オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
何もかもが美しいファンタジー世界を自由に駆け巡る。アソビモの新作MMORPG「プロジェクト エターナル」CBTプレイレポート
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2019/05/28 12:00

プレイレポート

何もかもが美しいファンタジー世界を自由に駆け巡る。アソビモの新作MMORPG「プロジェクト エターナル」CBTプレイレポート

 アソビモは,2019年秋に配信予定のスマホ向け新作MMORPG「プロジェクト エターナル」(プロジェクトネーム)の第1回クローズドβテストを,5月15日から21日にかけて実施した。


 ハイクオリティな3Dグラフィックスや,時間の概念が存在する世界,壮大かつ記憶に残るストーリー設計などがセールスポイントとして挙げられている「プロジェクト エターナル」。今回は初めてのCBTということもあり,実装されていたのはごく一部のコンテンツや機能であったが,それでも本作の魅力の一端に触れることができた。本稿ではその詳細を,インプレッションとともにお伝えしよう。

iOS端末を対象に実施されたCBTのコンテンツ内容は,こちらの記事にまとめられている。CBTとそのフィードバックを重ねることで本作がどのように進化していくのか,正式サービスが始まるその日まで注目したい
画像(002)何もかもが美しいファンタジー世界を自由に駆け巡る。アソビモの新作MMORPG「プロジェクト エターナル」CBTプレイレポート

「プロジェクト エターナル」公式Twitter



最前線で戦うか仲間を援護するか
戦闘スタイルを決める4種類のジョブ


 CBTで選択できたプレイヤーキャラクターの“ジョブ”は,ウォーリアー/パラディン/メイジ/プリーストの4種類。いずれも,明確な戦闘スタイル/役割を担った,いわばRPGでは“定番”のジョブで,この4ジョブが揃えば攻守にバランスの取れたパーティを組むことができる。どこかのタイミングで,本作ならではのクセのあるジョブが追加されるのかは気になるところだ。

すべてのジョブに男性/女性キャラクターが用意されている。今回のバージョンではキャラクターメイキングのパートがなかったため,キャラの外見にこだわれる要素があるかは不明だ
画像(003)何もかもが美しいファンタジー世界を自由に駆け巡る。アソビモの新作MMORPG「プロジェクト エターナル」CBTプレイレポート 画像(004)何もかもが美しいファンタジー世界を自由に駆け巡る。アソビモの新作MMORPG「プロジェクト エターナル」CBTプレイレポート
写真上から,両手に武器を持ち二刀流で戦える“ウォーリアー”,高い防御力を誇り物理攻撃と魔法攻撃のどちらも使える“パラディン”,炎属性の魔法を操る“メイジ”,多彩な治癒魔法で仲間を援護する“プリースト”。筆者は今回,ウォーリアーを選んでプレイした
画像(005)何もかもが美しいファンタジー世界を自由に駆け巡る。アソビモの新作MMORPG「プロジェクト エターナル」CBTプレイレポート 画像(006)何もかもが美しいファンタジー世界を自由に駆け巡る。アソビモの新作MMORPG「プロジェクト エターナル」CBTプレイレポート
画像(007)何もかもが美しいファンタジー世界を自由に駆け巡る。アソビモの新作MMORPG「プロジェクト エターナル」CBTプレイレポート 画像(008)何もかもが美しいファンタジー世界を自由に駆け巡る。アソビモの新作MMORPG「プロジェクト エターナル」CBTプレイレポート
画像(009)何もかもが美しいファンタジー世界を自由に駆け巡る。アソビモの新作MMORPG「プロジェクト エターナル」CBTプレイレポート 画像(010)何もかもが美しいファンタジー世界を自由に駆け巡る。アソビモの新作MMORPG「プロジェクト エターナル」CBTプレイレポート
画像(011)何もかもが美しいファンタジー世界を自由に駆け巡る。アソビモの新作MMORPG「プロジェクト エターナル」CBTプレイレポート 画像(012)何もかもが美しいファンタジー世界を自由に駆け巡る。アソビモの新作MMORPG「プロジェクト エターナル」CBTプレイレポート


広大な世界での冒険に臨場感をもたらす
圧倒的に美麗な3Dグラフィックス


 世界設定やストーリー,冒険の目的など,まだまだ明らかにされていない部分が多い本作であるが,“スマートフォンの限界に挑む,世界最高レベルの3Dグラフィックス”と謳う美麗なビジュアルは,今回のCBTでもはっきりと“体感”できた。

 とにかく,画面内に描き出されるすべてが美しく,遠くまで見晴らせるオープンワールドの景観,その中に生きるキャラクターたちのきめ細かなテクスチャなどは,まさに“圧倒的”のひとこと。そんな美麗なグラフィックスが,プレイヤーの冒険に並々ならぬ臨場感を与えてくれるのだ。

とりわけ注目してほしいのが光源処理で,リアルな光と影の表現が,あらゆるオブジェクトやキャラクターに一層の“実在感”を付与している。また,既報のとおり,本作の世界には“時間の流れ”と“天候の変化”が存在し,フィールドの雄大な景色は刻一刻とその表情を変える
画像(013)何もかもが美しいファンタジー世界を自由に駆け巡る。アソビモの新作MMORPG「プロジェクト エターナル」CBTプレイレポート 画像(014)何もかもが美しいファンタジー世界を自由に駆け巡る。アソビモの新作MMORPG「プロジェクト エターナル」CBTプレイレポート
画像(015)何もかもが美しいファンタジー世界を自由に駆け巡る。アソビモの新作MMORPG「プロジェクト エターナル」CBTプレイレポート 画像(016)何もかもが美しいファンタジー世界を自由に駆け巡る。アソビモの新作MMORPG「プロジェクト エターナル」CBTプレイレポート
画像(017)何もかもが美しいファンタジー世界を自由に駆け巡る。アソビモの新作MMORPG「プロジェクト エターナル」CBTプレイレポート
ピンチアウトで目一杯カメラを寄せても,グラフィックスの粗を見出せない。それどころか,キャラクターの肌の質感や,装備,衣類の意匠の細部までが確認でき,そのクオリティにあらためて舌を巻いた
画像(019)何もかもが美しいファンタジー世界を自由に駆け巡る。アソビモの新作MMORPG「プロジェクト エターナル」CBTプレイレポート 画像(020)何もかもが美しいファンタジー世界を自由に駆け巡る。アソビモの新作MMORPG「プロジェクト エターナル」CBTプレイレポート


ワンタップでオート移動も可能
クエストで報酬を得てキャラクターを強化!


 今回のCBTは,“サブクエスト”の攻略を軸に序盤のエリアで冒険を展開する内容だった。用意されたクエストは100を超え,お使い,アイテム採取,モンスター討伐など内容も多彩。ストーリーを進めるかたわら,クエストの達成報酬で得られる経験値やゼニー(ゲーム内通貨),アイテムを使ってキャラクターを強化する,というのが基本のプレイサイクルになるのだろう。

キャラクターの操作は,バーチャルパッド(移動)とアイコン(アクション)を使う,オーソドックスなタイプだ。“話す/調べる”などの探索に関わる動作は,その対象に近づくと上部に表示されるアイコンをタップすると実行される
画像(021)何もかもが美しいファンタジー世界を自由に駆け巡る。アソビモの新作MMORPG「プロジェクト エターナル」CBTプレイレポート 画像(022)何もかもが美しいファンタジー世界を自由に駆け巡る。アソビモの新作MMORPG「プロジェクト エターナル」CBTプレイレポート
画面左のクエストリストをタップすると,目的地までの移動や会話がオートで行われる。行き先がまだ訪れたことのないエリアでも問題なし。今回受注できたのは単発の“サブクエスト”ばかりで,新規クエストも自動で追加される形式だった
画像(023)何もかもが美しいファンタジー世界を自由に駆け巡る。アソビモの新作MMORPG「プロジェクト エターナル」CBTプレイレポート
画像(024)何もかもが美しいファンタジー世界を自由に駆け巡る。アソビモの新作MMORPG「プロジェクト エターナル」CBTプレイレポート 画像(025)何もかもが美しいファンタジー世界を自由に駆け巡る。アソビモの新作MMORPG「プロジェクト エターナル」CBTプレイレポート
キャラクターの強化に関する機能は未実装のものが多く,今回確認できたのは,経験値獲得によるレベルアップと,装備品による能力強化,“スキルポイント”を消費して実行するスキル強化のみだ。装備品はクエスト報酬やショップ(評判交換所)で手に入るほか,“鍛冶”で生産することもできるようだ
画像(026)何もかもが美しいファンタジー世界を自由に駆け巡る。アソビモの新作MMORPG「プロジェクト エターナル」CBTプレイレポート
画像(027)何もかもが美しいファンタジー世界を自由に駆け巡る。アソビモの新作MMORPG「プロジェクト エターナル」CBTプレイレポート 画像(028)何もかもが美しいファンタジー世界を自由に駆け巡る。アソビモの新作MMORPG「プロジェクト エターナル」CBTプレイレポート


同志との共闘も手軽に行えるバトルシステム
ジョブ固有の技を駆使して敵を討て


 フィールドにいるモンスターとのバトルは,アクションアイコンの通常攻撃やスキル,回避などを用いて行う。アクションアイコンにセットされたスキルはカスタマイズが可能で,習得したものを“ショートカット”に登録することで使えるようになる。

画像(029)何もかもが美しいファンタジー世界を自由に駆け巡る。アソビモの新作MMORPG「プロジェクト エターナル」CBTプレイレポート
設定メニューでスキルの登録/入れ替えができる。スキルのショートカットは4セット(ページ)用意でき,各セットに最大5つのスキルを登録可能。今回のCBTでは,どのジョブも最初から多くのスキルを習得した状態だった
画像(030)何もかもが美しいファンタジー世界を自由に駆け巡る。アソビモの新作MMORPG「プロジェクト エターナル」CBTプレイレポート
画面右下に配置されたアクションアイコンのうち,中央の一番大きいアイコンが通常攻撃で,その周囲に並ぶのがスキル。通常攻撃の右下にはジャンプと回避のアイコンがあり,さらにその右下をタップするとショートカットのページが切り替わる

 通常攻撃は基本的にノンターゲティングでくり出され,敵に攻撃を当てるか,敵を直接タップする,あるいは“ターゲット”アイコンをタップするとターゲットが付く。ターゲットが付くと,以降はその相手を狙って攻撃を仕掛けられる。

 攻撃されたモンスターもまたこちらをターゲティングした状態になり,しつこく追い回しつつ攻めてくる。ノーガードの殴り合いで消耗したくなければ,いったん退いて回避すること。もちろんジョブにもよるが,この“ヒット・アンド・アウェイ”がバトルの基本戦術になるように感じた。

ほとんどのモンスターは,こちらが攻撃するまで襲いかかってこなかった。一撃目をヒットさせたいなら,ターゲットアイコンで目標を定めたあとに攻撃するのが確実だ。なお周囲に複数の敵がいる場合は,ターゲットアイコンをタップするたび目標を切り替えられる
画像(031)何もかもが美しいファンタジー世界を自由に駆け巡る。アソビモの新作MMORPG「プロジェクト エターナル」CBTプレイレポート 画像(032)何もかもが美しいファンタジー世界を自由に駆け巡る。アソビモの新作MMORPG「プロジェクト エターナル」CBTプレイレポート
攻撃魔法スキルも,通常攻撃や物理攻撃スキルと同様,ターゲットの付いた敵に対して放たれる。魔法は“MP”を消費し,発動までにチャージ(詠唱時間)を要する点に注意だ
画像(033)何もかもが美しいファンタジー世界を自由に駆け巡る。アソビモの新作MMORPG「プロジェクト エターナル」CBTプレイレポート 画像(034)何もかもが美しいファンタジー世界を自由に駆け巡る。アソビモの新作MMORPG「プロジェクト エターナル」CBTプレイレポート
スキルと回避,アイテムは使用後にクールタイムが発生する。威力/効果の大きいスキルはクールタイムも長いため(魔法スキルはチャージも長い),無駄撃ちは避けたいところだ
画像(035)何もかもが美しいファンタジー世界を自由に駆け巡る。アソビモの新作MMORPG「プロジェクト エターナル」CBTプレイレポート 画像(036)何もかもが美しいファンタジー世界を自由に駆け巡る。アソビモの新作MMORPG「プロジェクト エターナル」CBTプレイレポート
ターゲットの付いた敵をタップすると“注視”モードになり,その敵を画面の中心に捉えた状態で戦える。動きの速いモンスターに対して使えば,カメラ操作で相手を追う手間が省けるのだ
画像(037)何もかもが美しいファンタジー世界を自由に駆け巡る。アソビモの新作MMORPG「プロジェクト エターナル」CBTプレイレポート
モンスターを倒すとアイテムをドロップするが,なかには倒したあと“皮剥ぎ”で素材を取れるものもいる。剥ぎ取った素材で何が作れるのか,そのあたりの情報収集も盛り上がりそうだ
画像(038)何もかもが美しいファンタジー世界を自由に駆け巡る。アソビモの新作MMORPG「プロジェクト エターナル」CBTプレイレポート

 本作はMMORPGであり,冒険の世界には自分以外のプレイヤーがたくさん存在する。MMORPGの標準機能であるパーティやフレンド,軍団(ギルド)を利用した,有志とのマルチプレイが楽しめるのは当然として,たまたま近くに居合わせたプレイヤーとの“交流”が生じうるのも,このジャンルの魅力の1つだろう。実際に今回も,モンスターの生息地で偶発的なチームプレイが幾度となく発生し,討伐や素材集めで助けられた。

他プレイヤーがターゲティングしているモンスターを攻撃することでも討伐が行える。1回でもダメージを与えるとそのモンスターは討伐数にカウントされ,ドロップアイテムも出現する
画像(039)何もかもが美しいファンタジー世界を自由に駆け巡る。アソビモの新作MMORPG「プロジェクト エターナル」CBTプレイレポート 画像(040)何もかもが美しいファンタジー世界を自由に駆け巡る。アソビモの新作MMORPG「プロジェクト エターナル」CBTプレイレポート
ほかのプレイヤーをタップしてターゲットを付け,メニューを開いて“注視”を選ぶとキャラクターの情報(Lv./名前/HP)が画面上に表示される。さらに,その表示の顔アイコンをタップすれば,注視中のキャラクターにターゲットを付けられる。回復役のプリースト使いは覚えておきたい機能だ
画像(041)何もかもが美しいファンタジー世界を自由に駆け巡る。アソビモの新作MMORPG「プロジェクト エターナル」CBTプレイレポート 画像(042)何もかもが美しいファンタジー世界を自由に駆け巡る。アソビモの新作MMORPG「プロジェクト エターナル」CBTプレイレポート
周辺にいるプレイヤーを“勧誘”し,最大5人の即席パーティを組むことも可能。パーティを組むと画面上にメンバーの情報(HP)が表示され,それをタップすることでメンバーにターゲットが付く
画像(043)何もかもが美しいファンタジー世界を自由に駆け巡る。アソビモの新作MMORPG「プロジェクト エターナル」CBTプレイレポート 画像(044)何もかもが美しいファンタジー世界を自由に駆け巡る。アソビモの新作MMORPG「プロジェクト エターナル」CBTプレイレポート
本作にはPvPコンテンツも実装されるようで,今回のCBTでは他プレイヤーと1対1で戦う“デュエル”をプレイできた
画像(045)何もかもが美しいファンタジー世界を自由に駆け巡る。アソビモの新作MMORPG「プロジェクト エターナル」CBTプレイレポート 画像(046)何もかもが美しいファンタジー世界を自由に駆け巡る。アソビモの新作MMORPG「プロジェクト エターナル」CBTプレイレポート
画像(047)何もかもが美しいファンタジー世界を自由に駆け巡る。アソビモの新作MMORPG「プロジェクト エターナル」CBTプレイレポート


ペットと乗り物を手に入れれば冒険は楽しく快適になる!


 旅のお供として引き連れることができる生物,それが“ペット”だ。ペットは“評判交換所”で「召喚石」を獲得し,それを使用すると手に入れられる。“チャッシー”“ヒナモア”などの小型ペットは,倒したモンスターが落としたアイテムをプレイヤーの代わりに回収してくれる。

クエストを数多くこなして聖都の評判を上げ,評判交換所で「召喚石」をゲット。評判交換所はその名のとおり,アイテムの交換条件に“評判”が含まれるショップで,ほかに回復アイテムや装備品なども獲得できる
画像(048)何もかもが美しいファンタジー世界を自由に駆け巡る。アソビモの新作MMORPG「プロジェクト エターナル」CBTプレイレポート 画像(049)何もかもが美しいファンタジー世界を自由に駆け巡る。アソビモの新作MMORPG「プロジェクト エターナル」CBTプレイレポート
「召喚石」使用後,メニューの“フォロワー”でお供にするペットを選択する。今回のプレイで召喚できたペットは4種類。どれもドロップアイテムを回収するだけだったが,それ以外の能力を持つペット,たとえば攻撃や回復を行うような種類もいるのだろうか?
画像(050)何もかもが美しいファンタジー世界を自由に駆け巡る。アソビモの新作MMORPG「プロジェクト エターナル」CBTプレイレポート 画像(051)何もかもが美しいファンタジー世界を自由に駆け巡る。アソビモの新作MMORPG「プロジェクト エターナル」CBTプレイレポート
画像(052)何もかもが美しいファンタジー世界を自由に駆け巡る。アソビモの新作MMORPG「プロジェクト エターナル」CBTプレイレポート 画像(053)何もかもが美しいファンタジー世界を自由に駆け巡る。アソビモの新作MMORPG「プロジェクト エターナル」CBTプレイレポート

 とあるクエストをクリアして“騎乗術”を習得すると,大型の生物に騎乗して移動できるようになる。今回のCBTに登場したのは“カノープス”という走る鳥。この“乗り物”を獲得したあとは,目的地までの移動時間が大幅に短縮された。

評判交換所で「カノープスの手綱」を交換し,カノープスを入手。乗り物やペットは,メニューの“フォロワー”でスキルのショートカットに登録できる
画像(054)何もかもが美しいファンタジー世界を自由に駆け巡る。アソビモの新作MMORPG「プロジェクト エターナル」CBTプレイレポート 画像(055)何もかもが美しいファンタジー世界を自由に駆け巡る。アソビモの新作MMORPG「プロジェクト エターナル」CBTプレイレポート
画像(056)何もかもが美しいファンタジー世界を自由に駆け巡る。アソビモの新作MMORPG「プロジェクト エターナル」CBTプレイレポート 画像(057)何もかもが美しいファンタジー世界を自由に駆け巡る。アソビモの新作MMORPG「プロジェクト エターナル」CBTプレイレポート
カノープスに乗り,広大なフィールドを駆ける。そのまま移動するだけでも充分に速いが,騎乗時に表示される“騎乗ダッシュ”アイコンをホールドすればさらにスピードアップ! 正式版では,空を飛んだり,海を渡ったりする乗り物も登場するのでは,と予想してみる。できたらいいな〜
画像(059)何もかもが美しいファンタジー世界を自由に駆け巡る。アソビモの新作MMORPG「プロジェクト エターナル」CBTプレイレポート


パーティで挑める“ダンジョン”をはじめ
マルチプレイコンテンツも充実の予感!


 キャラクターレベルが15になると参戦できた“ダンジョン”は,最大5人のメンバーで専用ダンジョンの攻略に挑むマルチプレイ用コンテンツ。オートマッチングで結成された仲間と協力して敵を倒しながらダンジョンの奥へ進み,最後にボスを撃破してクリアすると豪華な報酬がもらえる,というものだ。

 オートマッチングでは,アタッカー(ウォーリアー/メイジ)3人,タンク(パラディン)1人,ヒーラー(プリースト)1人の構成になるようパーティが組まれたが,これが正式版ではどのような仕様になるか気になるところ。ホストプレイヤーがメンバー構成を設定する形式などが考えられるが,いずれにしても,タンクやヒーラーといった“守り”の要となるジョブは引く手あまたになりそうだ。

挑戦するダンジョンを選んだあと“マッチング”ボタンをタップするとメンバー集めが開始され,必要なジョブが揃ったところでダンジョンに移動する。マッチングの状況を伝えるウインドウを閉じ,待機状態のまま冒険を続けることもできた
画像(060)何もかもが美しいファンタジー世界を自由に駆け巡る。アソビモの新作MMORPG「プロジェクト エターナル」CBTプレイレポート 画像(061)何もかもが美しいファンタジー世界を自由に駆け巡る。アソビモの新作MMORPG「プロジェクト エターナル」CBTプレイレポート
ダンジョンは一本道で,奧へ進むとモンスターが出現。それをすべて倒すと扉のロックが解除され,先へ進めるようになる。ダンジョン攻略中は,パーティ結成時と同じく画面にメンバー情報が表示され,タップで仲間にターゲットを付けられる
画像(062)何もかもが美しいファンタジー世界を自由に駆け巡る。アソビモの新作MMORPG「プロジェクト エターナル」CBTプレイレポート 画像(063)何もかもが美しいファンタジー世界を自由に駆け巡る。アソビモの新作MMORPG「プロジェクト エターナル」CBTプレイレポート
画像(064)何もかもが美しいファンタジー世界を自由に駆け巡る。アソビモの新作MMORPG「プロジェクト エターナル」CBTプレイレポート 画像(065)何もかもが美しいファンタジー世界を自由に駆け巡る。アソビモの新作MMORPG「プロジェクト エターナル」CBTプレイレポート
最終エリアに待ち受けるボスを倒すとダンジョンクリアで,各種報酬を受け取れる。そのままダンジョンを出ることもできるし,同じメンバーでダンジョンに再挑戦することも可能だ
画像(066)何もかもが美しいファンタジー世界を自由に駆け巡る。アソビモの新作MMORPG「プロジェクト エターナル」CBTプレイレポート
画像(067)何もかもが美しいファンタジー世界を自由に駆け巡る。アソビモの新作MMORPG「プロジェクト エターナル」CBTプレイレポート 画像(068)何もかもが美しいファンタジー世界を自由に駆け巡る。アソビモの新作MMORPG「プロジェクト エターナル」CBTプレイレポート

 「ゲームはグラフィックスがすべてではない」とは,ハードウェアのスペックが飛躍的に向上し始めたころからよく見聞きするようになったフレーズだ。ストーリー,グラフィックス,ゲームシステムがもたらす遊びなど,さまざまな要素を内包するゲームは総合力が問われる側面もある。そう考えれば実際にその言葉どおりだと思うが,グラフィックスがゲームの印象を決める重要なファクターであることもまた事実だろう。
 たとえば「プロジェクト エターナル」が見せた,こちらの“基準”を凌駕する圧倒的なビジュアルを目の当たりにすれば素直に感嘆せざるを得ないし,その内容にまで期待が及ぶのは当然だ。

 本作の目玉である“美麗な3Dグラフィックス”は今回のCBTで堪能できた。あとは“遊び”の部分がどうなるかだが,そこはMMORPGのジャンルにおいて数々の実績を誇るアソビモの手になるタイトルであるから,きっと心配は無用だろう。今秋,多くのMMORPGファンを唸らせる大作が誕生すると信じて,続報,そして次回CBTの開催を待とう。

「アソビモ」公式サイト

  • 関連タイトル:

    プロジェクト エターナル

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:08月25日〜08月26日
タイトル評価ランキング
81
KENGOHAZARD2 (PC)
76
Days Gone (PS4)
76
55
DEAD OR ALIVE 6 (PS4)
2019年02月〜2019年08月