オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
パッケージ
ブレイドアンドソウル公式サイトへ
読者の評価
64
投稿数:108
レビューを投稿する
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
キム・ヒョンテ氏の描くキャラの魅力と,ゲームの完成度の高さに脱帽。韓国版「Blade&Soul」第2次CBTの最新スクリーンショットを掲載
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2011/09/06 17:03

プレイレポート

キム・ヒョンテ氏の描くキャラの魅力と,ゲームの完成度の高さに脱帽。韓国版「Blade&Soul」第2次CBTの最新スクリーンショットを掲載

ブレイドアンドソウル
 韓国NCsoftは,新作MMORPG「Blade&Soul」の第2次クローズドβテストを実施中だ。8月下旬に韓国でスタートしたこのCBTは,9月10日まで行われる予定となっている。今回4Gamerは,NCsoftのご厚意により本CBTに参加することができたので,スクリーンショットを交えつつ,本作の魅力を紹介していこうと思う。

 Blade&Soulは,「リネージュ2」でプロデューサーを務めたJames Bae氏と,日本でも人気の高いイラストレーターのHyungTae Kim(キム・ヒョンテ)氏が開発に関わる大作MMORPGだ。いうまでもなく,NCsoftにとっての次期主力タイトルを期待されている作品である。「リネージュ」シリーズや「The Tower of AION」でトップシェアを築いてきたNCsoftにとっての“次期主力タイトル”なのだから,リリースされれば,少なくともアジア全域におけるオンラインゲーム市場で,絶大な注目を集めることは間違いない。

■関連記事:
G-Star2010「Blade&Soul」プレイレポート
「Blade&Soul」基本操作解説ムービー
「Blade&Soul」CBT1プロモムービー

「Blade&Soul」公式サイト


ブレイドアンドソウル
ブレイドアンドソウル ブレイドアンドソウル
ブレイドアンドソウル ブレイドアンドソウル
ブレイドアンドソウル

ブレイドアンドソウル
ブレイドアンドソウル
 そんなBlade&Soulの魅力は,いったいどこにあるのか。これまで何度か本作に接してみて,筆者が強く感じているのは,キム・ヒョンテ氏のイラストを“忠実”に再現した3Dグラフィックスと,アクションRPGとしてのスマートな操作感の2点だ。

 3Dグラフィックスのクオリティに関しては,本稿に掲載しているスクリーンショットを見てもらえば一目瞭然だろう。本作のキャラクターは360度どの角度から見ても,キム・ヒョンテ氏のイラストそのものであり,とにかく純粋に格好いい。これらのキャラクターを眺めているだけでも十分に楽しめるはずだ。

ブレイドアンドソウル ブレイドアンドソウル

 Blade&Soulの世界観が一般的なファンタジーではなく,“武侠”ベースというあたりも注目点だ。武侠というと,日本人ゲーマーにとっては好き嫌いの分かれるジャンルの筆頭格で,ちょっと前までは武侠ベースのオンラインゲームが数多くローカライズされていたものの,いずれも日本では苦戦を強いられていた。
 ところがキム・ヒョンテ氏の手にかかると,武侠がとんでもなく魅力的な世界観に見えるから不思議だ。本稿に掲載しているスクリーンショットを見て,「うーん武侠じゃ興味ないわ……」と思う人など,ほとんどいないのではないだろうか。

ブレイドアンドソウル

ブレイドアンドソウル
 武侠的な要素は,キャラクターのアクションにもしっかりと反映されている。全体的に静と動のメリハリが利いており,今回のCBTでも,猛ダッシュの直後に超スローモーションで“滑空”を行ったり,ダッシュで水面を駆け抜けたりと,武侠アクションが簡単に楽しめるようになっている。眺めるだけでも楽しいキム・ヒョンテ氏デザインのキャラクターだが,実際に動かしてみると非常に気持ちが良い。武侠ならではの超絶アクションによって味わえるプレイ体験は,従来のMMORPGでは得られなかったものだ。

 派手なアクションが楽しめるBlade&Soulだが,操作方法は至って簡単。バトル時に使用するボタンの数はかなり少なめだ。だからといって「単純」というわけではなく,自分や相手が置かれた状況に応じて,各ボタンの役割が目まぐるしく変わる。相手の攻撃に合わせてガードし,それによって生じた隙をすかさず突く,といった戦い方も可能で,そのプレイ感覚は「格闘ゲームのアクション要素をMMORPGに落とし込んだらこうなった」というところか。

ブレイドアンドソウル
ブレイドアンドソウル ブレイドアンドソウル

ブレイドアンドソウル
 ちなみに,Blade&Soulの操作システムはマウスに依存しておらず,ゲームパッドへの対応もそう難しくないと思われる。ゲームパッドへの対応は,とくに日本ではプレイヤー層の拡大に欠かせない要素だし,ゲーム専用機への移植を考慮するなら最低条件といえるかもしれない部分である。果たしてBlade&Soulは,コンシューマゲーム機へ移植されるのか。その場合,どのプラットフォームで展開されることになるのか。まだCBTが行われている状況ではあるが,そんなことを考えてしまうほど,本作の完成度は高かった。

ブレイドアンドソウル ブレイドアンドソウル
ブレイドアンドソウル ブレイドアンドソウル
ブレイドアンドソウル ブレイドアンドソウル
ブレイドアンドソウル ブレイドアンドソウル

ブレイドアンドソウル
 個人的に,Blade&SoulをプレイしたのはG★2010以来なのだが,当時のバージョンと比べて,ベースシステム自体は大きく変わっていないようだ。マイキャラはとある道場の唯一の生き残りとして,“帰天剣”を奪った3人衆への復讐の旅に赴く,というメインストーリーも同じである。
 ベースシステムは変わっていないものの,競売やチャンネルなどの環境が着実に整備されており,またUIのブラッシュアップもかなりの部分で行われている。一言でいうと完成度がかなり高く,もしかすると正式サービスの開始時期は,案外近いタイミングで発表されるかもしれない。

ブレイドアンドソウル ブレイドアンドソウル
ブレイドアンドソウル ブレイドアンドソウル
ブレイドアンドソウル ブレイドアンドソウル

 筆者は現在,剣士と暗殺者のキャラクターを並行してプレイ中だ。本稿では,その様子をたっぷりのスクリーンショットで紹介しているので,それぞれの画像を拡大表示しつつ,じっくりとチェックしてほしい。次回の記事では,Blade&Soulのプレイフィールについて詳しく紹介したいと思う。そちらもお楽しみに。

ブレイドアンドソウル
乾族(GEON)女性気功士
ブレイドアンドソウル
乾族(GEON)女性剣士

ブレイドアンドソウル
燐族(LYN)女性気功士
ブレイドアンドソウル
燐族(LYN)男性気功士

ブレイドアンドソウル
坤族(GON)女性拳士
ブレイドアンドソウル
坤族(GON)女性力士
ブレイドアンドソウル
坤族(GON)男性拳士
ブレイドアンドソウル
坤族(GON)男性力士

ブレイドアンドソウル
盡族(JIN)女性暗殺者
ブレイドアンドソウル
盡族(JIN)女性剣士
ブレイドアンドソウル
盡族(JIN)女性拳士
ブレイドアンドソウル
盡族(JIN)男性暗殺者
ブレイドアンドソウル
盡族(JIN)男性剣士
ブレイドアンドソウル
盡族(JIN)男性拳士
  • 関連タイトル:

    ブレイドアンドソウル

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:07月17日〜07月18日