オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

募集中
LINEで4Gamerアカウントを登録
光を導き活路を見い出す。スマホ向けパズルアドベンチャー「FRACTER」を紹介する「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」第1998回
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2019/05/08 10:00

連載

光を導き活路を見い出す。スマホ向けパズルアドベンチャー「FRACTER」を紹介する「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」第1998回

画像(012)光を導き活路を見い出す。スマホ向けパズルアドベンチャー「FRACTER」を紹介する「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」第1998回

スマートフォンには相当な数のゲームが存在しているが,「じゃあ,どれが面白いの?」「そもそも,数が多すぎて好みのタイトルが探せない!」と思っている人も少なくないはず。そんな問題を解決すべく,スタートした連載が「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」だ。話題の新作タイトルからネタ要素多めのオモシロ系まで,スマートフォンのゲームを片っ端からプレイして(ほぼ)毎日お届けする。

 本日の「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」では,スマホ向けパズルアドベンチャーゲーム「FRACTER」iOS / Android)を紹介しよう。

本作は買い切り型アプリで,iOS版は480円(税込),Android版は470円(税込)
画像(001)光を導き活路を見い出す。スマホ向けパズルアドベンチャー「FRACTER」を紹介する「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」第1998回

「FRACTER」ダウンロードページ

「FRACTER」ダウンロードページ


 プレイヤーは,真っ暗な世界で光を導き,さまざまなパズルを解き明かしてゴールを目指していく。各ステージには光を放出する柱があり,動かしたり,回転したりできる。これを利用し,鍵の箱に光を当てて,ゴールの扉を開放していこう。

画像(002)光を導き活路を見い出す。スマホ向けパズルアドベンチャー「FRACTER」を紹介する「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」第1998回
画像(003)光を導き活路を見い出す。スマホ向けパズルアドベンチャー「FRACTER」を紹介する「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」第1998回 画像(004)光を導き活路を見い出す。スマホ向けパズルアドベンチャー「FRACTER」を紹介する「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」第1998回

 キャラクターの操作は,画面左下のバーチャルパッドで行う。緻密な操作が必要なときはゆっくりと,急いで移動したいときが範囲いっぱいに入力しよう。

入力具合によって移動速度が変化する
画像(005)光を導き活路を見い出す。スマホ向けパズルアドベンチャー「FRACTER」を紹介する「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」第1998回

 ステージが進むごとに,仕掛けの種類も増えていく。ワープ扉を駆使する立体的なステージや,敵から隠れながら進んでいくステージなど,趣きの異なるルールが存在する。どれも適度に頭を悩ませてくれるので,プレイヤーを飽きさせない作りと言える。

画像(006)光を導き活路を見い出す。スマホ向けパズルアドベンチャー「FRACTER」を紹介する「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」第1998回
ステージによっては,こちらを見つけると追いかけてくる敵も出現する。接触するとチェックポイントからやり直しに
画像(007)光を導き活路を見い出す。スマホ向けパズルアドベンチャー「FRACTER」を紹介する「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」第1998回 画像(008)光を導き活路を見い出す。スマホ向けパズルアドベンチャー「FRACTER」を紹介する「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」第1998回

 触れたらやり直しになる敵の存在は少々煩わしいものの,プレイ中は細かく自動セーブされため,ストレスは最小限である。トライ&エラーで正解を見つけ出そう。

画像(009)光を導き活路を見い出す。スマホ向けパズルアドベンチャー「FRACTER」を紹介する「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」第1998回
物悲しげながら,迫力のあるBGMも魅力のひとつ。イヤホンを着けてのプレイがオススメだ
画像(010)光を導き活路を見い出す。スマホ向けパズルアドベンチャー「FRACTER」を紹介する「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」第1998回 画像(011)光を導き活路を見い出す。スマホ向けパズルアドベンチャー「FRACTER」を紹介する「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」第1998回

 静かでダークな世界観が秀逸な本作。メッセージ性の強い演出やアニメーションも挿入されるので,雰囲気の一端に触れるだけでもプレイする価値はあるはずだ。そして黒きこの世界の終端には,いったいなにが待ち受けているのか。ぜひとも自身で見届けてほしい。

著者紹介:オクムラワタル
 平成生まれのゲーム野郎。ファミコンとともに幼年期を過ごし,ゲームによって育てられた存在。ジャンルを問わずゲームを愛しており,FPSから恋愛シミューレーションまでなんでもいじる。ちなみに説明書は読まない派である。

「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」記事一覧

  • 関連タイトル:

    FRACTER

  • 関連タイトル:

    FRACTER

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:07月15日〜07月16日