オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
【終末放送】世界を救う枠公式サイトへ
レビューを書く
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

募集中
LINEで4Gamerアカウントを登録
戦いを盛り上げてコメントを稼ごう。スマホ向けRPG「【終末放送】世界を救う枠」を紹介する「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」第1910回
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2019/01/16 10:00

連載

戦いを盛り上げてコメントを稼ごう。スマホ向けRPG「【終末放送】世界を救う枠」を紹介する「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」第1910回

画像(011)戦いを盛り上げてコメントを稼ごう。スマホ向けRPG「【終末放送】世界を救う枠」を紹介する「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」第1910回

スマートフォンには相当な数のゲームが存在しているが,「じゃあ,どれが面白いの?」「そもそも,数が多すぎて好みのタイトルが探せない!」と思っている人も少なくないはず。そんな問題を解決すべく,スタートした連載が「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」だ。話題の新作タイトルからネタ要素多めのオモシロ系まで,スマートフォンのゲームを片っ端からプレイして(ほぼ)毎日お届けする。

 本日の「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」では,スマホ向けRPG「【終末放送】世界を救う枠」iOS / Android)を紹介しよう。

アプリは無料でダウンロードできる
画像(001)戦いを盛り上げてコメントを稼ごう。スマホ向けRPG「【終末放送】世界を救う枠」を紹介する「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」第1910回

「【終末放送】世界を救う枠」ダウンロードページ

「【終末放送】世界を救う枠」ダウンロードページ


 本作は,魔物との戦いをゲーム内の国民に向けて配信し,彼らに応援してもらいながらゲームを進めていく,一風変わったRPGだ。戦闘を開始すると視聴者数やコメント数が増えていき,それに応じて獲得経験値やゴールドが増加する。

画像(002)戦いを盛り上げてコメントを稼ごう。スマホ向けRPG「【終末放送】世界を救う枠」を紹介する「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」第1910回
戦闘はターン制のコマンドバトル。いかに派手な戦いをするかが,配信の鍵となる
画像(003)戦いを盛り上げてコメントを稼ごう。スマホ向けRPG「【終末放送】世界を救う枠」を紹介する「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」第1910回 画像(004)戦いを盛り上げてコメントを稼ごう。スマホ向けRPG「【終末放送】世界を救う枠」を紹介する「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」第1910回

 普通の通常攻撃で,地味に敵を倒しても,配信は盛り上がらずコメントも増えない。そこで,わざと敵の体力を調整し,ラストを派手な必殺技で飾ったり,意味深なセリフを告げてヒートアップさせたりと,演出を心がけよう。各スキルには「派手さ」という数値が設定されており,威力は低くともド派手な技が豊富なのだ。

画像(005)戦いを盛り上げてコメントを稼ごう。スマホ向けRPG「【終末放送】世界を救う枠」を紹介する「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」第1910回
プレミアムコメントをもらうと,バフ効果が付与される。本作の投げ銭といったところだ
画像(006)戦いを盛り上げてコメントを稼ごう。スマホ向けRPG「【終末放送】世界を救う枠」を紹介する「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」第1910回 画像(007)戦いを盛り上げてコメントを稼ごう。スマホ向けRPG「【終末放送】世界を救う枠」を紹介する「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」第1910回

 クエストに送り出す勇者は複数のチームから選択できる。例えば,メデューサチームは使い勝手のいいスキルがウリだが,カトレアチームは運が戦略に関わってくるなど,プレイスタイルが異なっている。入手したゴールドで各自のスキルを購入し,チームごとのスタイルを細かく設定していこう。

ただ倒せばいいだけではなく,戦いをプロデュースする感覚で挑もう
画像(008)戦いを盛り上げてコメントを稼ごう。スマホ向けRPG「【終末放送】世界を救う枠」を紹介する「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」第1910回

たとえピンチでも,無駄にかっこいい詠唱をさせてから倒すとコメントがドカッと増えて気持ちいい
画像(009)戦いを盛り上げてコメントを稼ごう。スマホ向けRPG「【終末放送】世界を救う枠」を紹介する「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」第1910回 画像(010)戦いを盛り上げてコメントを稼ごう。スマホ向けRPG「【終末放送】世界を救う枠」を紹介する「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」第1910回

 中には本当に強いボスも待ち受けていて,ガチの死闘をしなければいけない場面もある。育成やストーリー,斬新な戦闘はいずれも独自の魅力なので,RPG好きはぜひともバトル演出家デビューをしてみてほしい。

著者紹介:オクムラワタル
 平成生まれのゲーム野郎。ファミコンとともに幼年期を過ごし,ゲームによって育てられた存在。ジャンルを問わずゲームを愛しており,FPSから恋愛シミューレーションまでなんでもいじる。ちなみに説明書は読まない派である。

「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」記事一覧

  • 関連タイトル:

    【終末放送】世界を救う枠

  • 関連タイトル:

    【終末放送】世界を救う枠

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:07月15日〜07月16日