オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
Stadia公式サイトへ
  • Google
  • 発売日:2019/11/19
  • 価格:Stadia Pro:9.99ドル/月
レビューを書く
準備中
Stadia
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
Googleのクラウドゲームプラットフォーム「Stadia」のサービスは11月19日スタート。日本を含まない14の地域でローンチへ
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2019/10/16 14:29

ニュース

Googleのクラウドゲームプラットフォーム「Stadia」のサービスは11月19日スタート。日本を含まない14の地域でローンチへ

 Googleは日本時間の2019年10月15日に開催した新製品発表会にて,クラウドゲームプラットフォーム「Stadia」のサービスを11月19日に開始すると発表した。ローンチ時点では既報のとおり,日本を含まない,14の地域に向けてサービスが提供される。

画像はYouTube「Made by Google '19」(リンク)より
画像(005)Googleのクラウドゲームプラットフォーム「Stadia」のサービスは11月19日スタート。日本を含まない14の地域でローンチへ


 Stadiaは,GoogleがGame Developers Conference 2019で発表したクラウドゲームプラットフォームだ。世界中にあるGoogleのデータセンターを利用するもので,クライアントの操作をクラウド側へ送り,ゲームのレンダリングなどの処理を行ったうえで,その映像や音声をクライアント側へストリーミング配信する仕組みとなっている。ソニー・インタラクティブエンタテインメントの「PlayStation Now」や,Microsoftの「Project xCloud」と競合するサービスといったところである。ゲームソフトのインストールは不要で,テレビやPCタブレット,スマートフォンなど,Chromeブラウザが動作する端末があればプレイ可能だ。

 通信速度は720p/60fpsのグラフィックス表現において最低10Mbpsが必須。4K解像度/60fps表現では35Mbpsが推奨とされており,月額9.99ドルのサブスクリプションサービス「Stadia Pro」は,4K/60fps,5.1chサラウンドに対応。2020年には,1080p/60fpsでステレオサウンドをサポートする無料版「Stadia Base」が公開予定となっている。

画像(004)Googleのクラウドゲームプラットフォーム「Stadia」のサービスは11月19日スタート。日本を含まない14の地域でローンチへ
Stadia Controller
 なお,予約パッケージとなる「Stadia Founder’s Edition」(関連記事)には,Stadia Proの3か月間使用権2人分に加えて,専用コントローラ「Stadia Controller」と,コントローラをディスプレイに接続するデバイス「Chromecast Ultra」,さらにBungieの「Destiny 2: The Collection」と,Stadiaユーザーネームの命名規則に関する権利が用意される。

 前述のとおりローンチ時点では日本はサービス提供地域に含まれないが,コーエーテクモゲームスなどのメーカーも参入を発表している注目のプラットフォームだ。

「Stadia Founder's Edition」情報ページ(英語)

  • 関連タイトル:

    Stadia

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:11月19日〜11月20日
タイトル評価ランキング
81
KENGOHAZARD2 (PC)
76
鬼ノ哭ク邦 (PC)
74
73
DEATH STRANDING (PS4)
56
Epic Seven (iPhone)
2019年05月〜2019年11月