オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
[gamescom]子供と家族でプレイ。フィギュアを使って操作するタブレットゲーム「ONiRi Island」とは
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2016/08/20 20:22

イベント

[gamescom]子供と家族でプレイ。フィギュアを使って操作するタブレットゲーム「ONiRi Island」とは

 スマートフォンやタブレットを使ったゲームといった場合,普通は画面を指でタッチして遊ぶゲームを想定する。スマートフォンゲームの黎明期には,スマートフォンを振ったり,握りしめて振り回したりする作品が目立っていた頃もあったが,今ではそういう作品は少数派だ。
 それでもなお,スマートフォン(正確に言えばタッチパネル)を使った新しいインタフェースのゲームを作ろうとする人がいなくなったわけではない。その興味深いチャレンジ作品がgamescomのIndie Arenaにも展示されていたので,レポートしよう。

[gamescom]子供と家族でプレイ。フィギュアを使って操作するタブレットゲーム「ONiRi Island」とは


フィギュアで操作するタブレットゲーム


 「ONiRi island」と名付けられたこの作品は,タブレット専用のゲームとなる(iOS/Android)。2人プレイのCo-opゲームで,プレイヤーの対象年齢は6歳〜10歳およびその親。ゲームというよりは,子供向けのインタラクティブ・トイという側面が強い。
 プレイヤーは双子のMinaとTimのいずれかになって,不気味な事件が起きているONiRi島を探索していく。プレイヤーは相互に協力することで,発生している問題を解決したり,あるいはONiRi島の住人(動物)たちから話を聞いたりする。

 本作が最も特徴的なのは,画面をタッチするのではなく,水平に置いたタブレットの上にフィギュアを置いてプレイするという点だ。フィギュアの底には小さな突起がついており,これによって「どのフィギュアがどこに置かれているか」を検知する仕組みとなっている。

[gamescom]子供と家族でプレイ。フィギュアを使って操作するタブレットゲーム「ONiRi Island」とは [gamescom]子供と家族でプレイ。フィギュアを使って操作するタブレットゲーム「ONiRi Island」とは

 2つのフィギュアを同じ方向(右隅とか左隅とか)に置くと,画面はそちらの方向にスクロールしていく。マップの中にはアイテムが落ちていることもあって,それらはドラッグ&ドロップで拾うことが可能だ。アイテムを使う場合も,使いたい場所に向けてドラッグ&ドロップで統一されている。
 またマップ上にはさまざまな動物キャラクターが配置されており,セリフアイコンがある場合は,それに触れることで話を聞くこともできる。

[gamescom]子供と家族でプレイ。フィギュアを使って操作するタブレットゲーム「ONiRi Island」とは
写真では少し分かりにくいが,画面中央やや左下にナイフが落ちている。実際の画面で見るとかなりコントラストがはっきりしているので,見落としにくい
[gamescom]子供と家族でプレイ。フィギュアを使って操作するタブレットゲーム「ONiRi Island」とは
画面下方向に2つのフィギュアを置くと,下方向に向けてスクロールしていく。

 実のところ「ドラッグ&ドロップでアイテムが拾える」というのは,直感的とは言いがたいところはあった(教えられないと気づきにくい)。ただ本作は子供だけでプレイするのではなく,親子でプレイすることを前提にしているということなので,親が理解していればそれで大丈夫という考え方もある。

 物語はピーターパンに登場するロストボーイズをモチーフとして,それを現代的に再解釈したものだという。この物語もまた,子供が一人で遊んで楽しんだり理解したりするというよりは,親が一緒に遊んで子供に教えることを前提とした構成になっているそうだ。

ONiRi島の住人と話をすることもできる
[gamescom]子供と家族でプレイ。フィギュアを使って操作するタブレットゲーム「ONiRi Island」とは

ブラッシュアップの余地は大きいが,可能性も大きい


デベロッパであるTOURMALINE StudioのCo-Founder/Creative DirectorであるMarion Bareil氏
 このようにさまざまな面から見て意欲的な作品ではあるのだが,ゲームとして見たとき,やはりいくばくかの引っ掛かりや違和感を覚えたのは事実だ。
 その「引っ掛かり」として上ではドラッグ&ドロップのUIを指摘したが,スマートフォンゲームに古来からつきまとう「指が置かれている場所は,画面も塞がれてしまう」という問題は,やはり本作においても避け得ぬ課題となっている。簡単にいえば,フィギュアの下に潜り込んだ情報が,必要以上に「気になる」のだ。
 これは実に面白いもので,「フィギュアで中途半端に隠されている」ことによって,逆に注意がそちらに集中してしまう。結果,どうしてもフィギュアを画面から離し,下に何があるのかを確認したくなる。おそらくこのことは,プレイヤーが子供であればより一層頻繁に起こるのではないだろうか。

[gamescom]子供と家族でプレイ。フィギュアを使って操作するタブレットゲーム「ONiRi Island」とは
隠れてしまったテキストが非常に気になる

 とはいえ,このようにフィギュアを実際にタッチパネル上に置いてゲームをプレイするという方式には,まだまだ可能性も眠っていれば,探索する余地もあるように感じた。物理的なグッズをゲームに取り込む手法としても,応用範囲が広い技術であるように思える。

「ONiRi island」は2017年にKickstarterでのクラウドファンディングキャンペーンを開始するとのこと。ゲームUIにしてもまだまだ発展途上ということで,今後のブラッシュアップに大いに期待したい。

[gamescom]子供と家族でプレイ。フィギュアを使って操作するタブレットゲーム「ONiRi Island」とは

「ONiRi island」公式サイト

4Gamerのgamescom 2016記事一覧ページ

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:05月20日〜05月21日