オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
Android用総合ベンチマークソフト「PCMark for Android」にストレージ性能計測テストが加わる
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2016/05/25 18:07

ニュース

Android用総合ベンチマークソフト「PCMark for Android」にストレージ性能計測テストが加わる

 フィンランド時間2016年5月24日,Futuremarkは,Androidデバイス用のベンチマークソフト「PCMark for Android」に,ストレージ性能計測用の新しいテスト「Storage test」を追加した。新テストが加わった新しいPCMark for Androidは,Google Playから無料でダウンロード可能だ。

Storage testを導入した状態のPCMark for Android。なお,Storage testの初回実行前には,約21MBのテスト用データをダウンロードする必要がある
PCMark

 Futuremarkはプレスリリースで,「スマートフォンの性能を語るとき,ストレージ性能は見過ごされがちである」と述べている。たしかに,搭載SoC(System-on-a-Chip)のCPU性能やGPU性能を計測するベンチマークソフトは多く存在しており,それらを使ったテストも盛んに行われているが,ストレージ性能まで計測している例は,決して多くはない。しかし,ストレージの読み書き性能が,ユーザーの体感性能を大きく左右することも事実だ。

 それもあって,4Gamerでのスマートフォンテストレポートでは,可能な限り「A1 SD Bench」ストレージ性能計測も行って,測定結果を掲載している。ただ,端末によっては計測結果に疑問の残ることもあり,なかなか決定版といえるテスト用ソフトウェアがなかった。
 その意味でPCMark for Androidは,注目のストレージテストと言えそうである。

 さて,そのStorage testでは,「Internal Storage」と「External Storage」の2種類に対して,逐次読み書きおよびランダム読み書きと,データベース管理ソフト「SQLite」を利用したデータベースの読み書きといったテストを,ボタン1つで実行できるようになっている。テストの細かい選択や設定はない。

Storage testの画面。設定はなにもなく,[RUN]ボタンを押すだけ
PCMark

数分間のテストプロセスが終わると,総合スコアが表示された
PCMark

総合スコアの下には,テスト中のバッテリー消費やSoCの温度,CPUコアの動作クロックを記録した「Monitoring data」のグラフが見える(左)。グラフを詳細表示(Detailed Graph)に切り替えると,CPU使用率を加えたグラフになった(右)
PCMark PCMark

 Internal Storageは,デバイスの内蔵ストレージが対象であるものの,External Storageは,デバイスがmicroSDメモリーカードに対応するかによって,測定対象が異なってくる。筆者が確認したところ,microSDメモリーカード非対応デバイスである「Nexus 9」だと,External Storageは自動的に,内蔵ストレージがテスト対象となった。一方,microSDカードを備える「Xperia Z4」では,装着しておいたmicroSDXCカードを対象とするテストが実行されるのを確認できている。
 Storage testを実行するときは,デバイスがmicroSDメモリーカードに対応するかを確認しておく必要があるだろう。

テストの詳細結果。とくにInternal Storageの読み書き速度は,デバイス全体の性能に大きく関わってくる重要な項目だ
PCMark

 いずれにせよ,新しいスマートフォンやタブレット端末を購入しようとしている人にとって,PCMark for Androidは端末の性能を理解する目安となりそうだ。

「PCMark for Android」ダウンロードページ

  • 関連タイトル:

    PCMark

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:05月19日〜05月20日