オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
Nintendo Switchは3月末までに全世界で274万台を出荷,「スーパーマリオ ラン」は間もなく1億5000万ダウンロードなど,任天堂の決算説明会資料の気になるポイントを整理
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2017/04/28 20:07

ニュース

Nintendo Switchは3月末までに全世界で274万台を出荷,「スーパーマリオ ラン」は間もなく1億5000万ダウンロードなど,任天堂の決算説明会資料の気になるポイントを整理

 任天堂は本日(2017年4月28日),同社の第77期(2017年3月期)決算説明会を開催した。この説明会資料が公開されたので,気になるポイントを整理していきたい。

 なお,通期決算としては売上高が前期比153億円減の4890億円,売上総利益は前期比220億円減の1988億円で,営業利益に関しても前期比35億円減の293億円ではあるが,経常利益は215億円増の503億円となっている。これは「株式会社ポケモンなどに係る持分法による投資利益202億円を計上」したことによるものとのこと。このほか,親会社株主に帰属する当期純利益が前期比で860億円増の1025億円となった主な要因としては,シアトルマリナーズの運営会社の持分の一部を売却したことで,投資有価証券売却益として645億円を特別利益として計上したとしている。

任天堂 第77期(2017年3月期)決算説明会概要説明(PDF)

任天堂 第77期(2017年3月期)決算説明会プレゼンテーション資料(PDF)



Nintendo Switchは3月末までに全世界で274万台を出荷

2018年3月末までに累計1270万台の出荷を計画


Nintendo Switch本体
 3月3日に発売されたばかりのNintendo Switchは,同月末までに全世界で274万台を出荷。当初計画では3月末までに200万台出荷とアナウンスされていたが,これを大きく上回った形だ。
 なお,このうちアメリカ市場では90万台以上のセルスルーを記録しており,これは任天堂ハードの発売月の販売台数として,過去最多であるという。ちなみにアメリカ市場では,20代から30代の男性が主な購入者層とのこと。

 本体と同時に発売された「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」Nintendo Switch / Wii U)は,両プラットフォームの合算で300万本以上のセルスルーを記録。全世界の売り上げデータを平均すると,Nintendo Switch購入者の9割近くが同作を購入している計算になるほか,「ゼルダの伝説」シリーズにおける記録を塗り替える勢いで,セルスルーは伸び続けているとのこと。
 また,同じくローンチタイトルとなっていた「1-2-Switch」に関しては,出荷ベースで間もなく100万本に達する見込みとのこと。このほか,ダウンロード専用ソフト「いっしょにチョキッと スニッパーズ」についても,全世界で35万本以上のダウンロードを記録しているそうだ。

Nintendo Switch本体 Nintendo Switch本体
Nintendo Switch本体 Nintendo Switch本体

 なお,Nintendo Switch本体は2018年3月期に1000万台の出荷が計画されており,このとおりに推移すれば2018年3月末までの累計出荷台数で約1270万台となる。
 タイトルとしては,本日発売された「マリオカート8 デラックス」のほか,6月16日発売の「ARMS」,7月21日発売の「Splatoon2」などで夏にかけて対戦プレイを盛り上げつつ,年末商戦期に向けてNintendo Switchの勢いを加速させたいとしている。

Nintendo Switch本体 Nintendo Switch本体
Nintendo Switch本体 Nintendo Switch本体


「ポケットモンスター サン・ムーン」の世界的ヒットで

ニンテンドー3DSのビジネスに再び勢いが


Nintendo Switch本体
 ニンテンドー3DSに関しては,「Pokémon GO」iOS / Android)が世界中を席巻しているタイミングの昨年11月に発売された「ポケットモンスター サンムーン」の大ヒットにより,ハードとソフトの販売が加速し,再びビジネスに勢いが生まれたという。
 なお,ポケットモンスター サン・ムーンの詳細な販売本数は,今回公開された資料には掲載されていないが,公式サイトの主要タイトル販売実績では,2017年3月末までに1544万本となっている。

 本体およびソフトのセルスルーは日米欧合算で前期を上回るなど,「まだまだビジネスを継続できる段階にある」とのことで,Nintendo Switchとニンテンドー3DSは今後も棲み分けを行いながらビジネスを並走させていくとのこと。
 「Ever Oasis 精霊とタネビトの蜃気楼」「Hey! ピクミン」といった新作のほか,定番ソフトの継続的な投入,さらに本日発表されたNewニンテンドー2DS LLといったニンテンドー3DSシリーズ本体のバリエーションを拡大することで,この勢いを維持していきたいとしている。

Nintendo Switch本体 Nintendo Switch本体
Nintendo Switch本体 Nintendo Switch本体
Nintendo Switch本体 Nintendo Switch本体


「スーパーマリオ ラン」は間もなく1億5000万DLに

スマートデバイスには年に2〜3タイトルを継続的に投入


Nintendo Switch本体
 スマートデバイス向けの施策に関しては,前期の取り組みで今後のビジネス拡大に向けた手応えを得られたとしており,とくに「スーパーマリオ ラン」iOS / Android)に関しては,間もなく両プラットフォームの合計で全世界1億5000万ダウンロードに達する見通しであるという。また,「ファイアーエムブレム ヒーローズ」iOS / Android)に関しては,「満足のいく売上水準に到達」と見ているそうだ。
 なお今回,スマートデバイス向けの「どうぶつの森」の配信時期を含めた具体的な新情報は発表されていないが,年に2〜3タイトル程度を継続的にリリースしていく計画であるとのことだ。

Nintendo Switch本体 Nintendo Switch本体

任天堂 第77期(2017年3月期)決算説明会概要説明(PDF)

任天堂 第77期(2017年3月期)決算説明会プレゼンテーション資料(PDF)

  • 関連タイトル:

    Nintendo Switch本体

  • 関連タイトル:

    ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド

  • 関連タイトル:

    ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド

  • 関連タイトル:

    1-2-Switch

  • 関連タイトル:

    3DS本体

  • 関連タイトル:

    ポケットモンスター サン

  • 関連タイトル:

    ポケットモンスター ムーン

  • 関連タイトル:

    スーパーマリオ ラン

  • 関連タイトル:

    スーパーマリオ ラン

  • 関連タイトル:

    ファイアーエムブレム ヒーローズ

  • 関連タイトル:

    ファイアーエムブレム ヒーローズ

  • 関連タイトル:

    いっしょにチョキッと スニッパーズ

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:02月20日〜02月21日