オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE公式サイトへ
読者の評価
93
投稿数:5
レビューを投稿する
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE

SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE
公式サイト http://www.sekiro.jp/
発売元 フロム・ソフトウェア
開発元
発売日 2019/03/22
価格 パッケージ版,ダウンロード版共に7600円+税
ジャンル
レーティング
備考
その他
  • RSS
  • レビューを投稿する
  • このページのURL:
このゲームの読者の評価
93
グラフ
読者レビューについて
 4Gamer読者レビューは,読者の皆さんがご自身の判断で書いたレビューを掲載するためのコーナーです。掲載前には編集部で主に公序良俗面のチェックを行っていますが,掲載されている情報について,4Gamer.netが正確さの保証を行うものではありません。掲載情報のご利用は,読者の皆様自身の判断と責任で行ってください。
 なお,ゲームの評価を表す「GamerScore」は,投稿されたレビューの平均点を表示したものではありません。投稿の傾向を分析・考慮し,補正を加えることで,有用と思われるスコアを目指した形となっております。詳しくは「こちら」をご参照ください。
  • 前のページ前のページ
  • Pages: 1
  • もう1ステージ上がった死闘感 95
    良い点
    操作性
    グラフィック
    シナリオ(一部EDのみ)
    ステージ構成
    4/23調整後の難易度
    悪い点
    カメラキル
    意図しないロック外れからのピンチ、あるいはキル
    一部ボスの存在理由に疑問
    ボスキャラの使い回しがある
    一部のボスにある攻撃に付いてるスパアマには理不尽は感じる
    難易度調整
    総評
    dark soulからbloodboneに移行する時、『死闘感』という言葉が使われたと思う
    リゲインのおかげで、被弾しても攻撃し続けることに価値を与えることにより、絵的な死闘感を演出した
    SEKIROでは、リゲインのようなシステムはないが、パリィに似た『弾き』により、相手の体幹を削るというシステムになった
    パリィと違うのは、1回弾いただけでは致命級ダメにならず、何度も弾き、攻撃を続ける必要があるということ
    そのおかげでSEKIROでは、常に接近戦を挑み続けるプレイスタイルへ誘導されることになる
    これが本作最大の変化と賞賛すべきシステムである
    剣戟アクションとはよく言ったもの。実に良く出来ている。
    もちろん、距離をとってのヒット&アウェイでも攻略は出来るが、プレイしていくうちに、観るよりも斬りつけ、弾き、見切ることの方が、攻略方を早く導けることに気づかされる
    この辺りの調整は非常に上手くいっていると思う
    最後まで緊張感と達成感のある戦闘が楽しめた、近年にない傑作だと思う

    ただし、それは1周目までの話
    2周目以降はそれほど楽しめない。あまりにも歯ごたえが無くなっていた
    トロコンしたいがために周回するようなもので、道中はほぼ作業と化す
    しかし、難易度は上げることは出来るし、NEWGAMEから縛りプレイでもすれば良い
    ただ、他シリーズと比べると戦闘が全てのような作品なので、戦闘が温くなった途端魅力がこうも半減するのは、ちょっとマイナスかと思う

    壁際や、大きなボスのカメラワークは不満だった
    まぁ、壁に追いやられる状況自体は自分が悪いのだけど、接近戦を誘導しておいて巨体ボスのカメラワークや、意図しないロック外れで殺されるケースがあるのはストレスだった

    とは言え、悪い点に上げたのは仔細なことである
    本作の面白さは十分に享受出来た
    一部EDには続編やDLCも予感出来るので、期待したい
    プレイ時間
    40〜60時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 5 4 5 4
  • 美しい日本、美しい狼 95
    • 投稿者:ユカリ(女性/30代)
    • 投稿日:2019/06/01
    良い点
    世界観、風景、剣戟アクション、キャラクター全てが美しく戦いを忘れて見惚れることもよくありました。
    性的な要素が一切無いところも好感が持てます。
    挫けそうになることも多々ありましたが、諦めずに挑戦し続ければできるようになるという大切なことを教えてくれました。
    悪い点
    悪い点は強いて言えば切なすぎるところですか。
    エンディングももちろんだけど、半兵衛さんに不死斬りするときとか、刑部さまを撃破すると馬が悲しそうだったりとか…怨嗟の鬼も…。ちょいちょい泣きます笑
    みんなが幸せそうなエンディングもあったら良かったなと思います。
    総評
    現在は2度目のクリアに向けて攻略中です。ぜひ旅に出るエンディングが見たいです。
    1週目はまあ大変!!クリアに80時間ほどかかりました。
    こんなに時間がかかったゲームは初めてですが、とっっっても楽しかったです!!
    主人公の狼がとても美しく、魅了されっぱなしです。
    戦いの最中にふとまわりを見ると景色もまあ綺麗!! 紫陽花、藤、しだれ桜、紅葉…。ため息がでます。フロムソフトウェアさんには芸術の神様が降りていると思います。
    戦闘においても負け続けているうちに相手の動きがわかってくるし、うまく対処できると嬉しくなります。
    色んな流儀や忍義手もありますが、私はどれも使いこなせずほぼ通常攻撃のみでクリアでした笑
    弾き、見切り、ジャンプさえ出来ればいけます。半兵衛さんに練習させてもらうといいと思います。落ち着いてやれば巷で言うほど高難度ではないのではないでしょうか?
    個人的にはお蝶さんと弦一郎くんさえ突破できればあとは大丈夫かと思います。
    万人ウケしないかもしれないけど、アクション好きの人にはぜひ挑戦してみていただきたいです。女性にもオススメしたいです。

    こんなこと言うのは上から目線で申し訳ないのですが、他のゲームメーカーさんもプレイして参考にされたらいいと思ってしまいます。
    100点をつけたいけど、こちらのシステム的に承認されないかもしれないので95ですが気持ちは120点くらいです!
    プレイ時間
    100〜200時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 5 5 5 5
  • 媚びないゲーム 90
    良い点
    ・何度も試行錯誤したであろう、完璧に調整された難易度
    ・一度気づけば攻略しやすくなる設計
    ・敵から得たノウハウを他の敵でも使える点
    ・世界観と盛り上がる音楽
    ・忍殺を決めたときのカタルシス
    ・トロフィーで自慢できる
    悪い点
    ・良くも悪くも排他的な印象
    ・ゲームクリアまでに時間がかかる(人による)
    総評
    発売日に購入して1ヶ月以上経った今、漸くクリア出来ました。

    今まで数あるゲームをプレイしてきましたが、これ程まで難しかった(理不尽ではない)ゲームは数える程しかありません。
    獲得トロフィーを見たところ、通常エンドでも19%、とあるエンドでは10%と一月以上経った今でもクリア率から難しさが分かります。

    しかし、ただの理不尽ゲーではないと断言出来ます。

    このゲームは、如何にして「学んで」攻略するかが鍵となっていて、プレイヤーに幾つもの気付きを一つ一つの行動に紐づけています。
    「攻撃している感覚」「攻撃されている感覚」を死にながら繰り返し覚えていくことで、確実に攻略できるよう完璧な調整がなされているからです。

    それを証明付ける顕著なもの、その一つが「音」です。
    自分が攻撃を繰り出したら弾かれるのがデフォですが、弾かれる音で、一つ決定的に違う音があります。その音を覚えれば相手が反撃をしてくるタイミングがほぼわかってしまいます。
    これを知ってか知らずかでは難易度は天地の差と言えます。
    気付きの一つですね。

    たくさんありますが、もう一つ。それが「忍具を攻撃手段として使わない」です。
    例外を除き、忍具の立ち位置は補助的なもので、一部の相手を簡単に倒すための「キッカケ」を作るというのが、ことこのゲームにおいての忍具の立ち位置です。例外もありますが。

    これを念頭に置いておけば、相手の動きから気付きを得やすくなります。そして、防御手段として、また反撃手段として忍具を適切なタイミングで繰り出せるようになってきたら、いよいよ強敵との向かい方がわかるように設計されています。

    他にもありますが、全角5000文字までと決まっているので2つ、自分の感じた点を書きました。
    これらを知り、そして実践し、PDCAを繰り返せば様々な攻略方法が見つかります。
    どうしても見つけきれない場合は、youtubeで猛者がいろいろな攻略を紹介していますので。

    どの敵も一筋縄では行かず、「死亡回数が難しさや理不尽さを定義」するならこのゲームは難しいし理不尽と言えるでしょう。しかしながら、ちょっとした閃きや気付き、そして繰り返しながらも、少しずつ前進すれば攻略できるこのゲームは決して設計ミスなどではなく完璧に調整された証明でもあります。
    「気付き」こそが攻略であるという強いメッセージ性を受け取ることができるはずです。
    それがセキロの魅力ですね。

    ここまで書きましたが、流石に自分が40以上の年齢なら難しいというより達成困難なレベルだったかもしれません。
    それほどの集中力と状況判断を一瞬でやらないといけないときもあるので…。

    私は一月ほどでクリアでしたが、(早い人は数日でクリア)もしかしたら何年もやれば、行けるかもしれません。
    体に無理に覚えさせればおばあちゃんでもテトリスがプロになりますから。

    それくらいの年齢で数日でクリアできると思って購入されると、相当上手な方でない限り、痛い目を見ます。
    必ずそれなりの時間を覚悟してプレイすることです。

    しかしながら、それはゲームという範疇を超えそうな気がしますので、何かしらの救済処置があればより他の年齢層に強いアピールと継続プレイの動機づけを与えられたのかもしれないなと思うと惜しい気がします。

    この素晴らしいゲームを最後までプレイできる救済処置があれば、クリアまで行けなかった80%の方々にも及第点をいただけたかもしれません。
    媚びないのはフロムらしいですが。
    プレイ時間
    60〜100時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 5 4 5 3
  • フロムゲーという良カテゴリー 95
    • 投稿者:daita(男性/40代)
    • 投稿日:2019/04/08
    良い点
    まず最初にくるのは
    プレイした誰もが感じたであろう難しいというところ。
    ただ、必ず攻略の糸口があって絶対に無理というところが
    一つもない納得の出来る難しさ。

    賛否あると思うけど
    ソウルシリーズと比較する人が多々いた中で
    あえてわかりやすい物語形式を使ったところ。
    ここはソウルシリーズをやっていた人からは
    文章での説明が少なくプレイヤーに任せていた想像させる部分を
    減らして、新規プレイヤーの事も考えた結果なのかなと個人的にはとらえた。
    そのお陰でストーリー部分の意味がわからないとか
    そういう理由で投げ出す人はいないと思う。

    悪い点
    良い点でも上げましたが
    やはり難しいところだと思う。
    理不尽ではない。
    でも難しいのは間違いない。
    同じボスに50回以上負けたとか普通にあります。
    ゲームとは言え折れる人は折れるのでしょう。
    当然自分は好きなのでこれを悪い点とは思いませんが
    苦手な人も絶対いるので
    その人たちからすれば悪い点なのだろうなという意味で。
    総評
    良い点でも述べましたが
    ソウルシリーズという名作と比較されながらの
    発売となった今作ですが、
    誰にでもわかる物語や会話を多めに使いながらも
    理不尽ではない難しさを更に追求して、
    達成した時の喜びは引き継いだという良作だと思います。

    プレイ時間
    60〜100時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 5 5 5 5
  • ダークソウルシリーズとはまた違った難しさ、面白さ 90
    良い点
    ・鉤縄を生かしたフィールド構成
    鉤縄を使いあっちこっち飛び回れる。
    高低差を利用した隠密行動やこんな所に道があるのかと隠し通路のような個所も多々あり探索の楽しみがあった。

    ・忍殺
    気持ちが良いの一言。空中から、張り付きから、背後から・・・様々な形で発生できる。雑魚は一撃必殺なのが良い。
    ボス系の止めのバリエーションも豊富。

    ・戦闘
    雑魚でもただ斬るだけではとても勝てない。
    相手の動きを探る緊張感、そして弾く、ジャンプする、回避する等様々な動きによって相手の動きを翻弄し倒したときの達成感は良かった。
    一度死んでしまっても回生で復活できるのも良かった。上手くはめられると即また死んでしまうがそれもまた一興。
    悪い点
    ・難易度
    とにかく難しいの一言。特にボス系は死にまくりであろう。
    相手の動きを見てそれに合わせて行動する・・・これはダークソウルシリーズでも同じではあるが、
    大きな違いは完全なオフラインゲームであるので助けを呼ぶことができない。
    オンラインで手伝ってもらうということができないので活路を見出せなければ泥沼状態となる。

    ・忍具の使用感がいまいち
    多数の忍具があるが一部しか使用しなかった。
    使い込めば特定の相手に有利になったかもしれないが、
    個人的には主に手裏剣くらいしか使用せずパッとしなかった。

    ・フィールドはそれほど広くはない
    初見時は広く感じるフィールドだが、実際のところあまりフィールドは広くはない。
    また行ける場所もそれほど多くはない。
    総評
    1週目をクリアーした感想です。
    初見というのもありますが本当によく死にました。さすがフロムゲー。
    ダークソウルシリーズと違い隠密後の忍殺をする気持ちよさ、
    弾きやジャンプで上手く回避ができたときの気持ちよさ等、
    ダークソウルシリーズとは違う面白さがあるなと感じました。
    舞台も架空ではありますが日本であり雰囲気がとてもよかったです。
    ただ本当に難しいので人を選びます。
    ダークソウルシリーズ等いわゆる死にゲーが苦手な方はお勧めしません。
    プレイ時間
    20〜40時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 5 5 5 4
  • 前のページ前のページ
  • Pages: 1
レビューを投稿する

4Gamer読者レビューは,皆さんがプレイしたゲームを評価するという読者参加型のコンテンツです。投稿されたレビューは,4Gamer.netに掲載されるほか,「読者の皆さんの評価」である「GameScore」の算出に利用されます。

レビューを投稿する
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:10月19日〜10月20日
タイトル評価ランキング
81
KENGOHAZARD2 (PC)
76
鬼ノ哭ク邦 (PC)
76
Days Gone (PS4)
74
2019年04月〜2019年10月