オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
パッケージ
サドンアタック公式サイトへ
  • ネクソン
  • GameHi
  • 発売日:2007/07/26
  • 価格:基本プレイ料金無料+アイテム課金
  • Amazonで買う
読者の評価
80
投稿数:110
レビューを投稿する
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
名古屋で「サドンアタック」「鉄鬼」の最強クラン決定! オフラインイベント「サドンアタック×鉄鬼 戦国乱世頂上決戦」レポート
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2010/08/23 15:00

イベント

名古屋で「サドンアタック」「鉄鬼」の最強クラン決定! オフラインイベント「サドンアタック×鉄鬼 戦国乱世頂上決戦」レポート

 ゲームヤロウは8月21日,オフラインイベント「サドンアタック×鉄鬼 戦国乱世頂上決戦 灼熱の名古屋」を,愛知県名古屋市にある中小企業振興会館で開催した。
 このイベントでは,オンラインFPS「サドンアタック」および,オンラインメカニックアクション「鉄鬼」の公式大会決勝戦が行われた。両タイトルとも,東京近郊以外でのオフラインイベント開催は初となるが,近県在住のプレイヤーを中心に多くの観客が集まり,盛り上がりを見せていた。最大400名を収容できる会場は,イベント中盤にはほぼ満席となり,両タイトルの全国的な人気を裏付けるイベントになったといえそうだ。

“頂上決戦”が行われた会場は,名古屋の繁華街から少し離れた,落ち着いた雰囲気の漂う場所にある
定員400名の会場は,後半に入る頃にはほぼ満席となっていた


冷静な判断で「鉄鬼」の頂点を勝ち取ったクランは,“のりこねダッシュ”


イベント冒頭,決勝リーグ開催にかける意気込みを述べた「鉄鬼」運営プロデューサーの大田氏
 イベント前半では,「鉄鬼 機動大戦」決勝リーグが行われた。実は鉄鬼では5月にも公式大会が行われているが,そのときは予選もなく,出場クランを抽選で決定したというエキシビションマッチ的な位置付けだった。今回は事前に予選が行われ,全62クランがエントリー。その予選を勝ち抜いた以下の3クランが,リーグ戦で鉄鬼の頂点を目指したのである。

鋼雪機兵団
Nexus
のりこねダッシュ


 第1試合では,マップ「FRAISE」を舞台に,Nexusと鋼雪機兵団が戦った。両クランともDUAL主体,かつ整備機体なしという構成で,熾烈な戦力の削り合いに。前半戦は,第1ラウンドこそ様子見の展開となったが,以降はNexusがラッシュを決めていき,3対1で勝負を制した。
 続く後半戦では,鋼雪機兵団がところどころでうまく試合を運び,有利な状況を作り出したものの,最終的にはNexusが3ポイントを連取。ゲーム内勝率80%超という驚異的な成績を誇るNexusが,6対1で1勝を上げた。

サドンアタック サドンアタック
サドンアタック サドンアタック


 第2試合では,マップ「HOLY TOWN」を舞台に,のりこねダッシュと鋼雪機兵団が戦った。のりこねダッシュはその前半戦,第1ラウンドを落としたものの,第2ラウンド以降はVeoh選手を中心にすばやい展開を見せ,3ポイントを立て続けに獲得した。
 後半戦では,鋼雪機兵団が慎重に動き,たくみに人数差を作っていった。有利な状況でも無理に攻めることなく,制限時間をギリギリまで使った戦術で,鋼雪機兵団が3対1とポイントを取り返した。結果,4対4の引き分けとなったが,全ラウンドを通じての生存者数にもとづき,のりこねダッシュの勝利となった。

サドンアタック サドンアタック
サドンアタック サドンアタック


 第3試合は,それぞれ1勝ずつ上げたのりこねダッシュ対Nexusで,事実上の決勝戦となった。この試合の舞台となったマップ「SEA PORT」は高低差があり,死角も多い。そのため,互いに相手の動きを探り合う展開となり,第2ラウンドまでは膠着状態に。第3ラウンドではNexusがラッシュを仕掛けるも,のりこねダッシュがうまくかわして返り討ちにするという展開に持ち込み,前半戦を制した。
 後半戦は再び探り合いとなったが,最終ラウンドの残り時間1分前後には乱戦模様に。しかし,それまで地雷を温存するなど,より慎重な試合運びを心がけていたのりこねダッシュが後半戦も制し,見事優勝を決めた。

サドンアタック サドンアタック
サドンアタック サドンアタック

「鉄鬼 機動大戦」3位 鋼雪機兵団
「鉄鬼 機動大戦」準優勝 Nexus
「鉄鬼 機動大戦」優勝 のりこねダッシュ


同じメンバー構成で「サドンアタック」連続3回優勝を果たしたNabD。iZoNeは雪辱を果たせず……


「SAOMT Season4」決勝トーナメント開催を前に,出場クランにエールを送った「サドンアタック」プロデューサー 小野 誠氏
 イベントの後半では,サドンアタックの公式大会「SAOMT Season4」(SuddenAttack Official Master Tournament Season4)の決勝トーナメントが行われた。全832クラン(!)が参加した予選を勝ち抜き,優勝を争ったのは以下の4クランだ。

NabD
iZoNe
Celluloid
Dynasty


 準決勝第1試合は,iZoNe対Celluloid。互いに譲らぬ攻防を見せるも,このようなオフラインイベントへの出場経験の差からか,常に1歩リードし続けたiZoNeが勝負を決めた。
 準決勝第2試合は,NabD対Dynasty。NabDは,同クランが得意とするMatcha選手によるセンターへの速攻に加え,Aktm選手の連続キルで危なげなくポイントを重ねていく。対抗するDynastyも,-Lilith選手を中心に落ち着いて応戦したものの,NabDが接戦を制し,決勝戦にコマを進めた。

サドンアタック サドンアタック


 決勝戦は前回のSeason3と同じく,NabDとiZoNeの対戦となった。第1ラウンドの舞台は「シティキャット」で,前半戦では,REDチームのNabDがAサイドを取ってから揺さぶりをかけるという戦術を駆使し,5対2で勝利。後半戦でも,NabDはその勢いのまま攻め続け,8対2で第1ラウンドを制した。

サドンアタック サドンアタック


 第2ラウンドの舞台はマップ「ウェスタン」。実装されて日が浅いマップだけに,日々の研究成果はもちろん,予想しえない状況に対応する選手個人のセンスが問われるところだ。前半戦は,Aktm選手とFlame選手の活躍が光り,NabDが5対1で快勝した。
 後半戦ではiZoNeが奮闘し,第2ラウンドで誰も倒されることのないパーフェクトゲームを達成。また,ApoCalys選手が一人対一人の状況を制してポイントを稼いだり,Sparky-!!選手が活躍したりと善戦した。
 しかし,iZoNeの健闘を上回る勢いを見せたのがNabDだった。最終ラウンドでは,Kenny選手が一人対一人の状況でdelpiero選手を倒すというドラマチックな見せ場も作り,結局,NabDがiZoNeを7対5で下し,優勝を決めた。

サドンアタック サドンアタック
サドンアタック サドンアタック


 なおNabDは,同じメンバー構成で3回連続優勝という快挙を成し遂げたことになる。表彰式では,NabDのメンバーが互いのプレイを讃え合い,また対戦したクランや,声援を送った会場の観客に向けて感謝を述べていた。

「SAOMT Season4」3位 Dynasty
「SAOMT Season4」3位 Celluloid
「SAOMT Season4」準優勝 iZoNe
「SAOMT Season4」優勝 NabD
  • 関連タイトル:

    サドンアタック

  • 関連タイトル:

    鉄鬼

  • この記事のURL:
AD(最終更新日:2019/06/12)
サドンアタック THE 1st ANNIVERSARY Pack
Software
発売日:2008-04-25
価格:
amazonで買う
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:10月18日〜10月19日
タイトル評価ランキング
81
KENGOHAZARD2 (PC)
76
Days Gone (PS4)
76
鬼ノ哭ク邦 (PC)
74
2019年04月〜2019年10月