オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
日本マイクロソフトがXbox One国内向け記者説明会を開催。サードパーティタイトルのラインナップや日本独自アプリを発表
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2014/06/21 00:00

イベント

日本マイクロソフトがXbox One国内向け記者説明会を開催。サードパーティタイトルのラインナップや日本独自アプリを発表

説明会は東京都千代田区にある秋葉原UDXシアターで開催された
Xbox One本体
 2014年6月20日,日本マイクロソフトは,海外では先行発売している最新ゲーム機「Xbox One」の国内向け記者説明会を東京都内のイベント会場で開催した。既報のとおり,Xbox Oneは9月4日に日本でも発売されることが決定している。

Xbox One 公式サイト



Xbox Oneの基本機能と主要タイトルを紹介


日本マイクロソフトの執行役 インタラクティブ・エンターテインメント・ビジネス ゼネラルマネージャーの泉水 敬氏
Xbox One本体
 冒頭では,日本マイクロソフトの執行役 インタラクティブ・エンターテイメント・ビジネス ゼネラルマネージャーの泉水 敬氏が登壇し,「ついにマイクロソフトの新世代ゲーム機『Xbox One』を日本の皆様にお届けできる日がやってまいります」とコメント。続いて,Xbox Oneが持つ魅力を「圧倒的な臨場感と没入感」「クラウドのパワーが実現する新しいゲーム体験」「バラエティ豊かなゲームラインナップ」の3つであると述べた。

Xboxファミリーの歴史
Xbox One本体
 実際,Xbox Oneが先行して発売されている世界市場では,前述の3要素がプレイヤーの高い評価を獲得しているとのことだ。すでに出荷台数は500万台を達成しており,これは過去のデータと照らし合わせると,世界市場では大成功を収めたXbox 360を大幅に超えるスピードで普及しているという。
 泉水氏は,Xbox Oneが持つ機能として,Kinect センサーによるボイスコマンドでXbox Oneを起動できることや,内蔵カメラでユーザーの個別認識が行えること,ゲームプレイを即座に録画できること,ゲームプレイ中でも画面の右端にインターネットのサイトやアプリのミニ画面を表示できる「スナップ機能」などを紹介していった。

泉水氏自ら実機を使って,Xbox Oneのさまざまな機能を披露した
Xbox One本体 Xbox One本体

 続いて,サードパーティタイトルを中心としたラッシュ映像が流された。この映像に収録されていたタイトルは,「Halo: Spartan Assult」「Ryse: Sons of Rome」「ウォッチドッグス」「FINAL FANTASY XV」「コール オブ デューティ ゴースト」「Sunset Overdrive」「プラント vs. ゾンビ ガーデンウォーフェア」「KINGDOM HEARTS III」「Kinect スポーツ ライバルズ」「Project Spark」「FIFA 14」「アサシン クリード 4 ブラック フラッグ」「Forza Motorsport 5」「PsychoBreak」「Dead Rising 3」「Killer Instinct」「METAL GEAR SOLID V: GROUND ZEROES」「ダイイングライト」「The Witcher 3: Wild Hunt」「Quantum Break」「バトルフィールド 4」「タイタンフォール」などである(登場順に列記)。
 なお,現時点でXbox One本体と同日(9月4日)発売されるタイトルは「こちら」の記事で確認できる。

Xbox One本体 Xbox One本体

 その後,泉水氏は「現在,約50社の日本のゲームスタジオ(海外スタジオの日本支社を含む)様がXbox One向けのゲーム開発に着手,および参加表明をいただいている」と述べ,Xbox 360と同等,もしくはそれ以上に日本のスタジオからの期待が大きいことを強調していた。

Xbox One向けタイトルの開発に着手しているゲームスタジオ,および参加表明しているゲームスタジオ各社のロゴ
Xbox One本体


セガの名越氏をはじめ,著名クリエイターからの応援メッセージ


セガの取締役CCO開発統括本部長の名越稔洋氏
Xbox One本体
 Xbox Oneにまつわる基本機能やサービス,タイトルラインナップを紹介した泉水氏は,特別ゲストとして,セガの取締役CCO開発統括本部長である名越稔洋氏をステージに招いた。登壇した名越氏は,新世代のゲーム機が登場するたびに表現の幅が広がり,わくわくすること,そして,据え置きゲーム機にできることはまだまだ残されており,据え置きゲーム機だからこその表現をこれからも積極的に追求していきたい,と意思表明を行った。名越氏の登壇ということで,龍が如くシリーズの新作がXbox One向けに発売されるのかと期待する向きもあったが,具体的なタイトル名は言及されなかった。
 ただ,名越氏は「Xbox OneとWindows向けに新しいモノを提供していきたい」と,かなり語気を強めていたので,かつての「バイナリードメイン」のような挑戦的な新タイトルを考えているのかもしれない。

 さらに,ビデオインタビューの形で,スクウェア・エニックスの橋本真司氏,カプコンの小野義徳氏,コーエーテクモゲームスの鯉沼久史氏,MAGES.の浅田 誠氏,Tango Gameworksの三上真司氏が映像出演。各氏からXbox Oneへの応援コメントや,Xbox One参入タイトルのアナウンスが行われたが,いずれもXbox Oneの高性能に期待すると共に,Kinectをどう使っていくのかが,Xbox Oneらしいゲーム体験を創出するためのキーポイントとなるだろう,という声が聞かれた。

国内の著名クリエイターからXbox Oneへの応援メッセージが寄せられた
Xbox One本体 Xbox One本体

Xbox One本体 Xbox One本体
映像では,スクウェア・エニックスの「FINAL FANTASY XV」(発売日未定)と「KINGDOM HEARTS III」(発売日未定),カプコンの「Dead Rising 3」(9月4日発売)と「ストライダー飛竜」(9月4日発売),コーエーテクモゲームスの「無双OROCHI2 Ultimate」(9月4日発売)と「真・三國無双7 Empires」(発売日未定),MAGES.の「PSYCHO‐PASS サイコパス」(発売日未定)と「CHAOS;CHILD」(2014年発売),「ミステリートF 探偵たちのカーテンコール」(発売日未定),ベセスダ・ソフトワークスの「PsychoBreak」(2014年内発売)が紹介された
Xbox One本体 Xbox One本体 Xbox One本体

 このほか,サードパーティ製のXbox One専用ソフトとしては,ハムスターの「アジト 新作(仮)」(2015年春発売),キュートの「ナツキクロニクル(仮)」(2015年春発売),トライアングル・サービスの「シューティングラブ。トリロジー(仮)」(2015年発売),モスの「雷電(仮)」(2015年発売)などが紹介されていた。

Xbox One本体 Xbox One本体 Xbox One本体

 また,マルチプラットフォームタイトルとしては,バンダイナムコゲームスの「ドラゴンボール ゼノバース」(発売日未定)や「METAL GEAR SOLID V: THE PHANTOM PAIN」(発売日未定)などの予告編映像が公開された。

Xbox One本体 Xbox One本体

Xbox One本体
 その後,E3 2014で発表された,プラチナゲームズが開発を手がけるXbox One専用ソフト「SCALEBOUND」も期待の新作として大きく紹介されていた。同作は「デビル メイ クライ」シリーズや「BAYONETTA」シリーズの生みの親として知られる神谷英樹氏の新作プロジェクトとのことだ。


インディーズゲーム支援への取り組み


 続いて泉水氏から,Xbox Oneがインディーズゲームの開発シーンを積極的に支援していくことが強調された。泉水氏はそのための取り組みとして,今年3月に発表されていた「ID@Xbox」プログラムを紹介した(関連記事)。

右の写真はID@Xbox参加ゲームスタジオの一例。日本の著名なスタジオも目に付く
Xbox One本体 Xbox One本体

 ID@Xboxとは,Xbox One向けタイトルについてMicrosoft側が配信権を持つことを条件に,一般ライセンシーと完全に同等なハードウェア開発機材やソフトウェア開発キット(SDK)をクリエイターに提供するものだ。泉水氏によれば,6月時点で世界中のゲームスタジオ数千社からの申し込みがあり,すでにMicrosoftによる選考を終えて,約350社がゲーム開発に乗り出しているという。
 日本のトップクリエイターの一人であり,「ロックマン」シリーズの生みの親としても著名なcomceptのCEOである稲船敬二氏もID@Xboxに参加していることが報告されると,実際に稲船氏がステージに招かれた。

comceptのCEO 稲船敬二氏
Xbox One本体
 現在,稲船氏はクラウドファンディングサイト「Kickstarter」を活用してアクションゲーム「Mighty No.9」を開発中。同作の映像が流れた後,インディーズゲームへの想いを語った。
 稲船氏は,ゲーム機が世代交代するたびに大作志向が強まり,その都度,開発費が膨大になっていったカプコン在籍時を振り返ると,そんな今だからこそ大作とはひと味違う,ゲームメカニクス重視のアクションゲームに大きな可能性があるのではないかと持論を主張した。「ユーザーが待ち望むもの」「クリエイターとして自分が作りたいモノ」という,この2つの条件がベストなバランスで完成したときに良作や名作ゲームが生まれるとし,そうした作品になるように「Mighty No.9」は鋭意開発中であると語っていた。


Xbox Oneの魅力はノンゲームアプリにも


 その後,泉水氏からXbox Oneで利用できるノンゲームアプリが紹介された。Xbox Oneでは,ハイパーバイザーOSとXbox OS(ゲーム用OS),Windows OS(Windows 8のカスタムOS)という3つのOSがインストールされており,Windowsアーキテクチャ上で動作する豊富なノンゲームアプリもXbox Oneの魅力の1つであると述べていた。

Xbox Oneに標準搭載される見込みのノンゲームアプリと,そのソフトウェアスタジオが紹介された
Xbox One本体 Xbox One本体

Jリーグ名誉女子マネージャーに就任している,女優・タレントの足立梨花さんが登壇。Jリーグの試合映像を広く深く閲覧するための「Jリーグ動画アーカイブス」のプレゼンを行った
Xbox One本体
Xbox One本体
 プレゼンテーションでは,国内向けに特化したアプリの中でもユニークなものとして,Jリーグの過去試合を閲覧できる「Jリーグ動画アーカイブス」(Jリーグメディアプロモーション)が紹介された。
 ステージに招かれた,Jリーグ名誉女子マネージャーに就任している足立梨花さんは,「Jリーグ動画アーカイブス」には大きな関心を抱いていると述べた。足立さんがこれまで見てきた試合のうち,とくに印象に残っているものが,2011年のJ2リーグ第34節「徳島ヴォルティス愛媛FC」とのこと。この試合は徳島が前半で2点先制したものの,ロスタイム中に愛媛が立て続けにゴールを奪って引き分けに持ち込んでいる。そして,このとき両チームに所属していたのが日本代表の柿谷曜一朗選手齋藤 学選手である。同アプリについて,サッカーファンにはたまらないものになると足立さんは語っていた。

 このほか,実店舗に置いてあるカラオケマシンと同等のアルゴリズムでの歌唱採点機能を備えた「カラオケ@DAM」(第一興商),ご当地アイドルの応援コミュニティへの参加やアイドルの独占映像が楽しめる「U.M.U.ご当地アイドルうぉーかー」(デートピア)なども紹介されていた。

本格的なカラオケが楽しめる第一興商の「カラオケ@DAM」(写真左)。「一人カラオケ」が趣味という足立さんも楽しみなのだとか
Xbox One本体 Xbox One本体


週末にはXbox One体験会も開催


 最後に,泉水氏はローンチまでの期間を盛り上げるべく,Xbox Oneの販促キャンペーンやユーザー体験会をアナウンスした。

 まず紹介されたのは「Xbox One Journey Campaign」。これはXbox Oneが発売される9月4日までに日本マイクロソフトから出題されるクイズやお題に対し,TwitterやFacebookなどのSNSを利用して挑戦することでポイントを稼ぐと,そのポイントランクに応じて商品を獲得できるというものだ。

Xbox One本体

 そして,もう一つは6月21日,22日に東京で,6月29日に大阪で行われる「Xbox One大感謝祭」だ。こちらは,Xbox Oneの発売前にローンチタイトル約20本をプレイできるという体験会で,イベントへの参加は無料。気になる人は,公式サイトで開催要項を確認しておこう。

Xbox One本体

 ほんの数か月前には,日本での発売があるのかないのか,大いに心配すらなされたXbox One。だが,海外とほぼ同等のサービスやゲームが提供されることが分かり,ホッとしたゲーマーは多いのではないだろうか。
 今世代のゲーム機については,性能面で「PlayStation 4優勢」と見る向きも多く,しかもXbox Oneは日本ではPS4に対して遅れること約半年の発売となるため,かなり不利な戦いを強いられると予想される。ただ,現時点でマルチプラットフォームタイトルについては,Xbox OneとPS4の間にそれほど大きな差は付いておらず,日本マイクロソフトとしては魅力ある専用ソフトのラインナップ拡充と,ノンゲームアプリを充実させていけば,先行するPS4と十分に勝負できると踏んでいるようだ。
 いずれにせよ,遅ればせながら今世代でも3つのプラットフォームの据え置きゲーム機が出揃ったことは,ゲームファンとして歓迎したいと思う。

Xbox One 公式サイト

  • 関連タイトル:

    Xbox One本体

  • 関連タイトル:

    Halo: Spartan Assault

  • 関連タイトル:

    Ryse: Son of Rome

  • 関連タイトル:

    ウォッチドッグス

  • 関連タイトル:

    FINAL FANTASY XV

  • 関連タイトル:

    コール オブ デューティ ゴースト 吹き替え版

  • 関連タイトル:

    Sunset Overdrive

  • 関連タイトル:

    プラント vs. ゾンビ ガーデンウォーフェア

  • 関連タイトル:

    KINGDOM HEARTS III

  • 関連タイトル:

    Kinect スポーツ ライバルズ

  • 関連タイトル:

    Project Spark

  • 関連タイトル:

    FIFA 14

  • 関連タイトル:

    アサシン クリード4 ブラック フラッグ

  • 関連タイトル:

    Forza Motorsport 5

  • 関連タイトル:

    サイコブレイク

  • 関連タイトル:

    Dead Rising 3

  • 関連タイトル:

    Killer Instinct

  • 関連タイトル:

    METAL GEAR SOLID V: GROUND ZEROES

  • 関連タイトル:

    ダイイングライト

  • 関連タイトル:

    ウィッチャー3 ワイルドハント

  • 関連タイトル:

    Quantum Break

  • 関連タイトル:

    バトルフィールド 4

  • 関連タイトル:

    タイタンフォール

  • 関連タイトル:

    ストライダー飛竜

  • 関連タイトル:

    無双OROCHI2 Ultimate

  • 関連タイトル:

    真・三國無双7 Empires

  • 関連タイトル:

    PSYCHO-PASS サイコパス 選択なき幸福

  • 関連タイトル:

    CHAOS;CHILD

  • 関連タイトル:

    ミステリートF 探偵たちのカーテンコール

  • 関連タイトル:

    AZITO × タツノコレジェンズ

  • 関連タイトル:

    ナツキクロニクル

  • 関連タイトル:

    シューティングラブ。トリロジー (仮題)

  • 関連タイトル:

    雷電V

  • 関連タイトル:

    ドラゴンボール ゼノバース

  • 関連タイトル:

    METAL GEAR SOLID V: THE PHANTOM PAIN

  • 関連タイトル:

    Scalebound

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:04月20日〜04月21日