オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
Autodesk,3DCGや映像編集ソフトウェアなど9製品の最新バージョンを発表
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2011/03/02 12:16

ニュース

Autodesk,3DCGや映像編集ソフトウェアなど9製品の最新バージョンを発表

Autodesk 3ds Max Entertainment Creation Suite Standard 2012,Autodesk 3ds Max Entertainment Creation Suite Premium 2012,Autodesk Maya Entertainment Creation Suite Standard 2012,Autodesk Maya Entertainment Creation Suite Premium 2012,Autodesk Softimage Entertainment Creation Suite 2012,Autodesk 3ds Max 2012,Autodesk Maya 2012,Autodesk Softimage 2012,Autodesk MotionBuilder 2012,Autodesk Mudbox 2012,Autodesk Flame Premium 2012,Autodesk Smoke 2012 For Mac OS X,Autodesk Beast 2012,Autodesk HumanIK 2012,Autodesk Kynapse 2012
配信元 Autodesk 配信日 2011/03/02

<以下,メーカー発表文の内容をそのまま掲載しています>

オートデスク、デジタル エンターテインメント ソフトウェアの
最新バージョン 2012 を一斉発表
〜 パイプライン効率化、クリエイティブイノベーション、
相互運用性の向上を全ての製品で実現〜

オートデスク株式会社(本社:東京都中央区、社長:鬼澤盛夫)は、映画やテレビ、ゲーム、デザインなど、デジタルエンターテインメントの制作を支援する3DCGソフトウェア、映像編集ソフトウェア、ミドルウェア製品群を発表しました。今回発表された新製品は、複雑なシーンでもユーザの作業を支援する相互ワークフローや新しいクリエイティブツールを提供します。
米国オートデスク社でメディア&エンターテインメント事業部の上級副社長を務めるマーク・プティ(Marc Petit)は次のように述べています。「映画、ゲーム、テレビの視聴者からの、より洗練されたコンテンツへの要望へ応えようとするあまり、制作は複雑化し、予算上の問題を引き起こしています。競争力を維持するため、制作スタジオには生産性の向上とクリエイティビティの最大化が必須です。今回発表した製品群は、パフォーマンスを向上させるために最新のハードウェア技術を備え、鮮やかなグラフィックスをビューポートに表示させます。相互運用性の強化とパイプライン統合の簡素化が図られたことで、専門性の高いツールセットの持つメリットをユーザは享受できます。さらに、オートデスクはバーチャル映画やステレオスコピック3D(立体視)など、最新の制作トレンドに対応するための新しいクリエイティブツールを提供しています」

クリエイティブな機能と効率性が強化された
Autodesk Entertainment Creation Suite Premium 2012


最新のAutodesk Entertainment Creation Suite Premium 2012(オートデスク エンターテインメント クリエーション スイート プレミアム2012)は、アーティストや映画プロダクションに広範なクリエイティブ ツールセットを提供します。アーティストは慣れ親しんだAutodesk 3ds Max やAutodesk Mayaのワークフローを、スカルプトモデリング、ペイント、リアルタイムキャラクターアニメーション、エフェクトなどを可能にする直感的なツールによって拡張することができます。ワンステップ相互運用性と、より一貫したユーザインターフェイスを備えるAutodesk Entertainment Creation Suite Premium 2012は、アーティストの潜在的な創造性を引き出すと同時に、バラエティに富んだ製品の利用を促進することで専門性の高いツールセットに対する敷居を下げ、生産性の最大化に貢献します。

・Autodesk 3ds Max Entertainment Creation Suite Premium 2012の製品組み合わせ内容
3ds Max 2012、Softimage 2012、MotionBuilder 2012、Mudbox 2012

・Autodesk Maya Entertainment Creation Suite Premium 2012の製品組み合わせ内容
Maya 2012、Softimage 2012、MotionBuilder 2012、Mudbox 2012

今回発表された各製品の特長は以下の通りです。

●Autodesk 3ds Max 2012(オートデスク スリーディーエスマックス 2012)
新たな高速グラフィクスコア、mRigid リジッドボディ ダイナミクス シミュレーションをビューポート内に搭載し、新しく統合されたmental images社のirayレンダリング テクノロジーを利用すれば、リアルなイメージをこれまで以上に簡単に作成できます。またモデリングにおいても強力なUV編集機能とペイントでのスカルプティング機能を提供します。

●Autodesk Maya 2012(オートデスク マヤ 2012)
フルスクリーン エフェクトの描画を実現したビューポート2.0を大幅に強化し、ビューポート内でのアニメーション編集を可能にするモーショントレイル、および新しいダイナミックス機能が追加されました。

●Autodesk Softimage 2012(オートデスク ソフトイマージ 2012)
新たな ICEモデリング、ICEと統合されたSyflexクロスシミュレーション、立体視機能、そして最先端のエフェクトを実現する Lagoa Multigraphics(ラゴア マルチグラフィックス)を搭載しています。

●Autodesk MotionBuilder 2012(オートデスク モーションビルダー 2012):新たにビューポート内で表示できるステレオスコピック(立体視)表示、カメラリグを追加、HumanIK のインターフェイスとソルバの統一化がなされたほか、バーチャル ムービーメイキングの新しいツールを搭載しています。

●Autodesk Mudbox 2012(オートデスク マッドボックス 2012)
ペイント用ツールセットの強化、革新的なUVやトポロジに依存しないワークフロー、実用的なポージング用ツールにより、パフォーマンスを向上させ、大容量のデータセット処理を実現します。

●Autodesk Flame Premium 2012(オートデスク フレーム プレミアム2012)
3Dビジュアルエフェクト、エディトリアルフィニッシング、リアルタイムカラーグレーディング用クリエイティブフィニッシングソリューションのパッケージ製品で、Flame Premiumは最新の2012バージョンの「Autodesk Flame」(オートデスク フレーム)、「Autodesk Smoke Advanced」(オートデスク スモーク アドバンスト)、「Autodesk Lustre」(オートデスク ラスター)をひとつのパッケージにまとめることにより、ポストプロダクションによるクリエイティブサービスの拡張と多様化を、高い費用対効果のもとに実現します。

  • 実世界に限りなく近い3Dライティングエフェクトをコンポジットへ統合させるための革新的ツールを提供
  • ステレオスコピック3Dプロジェクトのフィニッシング用統合エフェクトツール、CGパイプラインでフィニッシングワークフローを強化
  • 従来の 2D 合成と同じ速度と相互性を保ちながらの 3D 合成を可能にするさまざまなツールを新規に追加

●Autodesk Smoke 2012 For Mac OS X(オートデスク スモーク 2012 フォー マック オーエス テン)
タイムラインをベースとしたプロフェッショナルフィニッシングのためのオールインワンクリエイティブ ソリューションをMac上で実現します。Smokeのツールセットはカラーコレクション、合成、3D ビジュアルエフェクト、ステレオスコピック 3D 機能を搭載するほか、Apple Final Cut Proとの効率的かつ補完的なワークフローを提供します。

  • 再設計された3Dライティングシステム
  • Flame FXは、ダメージ、変形、境界検出、ピクセル拡張など、フィニッシングタスクのための広範囲なクリエイティブおよびテクニカルツールセットを搭載

共通ランタイムの課題を解決するオートデスクゲームミドルウェア
オートデスクのゲーム向けミドルウェア技術はランタイムの問題解決に役立ちます。その結果、プログラマは開発の中で重要な分野に集中する事が可能です。今回発表された各ミドルウェア製品の特長は以下の通りです。

●Autodesk Beast 2012(オートデスク ビースト 2012)
強化されたアプリケーションプログラミングインターフェイス(API)により、開発者はインタラクティブ・ライティングプレビューツールであるeRnsTをゲームのレベルエディタに統合できます

●Autodesk HumanIK 2012(オートデスク ヒューマン アイケー 2012)
ソニー・コンピュータエンタテインメントの次世代ポータブルエンターテインメントシステム(コードネーム:NGP)、Apple iOSモバイルプラットフォームに対応し、より現実的なキャラクターアニメーションを最新のモバイルゲーム端末で実現します

●Autodesk Kynapse 2012(オートデスク キナプス 2012)
ランタイム性能を中心に改善が図られ、拡張機能を容易に活用することができます

今回発表された2012バージョンの製品の詳細は下記のウェブサイトより確認できます。
http://www.autodesk.co.jp/me2012

【各スタンドアロンライセンス製品の価格(税込)および出荷開始日】

画像(001)Autodesk,3DCGや映像編集ソフトウェアなど9製品の最新バージョンを発表
※Autodesk Beast 2012、Autodesk HumanIK 2012、Autodesk Kynapse 2012ミドルウェアの発売開始は2011年4月中の予定で、価格は未定です
  • 関連タイトル:

    Autodesk

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:12月12日〜12月13日