オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
クリオスタシス 日本語版公式サイトへ
レビューを書く
海外での評価
69
Powered by metacritic
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
凍てついた砕氷船に果たして何が起きたのか? ズー,東欧生まれのホラーFPS「クリオスタシス 日本語版」を10月30日にリリース
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2009/09/11 13:08

ニュース

凍てついた砕氷船に果たして何が起きたのか? ズー,東欧生まれのホラーFPS「クリオスタシス 日本語版」を10月30日にリリース


 北極海に閉じ込められ,見捨てられた原子力砕氷船「ノースウインド号」。北極観測隊の気象学者,アレキサンダー・ネステロフはふとした偶然からこのノースウインド号に閉じ込められ,必死の脱出を図ることになる。激しい雪嵐が吹き荒れる中,ネステロフは船内にうごめく数々の怪異を目撃する。 いったいこの船の中で何が起きているのか? 果たして彼は無事に凍てついたノースウインド号から逃げられるのか?
 ……というのが,ウクライナ生まれのホラーFPS「Cryostasis: Sleep of Reason」の大雑把すぎるストーリーだが,そんなCryostatisが「クリオスタシス 日本語版」となって,10月30日にズーから発売されることになった。対応機種はPCのみで,価格は8190円(税込)が予定されている。

クリオスタシス 日本語版

 ゲームの内容については,6月29日に掲載した連載記事に詳しいが,クリオスタシスは撃ちまくりより謎解きがメインとなるFPSだ。船内で死んだ人間の「残留思念」にアクセスできる特殊能力「メンタルエコー」を持ったネステロフは,それを使ってノースウインド号の秘密を解いていくだけでなく,感じ取った思念をその当人として追体験し,起きた出来事を変えられる能力まで持っている。このメンタルエコーを使って状況を打破していくというわけだ。

 物語の舞台は北極。プレイヤーはまた,体温の管理にも気をつけなくてはならない。船内には寒いエリアと暖かいエリアがあり,寒いところに長時間いると,たちまち凍死してしまうから大変。常に自分がどのエリアにいるかに気をつかい,凍死しそうになったら暖かいエリアに移動するか,船内のスイッチを切り替えて暖を取らなければならないのだ。
 こうした「寒さ」を表現するグラフィックスも秀逸。NVIDIAの協力により開発されたゲームエンジンは,氷や霜,口から吐く白い息などを見事に再現しており,さらにNVIDIA PhysXを使った物理演算により,氷から流れる水や,撃った相手から飛び散った血が一瞬で凍り付くといったシーンもかなりリアルになっている。

 旧ソ連製の武器や個性的なクリーチャーなど,デザインもまた独特で,欧米のタイトルにはない雰囲気を持っている。何か風合いの異なるFPSをプレイしたいという人は期待していいタイトルだろう。詳しくは,公式サイトや下のリリースをチェックしよう。

クリオスタシス 日本語版

「クリオスタシス 日本語版」公式サイト

「クリオスタシス 日本語版」4Gamer内記事一覧

クリオスタシス 日本語版 クリオスタシス 日本語版
クリオスタシス 日本語版 クリオスタシス 日本語版
クリオスタシス 日本語版 クリオスタシス 日本語版
クリオスタシス 日本語版 クリオスタシス 日本語版
クリオスタシス 日本語版 クリオスタシス 日本語版

■ストーリー
1981年- 北極。そこは極寒の氷の世界。
北極観測隊としてその地を訪れていた気象学者「アレキサンダー ネステロフ」。
荒れる吹雪の日。彼は偶然にも難破した原子力砕氷船「ノースウィンド号」を発見する。荒れたその船体からひと目で、永久凍土に長年漂っていたことが感じ取れた。

悪天候の中、静かに、そして孤独にそびえる巨大砕氷船。

絶望感と恐怖心、そしてわずかな好奇心がアレキサンダーの足を船内へと向かわせた…。

未だ体験したことのない凍てつく恐怖が迫るとも知らずに…。

■謎を解く鍵は「メンタルエコー」!
プレイヤーである気象学者アレキサンダーには、他にはない特殊能力がある。人は常に何かを思い、常に何かを感じている。それは終わりを迎えた人間でも例外ではない。そんな「残留思念」を感じ取れる能力「メンタルエコー」。感じ取れるだけではなく、感じ取った思念を追体験することもできる。メインストーリーを進みながら、過去の思念を追体験し、船内という限られた空間の中に散りばめられた「謎」を解き明かしていきます。

■画期的な寒暖感知システム「サーモダイナミクス」!
本作の舞台は永久凍土が眠る極寒の地、北極。船内には常に氷柱がぶら下がる「寒エリア」と心身共に暖めてくれる「暖エリア」が存在する。「寒エリア」に長時間滞在することは凍死を意味する。その場合はすぐに「暖エリア」を探し、自らを暖めることで体力を回復できる。また、随所設置されているスイッチにより、このエリアを切り替えられる。プレイヤーが現在、どちらのエリアにいるのか、また自分自身の体力はどういう状態なのかをひと目で判断できる「サーモダイナミクスシステム」が搭載されている。これにより、危機的状況を判断し、回避することが可能となる。また、船内の謎を解くための補助としても役立つ。

■冷気表現に卓越したゲームエンジン!
本作では、半透明の中で多少ゆがんだ背景を映し出す氷、氷柱、霜、口から吐く冷気など実に見事に、そしてきれいな表現がされている。また、銃弾により飛び散る血液が瞬時に凍結し飛び散る様などは、物理演算プログラム「PhysX by NVIDIA」により、リアルに表現されている。

■独特なデザインの武器とクリーチャー!
ソ連時代のライフルや機関銃はもちろん、バルブを握って殴る、両手持ちとなる斧、火気に弱い敵に友好的な照明弾などが登場します。最も独特な武器として、「寒エリア」にある氷柱を入手することで、これを弾薬とし水分を放出するというものも登場する。また、登場するクリーチャー達はどれも独特な容姿をしており、ひと癖もふた癖もある者ばかり。恐怖感を一層あおります。

●クリオスタシス 日本語版
原題:Cryostasis
言語:日本語版
発売日:2009年10月30日
ROM:DVD-ROM 1枚
定価:8,190円(税込) (本体価格:7,800円)
発売元:株式会社ズー
販売元:株式会社ラッセル
公式:http://cryostasis.zoo.co.jp/
  • 関連タイトル:

    クリオスタシス 日本語版

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:06月25日〜06月26日