日本最大級の
総合ゲーム情報サイト

イベント

キャスト全員でのキックオフや「Oi Oi」コールが熱かった「THE IDOLM@STER SideM 3rdLIVE TOUR」静岡公演の1日めをレポート

 2018年2月3日に始まった「アイドルマスターSideM」のライブツアー「THE IDOLM@STER SideM 3rdLIVE TOUR〜GLORIOUS ST@GE!〜」

 静岡県のエコパアリーナで4月28日に開催された静岡公演の1日めには,DRAMATIC STARS,W,FRAME,神速一魂,Café Parade,Altessimo,彩のアイドルを演じる計19人のキャストが登場し,会場を大いに盛り上げました。

 今回は,静岡にちなんだパフォーマンスも楽しめた本公演の模様を詳しくお届けします。


■出演者 ※敬称略
DRAMATIC STARS(仲村宗悟,内田雄馬,八代 拓)
W(山谷祥生,菊池勇成)
FRAME(熊谷健太郎,濱 健人,増元拓也)
神速一魂(益山武明,深町寿成)
Café Parade(狩野 翔,天﨑滉平,古川 慎,児玉卓也,小林大紀)
Altessimo(永野由祐,土岐隼一)
彩(バレッタ 裕,中田祐矢)

 オープニング映像が終わると,出演者が続々と現れ,1曲めの「Reason!!」を全員で披露しました。今回のツアーでは1曲めの掛け声をいろいろな出演者が行ってきましたが,静岡公演1日めでは神速一魂の益山さんが「いくぜ! 静岡!」と演じている朱雀同様,男らしく叫んでいました。かっこいい!

 1曲めが終わると,まずは主演者がステージ揃って並び,今日の意気込みなどを語りました。ちなみに今回のMCは,1曲めでかっこよく掛け声を言っていた益山さん! 毎回違う出演者がMCを務めているのが新鮮で良いですね。MCが神速一魂の益山さんということで,ユニットを紹介していく時,WとFRAMEも「オラ!」と決めていたのが微笑ましかったです。

 すべての挨拶が終わると,聞き馴染みのあるインスロが流れてきて……2曲めは,元サッカー選手アイドル・Wの「VICTORY BELIEVER」です。ステージから出演者が全員去る前に山谷さんと菊池さんが「みんなで一緒にキックオフ!」と叫ぶと,ほかの出演者もキックオフの仕草をしていました。
 今回はでべそ(張り出し舞台)を横から見られるような席だったのですが,横からみても2人のダンスや仕草のシンクロ率の高さを垣間見ることができて,最高!
 また,最後には山谷さんが実際のボールを菊池さんにパスしてシュートするといった演出があったのですが,ボールはゴールに入らず……。でも,とっても楽しい演出でした!
 続けて登場したのは,FRAMEの3人。かっこよくポーズを決めてでべそに登場した3人による「勇敢なるキミヘ」が3曲め! それぞれが演じているキャラを意識した振り付けをばっちり決めながらパフォーマンスをする熊谷さん,濱さん,増元さんが本当にかっこよくて,思わず目を奪われてしまいました。でべそでのパフォーマンスだったので,さまざまな方向に敬礼を披露していたのも良かったです。

 4曲めは,雰囲気が一変するAltessimoの「Tone's Destiny」です。以前聞いた時も思いましたが,歌声や雰囲気の神々しさが315プロのなかで断トツ! 思わずじっと見入ってしまいました。永野さんと土岐さんが終始笑顔でパフォーマンスをし,寄り添うように歌う姿には魅了されるのはもちろんですが,仲の良さも伝わってきて,なんだかほっこりする気持ちになりました。

 腕をわきわきさせる振り付けが出演者内で大流行の「RIGHT WAY, SOUL MATE」が5曲め。神速一魂のパフォーマンスはどの曲もかっこよくて,楽しい! 以前も書きましたが,この曲は神速一魂の新たな一面が垣間見られる楽曲となっていますが,新たな一面以外だけではなく神速一魂らしい力強くて,前向きな歌声が堪能できる時間でした。
 最初のMCで,「昨日タオルと間違えて浴衣で体を拭いちゃったぜ」といつも通り面白すぎるコメントをしていた深町さんでしたが,さすがのかっこよさです……。深町さんにはギャップ萌えを感じぜずにはいられない……。

 お次は,ミュージカル調でキャスト同士のやり取りが楽しめるCafé Paradeの「À La Carte FREEDOM♪」です。古川さんが披露するアスランの台詞を,巻緒役の児玉さんが同時翻訳する場面から,方向音痴の神谷を演じる狩野さんがでべそからステージに走り「北へー!」と掛け声をあげると,キャストとプロデューサー達が「そっちは南!」と突っ込むお馴染みの場面まで,バッチリ楽しめました。

 続けて,八代さんによる翼の「この静岡で最高の景色がみたいんです!」という台詞が聞こえて,黄色い歓声が! 八代さんに続き,内田さんの「完璧なステージを披露してみせよう!」,仲村さんの「ああ,いくぞ! 桜庭! 翼!」という台詞も会場内に響いたところで,DRAMATIC STARSの「STARLIGHT CELEBRATE!」が流れ始めました。この演出,サイコー! 安定のパフォーマンスですが,今回のツアー1日めに聞いた時よりもさらにパワーアップしているように感じました。成長が止まることがないDRAMATIC STARSの3人はとっても魅力的ですよね。

 ここで,DRAMATIC STARSの3人のほかに,神速一魂,W,FRAMEのキャストが登場し,それぞれのパフォーマンスについてコメントしました。

 内田さんは,ここまでライブツアーをつなげてきてくれたみんなの熱を感じるステージになったということで「2月にライブをやった時よりも熱い!」とコメントしていました。それに対して「季節的にね!」とやぼなツッコミが入っていて,思わず笑ってしまいました。

 続けて,今回みんなでキックオフをして大盛り上がりだったWの山谷さんと菊池さん。最後のシュートを決められなかったショックが隠しきれない様子の2人でしたが,最後に菊池さんが「もし(ショートが)失敗したと思っている人は,その感情を記憶からレッドカードしてください」とサッカーにかけたコメントをして,拍手と笑いが起こっていました。

 FRAMEの濱さんは,歌い終わり楽屋に戻った際,目の前に座っている仲村さんに「やってくれたな,FRAME! 最高だったよ」と言われたと報告すると,会場からは大きな歓声が。それに対して仲村さんが「だってかっこよかったんだもん」と返すと,それまで勢いよく話していた濱さんが照れたような反応をしていたのが微笑ましかったです。
 さらに「これからの曲もよろしずおか〜」と濱さん挨拶をすると,大きな歓声があがりました。すべると思っていたらしいのですが,思った以上に盛り上がって「やったぜ〜!!」と喜んでいた濱さんが可愛かったのですが……実はこの挨拶,リハーサルでS.E.Mの榎木さんが使っていたもの! 2日めも聞ける予感を何となく察してしまいました。楽しみ。

 今回MCの益山さんは,最初MC担当と言われた時「マジっすか!」と思ったそうですが,実際にMCとしてステージにたつと,いつも以上にプロデューサー達とのつながりを感じられたそうで,MCをやれた本当に良かった! と語っていました。
 一方深町さんは,「RIGHT WAY, SOUL MATE」について話していたのですが,キャストのみんなが腕をわきわきさせる振り付けを覚えていたらしく,ステージ裏でDRAMATIC STARSとすれ違った際に,あの振り付けをニコニコした顔でしながら近付いてくる八代さんについて話すと会場内では大きな笑い声がおこっていました。いま想像しても面白い!
 それに対して八代さんが「もし静岡公演の裏の映像が出るとしたら,俺多分これしかしてない」と腕をわきわきさせながら話していて,キャストもプロデューサー達も思わず笑ってしまいました。裏の映像,観たい……。

 MCが終わり,8曲めは華村翔真のソロ曲「ぴんとこな 〜蝶よ華よ〜」。元歌舞伎役者の翔真さんらしい楽曲で,ダンスのなかにも歌舞伎のさまざまな要素が盛り込まれていて,とっても粋なステージでした!
 また,歌が2番に入るとバックダンサーとして,狩野さんと小林さんが登場し,Café Paradeとは雰囲気が全く違うパフォーマンスに挑戦していたのも印象的でしたね。

 静岡といえば,サッカー以外にもお茶も有名! ということで9曲めは,元茶道家・清澄九郎のソロ曲「流るゝ風の如く 〜和敬清寂〜」です。正座をし,一礼してから歌い始める中田さん,美しすぎます。2番になると,ステージ上段に置かれていた番傘をさし,くるくると回すパフォーマンスも。

 10曲めは,バレッタさんと中田さんの2人で歌う「桜彩」。今回は猫柳キリオ役の山下大輝さんが不在ということで,幕張公演1日めとはちょっと違った桜彩を楽しめました。また,キリオのパートをバレッタさんと中田さんが2人で歌っていたのもすっごく良かった……。次は,また3人揃った桜彩のパフォーマンスが見たいですね!

 しっとりした雰囲気から一変し,雨音が……ということで,アスランの「我が混沌のサバト・マリアージュ」が11曲めです。古川さんはジャケットの代わりにマントを羽織り,怪しげな雰囲気の楽曲とマッチした姿で登場しました。肩にはサタンがちょこんと乗っていて,かわいい! またバックダンサーとして,フード付きのマントを着た2人組が登場しました。最初はフードをかぶっていたので,誰か分からなかったのですが,フードをとったところで山谷さんと熊谷さんだと分かり,大きな歓声があがっていました。

 続けて,雷の音が鳴り響いたと思うと,Café Paradeのキャスト5人がゾンビのように登場し,12曲めの「Reversed Masquerade」を披露しました。ハロウィンチックなこの楽曲は,個性的すぎる5人らしさが全面に表現されていて,毎回とっても楽しい気持ちになれますね。筆者は特に咲ちゃんの「可愛くなってしまえばいい!」の箇所が好きです。咲ちゃん本当にかわいい。

 「Reversed Masquerade」の終盤でステージ上段に現れたAltessimoの2人。Café Paradeと同様,ゾンビのように登場したときは大きな歓声が上がっていました。
 13曲めは,いつもとはちょっと違う登場をした永野さんと土岐さんによる「The 1st Movement 〜未来のための二重奏〜」です。ステージの端と端にそれぞれが向かい,歌いながらでべそへ移動するといった,派手な動きはないけれどAltessimoらしいステージでした。永野さんのほうが少し早めにでべそに到着し,あとからゆっくりと歩いてきた土岐さんが合流するような形でしたが,「重なって」の部分でぴったり2人揃って前方に到着していて,歩き方にもそれぞれのキャラを感じられました。

 ここで再びトークパート! 今回はAltessimo,Café Parade,彩の9人が登場し,それぞれのステージについて語りました。

 幕張以来のステージとなった土岐さんは,今回始めてステージを歩き回り,たくさんのプロデューサー達に挨拶ができたということで,永野さんに「楽しかったね」と笑いかけていました。永野さんもうなずきながら「楽しかったですね」と答えた後,プロデューサー達に向かって「どうでしたか?」と控えめに確認していました。大きな歓声が上がったところで,土岐さんが「最初は一緒にいろいろな所を回る予定だったんですけれど,リハーサルの時から永野くんが好きなところに行っちゃうので,自分はゆっくり歩こうと……」と自由に歩き回る永野さんの様子を話していて,思わず笑ってしまいました。

 ソロ曲とユニット曲を立て続けに歌った古川さんは,いつの間にか,衣装のジャケットからボタンが1個取れてしまったそう。すると,ステージ上でボタンを拾ったという声が……。もしや! と思いきや「これ児玉くんのなんだよね」と天﨑さんが言い出し,児玉さんが「違う! 違う!」と否定するといったバタバタぶりが面白かったです。最後に古川さんが「お客様のなかに,このボタン落とした方います?」という声に大きな笑いが起こっていました。しかし,一体誰のボタンだったんでしょうね?

 続けて「ぴんとこな 〜蝶よ華よ〜」の話題になったのですが,ここではバックダンサーの狩野さん,小林さんの顔が“すごいことになっている”と話題に。それに対して,バレッタさんは「2人が出てくると,本当に心強い!」と語っていました。
 一方,同じ彩の中田さんは,ソロ曲を2nd1日めやTHE IDOLM@STER SideM GREETING TOUR 2017でも披露してきましたが,何度やっても緊張すると話していました。そんな中田さんに「そうはみえなかった」「キレイだった」とほかのキャストが声をかけて,プロデューサー達からは大きな拍手が起こっていました。本当にキレイでしたね。

 ここから後半突入ということで,これまでのアイドルマスターSideMを振り返る映像が流れます。映像が終わり,静かになった会場に「冬の日のエトランゼ」のイントロが流れ,大きな歓声が! この曲は,アニメ「アイドルマスターSideM」のBlue-ray&DVD第1巻の完全生産限定版特典,Special CD「315 St@rry Collaboration 01」に収録されている切ない冬のラブソング。CDではDRAMATIC STARSと一緒にBeitの3人も歌っていますが,今回はDRAMATIC STARSの3人だけでの歌唱となりました。正直来るとは思っていなかったので,びっくり。歌が2番に突入するとでべそに出てきた3人が背中合わせになり,切ない顔で切ないラブソングを歌い上げました。本当にずるい! 凄く良かった!

 「冬の日のエトランゼ」に続けて,ラブソングの「Swing Your Leaves」が15曲め。この曲は,FRAMEのいままでの楽曲とはちょっと違った雰囲気が楽しめる楽曲……デート曲です! 間奏では,デート相手が遅刻してきた際の対応を演技で披露していたのですが,おそらく増元さんは,雨のなか,上着のなかに相手をいれるような仕草,濱さんは転んだ相手に手を差し伸べる仕草,熊谷さんはデコピンをした後,笑ってくれる仕草をしていました。甘い,甘すぎる……!! 会場では,それぞれ仕草をするたびに黄色い悲鳴があがっていました。

 続けて16曲めは,木村 龍のソロ曲「Happy-Go-Unlucky!」です。さっきまで甘くてかっこいいパフォーマンスを披露していた濱さんですが,ソロ曲でのパフォーマンスはとにかく元気で明るい龍の人柄を表したかのような動きで会場を盛り上げました。満面の笑みで,ステージを全力で走る濱さんの姿を見ていると,元気になってきます!

 16曲めの最後で倒れる動きをした濱さんを助け起し,敬礼をした増元さんが歌う17曲めは,信玄誠司のソロ曲「GO AHEAD SMILE!」です。この演出,サイコー! 歌詞で“匍匐前進”という言葉がでると,増元さんがステージ上で匍匐前進のような仕草をしていたのが印象的でした。また,途中から益山さんと深町さんが登場し,バックダンサーを務めました。最後に増元さんの「ありがとう」の一言がすっごく良かったです。

 元気な掛け声と共にステージに登場したWの2人による「LEADING YOUR DREAM」が18曲め。2人のきれきれのダンスと、ノリノリな音楽でテンションがあがります! シンクロ率もより上がっていて,サイコー! 終盤で「いくぞ,享介!」「いくぞ,悠介!」とそれぞれが叫ぶと,大きな歓声があがっていました。

 19曲めは,お馴染みのイントロが流れたことでざわついたDRAMATIC STARSの「MOON NIGHTのせいにして」です。いつも通りのすっごい歓声! 筆者,この記事のためにちゃんとメモをしなければならない立場なのですが,ついつい見入ってしまいました……。毎回,仲村さんの「おいで」にはドキッとしてしまいます。

 続けて,20曲めは彩と神速一魂による「笑顔の祭りにゃ、福来る」です。祭の文字が書かれたうちわに法被姿で登場した4人が,トロッコで移動しながら会場を盛り上げました。トロッコからボールを投げながら,うちわを振る4人が楽しげで見ているこちらも思わずニッコリ! お祭りをモチーフにした曲ということで,すっかり楽しい気分になりました。

 バレッタさんと中田さんの乗ったトロッコがアリーナ後方に止まったかと思うと,21曲め「喝彩!〜花鳥風月〜」のイントロが。桜彩同様,キリオのパートを2人が歌っていたのですが,中田さんはちょっと照れくさそうに「でにゃんす!」も披露していて,歓声があがりました。また,バックダンサーとして永野さんと土岐さんが登場し,Altessimoのパフォーマンスとはまた違った表情で,ステージに立っていたのも印象的でした。

 静岡公演1日め,ユニット曲の最後はもちろん神速一魂! そして,神速一魂といったらこの曲「バーニン・クールで輝いて」が21曲めです。とにかく「Oi Oi」のコールで盛り上がる曲ですが,今回は出演者が全員ステージ上に登場し,Oi Oiコール! すっごく熱い展開で,筆者も思わずOi Oiしちゃいました。

 23曲めは,すっかりお馴染みの全体曲「Beyond The Dream」です。センターに立った神速一魂の2人がでべそまで歩き,力強くパフォーマンスする姿がとっても頼もしく感じられました。

 ここで一旦キャストがステージ上から去った後,会場中からアンコールの声があがります。その後,「Reason!!」のイントロが流れ始めると,仙台会場と同様,コールや歌い声が聞こえてきて,どこのプロデューサー達もチームワークが良いなぁと感心してしまいました。

 アンコールの声に答え,ユニットごとのTシャツに着替え,再びステージに登場した19人のキャストが「GLORIOUS RO@D」「DRIVE A LIVE」を歌い,静岡公演1日めの公演をしめました。

 2月3日の幕張公演から始まったライブツアー「THE IDOLM@STER SideM 3rdLIVE TOUR〜GLORIOUS ST@GE!〜」。すべての公演で違った演出が楽しめた今回のライブツアーですが,その最後のステージとなった静岡公演2日めの模様も取材してきたので,そちらの記事もチェックしてくださいね。

■セットリスト ※敬称略
01.Reason!! / 全員
02.VICTORY BELIEVER / W
03.勇敢なるキミヘ / FRAME
04.Tone's Destiny / Altessimo
05.RIGHT WAY, SOUL MATE / 神速一魂
06.À La Carte FREEDOM♪ / Café Parade
07.STARLIGHT CELEBRATE! / DRAMATIC STARS
MC
08.ぴんとこな 〜蝶よ華よ〜 / バレッタ裕
09.流るゝ風の如く 〜和敬清寂〜 / 中田祐矢
10.桜彩 / 彩
11.我が混沌のサバト・マリアージュ / 古川 慎
12.Reversed Masquerade / Café Parade
13.The 1st Movement 〜未来のための二重奏〜 / Altessimo
MC
14.冬の日のエトランゼ / DRAMATIC STARS
15.Swing Your Leaves / FRAME
16.Happy-Go-Unlucky! / 濱 健人
17.GO AHEAD SMILE! / 増元拓也
18.LEADING YOUR DREAM / W
19.MOON NIGHTのせいにして / DRAMATIC STARS
20.笑顔の祭りにゃ、福来る / 彩,神速一魂
21.喝彩!〜花鳥風月〜 / 彩
22.バーニン・クールで輝いて / 神速一魂
23.Beyond The Dream / 全員
MC
EN01.GLORIOUS RO@D / 全員
EN02.DRIVE A LIVE / 全員

アイドルマスター SideM アイドルマスター SideM
アイドルマスター SideM アイドルマスター SideM
アイドルマスター SideM アイドルマスター SideM アイドルマスター SideM

アイドルマスター SideM アイドルマスター SideM
アイドルマスター SideM アイドルマスター SideM
アイドルマスター SideM アイドルマスター SideM
アイドルマスター SideM アイドルマスター SideM
アイドルマスター SideM アイドルマスター SideM
アイドルマスター SideM アイドルマスター SideM
アイドルマスター SideM アイドルマスター SideM
アイドルマスター SideM アイドルマスター SideM

「アイドルマスター SideM」公式サイト

「アイドルマスター SideM」ダウンロードページ

「アイドルマスター SideM」ダウンロードページ


「アイドルマスター SideM LIVE ON ST@GE!」公式サイト

「アイドルマスター SideM LIVE ON ST@GE!」ダウンロードページ

「アイドルマスター SideM LIVE ON ST@GE!」ダウンロードページ

注目の記事

1
★★★★★★
2
★★★★★★
3
★★★★★
4
★★★★★
5
★★★★
6
★★★★
7
★★★★
8
★★★★
9
★★★
お気に入りタイトル/声優

タイトル/ワード名(記事数)

全件表示する
最近記事を読んだタイトル/声優

タイトル/ワード名(記事数)

全件表示する