オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
いよいよ本格始動。「King's Bounty」後継作の公式サイトがオープン
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2008/03/07 15:15

ニュース

いよいよ本格始動。「King's Bounty」後継作の公式サイトがオープン

画像(001)いよいよ本格始動。「King's Bounty」後継作の公式サイトがオープン
 ロシアの1Cが手掛ける「King's Bounty: The Legend」公式サイトがオープンした。ゲームに関する詳しい情報はもちろん,スクリーンショットやアートワーク,壁紙などが公開されており,今後はムービーなども拡充されていく予定だ。

 King's Bounty: The Legendは,タクティカルなターンベース制の戦闘シーンと,レベルアップやNPCとの会話といったロールプレイング要素を盛り込んだストラテジーゲームである。ベテランゲーマーであれば,1995年に「Might & Magic」の外伝として発売された「Heroes of Might & Magic」のようなゲームを想像するかもしれない。それもそのはず,本作は1990年にDOS,1991年にはアメリカ版メガドライブ(GENESIS)向けにリリースされ,名作中の名作といわれた「King's Bounty」の後継作なのである。
 King's Bountyを開発したNew World Computingは,すでに存在しないが,1Cがその権利を獲得し,その有名ブランドの復活を決めたというわけだ。ちなみに,本作の開発元はKatauri Entertainment。ウラジオストックをベースに活動する,20人ほどの新鋭チームだ。

 King's Bounty: The Legendのシステムは,NPCからクエストを受けてマップを移動し,モンスターと接触するとターン制のストラテジーモードに切り替わるというもので,オリジナル版と基本的には同じだ。だが,スキルは30種類,魔法は70種類以上,プレイヤーのユニットとして使えるモンスターは60種類も用意されている。さまざまな組み合わせのパーティを組めるように,大幅にボリュームアップされているのだ。

 発売は2008年内が予定されており,北米はAtari,ヨーロッパ西部圏はNobilis,東部圏は1Cが流通を手掛ける。日本語版の発売予定はいまのところないが,ロシア語,英語,フランス語,そしてドイツ語版が発売される予定だ。

画像(002)いよいよ本格始動。「King's Bounty」後継作の公式サイトがオープン 画像(003)いよいよ本格始動。「King's Bounty」後継作の公式サイトがオープン
  • 関連タイトル:

    キングズ バウンティ ザ レジェンド 日本語版

  • この記事のURL:
AD(最終更新日:2016/05/04)
キングズ バウンティ ザ レジェンド 日本語M付英語版
Software
発売日:2009-01-30
価格:629円(Amazon) / 1560円(Yahoo)
amazonで買う
Yahoo!で買う
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:09月16日〜09月17日
タイトル評価ランキング
81
KENGOHAZARD2 (PC)
76
Days Gone (PS4)
76
鬼ノ哭ク邦 (PC)
74
2019年03月〜2019年09月