オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
[TGS 2013]インディーズゲームと実況主,2つの面白さを“かけ算”する「インディーズゲームフェス2013」
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2013/09/26 18:34

イベント

[TGS 2013]インディーズゲームと実況主,2つの面白さを“かけ算”する「インディーズゲームフェス2013」

画像集#032のサムネイル/[TGS 2013]インディーズゲームと実況主,2つの面白さを“かけ算”する「インディーズゲームフェス2013」
 ユニティ・テクノロジーズ・ジャパンは2013年9月20日,千葉県幕張メッセの東京ゲームショウ2013会場において,「インディーズゲームフェス2013」に関するプレスカンファレンスを開催した。

 「インディーズゲームフェス2013」は,2013年9月21日と22日に,東京ゲームショウ2013の会場で開催されたイベント。「ニコニコ動画」などでお馴染みのゲーム実況者がインディーズゲームを実況プレイし,その魅力を伝えていくというユニークな試みとなっていた。

画像集#011のサムネイル/[TGS 2013]インディーズゲームと実況主,2つの面白さを“かけ算”する「インディーズゲームフェス2013」 画像集#012のサムネイル/[TGS 2013]インディーズゲームと実況主,2つの面白さを“かけ算”する「インディーズゲームフェス2013」
画像集#013のサムネイル/[TGS 2013]インディーズゲームと実況主,2つの面白さを“かけ算”する「インディーズゲームフェス2013」 画像集#014のサムネイル/[TGS 2013]インディーズゲームと実況主,2つの面白さを“かけ算”する「インディーズゲームフェス2013」


“インディーズゲーム”とゲーム実況が“かけ算”される必要性とは?


ユニティ・テクノロジーズ・ジャパンの大前広樹氏
画像集#015のサムネイル/[TGS 2013]インディーズゲームと実況主,2つの面白さを“かけ算”する「インディーズゲームフェス2013」
 プレスカンファレンスの壇上に上がったユニティ・テクノロジーズ・ジャパンの大前広樹氏は「インディーズゲームが昨今注目を集め始めていますが,今のゲーム産業に必要なのは作家性を持つクリエイターだと思っています。ここにニコニコ動画などで自然発生したゲーム実況を“かけ算”したイベントがインディーズゲームフェスです」とまずは同イベントの理念を語った。

 インディーズゲームは“自己資本で自立して作られているゲームである”と理解されることが多い。しかし,「風ノ旅ビト」のように,企業の資本が入っていながらインディーズゲームと呼ばれる作品も存在する,と大前氏は指摘する。こうした点から,氏はインディーズゲームとは,資本の調達方法ではなく,“作品に込められた理念や作り手の動機を指す言葉”ではないか,という考えを提示した。
 「何が売れるか」という市場の論理ではなく「何を作りたいか」という作り手の衝動から生まれ,その個性や作家性が色濃く反映されて,作り手のゲームへの愛情が伝わってくる……というゲームを指してインディーズゲームと呼んでいるのではないか……というのが大前氏の出した回答というわけだ。

画像集#016のサムネイル/[TGS 2013]インディーズゲームと実況主,2つの面白さを“かけ算”する「インディーズゲームフェス2013」 画像集#017のサムネイル/[TGS 2013]インディーズゲームと実況主,2つの面白さを“かけ算”する「インディーズゲームフェス2013」
画像集#018のサムネイル/[TGS 2013]インディーズゲームと実況主,2つの面白さを“かけ算”する「インディーズゲームフェス2013」

 氏がこういうテーマを考えるようになったのは,Game Developers Conference 2013の「Game Developers Choice Awards」に選ばれたタイトルの多くがインディーズゲームだったことがきっかけだったという。もちろん,これはインディーズゲームを対象とした賞ではない。多額の開発費をかけた一般タイトルもノミネートされているにも関わらず,インディーズゲームが高評価を得たことから,“インディーズゲームはゲーム産業にとって重要なポジションを得つつある”と感じたそうだ。

 こうした評価の理由としては“皆が大人数で作れるゲームに限界を感じている”ことが挙げられるという。何が売れるかという市場の論理で作られたゲームはほかの作品と似たものになりがちで,これは次世代プラットフォームにおいて解決しなければならない問題であると氏は語る。個性と作家性を持ったゲーム,即ち前述したような“インディーズゲーム”が必要になってくると言うわけだ。

 大前氏によれば,作家性のあるインディーズゲームが育つには,作り手のチャレンジを承認する,つまり受け手がゲームを面白がれることが必要になってくるという。ここで重要な役割を果たすのがゲーム実況だ。“面白いゲーム”と“プレイヤーに親切なゲーム”はイコールではなく,“不親切だが面白いゲーム”というものも存在している。作家性の強い“ピーキーなゲーム”の魅力を多くの人に伝えられるのがゲーム実況である,というのが氏の考え方だ。
 面白くゲームを遊ぶ人を見るのは,面白いものなのだ……と,大前氏は,インディーズゲームとゲーム実況が“かけ算”されることの必要性を説明した。

画像集#019のサムネイル/[TGS 2013]インディーズゲームと実況主,2つの面白さを“かけ算”する「インディーズゲームフェス2013」 画像集#020のサムネイル/[TGS 2013]インディーズゲームと実況主,2つの面白さを“かけ算”する「インディーズゲームフェス2013」
画像集#021のサムネイル/[TGS 2013]インディーズゲームと実況主,2つの面白さを“かけ算”する「インディーズゲームフェス2013」 画像集#022のサムネイル/[TGS 2013]インディーズゲームと実況主,2つの面白さを“かけ算”する「インディーズゲームフェス2013」
画像集#023のサムネイル/[TGS 2013]インディーズゲームと実況主,2つの面白さを“かけ算”する「インディーズゲームフェス2013」 画像集#024のサムネイル/[TGS 2013]インディーズゲームと実況主,2つの面白さを“かけ算”する「インディーズゲームフェス2013」


今後のユニティはコミュニティ作りを支援


 会場では,「インディーズゲームフェス2013」を起点としたユニティ・テクノロジーズ・ジャパンの今後の取り組みについても説明が行われた。

 同社は2013年11月より「支援P」と題したプログラムを展開していく。
 これはゲーム開発者コミュニティを包括的に支援していこうという試みで,開発者同士の強化合宿やゲームジャムといったイベントの開催,日本語チュートリアル動画の提供,「デジゲー博」「東京ロケテゲームショウ」「コミックマーケット」といったインディーズゲーム関連イベントの支援といった取り組みを行っていくという。

画像集#028のサムネイル/[TGS 2013]インディーズゲームと実況主,2つの面白さを“かけ算”する「インディーズゲームフェス2013」 画像集#029のサムネイル/[TGS 2013]インディーズゲームと実況主,2つの面白さを“かけ算”する「インディーズゲームフェス2013」
画像集#030のサムネイル/[TGS 2013]インディーズゲームと実況主,2つの面白さを“かけ算”する「インディーズゲームフェス2013」 画像集#031のサムネイル/[TGS 2013]インディーズゲームと実況主,2つの面白さを“かけ算”する「インディーズゲームフェス2013」

 「支援P」ではパブリッシングやローカライズなどへのサポートも行っていく。パブリッシングでは,売れる品物にするための意見を出すのではなく,インディーズゲーム開発者それぞれの個性に合わせたアドバイスを行っていくとのことだ。

ユニティ・テクノロジーズ・ジャパンは「支援P」の一環として,「Unity県人会議」という地域ごとのゲーム開発者コミュニティの育成支援も行っていくという。「支援P」のPとはプログラムの略であると同時にプロデューサーの略。「Unity県人会議」でコミュニティを支援してくれる企業プロデューサーも募集中だとのことだ
画像集#003のサムネイル/[TGS 2013]インディーズゲームと実況主,2つの面白さを“かけ算”する「インディーズゲームフェス2013」 画像集#004のサムネイル/[TGS 2013]インディーズゲームと実況主,2つの面白さを“かけ算”する「インディーズゲームフェス2013」
画像集#005のサムネイル/[TGS 2013]インディーズゲームと実況主,2つの面白さを“かけ算”する「インディーズゲームフェス2013」 画像集#006のサムネイル/[TGS 2013]インディーズゲームと実況主,2つの面白さを“かけ算”する「インディーズゲームフェス2013」

 大前氏は「こうした活動を行っていき,来年の東京ゲームショウの頃にはいくつかのゲームをリリースできるような状況ができれば嬉しいなと考えています」と今後の目標を示して,プレスカンファレンスを締めくくった。

ユニティ・テクノロジーズ・ジャパン公式サイト

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:09月27日〜09月28日
タイトル評価ランキング
67
DEKARON (PC)
63
BLESS UNLEASHED (PC)
54
Pokémon UNITE (Nintendo Switch)
21
2021年03月〜2021年09月