オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
ソニック ロストワールド公式サイトへ
  • セガゲームス
  • 発売日:2013/10/24
  • 価格:パッケージ版:7329円(税込)
    ダウンロード版:6500円(税込)
  • Amazonで買う
  • Yahoo!で買う
レビューを書く
海外での評価
62
Powered by metacritic
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
[TGS 2013]さまざまなギミックが用意された新ステージをチェック。「ソニック ロストワールド」プレイレポート
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2013/09/22 20:26

イベント

[TGS 2013]さまざまなギミックが用意された新ステージをチェック。「ソニック ロストワールド」プレイレポート

 ソニックシリーズ最新作となる「ソニック ロストワールド」Wii U / 3DS)が,TGS 2013のセガブースに出展されていた。6月に開催された「ソニック バースデーパーティー2013」では3DS版の試遊バージョンが出展されたが,Wii U版のプレイアブル出展は,国内ではこれが初となる。
 今回はE3 2013に出展されたそれぞれのバージョン(関連記事)に,新たなステージが追加されていたので,そのステージで体験できた内容についてお伝えしていこう。

 まずは国内初出展となったWii U版だが,こちらは「ウィンディヒル」「デザートルーインズ 1」「デザートルーインズ 2」「フローズンファクトリー」の4つのステージがプレイできた。今回はその中の「フローズンファクトリー」を選んでプレイしてみた。

ソニック ロストワールド

ソニック ロストワールド
 カジノのような屋内ステージとなっているフローズンファクトリーは,チューブ状のステージではあるものの,壁と天井があるため,ほかのステージとはずいぶん印象が異なる。特徴的なのは,ソニックの動きに合わせてルート上に青いレーザーが張り巡らされていき,これに触れるとミスになってしまうというギミックだ。また,通路に落ちているコインらしきアイテムを取り,それを特定の場所でまで持っていくと,ボーナススコアが入るようになっている。

 ステージを進んでいくと画面が切り替わり,ソニックがボールとなったピンボールをプレイできるのも面白い。これは「ソニック・ザ・ヘッジホッグ2」で登場したステージ「カジノナイトゾーン」を意識したギミックのようで,フリッパーでソニックを弾いて,スコアを稼ぐことができる。
 ステージの中央付近にあるスポットにソニックが入ると,その先のステージへと進めるのだが,そこにはやはりカジノナイトゾーンにあったスロットのリールのような障害物がある。元ネタを知っている人ならニヤリとできる仕掛けだろう。

 なお,Wii U版の試遊バージョンでは,ウィンディヒル以外にカラーパワーは使えなかったので,こちらは発売後のお楽しみといったところである。

 一方の3DS版で選べるステージは「ウィンディヒル Tutorial」「ウィンディヒル Zone1」「デザートルーインズ Zone1」「デザートルーインズ Zone2」「フローズンファクトリー Zone1」の5つだった。

ソニック ロストワールド
 こちらでチャレンジしてみたのは「デザートルーインズ Zone1」。ここはその名のとおり,チューブ状のステージに砂漠が広がっていて,流砂のギミックなどで足を取られてしまうこともある。ステージ中には竜巻が発生しているところがあり,普段は通ることができないのだが,「インディゴ・アステロイド」のカラーパワーを使って竜巻をかき消せば進めるようになる。しかし,カラーパワーを取ったばかりの状態では弾き返されてしまうので,周囲にいる敵などを巻き込んで,ソニックの周囲を回るアステロイド大きくすることが重要だ。
 ステージの後半では,巨大なワームがソニックに襲いかかってくる。背景に現れる丸いシルエットがワーム出現の前兆で,これを上手くかわさないと一発でミスになってしまうこともある。カラーパワーやパルクール(壁などを駆け上がるアクション)などを駆使しないと進めない,相応のテクニックが必要なステージのように感じられた。

ソニック ロストワールド
ソニック ロストワールド
 もう一つの新ステージの「フローズンファクトリー Zone1」は,ソニックが雪原をスノーボードで滑るシーンから始まる。雪原には障害物も多いが,ルートを覚えれば気持ちよく進められそうだ。
 このあとステージには,初登場のカラーパワー「アイボリー・ライトニング」が登場。このカラーパワーは,攻撃も可能だがむしろ移動のためのカラーパワーのようで,空中にあるコイルに電気を飛ばして連続で移動していくギミックが,数多く設けられていた。電気を飛ばすタイミングがかなりシビアで,思うように進めないこともあったが,タイミングとコイルの場所を覚えると,かなりスムーズに移動することができた。
 なおこのステージは,特定の条件を満たさないと進めなギミックや,触れると凍ってしまう冷気の噴出口などが存在し,難度はやや高めだった。

 とはいえ,今回プレイしたステージは,試遊バージョンの中でもかなり先のステージのようで,最初から難しいわけではないのでご安心を。過去のソニックシリーズのように,スピードに身を任せてごり押しするのではなく,カラーパワーやギミックなどをしっかりと使い,じっくり進めていくアクションゲームになっているという印象だ。もちろん,ゲームに慣れてテクニックを磨けば,従来作と同様のスピードで華麗にプレイすることも可能である。。

 個人的には,グラフィックスの美しいWii U版を最初にプレイしてみたいと考えていたのだが,Wii U版/3DS版はステージ構成などがまったく異なるので,どちらを選んでも楽しく遊べるはず。発売日である2013年10月24日に,結局両機種版とも買ってしまいそうな気がしてならない。

Wii U版と3DS版のインストラクション。XまたはYボタンで出せるアクションが一部違っている
ソニック ロストワールド ソニック ロストワールド

「ソニック ロストワールド」公式サイト

  • 関連タイトル:

    ソニック ロストワールド

  • 関連タイトル:

    ソニック ロストワールド

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:08月17日〜08月18日
タイトル評価ランキング
81
KENGOHAZARD2 (PC)
76
Days Gone (PS4)
76
55
DEAD OR ALIVE 6 (PS4)
53
Anthem (PC)
2019年02月〜2019年08月