オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
BeatStream公式サイトへ
  • KONAMI
  • 発売日:2014/07/17
レビューを書く
準備中
BeatStream
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
アニメ「デス・パレード」が「BeatStream」とコラボ。新収録のOP曲“Flayers”を制作したBRADIOに聞く,プレイの秘訣とアニメの魅力
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2015/05/25 12:00

インタビュー

アニメ「デス・パレード」が「BeatStream」とコラボ。新収録のOP曲“Flayers”を制作したBRADIOに聞く,プレイの秘訣とアニメの魅力

 KONAMIの人気アーケードリズムゲーム「BeatStream」の新たな収録曲として,人気ロックバンド・BRADIO(ブラディオ)の2ndシングル「Flayers」の配信が,2015年5月21日に開始された。
 同曲は2015年1月から3月に放映されたテレビアニメ「デス・パレード」のオープニングテーマでもあり,「BeatStream」においてもアニメのオープニング映像と合わせて配信が行われている。「デス・パレード」のキャラクター達が,ダンサブルな楽曲に合わせて次々と登場するアニメーションになっており,すでにプレイしたという「BeatStream」ファンも多いのではないだろうか。


 今回4Gamerでは,この「Flayers」を生み出したBRADIOのメンバーに話を聞く機会を得たので,本稿ではその模様をお伝えしていこう。「BeatStream」に収録された同曲をプレイしてみての感想や,楽曲が生まれた経緯,またアニメの魅力なども合わせて伺っているので,ファンはぜひ注目してほしい。

ファンキッシュでノリノリなサウンドが特徴的なロックバンド・BRADIO。メンバーは左から真行寺貴秋(Vo),大山聡一(G),酒井亮輔(B),田邊有希(Dr)の4人。大山さん曰く,みんなが踊れて楽しくて,聴いた人がハッピーになれる音楽を目標に活動中とのことだ

BRADIO 公式サイト

「BeatStream」公式サイト

アニメ「デス・パレード」公式サイト



BRADIOが「デス・パレード」のために書き下ろしたダンサブルな1曲「Flayers」


4Gamer:
 今回,「BeatStream」にBRADIOさんの楽曲「Flayers」が収録されます。同曲はテレビアニメ「デス・パレード」のオープニングテーマでもあるそうですが,かなりノリノリな曲に仕上がっていますね。

BRADIO 大山さん(以下,大山さん):
 はい。「Flayers」は2015年2月25日にリリースさせていただいた,僕らの2枚目のシングルです。アニメのオープニングとして採用されたこともあって,多くの方にご支持をいただいています。

4Gamer:
 YouTubeのオフィシャルPVを拝見しましたが,ものすごい再生数でした。

大山さん:
 ありがとうございます! アニメの影響もあってか,日本はもちろん,海外の方々にも楽しんでいただいているみたいです。僕らも調子に乗って,アニメのオープニングを実写で再現したPVなんかも作ってみたりして。ファンの方達とも,いい感じでコミュニケーションできたんじゃないかと思っています。


4Gamer:
 そのPVも拝見しました。あれもすごく面白かったです(笑)。ところで,先ほどまでのテストプレイで,「BeatStream」に収録された「Flayers」を初めてプレイされたと思うのですが,ご感想はいかがですか。

BRADIO 真行寺さん(以下,真行寺さん):
 いやもう,夢中でプレイしちゃいました。歌詞の中に「見てみたい夢中になれる君」ってフレーズがあるんですけど,その通りになっちゃって。プレイは全然ダメでしたけどね。悔しいから筐体を持って帰りたいくらい(笑)。

大山さん:
 ゲームセンターのゲーム機から自分達の曲が流れるっていう感動がスゴイよね。慣れないせいか,数回プレイしただけで汗だくになっちゃったけど。

BRADIO 酒井さん(以下,酒井さん):
 体を使って遊べるのがいいよね。KONAMIの開発の方にお手本を見せてもらいましたけど,「すげえ! カッコイイ!」って感じでした。あそこまで極められたら,きっと楽しいでしょうね。

BRADIO 田邊さん(以下,田邊さん):
 子供の頃「beatmania」にハマっていた自分としては,こうして自分達の曲がBEMANIシリーズに収録されるというのは,すごく嬉しいです。今後動画サイトに自分達の曲のスーパープレイがアップロードされると思うと,今から楽しみですよ。

大山さん:
 まさに俺達を攻略して……いや攻略されたいです(笑)。

真行寺さん:
 メロディーに丁寧に合わせた譜面になっていたから,楽曲を聴きこむほどにうまくなれると思うんで。そうしてサビの気持ちよさを味わってほしいかな?

大山さん:
 いや,まず俺らが全然できてなかったんだけど。

(一同笑)

インタビュー収録前に行われた「BeatStream」のプレイ風景。インタビューでは全然出来てなかったと答えているが,レクチャーを受けながらフルコンボを達成
BeatStream

4Gamer:
 ちなみに,BRADIOの皆さんは普段ゲームで遊ばれたりするのでしょうか。リズムゲーム以外でも良いのですが。

大山さん:
 遊びますよ。さすがに最近はゲームに割ける時間がないんですけど,僕はRPGみたいな物語を追いかけるゲームが大好きで,一時期はひたすらやってました。音楽も素晴らしいものが多くて……かなり影響を受けていると思います。

酒井さん:
 あ,俺もRPG大好き。あと,スタジオに行ったらなぜかスーパーファミコンが置いてあって,仕事そっちのけで遊んでたことあったよね。「桃太郎電鉄」とか「マリオカート」とか(笑)。

田邊さん:
 僕はスポーツゲームが好きで,「ウイイレ」とか「パワプロ」とかめっちゃやってました。別にKONAMIさんにゴマ擦ってるわけじゃないんですけど(笑)。

4Gamer:
 真行寺さんはいかがです?

真行寺さん:
 俺も好きなんだけど……見てのとおりヘタなんで。だから友達のプレイを見てる方が好きなクチですね。

大山さん:
 そうだ,最近はオンラインのゲームがたくさんあるじゃないですか。実はまだやったことないんですけど,あれにすごく興味があって。アニメの「ソードアート・オンライン」とか大好きなんで,時間が取れたら皆でああいうのやりたいです。

4Gamer:
 MMORPGですね。アニメに出てきたVRタイプのものも,Oculusの「Rift」やSonyの「Project Morpheus」が発売されたら,もしかしたら実現するかもしれないです。さすがに「ソードアート・オンライン」みたいなのは難しいでしょうけど(笑)。

大山さん:
 え,マジですか? それは……実現したら絶対やっちゃうでしょうね(笑)。

4Gamer:
 楽曲についてもう少しお話を聞きしたいのですが,「Flayers」はアニメの内容に合わせて作られたものなのでしょうか。

大山さん:
 最初からアニメのオープニングに向けて制作した楽曲なので,ある意味ではそのとおりです。前身的な作品である「デス・ビリヤード」を見せていただき,それを元にデモ曲を用意して……という流れでした。でも,監督さんから「世界観に寄せないでほしい」とも言われていたので,雰囲気はかなり違っています。アニメの「デス・パレード」は,かなりシリアス寄りの作品ですが……。

※若手アニメーターの育成プロジェクト「アニメミライ2013」に合わせ,2013年に制作された短編作品。「デス・パレード」と共通した世界観を持っている。

4Gamer:
 ああ,確かに。オープニング映像はかなりはじけていて,登場人物も本編とはちょっとキャラが違っていますね(笑)。

大山さん:
 本編では真面目なデキムがダンスしてますから(笑)。ただ,そのギャップが監督の狙いだったみたいです。

4Gamer:
 なるほど。ということは,アニメ本編もかなり読み込んでらっしゃる?

大山さん:
 もちろんです。これがすごく面白くて。生と死を軸にした話なんですけど,1話完結のシリーズと思わせておいて,話が進むにつれ大きなテーマが見えてくる。すごく美しい流れになっていて,最後は感動してしまうんですよ。

4Gamer:
 お気に入りのキャラクターやオススメのエピソードってありますか?

大山さん:
 うーん……僕は女子高生のマユちゃんかな。天真爛漫だけど,人間愛が深いあたりとか。

4Gamer:
 おお。もしかして,ああいうちょっとおバカっぽい娘が好みだったりします?

大山さん:
 ええ(笑)。一見軽薄そうに見えて,その実,芯はしっかりしているという。ああいう娘は好きですね。


真行寺さん:
 俺はやっぱデキムかな! オープニング再現映像でもやらせてもらったし,俺と似ててカッコイイじゃない?

酒井さん:
 自分もデキムが好きですね。物語が進んでいくにつれ,徐々に変わっていくところがいい。

田邊さん:
 俺はエレベーター係のクラヴィスかな。いろいろと裏を知ってそうなのに,あえて何も言わないところとか,カッコいいよね。

大山さん:
 エピソードで言えば,ボウリングの回(Episode 3「ローリング・バラード」)が印象深いです。こう,切なくて……グッと来ちゃいました。

4Gamer:
 ああ,あの話はいいですよね。とくに最後の2人の表情が素晴らしくて。個人的にも好きなシリーズだったので,第2期に期待したいところなんですが……。

大山さん:
 僕らも次回作には期待しているですよ。ほんとお願いします。そして,ぜひまたオープニングに採用してほしい!

4Gamer:
 綺麗にまとまりましたね(笑)。では最後に,読者に向けてのメッセージをお願いできますか。

大山さん:
 はい。この「Flayers」はアニメとのコラボレーションもあって,多くの人に僕らを知ってもらうキッカケとなった楽曲です。その「Flayers」が「BeatStream」に収録されるということで,さらに多くの人に楽しんでいただけるのではないかと思っています。
 6月3日には1stフルアルバム「POWER OF LIFE」(リンク先はAmazonアソシエイト)が発売となり,9〜10月にかけては5大都市ワンマンライブツアーも決まっています。さらには2016年には,海外公演もやる予定です。アニメに負けず,全世界に向けて羽ばたいていくつもりですので,応援よろしくお願いします!

4Gamer:
 今後の活躍にも期待しています。本日はありがとうございました。

BeatStream



 インタビューでも語られたとおり,「Flayers」を含む全12曲を収録したBARDIOの1stフルアルバム「POWER OF LIFE」は,2015年6月3日に発売予定だ。また6月17日には,テレビアニメ「デス・パレード」のBlu-rayDVD BOX(リンク先はAmazonアソシエイト)も発売となるとのこと。

 筆者も今回のインタビューを機会にアニメを視聴した口だが,基本はシリアスながら,ときにコミカルなシーンもあり,また物語に余韻を含ませる語り口が心地よい,近年では珍しい作風のタイトルと感じられた。オープニング映像も中毒性が高く,BARDIOの楽曲と相まっていわゆる“飛ばせないOP”に仕上がっている。
 ラノベテイストのアニメは食傷気味という人にもオススメできる作品なので,未見という読者には,この機会にぜひ視聴してみてほしい。

海外をも響(どよ)めかせるダンサブルバンドBRADIO(ブラディオ)


感じろ小惑星(コスモ)を
待望の1st full album
「POWER OF LIFE」
2015年6 月3日リリース

HRME-1004
初回盤2,800+tax
全12曲+DVD
HRME-1005
通常盤2,500+tax
全12曲


  1. FUNKASISTA
  2. Flyers(2nd シングル) …アニメ「デス・パレード」オープニングテーマ
  3. 真っ赤なカーチェイス
  4. Sunday feat.MICRO(from HOME MADE 家族)
  5. Chocolate Flavor
  6. Flash Light Baby
  7. オトナHIT PARADE(1st シングル)
  8. シークレットコード
  9. スパイシーマドンナ(リード曲)
  10. 腰振る夜は君のせい
  11. You Make Me Feel Brand New
  12. Ride On Time feat. 谷川正憲 (from UNCHAIN) …日本テレビ「ウラカタ」オープニングテーマ

前作ツアー東名阪ワンマンツアー全ソールドアウト
次のステージは恵比寿リキッドルーム

2月に発売された2nd シングル「Flyers」がスマッシュヒット!
まだその記憶も新しいこのタイミングで今一番求められている全12曲収録のファーストフルアルバム発売決定!
フィーチャリングアーティストに「MICRO」(from HOME MADE 家族)
「谷川正憲」(from UNCHAIN) を迎えた話題作が完成!



「BeatStream」は全国のアミューズメント施設で好評稼働中です
(c)2015 Konami Digital Entertainment


BRADIO 公式サイト

「BeatStream」公式サイト

アニメ「デス・パレード」公式サイト

  • 関連タイトル:

    BeatStream

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:03月18日〜03月19日