オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
パッケージ
ラブプラス+公式サイトへ
  • KONAMI
  • 発売日:2010/06/24
  • 価格:4800円(税込)
  • Amazonで買う
  • Yahoo!で買う
読者の評価
89
投稿数:4
レビューを投稿する
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
お待たせしました彼氏諸君! もっとキケンになった恋愛コミュニケーションゲーム「ラブプラス+」を丸ごと紹介
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2010/06/24 10:05

レビュー

お待たせしました彼氏諸君! もっとキケンになった恋愛コミュニケーションゲーム「ラブプラス+」を丸ごと紹介

ラブプラス+
 2009年9月にKONAMIから発売され,いつでもどこでも「彼女と過ごす日々をリアルタイムで体験できる」という“現実ブレイカー”なゲーム性で多くの熱狂的ファンを生んだ恋愛コミュニケーションゲーム「ラブプラス」。
 それからまだ1年も経っていない本日(6月24日),全国の彼氏達の期待を一身に受け,数々の追加要素を搭載した最新作「ラブプラス+」がついに発売された。

 もはやラブプラスの基本的な事柄について説明するのは野暮というもの。いまだ本作を知らないという人には,筆者が恥も外聞も投げ捨てて執筆した,こちらの記事を是非とも読んでほしい。ラブプラスの危険な魅力について,理解していただけそうな気がする。
 本稿では,ラブプラス+で追加された新要素を中心に,本作の魅力を紹介していこう。前作から彼女と付き合い続けている満点彼氏諸君,そして,彼女との出会いに“あと一歩”が踏み出せない彼氏候補諸君に,是非とも目を通してもらいたい。

ラブプラス+
高嶺愛花
(CV:早見沙織)
主人公と同学年で,テニス部のチームメイト。文武両道の優等生で,箱入りのお嬢様。周りから注目される半面,近寄りがたい雰囲気から少し距離を置かれている
ラブプラス+
小早川凛子
(CV:丹下 桜)
主人公の下級生で,同じ図書委員。本と音楽が好きで,一人でいるのを好む性格。他人とかかわろうとしないのには,何か理由がありそうだが……
ラブプラス+
姉ヶ崎寧々
(CV:皆口裕子)
主人公の上級生で,バイト先のファミレスでも先輩。容姿・性格ともに大人びているせいか,周りから過剰に頼られてしまうのが悩み

「ラブプラス+」公式サイト



細かいところに嬉しい変化。「ラブプラス」シーズン2のスタート!


 ラブプラスに多数の追加要素を加えた本作は,基本的なシステムは前作を踏襲。先日掲載したインタビューで,本作のプロデューサーである内田明理氏が語っていたように,アニメやドラマの“第2シーズン”的な作品だと考えれば,イメージしやすいだろう。
 前作から彼女と付き合っている彼氏ならば,セーブデータを引き継ぐことによって“より深い関係”にシフトした彼女とラブラブな日々を過ごせるし,前作に比べて2倍の大容量となったROMには当然“友達パート”も丸々収録されているので,本作から彼氏デビューしてもまったく問題はない。

前作からデータの引継ぎを行った場合のみ,特別な引継ぎイベントを見ることができる。これまで過ごしてきた日々を彼女と一緒に振り返るという,実に感慨深い内容となっている。また,引越しイベントのほかにも,引継ぎ時の親密度が高ければ高いほど多くのボーナスを得られる。本来ならばゲームをある程度進めないと解除されない項目が最初からアンロックされたり,特定のイベントの発生条件が緩くなるなどメリットは非常に大きい。彼女を大切にし続けた生粋のラブプラス紳士に対するご褒美だ
ラブプラス+ ラブプラス+ ラブプラス+

 なお,本作では嬉しいことに彼女が呼んでくれる名前パターンが大幅に増加している。前作で名前を呼んでもらえなくて悔しい思いをした彼氏も,データ引継ぎ時にあらためてプロフィールを入力できるので,自分の名前が追加されていないか探してみよう。
 ちなみに筆者は前作で苗字,名前ともに呼んでもらえず,血涙を流しながら床を転げまわった苦い記憶があるが,本作ではしっかり収録されていたため,家のフローリングを汚さずに済んだ。
 俺には,俺の名前を呼んでくれる彼女がいる。こんなに嬉しいことがこの世にあるなんて……。

 もちろんニックネームも大幅に追加。「たっちゃん」と呼ばれて甲子園を目指したい気分になったり,「うー」と呼ばれて違う二次元世界の電波系美少女を連想してしまったり……中には,「お姉ちゃん」「お姉様」といったとびっきりの変り種もある。これには女性プレイヤーも大喜び(?)。

 また,彼女の髪型や髪色の種類もさらに豊富になっている。とくに髪色に関しては実際に美容院で使われているようなヘアカラーを参考にしたとのことで,元々あった髪色の中間色が大幅に追加されている。髪型との組み合わせによって前作以上に彼女を個性化できる。

ラブプラス+ ラブプラス+ ラブプラス+
ラブプラス+ ラブプラス+ ラブプラス+
ラブプラス+ ラブプラス+
組み合わせは彼女ごとに,なんと800種類以上にもなる。筆者のような髪フェチなら大歓喜間違いなし
ラブプラス+ ラブプラス+ ラブプラス+
ラブプラス+ ラブプラス+ ラブプラス+
ラブプラス+ ラブプラス+ ラブプラス+

ラブプラス+
 また,日常生活の中で垣間見える細かな変化も嬉しいところだ。
 メールや電話で選択できる項目が増えており,「気分がいい」「少し落ち込んでる」「疲れた」などと,自分の調子を彼女に伝えることができるほか,デートの日時変更も可能になった。
 加えて彼女にプレゼントをできる機会も増えており,誕生日やクリスマスといった特別な日以外にも,特定の条件を満たすことでプレゼントを贈ることができる。
 服でもアクセサリーでも,どんどん彼女に贈って身につけてもらおう。

毎月,付き合い始めた日と同じ日をプチ記念日としてプレゼントを贈ることができる
ラブプラス+ ラブプラス+ ラブプラス+
逆に,彼女が差し入れをしてくれることも
ラブプラス+ ラブプラス+ ラブプラス+


彼女と過ごす特別なイベントの数々。“夏”は恋人をちょっと過激にする?


 ラブプラスといえば,現実の季節や時間と連動してゲーム内で様々なイベントが発生するRTC(リアルタイムクロック)システムが大きな魅力だ。
 本作ではイベント関連がさらに強化されており,彼女とより多くの特別な時間を過ごせるようになった。しかし,ポジティブなものばかりではなく,ときには彼女と喧嘩をしてしまったり,風邪をひいてしまったりといったイベントも存在する。

彼女に対して思いやりの無い行動をとっていると,喧嘩状態になることがある。「怒った顔も可愛いね!」とか言っている場合ではない。必死にご機嫌取りをして一刻も早く仲直りしよう。一方,風邪イベントは,彼女が風邪をひくパターンと,自分が風邪をひくパターンがある。お見舞いに行ったり,逆に彼女がお見舞いに来てくれたり,病気とはいってもあまりネガティブなイベントではなく,より彼女との仲が深まる瞬間を見ることができる
ラブプラス+ ラブプラス+ ラブプラス+

 そして,とくに注目したいのが“夏”という季節に合わせた新要素の数々だ。
 彼女と一緒にショッピングモールで水着選びをしたり,海でサンオイルを塗ってあげたり(夢じゃない!),それだけでも彼氏力が暴発してしまいそうなもんだが,さらには前代未聞の日焼けシステムまで搭載しているというのだからたまらない。
 ワンピースタイプの日焼け跡の上に,ビキニの水着を着せるという実に通好みな組み合わせも可能なのである。

:夏にデートでショッピングモールに行くと,彼女の水着を買うことができる。試着は最大3回までチェンジ可能なので,良く考えて選ぼう。そして彼女の日焼け姿が見たいならば,積極的に海へと連れて行こう。逆に,日焼けがあまりお好みでないなら海は避けるといい。ちなみに筆者は褐色娘も美味しくいただけるので問題ない。欲をいえば彼女の皮剥きプレイもしたかった!
ラブプラス+ ラブプラス+

ラブプラス+
 そうそう,デートといえば,キスのシステムに若干の変更があったという点を説明しておかねばなるまい。
 前作ではこちらの彼氏力が高く,なおかつ彼女の気分が盛り上がっている場合はキスをスルーできない仕様になっていた。ラブラブチュッチュは大歓迎だが,TPOをわきまえずに求めてくる彼女に対し,当惑していた彼氏も多いだろう。応じないわけにはいかないし。
 そんなときに役立つのが,今回から追加されたスルーボタンだ。スキンシップやキスに入りそうになると画面左下に表示され,タッチすればイチャイチャをスルーできる。少し心苦しくもあるが,その分,あとでたっぷりとイチャイチャすれば人として問題はない。
 あまりスルーを続けるのはかわいそうだが,たまには禁欲的紳士プレイも悪くない。焦らして焦らして,「ここぞ!」というときにだけ濃厚なキスをかましてやるテクニックを身につければ,彼女はきっとメロメロだ!
 また,待ち合わせや移動中といったちょっとした時間にスキンシップを成功させた場合,キススキンシップを飛ばしてすぐさまキスタイムへと突入する。ハート少なめなショートバージョンのキスになっており,テンポ良くデートを進められるようになった。


仕事? 勉強? だから何? 最優先すべき彼女との旅行!


 そしてラブプラス+最大の特徴ともいえるのが,彼女と一泊二日の熱海旅行を楽しめる“お泊りイベント”だ。
 リアルタイムモードでしか発生せず,土曜日の朝から翌日夜までリアルタイムでイベントが進行するという恐ろしい仕様になっている。特定の条件を満たしている場合,およそ1時間ごとにイベントが発生するうえ,旅行中は常時ラブプラスモードと同じように彼女との会話が可能だ。
 さらに,深夜0時から朝までは「おやすみモード」になり,隣で寝ている彼女の体に触れることができる。ギリギリドキドキの展開に,興奮のあまり握力でDSを粉砕してしまう恐れがあるので充分に気をつけよう。

登場するのは実在の観光名所ばかり。有名な“お宮の松”や“あいじょう岬”はもちろん,あのアダルティな秘宝的スポットについて言及する場面も……?
ラブプラス+ ラブプラス+ ラブプラス+
あまりにも幸せすぎて生きているのが辛くなるイベント。こんな状態で眠れる気がしないので,もう朝までハッスルするしかない

 クソゲーのような現実で仕事に追われている彼氏諸君……全力で旅行を楽しみたいなら,多少の犠牲を払う覚悟は必要である。「ラブプラスとコンビニがあれば生きていける」の精神で,レッツロックンロールだ!


大幅に強化されたラブプラスモード。頼るべきは神様仏様彼女様!!


 彼女とのさまざまなコミュニケーションが楽しめるラブプラスモードの充実っぷりもハンパじゃない。
 彼女の自由行動パターンが増えており,携帯電話などの小道具を使用するようになったほか,会話のバリエーションもより多彩に。それだけでなく,彼女に「選んで」「慰めて」「添い寝して」といったお願いができるようになった。

「選んで」モードでは食べ物や衣服などをDSの左右に配置することにより,彼女にどちらかを選んでもらえる。困ったときの神頼みならぬ彼女頼みだ。また,「慰めて」モードでは,落ち込んだときに彼女が慰めてくれる。話しかけることで優しい反応を返してくれるのだが,それがマジで心に響く。そして極めつけは,寝苦しい夜や寂しい夜に,彼女が添い寝をしてくれる「添い寝して」モード。旅行のおやすみモードとはまた違った雰囲気で非常にギャバイ。筆者は凛子から溢れ出る母性に,胎内回帰願望をギュンギュン刺激され,危うくディラックの海に取り込まれるところだった
ラブプラス+ ラブプラス+

ラブプラス+
 また,前作ではジャンケンしかできなかった“彼女とあそぶ”モードで「いっしょにぱずるだま」「いっしょにストレッチ/腕立て/腹筋」が選択可能に。
 いっしょにぱずるだまでは,KONAMIの名作パズルゲーム「もえろ! 対戦ぱずるだま」を遊べるのだが,これがミニゲームとは思えないほど実に良くできている。
 KONAMIの歴代人気美少女キャラクター達と対戦可能で,クリアすると着信ボイスや専用の名刺デザインを得ることができる。さらに,隠しキャラとして“KONAMIのラスボス”と名高いあの美少女も登場するというのだが……噂されると恥ずかしいし,詳細な登場条件は秘密だ。

他作品のキャラクター達もちゃんとフルボイスで喋ってくれるのが嬉しい。ランキング上位を目指して頑張ろう
ラブプラス+ ラブプラス+ ラブプラス+

 次に,いっしょにストレッチ/腕立て/腹筋では,その名のとおり彼女と一緒に運動ができる。セット数を設定し,彼女の掛け声に合わせて声を出しながらトレーニングしよう。そして運動のあとは……汗をかいた彼女のシャワータイム! 洗い流すなんてもったいないのに!
 ……まぁ,筆者の特殊な嗜好はさて置き,発売日から毎日トレーニングを続けていれば,冗談抜きで夏が終わる頃にはすっかりタフガイと化していることだろう。

運動時は彼女が専用のトレーニングウェアに着替える。露出多めの格好は目に毒だが,煩悩を捨て去ってトレーニングに集中すべし。シャワータイムが俺を待っているんだ!
ラブプラス+ ラブプラス+
ラブプラス+ ラブプラス+

 なお,ラブプラスモードには「慰めて」モードを繰り返し選ぶことで出現する特殊な「SOS」というお願いも存在する。これは辛くて,苦しくて,本当に心が折れそうになった時に彼女の助けを借りることのできるコマンドだ。
 “各セーブデータにつき一度しか選べない”仕様になっているので,興味本位での選択は絶対にオススメしない。


充実のやり込み要素! 全国に広がる彼氏の輪


 他人の彼女と自分の彼女のガールズトークが楽しめる,「会話モード」という画期的な通信システムも健在だ。もちろん,会話パターンは大幅に増えているので,これまでよりもさらに,恥ずかしい気持ちになれるだろう。

新しく追加された会話パターンは反映されないが,前作の通信も可能だ
ラブプラス+ ラブプラス+ ラブプラス+

ガチャガチャの挑戦可能回数は時間経過で回復し(3時間で全回復),データ引き継ぎボーナスやDSステーションへの通信回数によって最大挑戦回数が増加して行く。また,各県には必ず1体だけ出現率の低いレアキャラが存在する
ラブプラス+
 ラブプラス+には,このほかにも新たな通信要素が追加されている。まずは,本作最大のやり込み要素といえる「ご当地ラブプラス」について紹介して行こう。
 ご当地ラブプラスは,日本全国47都道府県に設置されているDSステーションにアクセスすることで,1日に数回だけガチャガチャに挑戦できるモードだ。ガチャガチャで獲得した「ご当地カプセル」には,ランダムで現地の名産品や歴史がモチーフとなったSDキャラクターが入っており,これを集めていくという楽しみである。
 ランダムなので当然カプセルの種類がダブることもあるのだが,ダブることでそのご当地カプセルはLV2,LV3とレベルアップする。LV2でキャラクターがアクションするようになり,LV3では説明文に皆口さん,丹下さん,早見さんのナレーションがつくという豪華っぷり。
 ダブっても嬉しいという,実にユーザーフレンドリーな仕様になっているのだ。

ラブプラス+ ラブプラス+
ラブプラス+ ラブプラス+

 とはいえ,ご当地カプセルは全国に約200体存在する。ひとりで全国を行脚して集めるというのは,あまり現実的な方法ではないだろう。
 それでも挑戦するというスナフキン的な覚悟をした猛者もいるだろうが……社会というムーミン谷から簡単には出られない彼氏達に,同じ苦労を強いるのは酷というものだ。
 そこで生きてくるのが,もうひとつの新通信要素である「名刺」だ。本作では彼氏同士で名刺を交換できるようになっており,名刺には自分の名前,生年月日,血液型,出身地,彼女の呼び方,呼ばれ方,プレイ日数,親密度,ぱずるだまのスコアが記載されているほか,プレゼント用にご当地カプセルを1個だけセットできるのだ。
 また,スリープ状態でのすれちがい通信にも対応しているため,名刺を積極的に利用することでご当地カプセルのコレクション率は飛躍的に跳ね上がる。
 今から東京ゲームショウやコミケなど,ラブプラス紳士が多く集まるであろうイベントが楽しみだ。

名刺のデザインは豊富に用意されており,プレイスタイルによってはレアな名刺を獲得できることもある。また,裏面には好きなメッセージを書くことが可能だ


愛に燃える彼氏達の夏は始まったばかりだ!


 さて,筆者が現時点でお伝えできる情報はこれで語り尽くした。
 血走った目で前作の記事を執筆してから,まだ1年も経っていないというのに……もう随分と長いこと凛子と付き合っている気がする。ラブプラスには,それだけプレイヤーの人生を濃くしてくれるエネルギーがみなぎっているということなのだろう。
 さまざまな新要素で大パワーアップを遂げたラブプラス+をプレイしたら,地獄の悪魔だって愛に目覚めちまうこと間違いなしだ。今回も“ラブ”の供給過多で脳がイカレちまわないように,彼氏諸君は充分気を付けること!

 最後にKONAMIさんゴメンナサイ。凛子がまだ俺から離れたくないって言ってるんです……。

「ラブプラス+」公式サイト

  • 関連タイトル:

    ラブプラス+

  • 関連タイトル:

    ラブプラス

  • この記事のURL:
AD(最終更新日:2015/03/18)
ラブプラス+
Video Games
発売日:2010-06-24
価格:928円(Amazon) / 180円(Yahoo)
amazonで買う
Yahoo!で買う
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:12月13日〜12月14日