オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
パッケージ
NBA 2K18公式サイトへ
  • 2K
  • 2K Sports
  • 発売日:2017/09/19
  • 価格:スタンダード エディション7000円+税/レジェンド エディション9900円+税/レジェンド エディション ゴールド1万4900円+税
レビューを書く
準備中
NBA 2K18
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

募集中
LINEで4Gamerアカウントを登録
QRコードでLINEの4Gamer
アカウントを友達登録すると
月〜金の週5回,21時に厳選
ニュースをお届けします!
※購読にはLINEアプリが必要です
「NBA 2K18」のプレイレポート。実写のようなグラフィックスでNBA選手としての人生が体験できる
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー
印刷2017/10/10 10:36

プレイレポート

「NBA 2K18」のプレイレポート。実写のようなグラフィックスでNBA選手としての人生が体験できる

 豪快かつ華麗なプレイで見る者を魅惑する,北米のプロバスケットボールリーグがNBA(National Basketball Association)だ。そんなNBAの公式ライセンスを取得した2Kの人気バスケットボールゲームのシリーズが「NBA2K」で,その最新作である「NBA 2K18」PC/PS4/PS3/Xbox One/Xbox 360/Nintendo Switch)が発売中だ。まるで実写のようなグラフィックスでNBA選手としての人生が味わえる本作のPlayStation 4版をプレイしたので,その模様をお届けしよう。

「NBA 2K18」公式サイト



華麗なグラフィックスで,リアルなバスケットボールを堪能


 1999年から続く「NBA 2K」シリーズは毎年,北米でシーズンが始まる10月頃にリリースされるのが恒例だ。選手の顔が「本人そっくり」というのもシリーズのウリの1つだが,本作では新たにレーザースキャニング技術を導入し,選手達からデータを採取,体型の特徴まで忠実に再現した3Dモデルを作っているというから,そこまでやるか,というこだわりぶりだ。

NBA 2K18
NBA 2K18

 バスケットボールやNBAにあまり詳しくない人や,スポーツゲームのビギナーはまず,チュートリアルの「2KU」モードを遊ぶといいだろう。実際の試合の流れの中で,そのときどきに必要なテクニックを教えてくれるので,試合を楽しみつつ操作方法やコツを学べるのだ。
 フェイントやコンビネーションなど,本作で選手に出せる指示は非常に多いが,[左スティック]で移動,[R2]を押しっぱなしでダッシュ。また,オフェンス時は[×]や[△]ボタンでパス,[右スティック]でシュートとなっている。ディフェンスでは,マークがついた相手の近くに寄って[L2]を押しっぱなしにする,というのが基本操作で,文章では難しく思えるかもしれないが,以上の基本を押さえていれば,とりあえず遊ぶことはできる。

NBA 2K18

 最初から強いチームを使ってみる,というのもゲームを学ぶには良い手だ。というのも,選手達にはそれぞれ,オフェンスやディフェンスに関わる能力値が設定されており,同じ操作をしても,能力値が高い選手のほうが成功しやすいから。
 「強いチームって,どこのこと?」と首をひねる人も心配はいらない。本作にはNBA史上の名プレイヤーが時空を超えて集まった「オールタイムチーム」がいくつか用意されており,彼らを使えば壮快なプレイが楽しめる。個人的なオススメはシカゴ・ブルズで,ここにはマイケル・ジョーダン選手デニス・ロッドマン選手など,名前ぐらいは誰でも聞いたことがある選手が揃っているのだ。とりあえずオールタイムチームでバスケットボールの楽しさを知り,そこから現役チームで操作テクニックを詰めていこう。


主人公と一体になってNBAの世界に飛び込む「MyCAREER」モード


 NBA2Kシリーズでは,自分が作った架空の主人公でプレイする「MyCAREER」モードの人気が高い。本作では,「ネイバーフッド」と呼ばれるオンラインの街が用意され,そこにさまざまなプレイヤーが集い,試合をしたり,トレーニングをしたり,買い物をしたりできるようになった(関連記事)。この街を舞台に,NBA選手としての人生を満喫するのだ。

身長や体格はプレイに大きな影響を与えるので,慎重に決めよう
NBA 2K18 NBA 2K18

「MyCAREER」モードの主人公。外見をかなり細かくカスタマイズできる
NBA 2K18 NBA 2K18

 主人公には一応,バックグラウンドが用意されており,本作の場合は「かつてバスケットボールの選手だったが,DJに転向した」という,割と破天荒な経歴を持つ人物だ。ストリートバスケの試合で活躍したところを見いだされてNBAの選手になった彼と,手腕に不安のあるマネージャー,そして仕切りたがり屋で騒がしい居候の三人四脚でキャリアを積んでいくという,ちょっと海外ドラマのような設定で,つい先が気になってしまう。

ストリートバスケの大会で活躍した主人公は,チームのスカウトマンに見いだされる
NBA 2K18 NBA 2K18

敏腕とはおよそ言いかねるマネージャー(左)と,騒がしい仕切り屋の居候(右)と共に,NBAの選手としてキャリアを積んでいく
NBA 2K18 NBA 2K18

 主人公にとって,NBAは未知の世界だ。チームメイトやチームの広報,セキュリティといったスタッフと交流することで,主人公だけでなくプレイヤーもNBAの舞台裏が見られるという趣向になっている。
 イメージキャラクターとして企業とタイアップしたり,NBAストアでファンサービスのイベントに参加するなど,試合だけではない選手達の人生を疑似体験できるという,NBA好きにはたまらないシステムといえる。

緊張のトライアウトを経てチーム入りすると,変わり者の先輩が待っていた。NBA選手の人生はイベントの連続だ
NBA 2K18 NBA 2K18

選手として実力がつけば,ファンサービスのイベント(左)や,イメージキャラクターとしてのタイアップ(右)など,さまざまな仕事をすることになる
NBA 2K18 NBA 2K18

 こう書くと,MyCAREERがNBAマニア専用のように感じる人もいるかもしれないが,実はビギナーこそプレイすべきモードだろう。試合では主人公を操作するだけでよく,さらに,試合を通してバスケットボールを学べるのだ。

 通常の試合では操作する選手を自由に切り替えてゲームを進めることになるのだが,最初のうちは混乱しがち。どのポジションがどんな動きをすればいいのか,それなりに理解している必要があるからだ。
 しかし,このMyCAREERでは切り替えができず,主人公だけを動かせばいいのに加えて,評価システムが自分の動きの良し悪しを採点してくれるのだ。シュートしたり,相手からボールを奪ったりといった派手なプレイはもちろん,「ボックスアウト(敵を身体でブロックし,リバウンドしたボールを取れないようにすること)に成功した」「素早くパスを回した」「良いスペースの取り方をした」といった細かな点まで評価してくれるので,自然と良い動きが分かる仕組みになっている。

 評価システムの目はとても厳しく,「ゴール前で敵に阻まれてしまい,苦し紛れに入りもしないシュートをした」「自分がマークすべき選手から離れた」「フリースローを外した」など,悪い動きをすると容赦なく減点されてしまうから恐ろしい。

評価システムは,実に厳しく試合を採点する。セオリーに沿った動きなら加点され,そうでなければ減点。とくにフリースローを外したときは評価が激減する
NBA 2K18
NBA 2K18

 NBA選手になったのはいいが,主人公の能力が低いうちは先発メンバーに加えてもらえないこともあり,出番は限られている。やっとお呼びがかかったと思ったら,コートでヘマをして評価ダウンということも少なからず起きる。試合に出たくてたまらないのと同時に失敗を恐れるプレッシャーが感じられ,これは実にリアルな体験だ。
 試合の合間に練習を行うこともでき,これもゲームの理解に役に立つ。とくに,人数が少ない「2on2」ではセオリーを外れた動きをするとまず勝てないので,みっちりプレイするのにもってこいだ。

主人公は単なる無名のルーキーに過ぎない。実力を示すまではベンチを温めるしかない(左)。ときには出番がまったくなく,上着すら脱がないまま試合が終わることも(右)
NBA 2K18 NBA 2K18

試合の途中でいきなり投入されることも多いが,いかなるときでもしっかり実力を発揮できるのがプロだ
NBA 2K18 NBA 2K18

試合の合間には,チームのスタッフと知り合いになったり(左),ロッカーに山ほどのタオルを詰め込まれるというイタズラをされたり(右)など,さまざまなイベントが発生する
NBA 2K18 NBA 2K18


ゲーム内通貨「VC」で,オシャレがしたい


 試合が終わると,活躍に応じてゲーム内通貨の「VC」で給与が支払われる。給料の使い道はさまざまだが,最も重要なのが能力アップで,「スピード」「スタミナ」「ジャンプ力」など各種の能力を上げると,さらに活躍できるようになるのだ。
 このへんは,スポーツゲームでありながらRPGっぽいシステムで,いろいろと頭を悩ましたいところだ。ともあれ,試合をこなすごとに強くなり,次の試合が楽しみになってくる。ちなみに,試合以外のVCの入手法も用意されており,例えばシューズメーカーと契約すれば,試合でそこのシューズを履くたびにVCがもらえるし,ファンイベントやタイアップ広告でもVCが手に入る。

試合でもらえるVCを使って,能力をアップさせよう
NBA 2K18

 一方,髪型を変えたり,ウェアやシューズを買ったりするときにもVCが必要になる。成長とファッション,どちらを取るべきかというわけだが,現在のネイバーフッドには初期装備のTシャツを着た人が多く見られる。まだまだキャリアを追求している段階,といったところだろう。

VCは髪型を変えたり(左),ウェアやシューズを買うのにも必要(右)
NBA 2K18 NBA 2K18

 ちなみに,ネイバーフッドのトレーニング施設にはバーベルやトレッドミルなどが置かれており,ミニゲームとして遊べるが,これらは単に「能力値の上限を開放する」もので,直接的なパワーアップ効果はない。
 また,試合や練習を重ねることで経験値が溜まり,それが一定の値になると「バッジ」がもらえる。これは,パッシブ能力を与えてくれる効果がある。

 いずれにせよ,NBA選手たるもの,とにかく試合で活躍してVCを稼ぐことがパワーアップの近道だ。強い選手ほど身なりが良くなるのは妙にリアルだが,個人的には,もう少し気軽にオシャレを楽しみたいという気がしないでもない。
 もっとも,VCはMyCAREERだけでなく,後述する「MyGM」モードなど,ゲームに用意された各種のモードで手に入るほか,直接販売も行われている。いろいろなモードをまんべんなくプレイすれば,もっとオシャレできるようになる。

施設では各種トレーニングが可能で,能力値の上限を開放できる(左)。ネイバーフッドではほかのプレイヤーの姿が見られるが,初期装備の人が多い(右)
NBA 2K18 NBA 2K18

ネイバーフッドではまた,プレイヤーがデザインしたTシャツの人気投票も行われている
NBA 2K18
 プレイではなく,ゼネラルマネージャー(GM)としてNBAを生きるモード,MyGMは,MyCAREERの主人公が足を痛めて引退し,GMになったという筋立てだ。アスリートはいつか引退しなくてはならないが,1つの作品で選手としての活躍と引退後の姿が描かれるのは珍しく,開発者達のバスケットボール愛が強く感じられる。
 MyCAREERで努力し,成長する姿を見てきただけに,GMとなった主人公も応援したくなる。こちらはシミュレータとしての色彩が強く,理想のチーム作りが楽しめる。

MyGMモードでは,ケガで引退した主人公が,GMとしての新たな人生を歩み出す
NBA 2K18 NBA 2K18

チーム運営シミュレータといった雰囲気のMyGMモード。GMとしての采配が問われる
NBA 2K18
NBA 2K18

 「MyTeam」モードは選手や用具,コーチ,戦略などのカードを組み合わせてチームを育成するモードで,こちらはトレーディングカードゲーム風だ。試合をやって「MT」と呼ばれるゲーム内通貨を貯め,パックを引いて新たなカードを入手するのだが,どんな選手が手に入るのか,いつもドキドキする。

MyTeamでは,カードとなった選手やコーチを集めてチームを編成する
NBA 2K18 NBA 2K18

カードには選手のデータが書かれており,トレーディングカード感覚でコレクションが楽しめる
NBA 2K18 NBA 2K18

 以上のように,基本的にバスケットボールをテーマにしたスポーツゲームなのだが,RPGやシミュレーション,トレーディングカートゲームの要素が盛り込まれ,NBAの熱烈なファンはもちろん,そこそこ知っているという人でも十分に楽しめる作りになった「NBA 2K18」。
 ボリュームは十分以上で,遊び尽くせないほどバスケットボールがてんこ盛り。ただし,MyCAREERモードでは金欠ならぬVC欠に悩まされることもしばしばで,MyGM,MyTeamとも,それなりに歯ごたえがある。本家NBAのシーズンに合わせて,ゲームのほうも,いろいろなモードでじっくり遊んでいきたい。

NBA 2K18
NBA 2K18

「NBA 2K18」公式サイト

  • 関連タイトル:

    NBA 2K18

  • 関連タイトル:

    NBA 2K18

  • 関連タイトル:

    NBA 2K18

  • 関連タイトル:

    NBA 2K18

  • 関連タイトル:

    NBA 2K18

  • 関連タイトル:

    NBA 2K18

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:12月11日〜12月12日
タイトル評価ランキング
83
82
ARMS (Nintendo Switch)
73
スプラトゥーン2 (Nintendo Switch)
70
2017年06月〜2017年12月