オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
[GDC 2016]「PlayStation VRの価格に自信あり」。数十という対応タイトルの存在も明らかになった,SCEプレスカンファレンス
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2016/03/16 18:52

イベント

[GDC 2016]「PlayStation VRの価格に自信あり」。数十という対応タイトルの存在も明らかになった,SCEプレスカンファレンス

 Sony Computer Entertainment(以下,SCE)は北米時間3月15日に,GDC 2016の会場からほど近いサンフランシスコ市内のショッピングモールにあるイベント会場にて,「PlayStation VR」(以下,PSVR)のプレスカンファレンスを開催した。本稿ではその模様をレポートする。

画像(001)[GDC 2016]「PlayStation VRの価格に自信あり」。数十という対応タイトルの存在も明らかになった,SCEプレスカンファレンス


PSVRの最終仕様版の詳細が発表


SCE代表取締役社長 兼 グローバルCEOのアンドリュー・ハウス氏
画像(014)[GDC 2016]「PlayStation VRの価格に自信あり」。数十という対応タイトルの存在も明らかになった,SCEプレスカンファレンス
 登壇したSCE代表取締役社長 兼 グローバルCEOのアンドリュー・ハウス氏は,「PS4は,歴代のプレイテステーションの中で,もっとも早く3600万台以上の出荷を達成したモデルである」と,好調なPS4の近況を述べたあと,すぐに本題であるPSVRの話題へと切り替えた。

 PSVRは,2014年にプロトタイプ「Project Morpheus」として発表されて以降,多くのゲーム開発者が興味を示し,さまざまなVRコンテンツやVRデモを発表するに至った。ハウス氏によれば,その数たるや,いまや230社を超えたという。

PSVR対応のVRコンテンツを開発するメーカーはいまや230社を超える
画像(003)[GDC 2016]「PlayStation VRの価格に自信あり」。数十という対応タイトルの存在も明らかになった,SCEプレスカンファレンス

 「その規模は,インディーズクラスから大手パブリッシャに至るまでさまざまだが,その230社以上のメーカーそれぞれが,独創的なアイディアを駆使してVRならではの新しい表現手段に取り組んでいる」とハウス氏。ここで,現在PSVR向けに開発が進められているVRコンテンツの映像が流された。

VRに興味を示した開発者達が,PSVRに対応したVRコンテンツへの開発に取り組んでいる。そのイメージ映像として公開されたのがこちら
画像(004)[GDC 2016]「PlayStation VRの価格に自信あり」。数十という対応タイトルの存在も明らかになった,SCEプレスカンファレンス

 この映像が終わると,再びハウス氏が登場。「業界各所からのフィードバックを経て,数回のプロトタイプ制作を通し,ついにPSVRの最終版をお届けできることになった」として,製品版PSVRのパッケージ内容の写真を公開した。

製品版PSVRのパッケージ内容
画像(005)[GDC 2016]「PlayStation VRの価格に自信あり」。数十という対応タイトルの存在も明らかになった,SCEプレスカンファレンス

 パッケージ内容は,「VRヘッドセット」と呼ばれるHMD本体に加え,プロセッサユニットと呼ばれるインタフェースボックスが付属し,さらに各種接続ケーブルが含まれる。接続ケーブルは,PS4とプロセッサユニットを接続するUSBケーブルとHDMIケーブル,プロセッサユニットとHMDを接続する独自仕様のケーブルの総計3本だ。
 なお,HMDの位置検出に使われる「PlayStation Camera」(以下,PS Camera)およびコントローラ的な扱いとなる「PlayStation Move」(以下,PS Move)は付属せず,別売り扱いとなる。
 ハウス氏は「製品仕様については,昨年のプロトタイプから大きな変更はない」と述べ,その製品仕様を箇条書きにしたスライドを画面に出した。

PSVRのスペック表
画像(006)[GDC 2016]「PlayStation VRの価格に自信あり」。数十という対応タイトルの存在も明らかになった,SCEプレスカンファレンス

 映像パネルは高速応答性に優れた有機ELを採用。パネルサイズは5.7インチ。解像度は1920×1080ドットのフルHDで,画素配列はG画素のみフル解像度の千鳥足模様のペンタイル配列方式ではなく,テレビなどに使われる映像パネルと同等のRGB全画素がフル解像度のRGBストライプ配列を採用することが強調された。
 映像リフレッシュレート(対応フレームレート)は90Hzと120Hz。ちなみに,PS4のHDMI端子(HDMI Ver.1.4)は,テレビとの接続時は60Hzまでのリフレッシュレートとなるが,PSVRと接続した時に限って,90fps,120fps出力に対応することが明らかとなっている。

 公称遅延時間は18ms未満とあるが,これについては少し解説が必要だろう。PSVRでは標準SDKにて直前までの頭部の動きから次のフレーム時の頭部の方向位置を予測する仕組みが搭載されている。また,GPUが映像の描画を開始した時刻と描画を完了した時刻との差異を吸収すべく,HMD内の画面に映像を表示するときに,表示位置や映像形状補正(パノラマ歪み付与)を行う「Temporal Reprojection」処理も施されている。
 そして公称遅延値の「18ms未満」とは,前者の「頭部位置/向きの予測なし」で「Temporal Reprojectionあり」にしたときの遅延時間を意味している。なお,「頭部位置/向きの予測あり」と「Temporal Reprojectionあり」を組み合わせた場合は,理論上の遅延はゼロとなる。要するに,PS4から出力された映像がPSVRのHMDに表示されるまでのシステム遅延が18msある……という理解でいいだろう。

会場に展示されたPSVRシステム。こちらはパッケージ内容ではなく,システム構成全体を示したもの。PS Moveは現状,入手しづらい状況だが,PSVR発売時までには改善される見込み
画像(012)[GDC 2016]「PlayStation VRの価格に自信あり」。数十という対応タイトルの存在も明らかになった,SCEプレスカンファレンス

 このほか,ハウス氏はPSVRについて,頭部の向き/位置に呼応した立体音響システムに対応していること,付けやすくて脱ぎやすいゴーグル型デザインを採用していることなどを改めて紹介した。


価格に自信あり。日本価格は税別4万4980円。本年10月に世界同時リリースを予定


 ハウス氏は,「新しい技術を普及させるためには,適正な価格で提供することが重要だと考えている。とくに,これから新しい一般消費者向けの商品となる“VR”という製品ジャンルの価格付けについては,ことのほか重大な決断となった」と前置きをし,北米,ヨーロッパ,イギリス,日本での価格と発売時期を発表した。

ついに価格と発売時期が明らかに。日にちは発表されなかったが,記載されている世界各地ではほぼ同日に発売される見込みだという
画像(007)[GDC 2016]「PlayStation VRの価格に自信あり」。数十という対応タイトルの存在も明らかになった,SCEプレスカンファレンス

 発表された価格は,北米で399ドル,ヨーロッパで399ユーロ,イギリスで349ポンド,日本で4万4980円(いずれも税抜)で,発売時期は2016年10月となる。
 この価格については,受け止める立場によって評価が分かれるようだが,ハウス氏としては,「非常に意欲的な価格を実現した」と自負しているようで「この価格で提供することが実現出来るのは,Sony Computer Entertainmentが20年にわたってゲーム関連機器を開発・製造してきた実績があるだけでなく,我々が70年にわたって家電製品を開発・製造してきたソニーグループのDNAを受け継いでいるからに他ならない」と述べていた。


シネマティックモード/メディアプレイモードでPSVRをHMZシリーズ的に活用可能


画像(013)[GDC 2016]「PlayStation VRの価格に自信あり」。数十という対応タイトルの存在も明らかになった,SCEプレスカンファレンス
 ハウス氏は,PSVRについて,これまで明らかにしてこなかった新機能についても紹介した。それは,シネマティックモード/メディアプレイモードと呼ばれる機能で,実質的にはPS4が本来持っている映像メディアの再生機能をPSVRに対応させたものになる。
 具体的には,PSVRを,VRHMDとして活用するのではなく,ソニーのHMD製品であるHMZシリーズのような,映像ビューアとして活用できるということである。
 ハウス氏によると「PSVRの表示面に,16:9アスペクトのコンテンツを遠・中・近の三段階ズームレベルで表示出来る機能を提供する」と述べていた。実質的には,PSVR内の仮想世界に大画面テレビを設置して映像が楽しめる…と言うことである。
 また,このモードは映像だけでなく,VRに対応していない普通のゲームをプレイすることにも利用可能だという。

 さらにハウス氏は「PS4のシステムソフトウェア側の標準機能としてPSVR向けの新機能を今後も追加していきたいと考えている」と述べており,その一例として360度カメラで撮影した動画や静止画を楽しむための機能を紹介した。これらは実際に開発途上版が,GDC 2016の会場で体験できるようになっていたので,その体験レポートについては後日お届けすることにしたい。
 なお,PSVRの製品パッケージにはPS Cameraが含まれていないわけだが,シネマティックモード/メディアプレイモードでPSVRを使う限り,PS Cameraは不要とのことだった。


PSVRに提供されるVRコンテンツは?


 続いてハウス氏は,PSVR用のVR体験ソフトのラインナップに話題を移し,PSVRの商品パッケージには,バンドルソフトとして「The PlayRoom VR」(ダウンロード版)が提供されることを明らかにした。

PS4では標準インストールされていた「The PlayRoom」の姉妹ソフト「The PlayRoom VR」が,すべてのPSVRユーザーにプレゼントされる予定
画像(008)[GDC 2016]「PlayStation VRの価格に自信あり」。数十という対応タイトルの存在も明らかになった,SCEプレスカンファレンス

 The PlayRoom VRは,PS4に標準インストールされていたPS Cameraを使って遊ぶ「The PlayRoom」のVR版に相当するものである。The PlayRoomはインタラクティブデモのようなコンテンツが中心だったが,The PlayRoom VRではもっとゲーム的な体験になっている。
 現在,The PlayRoom VRは4つのゲームと,ARボット達を観察するロビーシーンで構成されているが,10月のPSVRリリース時までにはさらにゲームの個数が増えるかもしれないと,SCE関係者が述べていた。これは楽しみである。
 また,PSVRの発売が予定されている10月から2016年末にかけて,ローンチタイトルも含めて全50作品のPSVR対応タイトルがリリースされること,そしてEA,DICE,ルーカスフィルムとの3社共同で,PSVR専用の「スターウォーズ・バトルフロント」の開発プロジェクトがスタートしたことも報告された。

PSVR専用の「スターウォーズ・バトルフロント」の開発がEA,DICE,ルーカスフィルムとの共同プロジェクトとしてスタートしたらしい
画像(010)[GDC 2016]「PlayStation VRの価格に自信あり」。数十という対応タイトルの存在も明らかになった,SCEプレスカンファレンス

 ハウス氏は,すでに出荷済みの3600万台分のPS4ユーザーがいて,そのすべてがPS4で同品質のVR体験が楽しめることを強調。PSVRが「VR体験」という新しいゲームイノベーションを普及させるプラットフォームとして大きく貢献することを確信しているとして,プレゼンテーションを締めくくった。

VRコンテンツの開発に最適なゲームエンジン,ミドルウェア群についてもPSVRの対応を積極的に進めているという
画像(009)[GDC 2016]「PlayStation VRの価格に自信あり」。数十という対応タイトルの存在も明らかになった,SCEプレスカンファレンス

今年は「アンチャーテッド 海賊王と最後の秘宝」「人喰いの大鷲トリコ」「Horizon Zero Dawn」といったビッグタイトルが控えており,さらにクラウドテレビサービス「PS VUE」もスタートする。PSVRも発売されるため,PS4は最高のエンターテイメントプラットフォームになることは間違いないと自信を見せるハウス氏
画像(011)[GDC 2016]「PlayStation VRの価格に自信あり」。数十という対応タイトルの存在も明らかになった,SCEプレスカンファレンス

「PlayStation VR」公式サイト

  • 関連タイトル:

    PlayStation VR本体

  • この記事のURL:
AD(最終更新日:2020/10/29)
PlayStation VR PlayStation Camera同梱版
Video Games
発売日:2016/10/13
価格:¥31,500円(Amazon) / 37800円(Yahoo)
amazonで買う
Yahoo!で買う
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:12月01日〜12月02日
タイトル評価ランキング
94
74
原神 (PC)
68
59
原神 (PS4)
50
LOST ARK (PC)
43
VALIANT TACTICS (PC)
2020年06月〜2020年12月