オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
パッケージ
アンチャーテッド 海賊王と最後の秘宝公式サイトへ
読者の評価
91
投稿数:10
レビューを投稿する
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
「アンチャーテッド 海賊王と最後の秘宝」プレイレポート。マダガスカルの大地を車で自由に探索してきた
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2016/04/04 23:00

プレイレポート

「アンチャーテッド 海賊王と最後の秘宝」プレイレポート。マダガスカルの大地を車で自由に探索してきた

 ソニー・インタラクティブエンタテインメントジャパンアジア(SIEJA)は,2016年5月10日にPlayStation 4用ソフト「アンチャーテッド 海賊王と最後の秘宝」を発売する。本作は,「クラッシュ・バンディクー」や「The Last of Us」などを手がけてきたNaughty Dogの代表作とも言える人気アクションアドベンチャー「アンチャーテッド」シリーズの最新作だ。シリーズ初のPS4専用タイトルとなり,グラフィックスの向上はもちろん,新たなアクションやシステムがふんだんに取り込まれ,過去最大のスケールで制作されている。今回4Gamerでは,東京都内のSIEJA本社にお邪魔して,一足先に本作をプレイさせてもらう機会を得たので,プレイレポートをお届けしよう。


 今回プレイさせてもらったステージは,マダガスカルの平原だ。ネイトとサリー,さらにネイトの兄のサムの3人で,海賊ヘンリー・エイブリーの財宝が隠されているという塔を探しながら,島の火山を目指すシーンから始まった。
 プレイしてまず気づいたのが,ネイト達が乗っている四輪駆動車をプレイヤーが自由に動かすことができ,さらに,車から降りてステージを自由に探索できること。これまでのシリーズでも乗り物は登場したが,あくまで演出上の1シーンという扱いだった。それが本作では,「アンチャーテッド」という作品のコンセプト上,ゴールは1つではあるものの,そこに至るまでの過程に,大幅な自由度を持たせたワイドリニアな探索ができるようになったのだ。これは,前作「アンチャーテッド -砂漠に眠るアトランティス-」からの大きな進化であると言えよう。

アンチャーテッド 海賊王と最後の秘宝

 ……などと言いつつ,筆者が不慣れなこともあって,開始数分で車を谷底へ落としてしまったのはここだけの秘密。ただ本作は,ゲームスタート時にまとめてデータを読み込むため,リスタートが驚くほど速い。そのため,ミスしたからといって,いちいち待たされないのは,過去作と同じく嬉しい部分だ。

 車を走らせていると,ステージのあちこちに石が積み上がっているのに気付くのだが,これは,正しいルートを通っている証拠となる目印。前作までは,鳥がいる道が正解ルートだったりしたが,それと似たようなものだ。環境そのものがマップ代わりになっているようなギミックは,開発スタッフの遊び心が詰まっている。
 ちなみに,筆者はいたずらが好きなので石を発見するたびに崩していたが,崩すか崩さないかでキャラクター同士の会話内容も変わってくるらしい。こうした細かな部分でプレイ体験に変化が起こるのは,なかなか面白い。

アンチャーテッド 海賊王と最後の秘宝

 またステージには滝があったのだが,これがなんと,中に入れるのだ。滝の中には洞窟があり,新アクション グラッピングフックを使って岩の上に登ったりすることも可能だった。そのほか,台車を動かして踏み台を作り,探索の幅を広げてみたりと,1つのアクションによって次々と新たな発見があるのも興味深い。
 ちなみに,先ほど触れたキャラクター同士の会話についてだが,車で洞窟に入るか,徒歩で入るかによっても変わってくる。「そこまでやる!?」と思えるほど細かい部分にまでこだわりを感じさせるのは,実にNaughty Dogらしい。

アンチャーテッド 海賊王と最後の秘宝

 マダガスカル平原は道がデコボコしており,車がやたらと揺れる。乗り物に弱い筆者だったら絶対に酔っていただろうなと余計なことを考えつつ,プレイを進めていた。一見,車では進めなさそうなところでも,うまく岩にタイヤを噛ませることで進行できたりする。そのため,一度は進行に失敗した場所でも,「え,ここ行けたの?」といった具合に,試行錯誤することで道が開けてくるのだ。

アンチャーテッド 海賊王と最後の秘宝

 また,車で進めない坂であっても,木にウィンチを巻きつけて車を引き上げて先に進むシーンがあった。車での移動がメインとなるステージはさほど多くはないということだが,少なくともマダガスカル平原では,車を如何に使うかが攻略のカギとなる。これまでのシリーズにはなかった要素なので,ファンとしては,こういったあたりにも注目してみると面白いと思う。
 ステージは広大なので,道に迷うこともしばしばあり,「どうやって進むんだろう……」と頭を悩ませることもあったが,こういったちょっとした謎解きが多いのは,「アンチャーテッド」らしい部分だ。もちろん,一定時間が経過すると仲間がヒントをくれるので,謎解きが苦手な人も心配しないでほしい。



特攻からステルスまでなんでもござれ,バトルスタイルの幅広さも魅力


 マダガスカルの広大な大地を車で走らせること数分,なんだか怪しい連中を発見。戦闘の始まりだ。ここでは,車で敵のベースに突っ込んでいくことも,徒歩で近づき,ステルスで攻略することも可能で,この辺りは,過去作にも通じる自由度の高さとなっていた。
 筆者はハデなことが好きではないので,遮蔽物に隠れながらステルスで敵を倒すことを決意。とかなんとかいいつつ,ソッコーで見つかって銃撃戦になってしまった。スタッフに「僕はステルスでいきますよ!」なんてカッコつけなきゃよかった……。

アンチャーテッド 海賊王と最後の秘宝
アンチャーテッド 海賊王と最後の秘宝 アンチャーテッド 海賊王と最後の秘宝
アンチャーテッド 海賊王と最後の秘宝 アンチャーテッド 海賊王と最後の秘宝

 今回のプレイでは難度が「練習」となっており,オートエイミングが効いていて,初心者に優しい作りだった。ただ,本作では敵のAIが飛躍的に進化しており,一か所に固まっているとグレネードを投げてきたり,回りこんできたりする。難度が上がると,敵が硬くなるだけでなく,AIもより進化していくとのことなので,歯ごたえを望む人は,難度を上げてプレイしてみよう。

 バトルシーンをプレイして感じたのは,「アンチャーテッド」はやはり“ミリタリーTPSではない”ということ。もちろん緊迫感はあるものの,展開はスピーディでテンポよく進んでいくし,サリーやサムと連携を取り合いながらの戦いは,血なまぐさい戦場というより,冒険活劇の映画を観ているようでワクワクする。彼らがたまに吐くジョークに,プレイヤーまでクスリとしてしまうだろう。この辺りは,最新作になっても「アンチャーテッド」らしいままだと感じた。

アンチャーテッド 海賊王と最後の秘宝 アンチャーテッド 海賊王と最後の秘宝
アンチャーテッド 海賊王と最後の秘宝 アンチャーテッド 海賊王と最後の秘宝

 また,本作はこれまで以上に「ゲームの世界にいるような感覚」を強く感じられる。もちろん過去作の没入感も素晴らしかったのだが,本作は,フィールドの広大さや美麗なグラフィックスから生まれる空気感が,前作を遥かに凌駕している。それでいて,車を使ったアクションやギミックも,プレイしていて素直に楽しいと思えるものだった。
 まとめると本作は,「アンチャーテッド」の魅力である冒険感やキャラクター設定,バトルの面白さをグレードアップさせつつ,広大なステージや車の新アクションを取り入れたことによって,テーマの軸はそのままに,すべてが大幅に進化したという印象だ。5月10日の発売を,楽しみに待ちたい。

アンチャーテッド 海賊王と最後の秘宝
アンチャーテッド 海賊王と最後の秘宝

「アンチャーテッド 海賊王と最後の秘宝」公式サイト

  • 関連タイトル:

    アンチャーテッド 海賊王と最後の秘宝

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:12月13日〜12月14日