのまま掲載しています>

Game Tools & Middleware Forum 2013にて
マッチロックの3D VFXツールBISHAMONが最新版を発表予定!

画像(002)3Dエフェクトツール「BISHAMON」の最新バージョンがGTMF 2013で発表予定

画像(004)3Dエフェクトツール「BISHAMON」の最新バージョンがGTMF 2013で発表予定
マッチロック株式会社(代表取締役:藤本文彦、本社:東京都渋谷区、資本金:2,500万円、以下マッチロック社)は、今月19日(大阪)、23日(東京)で開催を予定されているGame Tools & Middleware Forum 2013(以後、GTMF 2013)において、主力商品であるゲーム用リアルタイム3Dエフェクト(VFX)ツール『BISHAMON』の最新バージョンを発表予定。今まで以上の生産性の向上と新しいエフェクトの表現機能が追加され、その全貌について発表を致します。また展示ブースではその実物を触って確認することができます。

■生産性の向上
  • インスペクタ:コピー&ペースト、インポート&エクスポートの機能が追加
  • スケマティック:インポート&エクスポートの機能が追加
■新機能の追加(法人版のみ)
  • ディストーション機能
  • タービュランス機能
■拡張性の向上(法人版のみ)
  • プラグインによる独自機能追加が可能
  • シーンビューの載せ換え、拡張が可能
■インテグレーション性の向上(法人版のみ)
  • パケットベースによる全描画コマンドにアクセスと介入が可能
  • ドローコールなどのハードに直結するマネージメントが可能
  • マルチコア/マルチスレッドによるアップデータが可能
■新プラットフォームへの対応(法人版のみ)
  • PlayStation4に対応
  • DirectX11に対応

(その他、細かい不具合の修正や操作性の向上が加えられております)
※記載されている全ての製品名は、各社の商標または登録商標です。

画像(003)3Dエフェクトツール「BISHAMON」の最新バージョンがGTMF 2013で発表予定 画像(013)3Dエフェクトツール「BISHAMON」の最新バージョンがGTMF 2013で発表予定
画像(005)3Dエフェクトツール「BISHAMON」の最新バージョンがGTMF 2013で発表予定 画像(006)3Dエフェクトツール「BISHAMON」の最新バージョンがGTMF 2013で発表予定
画像(007)3Dエフェクトツール「BISHAMON」の最新バージョンがGTMF 2013で発表予定 画像(008)3Dエフェクトツール「BISHAMON」の最新バージョンがGTMF 2013で発表予定
画像(009)3Dエフェクトツール「BISHAMON」の最新バージョンがGTMF 2013で発表予定 画像(010)3Dエフェクトツール「BISHAMON」の最新バージョンがGTMF 2013で発表予定
画像(011)3Dエフェクトツール「BISHAMON」の最新バージョンがGTMF 2013で発表予定 画像(012)3Dエフェクトツール「BISHAMON」の最新バージョンがGTMF 2013で発表予定

『BISHAMON』は今まで多くの有名タイトルにもご採用頂き、デザイナーからの高い支持を受け、その機能拡張が待ち望まれておりました。本年度より新メンバーを迎え開発力とサポート力の向上に努め参りました。この度、今まで鍛え抜かれ、積み上げてきた実績のあるBISHAMONの「コア」部分をそのままに、「描画部分」を分離しSDKの大幅なリニューアルを行いました。これにより次世代のエフェクト表現に不可欠な「土台」がここに完成しましたことをご報告させて頂きます。これも長くご利用頂きました多くのお客様からの「声」を1つ1つ実現させて頂いた賜物であると関係者一同、心から感謝を申し上げます。
具体的にはマルチコアを利用したアップデートやGPGPUを活用とした新しいエフェクト表現など多くの新機能が短いスパンにて追加が可能となりました。
特に大きな変更は、描画部分を分離したことにより、今まで以上に各社様のゲームエンジンに深く入り込んだインテグレーションが可能となりました。またツール側ではプラグイン機能の追加により各社独自の追加機能を加えることも可能となり、各社様が得意とする技術とBISHAMONの理想的な融合が可能となりました。
自社ツール/エンジンの開発・維持はコストが掛かるため最近は敬遠される流れが出てきておりますが、BISHAMONを通し、各社様の開発パイプラインのコスト削減にこれからも貢献させて頂きたいと考えております。


画像(014)3Dエフェクトツール「BISHAMON」の最新バージョンがGTMF 2013で発表予定 画像(015)3Dエフェクトツール「BISHAMON」の最新バージョンがGTMF 2013で発表予定

【参考】
■Game Tool & Middleware Forum 2013
http://www.info-event.jp/gtmf2013/regist/
■『BISHAMON』について
http://www.matchlock.co.jp/products/
■『BISHAMON』採用実績
http://www.matchlock.co.jp/adoption/
■マッチロック株式会社について
http://www.matchlock.co.jp/
  • 関連タイトル:

    BISHAMON

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:05月24日〜05月25日