オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
Identity V公式サイトへ
  • NetEase Games
  • 発売日:2018/07/05
  • 価格:基本プレイ無料+アイテム課金
レビューを書く
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
サバイバー編とハンター編を振り返る。舞台「Identity V STAGE Episode1『What to draw』」公演レポート
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2019/12/09 12:00

紹介記事

サバイバー編とハンター編を振り返る。舞台「Identity V STAGE Episode1『What to draw』」公演レポート


舞台「Identity V STAGE Episode1『What to draw』」
レポート記事へのご招待

 親愛なる4Gamer読者様,本記事は2019年11月29日〜12月8日に,池袋のサンシャイン劇場で上演された舞台「Identity V STAGE Episode1『What to draw』」の取材レポートです。

 以下のレポートでは,サバイバー編のゲネプロ公演と,ハンター編の初日公演の内容を紹介しています。これは,第五舞台ロスの方が読み返すことで観劇の楽しさを思い出してもらうこと,第2幕公演前に第1幕を簡単に振り返ってもらうことを目的に執筆しているため,まだ観劇していないけれど,これからBlu-rayの購入を検討されている方はご注意ください。ご了承いただいた方のみ,先に進むことをおすすめします。

 なお,まったく観劇する予定がないけど舞台の内容は気になっている人はこのまま進んでください。でももし,本稿を読んで舞台「Identity V STAGE」に興味を持ってくれたなら幸いです。

 それでは,あなたの答えを教えてください。




画像(001)サバイバー編とハンター編を振り返る。舞台「Identity V STAGE Episode1『What to draw』」公演レポート

舞台「Identity V STAGE Episode1『What to draw』」公式サイト


※本舞台劇は、ゲーム原作「Identity V」の許諾を取得しておりますが、原作の内容とは関わらず、舞台化のための独自の創作も行っております。原作ゲームの設定、世界観、ストーリーとは異なる部分もございますので、予めご了承ください。


永遠に終わらないゲームの始まり


 物語は,月が綺麗な夜――大きな鞄を持った青年,イソップ・カールが荘園へ続く道へ足を踏み入れたところから始まる。イソップはそこで,どこからともなく現れた青年のあとを追い,サバイバーたちが集う館に足を踏み入れることに。

画像(012)サバイバー編とハンター編を振り返る。舞台「Identity V STAGE Episode1『What to draw』」公演レポート
納棺師(イソップ・カール)
画像(002)サバイバー編とハンター編を振り返る。舞台「Identity V STAGE Episode1『What to draw』」公演レポート
幸運児

 一方,サバイバーたちは・・・・・・というより弁護士のフレディ・ライリーは,今日のゲームは誰が勝つのか賭けをしようとしていた。医師のエミリー・ダイアーはそんなフレディを非難するが,彼はなんだかんだと論理的に聞こえなくもない屁理屈を言い返す。あまり仲は良くない印象だ。

画像(026)サバイバー編とハンター編を振り返る。舞台「Identity V STAGE Episode1『What to draw』」公演レポート
弁護士(フレディ・ライリー)
画像(029)サバイバー編とハンター編を振り返る。舞台「Identity V STAGE Episode1『What to draw』」公演レポート
医師(エミリー・ダイアー)

 そこへ,元気よく挨拶する声が響き渡る。先ほどイソップと出会った青年だった。サバイバーたちは突然の来客に戸惑い,(主に弁護士が)何者なのか問い詰める。
 青年の名は「幸運児」。幸運児では呼びづらいということで,ボーイと呼んでと気さくに彼は言う。そこへ,ボーイを追ってやってきたイソップも登場する。またもや見知らぬ者の登場に,フレディと泥棒のクリーチャー・ピアソンも加わり詰め寄った。

おどおどしながら詰め寄る泥棒(クリーチャー・ピアソン)
画像(030)サバイバー編とハンター編を振り返る。舞台「Identity V STAGE Episode1『What to draw』」公演レポート

 イソップの話によると,彼は“招待状”に従って荘園へやってきたという。幸運児も同じだった。しかし,イソップはほかのみんなと違い,彼自身が招待されたわけではなかった。招待状の宛名の名前が異なっていたのだ。
 イソップの職業は「納棺師」。亡くなった人にお化粧をして,送り出す仕事をしている。その招待状は彼宛ではなく,彼が担当した死人の持ち物だった。

 ここでさらなる来訪者が登場する。占い師のイライ・クラークだ。彼は非常にのんびりとした性格のようで,動揺するサバイバーたちに向かってゆっくりと語り出した。彼は「ここで行われているゲームに参加し,勝つことができれば望みが叶う」と聞いてやってきたという。

画像(031)サバイバー編とハンター編を振り返る。舞台「Identity V STAGE Episode1『What to draw』」公演レポート
状況が飲み込めない
画像(032)サバイバー編とハンター編を振り返る。舞台「Identity V STAGE Episode1『What to draw』」公演レポート
占い師(イライ・クラーク)

 3人とも招待状を持っていたため,ひとまずゲームに参加する新人だと理解するサバイバーたち。そんななか,イソップだけが状況を飲み込めていなかった。また,荘園にやってきたイライたちも「どんなゲームなのか」までは知らなかったため,説明を受けることに。

画像(033)サバイバー編とハンター編を振り返る。舞台「Identity V STAGE Episode1『What to draw』」公演レポート

***********************************

■ゲームについて

●基本ルール
荘園では毎日ゲームが行われている。
1日に1ゲーム開催される「鬼ごっこゲーム」。

追う側のハンターが1人,
逃げる側のサバイバーが4人,
サバイバーはあちこちに点在する暗号機のうち,5つを解読する。

サバイバーのうち,4人中3人以上が逃げ切れたら勝利。
2人なら相打ちで引き分け。
1人,もしくは全員が捕まったら負け。

●ゲームへの参加方法
荘園の主からの指名制。前日の夜,夕食のときにゲームへの招待状が届く。

●ゲームの注意点
ゲーム中,ときと場合によっては死ぬこともある。
しかし死んでもいつの間にか館で目が覚める。強制退場になっても脱出しても館に戻る。


***********************************

 問題なのは,これまでサバイバーたちが勝っても負けてもゲームがくり返されるということ。そして,荘園からは帰れないということだった。あまりの現実感のない話に,イソップは困惑する。彼はゲームをしに来たわけではないからだ。

 そこへ,ゲームを終えた空軍のマーサ・ベハムフィール,心眼のヘレナ・アダムス,機械技師のウトレイシー・レズニックの3人が帰ってきた。どうやら試合中,カウボーイが死んでしまったらしい。心眼をかばったためのようだ。そしてほどなくして,“死んだ”と言われたカウボーイのカヴィン・アユソが姿を現した。

左から空軍(マーサ・べハムフィール),心眼(ヘレナ・アダムス),機械技師(ウトレイシー・レズニック)
画像(034)サバイバー編とハンター編を振り返る。舞台「Identity V STAGE Episode1『What to draw』」公演レポート

 そんな光景を目の当たりにし,イライとボーイは受け入れるしかないと悟ったものの,イソップはますます混乱し,館を飛び出してしまう。心配したボーイと庭師のエマ・ウッズがあとを追いかけていく。

イソップは何かを目指して荘園を訪れたらしい。想像していたよりもずっと騒がしい場所だったと語る姿から,静かな場所を求めていたのだろうか
画像(004)サバイバー編とハンター編を振り返る。舞台「Identity V STAGE Episode1『What to draw』」公演レポート 画像(003)サバイバー編とハンター編を振り返る。舞台「Identity V STAGE Episode1『What to draw』」公演レポート

 1人になったイソップは,過去を思い出していた。若くして納棺師という職業を選んだ彼に,周囲は好奇の目を向けている。悪意はないのかもしれないが,それがイソップを苦しめていた。もともと誰かと会話したり,かかわったりすることが苦手だったイソップは,ますます自分の殻に閉じこもってしまっていたのだ。

イソップは分からない。なぜ人はつながりを持とうとするのか,言葉を交わそうとするのか,どうして1人で生きて死んではいけないのか・・・・・・“死ぬ”とはどういうことなのか
画像(005)サバイバー編とハンター編を振り返る。舞台「Identity V STAGE Episode1『What to draw』」公演レポート

ゲームでの死は,現実の死ではない――

 たくさんの死を見てきたイソップは,「“死ねない”というのは素晴らしいことなのだろうか?」と考えていた。

■ハンター編は・・・・・・


退屈なゲーム
ジョゼフの憂鬱な日々


 物語は,ゲームの真っ最中から始まる。この日のハンターは,もちろんジョゼフ。対するサバイバーは,機械技師のウトレイシー・レズニック,泥棒のクリーチャー・ピアソン,庭師のエマ・ウッズ,空軍のマーサ・べハムフィールだ。

画像(036)サバイバー編とハンター編を振り返る。舞台「Identity V STAGE Episode1『What to draw』」公演レポート

 ウトレイシーとピアソンはすでに飛ばされてしまい,エマはチェアに捕らわれていて,マーサが救助に向かう。そこへジョゼフが現れひと言「退屈だ」と言い,最後のマーサを飛ばしてチェックメイトとなった。試合終了後,ジョゼフは「虚しい」と零す。

画像(037)サバイバー編とハンター編を振り返る。舞台「Identity V STAGE Episode1『What to draw』」公演レポート

 場面は変わって,ハンターの館へ。そこでは泣き虫のロビーやリッパーのジャックらハンターが集い,魔トカゲのルキノが芸者の美智子の好みのタイプを聞いていた。「聞いてどうする?」という美智子の問いに,ただの興味本位でどうもしないと答えるルキノ。女性に好みのタイプを聞いてどうもしないというのは,それはそれで失礼だと返すジャックに,美智子はさすが紳士だと称えた。

画像(038)サバイバー編とハンター編を振り返る。舞台「Identity V STAGE Episode1『What to draw』」公演レポート

 ハンターたちが世間話に花を咲かせていると,ジョゼフがゲームから戻ってくる。その表情の暗さに,ルキノは「負けたのか」と聞くが,結果は完全勝利。勝利を片手に乾杯しようという提案に,気分じゃないと言い部屋を出ていく。

 ジョゼフに対し,お高く気取った貴族家気分なのかねと嫌みを言うルキノに,ロビーは本当にそうだったかもしれないよと返す。ジョゼフには,荘園にやってくる前の記憶がなかったのだ。何も覚えていないことが“可哀想”なのか,何も知らないほうが救いなのか,ハンターたちは自分の過去に思いをめぐらせる。

 なぜここにいるのか,荘園に来る前は何をしていたのか,まったく思い出せないジョゼフにとって,この永遠にくり返されるゲームは退屈で,虚しいものでしかなかった。ジョゼフは,荘園の主とつながりのある黄衣の王“ハスター”に,なぜ自分にこんなことをさせているのか尋ねるが,ハスターは答えない。



初めての“死”
イソップが感じたものは


 イソップたちが荘園に来てから数日が経った。その間にも,サバイバーたちは毎日開催されるゲームに参加している。イソップと共に荘園へやってきたボーイとイライは,他のサバイバーたちとすっかり打ち解けているが,イソップだけは未だに馴染めずに・・・・・・いや,むしろ自ら関わろうとしていないようだった。

 そんなある日,ついにイソップのもとにもゲームへの招待状が届く。ゲームに参加する気のないイソップは,招待状を破り捨てるが,ゲームからは絶対に逃れられない。

再び,荘園から脱出しようと館を飛び出すイソップだが,どうしても出られない
画像(007)サバイバー編とハンター編を振り返る。舞台「Identity V STAGE Episode1『What to draw』」公演レポート
占い師(イライ・クラーク)と傭兵(ナワーブ・サベダー)。ちなみに月のある夜は,ハンター側の館にも道が繋がるため,注意が必要だという
画像(008)サバイバー編とハンター編を振り返る。舞台「Identity V STAGE Episode1『What to draw』」公演レポート

 イソップと共に参加するサバイバーは,イライと傭兵のナワーブ・サベダー,心眼のヘレナ・アダムス。そしてハンターは,写真家のジョゼフだ。対戦相手としては最低最悪だとナワーブは話す。
 ジョゼフが持つ不思議なカメラで写真を撮ると,現実世界とそっくりのモノクロ世界「写真世界」が作り出される。その世界では,色も時間もなく,人や動物も含め撮影した瞬間の状態ですべてが静止しているため,動かないサバイバー相手に危害を加えることができる。さらにそのダメージは,時間差で現実のサバイバーにも与えられるのだ。

画像(009)サバイバー編とハンター編を振り返る。舞台「Identity V STAGE Episode1『What to draw』」公演レポート

 ゲームの舞台は「赤の教会」。始まるまでの間,初参加となるイソップとイライのために,ナワーブとヘレナが攻略方法について説明する。
 ゲームでは,サバイバー同士の連携が大事となるため,お互いの状況を把握するために,ボタン1つで定型メッセージを送信できる無線を使用するのだという。例えば,「早く逃げて!」「解読に集中して!」といった内容だ。

 ゲーム開始後,まずはハンターの居場所が分かるまで隠密行動。そして誰かがハンターに見つかり,ハンターとの追いかけっこ“チェイス”をしている間に,他のメンバーが暗号機の解読を進める。「追われている人を助ける方法は?」というイライの質問に,ナワーブは「止めておけ」とばっさり。サバイバーは,ハンターを足止めはできても倒すことはできないと,悔しそうに語る。

■ハンター編は・・・・・・


新たな出会いと
過去がかかった一戦


 荘園に,新たなハンターがやってきた。ジョゼフは青年に名を聞き,彼は白無常の謝必安と名乗る。名前以外に言えることはあるかと尋ねると,謝必安は自分の身に起きたことを語った。するとジョゼフは,お前も記憶があるのかと一気に興味をなくしてしまう。

 そこへジャックと美智子,ハスターらも合流。次々と現れる異形の者たちに,謝必安は状況が判断できず動揺する。しかし,見た目よりも怖くないと感じた謝必安は,少し落ち着いたようだが,荘園に招かれたのは君だけではないとハスターから告げられ再び動揺する。謝必安の義兄弟,黒無常の范無咎のことだった。
 興味のないジョゼフはさっさとその場をあとにする。残されたハンターたちは,謝必安に荘園やゲームについて教えることになった。

白無常(謝必安)と泣き虫(ロビー)
画像(039)サバイバー編とハンター編を振り返る。舞台「Identity V STAGE Episode1『What to draw』」公演レポート

 場面は変わり,ジョゼフはゲームに参加している。しかし,とことんやる気が無い様子で,サバイバーを見つけても完全無視。サバイバーたちは暗号機を解読しながら,和気あいあいとゲームを楽しんでいた。

庭師(エマ・ウッズ)と幸運児
画像(040)サバイバー編とハンター編を振り返る。舞台「Identity V STAGE Episode1『What to draw』」公演レポート

 とある日,再びジョゼフのもとにゲームへの招待状が届く。そこに書いてあるサバイバーのなかに,見慣れない名前を見つける。どうやらサバイバーにも新入りが現れたらしい。ジョゼフはとくに興味もなく,ゲームのルールをろくに理解していない相手なら誰がハンターでもいいだろうと参加を放棄しようとする。ハンター同士の同意があれば,ゲームへの参加は交代できるらしい。

まったくやる気が無い様子
画像(041)サバイバー編とハンター編を振り返る。舞台「Identity V STAGE Episode1『What to draw』」公演レポート

 そこへハスターが現れ,そのゲームに参加するなら,写真を1枚くれると言った。その写真は,ジョゼフが知りたがっていた過去からの伝言だという。ハスターの言葉を聞き,ジョゼフはゲームへの参加を決める。

 このゲームにさえ参加すれば,自分の過去が分かるかもしれない。そんな期待を抱き,ジョゼフはゲームに挑む。


 そして,ステージの幕が上がった。イソップは,なんで僕はこんなところで走っているのか,疑問ばかりが募る。そのとき,心臓が高鳴る・・・・・・イソップの近くをジョゼフが通りかかったのだ。どうやら,ナワーブが追われているらしく,そのまま捕まってしまった。

写真家(ジョゼフ)
画像(010)サバイバー編とハンター編を振り返る。舞台「Identity V STAGE Episode1『What to draw』」公演レポート

助けたほうがいいのか?
でも,ナワーブは「助けても意味が無い」と言っていた。
僕は,逃げるべきなんだ。

 そんな考えがめぐり,イソップが選んだ行動は「逃げる」ことだった。

 ジョゼフが次に狙った標的は,イライ。彼が引きつけている間に,ヘレナがナワーブを救出する。このとき,ナワーブはジョゼフの行動に違和感を感じていた。いつもなら,確実に勝つためにチェアの近くで張っているが,今回は違ったからだ。ヘレナも今日のジョゼフは様子がおかしいと言う。

画像(035)サバイバー編とハンター編を振り返る。舞台「Identity V STAGE Episode1『What to draw』」公演レポート

 その頃,イソップはジョゼフに見つかってしまう(イライはうまくまいたようだ)。ジョゼフに追い詰められ,サーベルが間近に迫ったとき,イソップは問う。

画像(013)サバイバー編とハンター編を振り返る。舞台「Identity V STAGE Episode1『What to draw』」公演レポート

「僕の死に化粧はいったい誰がしてくれるんでしょうか」

 そんなことは知らないというジョゼフ。このゲームでは本当の意味で死ぬことはないからだ。イソップが「本当にそうなのでしょうか?」と訪ねると,ジョゼフは「じゃあ試してみようか」と返す。少し考えたあと,イソップは言う。

「試させてください」

 イソップは,このゲームに呼ばれた意味を知りたいのだという。その言葉で,先ほどまで余裕な表情を浮かべていたジョゼフの様子が変わる。

「このゲームに意味なんてあるものか」

 そう言いながら,ジョゼフはサーベルをイソップに突き立てた。荘園はおもちゃ箱,我々はその中にいるおもちゃだと,満足感も達成感もなく,与えられた役割のままサバイバーを狩るのだと。ジョゼフはイソップに絶望を与えたつもりだった。

画像(014)サバイバー編とハンター編を振り返る。舞台「Identity V STAGE Episode1『What to draw』」公演レポート

 しかし,自分の命が消える瞬間,イソップは最後に笑った。「これが“死”というもの」と言い残して。
 何もできずに死んだのに,なぜ笑えるのか? 意味が理解できず,ジョゼフはその場で取り乱してしまうのだった。


死にたがりのイソップ


 イソップの初めてのゲームは,“失血死”という最悪の終わりだった。残りのメンバーも暗号機2台を残して全員吊られたらしい。ジョゼフの完全勝利だ。

 失血死させられたイソップに同情するサバイバーたちだったが,戻ってきた彼は「このゲームにもう一度参加するにはどうすればいいですか?」と尋ねる。あろうことか,イソップはジョゼフとの一戦を機にゲームへの参加に積極的になっていた。

イソップを心配する幸運児
画像(015)サバイバー編とハンター編を振り返る。舞台「Identity V STAGE Episode1『What to draw』」公演レポート

 イソップには,納棺師という仕事をしていてどうしても分からないことがあったが,ゲームで“死”を経験したことで,“答え”が見つかるのかもしれないと考えたようだ。ゲームをして,また“死”の感覚を味わいたい。彼はもっと“死”について知りたいと願う。

 イソップとジョゼフの初戦からまた数日が経った。しかし,イソップと他のサバイバーたちとの関係は,ますます悪化していくばかり。なぜなら,イソップがゲームに参加すると,勝率が下がってしまうからだ。彼は仲間が捕まっても救助をせず,解読も最小限,ハンターに見つかると,必死に逃げるわけでもなく,大人しく捕まってしまうのだという。さらに,チェアに座らされるよりも,失血死を選んでいるという噂まで。そのため,フレディたちから「死にたがりのイソップ」と呼ばれるようになった。

画像(006)サバイバー編とハンター編を振り返る。舞台「Identity V STAGE Episode1『What to draw』」公演レポート

 イソップの行動が理解できない他のサバイバーたち。そのなかでイライは,イソップに歩みよろうとしていた。イソップはイライに,「僕はサバイバーであっても,生きるのが難しい」と話す。

■ハンター編は・・・・・・


その先に待っているもの


 ゲームを終えたジョゼフは,死を恐れずに迎え,満足そうに笑って死んでいったイソップのことが気になりつつも,約束通りハスターから1枚の写真を受け取った。そこに写っている人物を見て,ジョゼフは誰だと尋ねる。ハスターによると,その人物はハンター“ジョゼフ”誕生の鍵だという。その正体を告げられ,ジョゼフは完全ではないものの過去を思い出す。

画像(042)サバイバー編とハンター編を振り返る。舞台「Identity V STAGE Episode1『What to draw』」公演レポート

 ハスターと別れ,1人になったジョゼフは范無咎と遭遇する。お互い口数は多くないため,沈黙が流れるがふと范無咎が酒を勧めた。それを受け取ると,ジョゼフは静かに,自分の思い出した記憶について語り始める。写真に写っていた人物,その人を失ったことによってジョゼフは喪失感に襲われ,最終的にカメラを手にしたのだという。

写真家(ジョゼフ)と黒無常(范無咎)
画像(043)サバイバー編とハンター編を振り返る。舞台「Identity V STAGE Episode1『What to draw』」公演レポート 画像(044)サバイバー編とハンター編を振り返る。舞台「Identity V STAGE Episode1『What to draw』」公演レポート

 しかし記憶を取り戻しても,なぜ自分が荘園にいるのかまでは分からなかった。不毛なゲームを続けていることには変わりない。その先には何が待っていて,結末はあるのか・・・・・・。


 一方,ハンターの館でも「死にたがりのイソップ」は噂されていた。泣き虫のロビーは追い詰めたらすぐに大人しくなったと話し,魔トカゲのルキノは狩りがいがなくてつまらないと言う。リッパーのジャックは楽でいいと気にしていない様子だが,芸者の美智子は隠れもしないイソップに対して「気味が悪い」と話した。

画像(021)サバイバー編とハンター編を振り返る。舞台「Identity V STAGE Episode1『What to draw』」公演レポート
魔トカゲ(ルキノ)と泣き虫(ロビー)
画像(022)サバイバー編とハンター編を振り返る。舞台「Identity V STAGE Episode1『What to draw』」公演レポート
リッパー(ジャック)と芸者(美智子)

 そこへジョゼフと,黒無常の范無咎が現れる。美智子がお酒のにおいがすると指摘すると,ジャックはジョゼフの荒れ様が気になっていたようで詮索し始めた。さらにルキノは「死にたがりのイソップ」の話題を出し,ジョゼフを挑発する。

画像(023)サバイバー編とハンター編を振り返る。舞台「Identity V STAGE Episode1『What to draw』」公演レポート

 黒無常の范無咎によると,イソップとの対戦後,ハスターから渡された1枚の写真で,記憶を取り戻したらしい。実はジョゼフは,荘園に来る前の記憶を失っていた。彼がゲームに対して意味がないと語ったのは,そういう背景があったからだ。

白無常の謝必安。黒無常の范無咎と白無常の謝必安は身体を共有しているため,ころころ入れ替わる
画像(025)サバイバー編とハンター編を振り返る。舞台「Identity V STAGE Episode1『What to draw』」公演レポート 画像(024)サバイバー編とハンター編を振り返る。舞台「Identity V STAGE Episode1『What to draw』」公演レポート

 ジョゼフは他のハンターたちに問いかける。なぜここにいるのか,なぜサバイバーを追いかけ回さないといけないのか,疑問に思わないのかと。ジョゼフはゲームに意味を求めるイソップの考えを否定したいようだった。

 ここでジョゼフは何かを思いつき,荘園の主に手紙を書くと宣言する。
 ジョゼフは手紙になんと書いたのか,そして荘園の主はその申し入れを聞き入れるのか。それはイソップになんらかの変化をもたらすのか・・・・・・この先のサバイバー編,ハンター編の展開はBlu-rayで確認してほしい(関連記事)。

画像(027)サバイバー編とハンター編を振り返る。舞台「Identity V STAGE Episode1『What to draw』」公演レポート

Blu-ray発売情報


■IdentityV STAGE Episode1『What to draw』
Blu-ray発売情報

【発売日】
2020年5月29日(予定)

◆Identity V STAGE Episode1『What to draw』Side:S
収録内容
・通常公演
・特典映像:サバイバー公演の日替わり映像
・価格:9,000円(税別)
【初回特典】サバイバーソロビジュアルブロマイドセット

◆Identity V STAGE Episode1『What to draw』Side:H
収録内容
・通常公演
・特典映像:ハンター公演の日替わり映像
・価格:9,000 円(税別)
【初回特典】ハンターソロビジュアルブロマイドセット

◆Identity V STAGE Episode1『What to draw』特別豪華版
収録内容
・Identity V STAGE Episode1『What to draw』Side:S
・Identity V STAGE Episode1『What to draw』Side:H
・特別公演:サバイバー編、ハンター編、舞台メイキング映像
・価格:25,000円(税別)
・アニメイト、ステラワース(店舗)、ムービック通販オリジナル早期予約特典:『Identity V STAGE』第2幕(仮)のチケット最速先行抽選販売申込シリアルコード
※予約開始日となる12月20日から、上記各ショップにて【全額前金】の方にシリアルコードをお渡しいたします。

【Episode1『What to draw』出演】
≪当番キャラ≫
サバイバー/納棺師(イソップ・カール):平井雄基
ハンター/写真家(ジョゼフ):五十嵐啓輔

≪サバイバー≫
幸運児:橘 りょう
医師(エミリー・ダイアー):鈴木麻祐理
弁護士(フレディ・ライリー):田中稔彦
泥棒(クリーチャー・ピアソン):石川竜太郎
庭師(エマ・ウッズ):藤白レイミ
傭兵(ナワーブ・サベダー):才川コージ
空軍(マーサ・べハムフィール):山田美貴
機械技師(トレイシー・レズニック):坪井未来
心眼(ヘレナ・アダムス):河上英里子
カウボーイ(カヴィン・アユソ):田中晃平
占い師(イライ・クラーク):千葉瑞己
探鉱者(ノートン・キャンベル):須賀京介

≪ハンター≫
リッパー(ジャック):成松慶彦
芸者(美智子):大滝樹
黄衣の王 (ハスター):ひのあらた
白無常(謝必安):國島直希
黒無常(范無咎):縣豪紀
泣き虫(ロビー):渡部大稀
魔トカゲ(ルキノ):モウジーン兼史

≪アンサンブル≫
石森文々 菅原奈月 塩見奈映 渡邊百香 辻村晃慶 高橋 歩 千葉悠生 宮地詞音

【スタッフ】
演出:伊藤秀隆(Planet Kids Entertainment)
脚本:末原拓馬(劇団おぼんろ)・山田一朗
脚本原案:山田一朗
衣裳:沼崎和真
メイク:YUKA(RIM)
現場制作:Ask

【主催】
荘園劇場[ムービック/サンライズプロモーション東京/Planet Kids Entertainment]

シリアスだけじゃない
サバイバー編とハンター編


 以上の内容は,主軸となるストーリー展開のみを切り取り,かつ最低限のところを紹介したに過ぎない。実際はもっとシリアスな部分もあったし,反対にコミカルな部分もたくさんあった。ということで,ここからは筆者が個人的に好きなポイントをお届けする。ちなみに,あえてハンター編とサバイバー編どちらのシーンだったのかは記載しないでおく。

●サバイバーは黄衣の王ハスターが苦手
 この日の参加者は,弁護士のフレディ,傭兵のナワーブ,カウボーイのカヴィン,探鉱者のノートン。そしてハンターは,誰もが恐れる黄衣の王“ハスター”だ。ゲーム中,サバイバー4人が合流してハスターが苦手だという話になり,誰がハスターの相手をするのかで盛り上がった。

画像(017)サバイバー編とハンター編を振り返る。舞台「Identity V STAGE Episode1『What to draw』」公演レポート 画像(018)サバイバー編とハンター編を振り返る。舞台「Identity V STAGE Episode1『What to draw』」公演レポート
お約束
画像(019)サバイバー編とハンター編を振り返る。舞台「Identity V STAGE Episode1『What to draw』」公演レポート 画像(020)サバイバー編とハンター編を振り返る。舞台「Identity V STAGE Episode1『What to draw』」公演レポート

●“強ポジ”でもサバイバーの腕次第!
 暗号機を解読中,フレディはロビーに見つかってしまう。しかし,ここはサバイバーにとっては“強ポジ”と呼ばれている場所だ。自信満々なフレディはハンターを挑発するが,次の場面転換であっさりとチェアに捕らえられていた。

フレディが弱いのか,ロビーくんが強いのか・・・・・・
画像(046)サバイバー編とハンター編を振り返る。舞台「Identity V STAGE Episode1『What to draw』」公演レポート

●カウボーイは男(主に弁護士)に厳しい
 仲間を助けるため,カヴィンはすごい勢いで颯爽と現れた。女子が捕まっていると思ったからだ。しかし,そこで捕らわれていたのはフレディ。一気にやる気をなくしたカヴィンは,だらだらと助けることを躊躇する。そうしているうちにハンターが戻ってきた! 結果,フレディは星になったのだった。

女子の救助ならバッチリ
画像(045)サバイバー編とハンター編を振り返る。舞台「Identity V STAGE Episode1『What to draw』」公演レポート

●ハスター様はお歌がお好き
 圧倒的なラスボス感を醸し出していながら,なぜか本編中に歌うハスター様。どこでとは言わないが,サバイバー編とハンター編両方で歌を披露してくれた。

素晴らしい歌声を披露するハスター様
画像(028)サバイバー編とハンター編を振り返る。舞台「Identity V STAGE Episode1『What to draw』」公演レポート

●圧巻のダンスパート
 ハンター編とサバイバー編,両方にダンスパートが用意されている。これがもう圧巻のひと言だった。「まるであの・・・・・・」と,詳しく言えないのが非常に残念なのだが,公開中のサバイバー編&ハンター編の主題歌試聴ムービーを聴いて感じてほしい。



 最後に個人的な感想をいうと,舞台「Identity V STAGE Episode1『What to draw』」でのサバイバーとハンターは,筆者の知っているサバイバーとハンターだった。それは見た目だけではない。解読する姿勢や仕草,走り方(とくに心眼が分かりやすい),窓枠の越え方などにデジャブを感じ,何度も「見たことある光景だな」と思わされた。

 それは原作ゲーム「Identity V」iOS / Android / PC)でのキャラクターたちの姿を,役者陣が細かな動作にまで表現していたからだろう。少なくとも,筆者が想像する「きっとこのキャラはこういう感じなんだろうな」は,期待を軽く飛び越えて舞台の上に存在していた。

画像(049)サバイバー編とハンター編を振り返る。舞台「Identity V STAGE Episode1『What to draw』」公演レポート 画像(050)サバイバー編とハンター編を振り返る。舞台「Identity V STAGE Episode1『What to draw』」公演レポート
画像(051)サバイバー編とハンター編を振り返る。舞台「Identity V STAGE Episode1『What to draw』」公演レポート 画像(053)サバイバー編とハンター編を振り返る。舞台「Identity V STAGE Episode1『What to draw』」公演レポート
画像(047)サバイバー編とハンター編を振り返る。舞台「Identity V STAGE Episode1『What to draw』」公演レポート 画像(048)サバイバー編とハンター編を振り返る。舞台「Identity V STAGE Episode1『What to draw』」公演レポート
画像(052)サバイバー編とハンター編を振り返る。舞台「Identity V STAGE Episode1『What to draw』」公演レポート 画像(058)サバイバー編とハンター編を振り返る。舞台「Identity V STAGE Episode1『What to draw』」公演レポート
画像(054)サバイバー編とハンター編を振り返る。舞台「Identity V STAGE Episode1『What to draw』」公演レポート 画像(055)サバイバー編とハンター編を振り返る。舞台「Identity V STAGE Episode1『What to draw』」公演レポート
画像(057)サバイバー編とハンター編を振り返る。舞台「Identity V STAGE Episode1『What to draw』」公演レポート 画像(056)サバイバー編とハンター編を振り返る。舞台「Identity V STAGE Episode1『What to draw』」公演レポート
画像(059)サバイバー編とハンター編を振り返る。舞台「Identity V STAGE Episode1『What to draw』」公演レポート

 さて,ここまで読む人はなかなかいないと思うので,ひっそりと書いておきたいのだが,ゲネプロ公演終了後,筆者は会社に戻り,誰にも感想を語ることなく大人しく仕事をしていた。本当は感想をぶちまけたいけども,それでは仕事に支障が出ると察したからだ。ああ,でも喋りたい。

 しかし帰り際,ついに筆者に向けて言ってはいけない言葉「舞台どうでしたか?」と声をかけてしまった人物がいた。編集部のでんこだ。ここから筆者はマシンガンの如く,息継ぎも最小限にひたすら舞台について語ってしまう。言うなればハンターは筆者で,捕らわれたサバイバーはでんこである。

 話したいことを話し終え,すっきりとしたその日の帰り道。
 空を見上げると,月がとても綺麗だった。


舞台『IdentityV STAGE』公式サイト

  • 関連タイトル:

    Identity V

  • 関連タイトル:

    Identity V

  • 関連タイトル:

    Identity V

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:01月18日〜01月19日
タイトル評価ランキング
88
84
DEATH STRANDING (PS4)
76
鬼ノ哭ク邦 (PC)
56
Epic Seven (iPhone)
2019年07月〜2020年01月