オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
NTTドコモが2016年冬〜2017年春モデルスマートフォン7機種を発表
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2016/10/19 11:53

ニュース

NTTドコモが2016年冬〜2017年春モデルスマートフォン7機種を発表

Xperia
 2016年10月19日,NTTドコモは都内で報道関係者向けイベントを開催し,スマートフォン7機種などの2016年冬〜2017年春モデル新製品を発表した。Xperiaシリーズのフラッグシップモデルとなる「Xperia XZ SO-01J」や,NTTドコモ独自の端末「MONO MO-01J」といった製品が,以下のとおり,ラインナップされている。

  • Xperia XZ SO-01J(11月上旬発売予定)
  • Xperia X Compact SO-02J(11月上旬発売予定)
  • AQUOS EVER SH-02J(11月上旬発売予定)
  • MONO MO-01J(12月上旬発売予定)
  • arrows NX F-01J(12月上旬発売予定)
  • Disney Mobile on docomo DM-01J(2017年2月発売予定)
  • V20 PRO L-01J(2017年2月発売予定)

 余談だが,質疑応答でNTTドコモ代表取締役社長の吉澤和弘氏は,2016年冬モデル新商品として,Samsung Electronics製の「Galaxy Note 7」を投入する予定があったことを公表した。しかし,同製品で発火事故が相次いだうえ,メーカー側から販売中止の要請もあったため,製品投入を断念したそうだ。危険な事故が相次いだ以上,当然の結果ではあるが,大画面+ペン入力対応という独自の個性を備えるGalaxy Noteシリーズの国内発売を期待していた人にとっては,残念なことになってしまった。

 それでは気を取り直して,外観写真を中心に,各製品を簡単に紹介しよう。


Xperia XZ SO-01J


2017年3月以降には全国125都市の対象地域で,受信時最大500Mbpsという高速通信が可能になる
Xperia
 Xperia XZ SO-01Jは,Qualcomm製のハイエンドSoC(System-on-a-Chip)「Snapdragon 820」(MSM8996)を採用する性能重視の端末である。高速なデータ通信が可能なNTTドコモの通信サービス「PREMIUM 4G」に対応しており,2017年3月以降,対象地域ならば受信時最大通信速度500Mbpsという高速通信が可能となる。

Xperia XZ SO-01J
Xperia

 アウトカメラ部分に,高速なレーザーAFセンサーや正しい色で写真を撮影しやすくするRGBC-IRセンサーを搭載している点も特徴である。

本体カラーは左からMineral Black,Platinum,Forest Blue,Deep Pinkの4色展開(左)。アウトカメラの下には,RGBセンサーとレーザーAF,LEDライトを装備している(右)
Xperia Xperia

左右側面は丸みを帯びており,手に馴染みやすい形状だ(左)。おサイフケータイ用のアンテナは背面ではなく,前面左上にあるインカメラの周囲にある(右)。製品にはアンテナの位置を示すシールが貼られているが,アンテナの場所を覚えたなら,シールは剥がして構わないとのこと
Xperia Xperia

●Xperia XZ SO-01Jの主なスペック
  • メーカー:ソニーモバイルコミュニケーションズ
  • OS:Android 6.0(Marshmallow)
  • ディスプレイパネル:約5.2インチTFT液晶(トリルミナスディスプレイ for mobile),解像度1080×1920ドット
  • プロセッサ:Qualcomm製「Snapdragon 820」(MSM8996,4 CPUコア,動作クロック設定2.2GHz+1.6GHz)
  • メインメモリ容量:3GB
  • ストレージ:内蔵(容量32GB)+microSDXC(最大256GB)
  • アウトカメラ:有効画素数約2300万画素
  • インカメラ:有効画素数約1320万画素
  • バッテリー容量:2900mAh
  • 3G待受時間/LTE待受時間:約650時間/約590時間
  • 3G連続通話/LTE連続通話:約850分/約1350分
  • LTE通信周波数帯:2GHz,1.7GHz,1.5GHz,800MHz,700MHz
  • PREMIUM 4G対応:対応(受信時最大500Mbps,送信時最大50Mbps)
  • 無線LAN対応:IEEE 802.11ac
  • Bluetooth対応:4.2
  • 公称本体サイズ:約72(W)×約146(D)×約8.1(H)mm
  • 公称本体重量:約161g
  • 本体カラー:Forest Blue,Platinum,Mineral Black,Deep Pink
  • 主な対応サービス&機能:VoLTE,VoLTE(HD+),おサイフケータイ(NFC ※FeliCa搭載),防水(IPX5,8),防塵(IP6X),指紋認証,ワンセグ,フルセグ


Xperia X Compact SO-02J


 4.6インチサイズの液晶パネルを採用するXperiaシリーズのコンパクトモデル。手に馴染むサイズのボディが魅力の製品だ。
 Qualcomm製のミドルクラスSoCとしては上位に位置付けられる「Snapdragon 650」を採用しており,ハイエンド端末ほどの処理性能ではないだろうが,ゲームもそこそこ快適に動かせそうだ。

Xperia X Compact SO-02J。本体カラーは左からMist Blue,White,Universe Black,Soft Pinkの4色展開
Xperia
Xperia

65mmの横幅とラウンドフォルムの側面形状により,とても手に馴染む(左)。アウトカメラには,Xperia XZと同等のセンサー類を装備するなど,カメラ機能は充実している
Xperia Xperia

●Xperia X Compact SO-02Jの主なスペック
  • メーカー:ソニーモバイルコミュニケーションズ
  • OS:Android 6.0(Marshmallow)
  • ディスプレイパネル:約4.6インチTFT液晶(トリルミナスディスプレイ for mobile),解像度720×1280ドット
  • プロセッサ:Qualcomm製「Snapdragon 650」(MSM8956,6 CPUコア,動作クロック設定1.8GHz+1.4GHz)
  • メインメモリ容量:3GB
  • ストレージ:内蔵(容量32GB)+microSDXC(最大256GB)
  • アウトカメラ:有効画素数約2300万画素
  • インカメラ:有効画素数約510万画素
  • バッテリー容量:2700mAh
  • 3G待受時間/LTE待受時間:約600時間/約540時間
  • 3G連続通話/LTE連続通話:約730分/約850分
  • LTE通信周波数帯:2GHz,1.7GHz,1.5GHz,800MHz,700MHz
  • PREMIUM 4G対応:対応(受信時最大262.5Mbps,送信時最大50Mbps)
  • 無線LAN対応:IEEE 802.11ac
  • Bluetooth対応:4.2
  • 公称本体サイズ:約65(W)×約129(D)×約9.5(H)mm
  • 公称本体重量:約135g
  • 本体カラー:Mist Blue,White,Universe Black,Soft Pink
  • 主な対応サービス&機能:VoLTE,おサイフケータイ(NFC ※FeliCa搭載),防水(IPX5,8),防塵(IP6X),指紋認証,ワンセグ


AQUOS EVER SH-02J


 AQUOSブランドにおけるエントリー向けの新シリーズスマートフォンが「AQUOS EVER SH-02J」である。Qualcomm製のローエンド向けSoC「Snapdragon 430」を搭載する製品で,スペック的にはゲーマーが積極的に選ぶ端末ではない。

AQUOS EVER SH-02J。本体カラーは左からPure White,Navy Black,Rose Pink,Champagne Goldの4色を用意
Xperia

背面は,アウトカメラとLEDライトがあるだけのシンプルなデザイン(左)。四側面は丸みを帯びており,持ち心地は良好だ(右)。なお,USB Type-Cポートを採用する新製品が多い中で,本製品はUSB Micro-Bのままだった
Xperia Xperia

●AQUOS EVER SH-02Jの主なスペック
  • メーカー:シャープ
  • OS:Android 6.0(Marshmallow)
  • ディスプレイパネル:約5.0インチTFT液晶(IGZO),解像度720×1280ドット
  • プロセッサ:Qualcomm製「Snapdragon 430」(MSM8937,8 CPUコア,動作クロック設定1.4GHz+1.1GHz)
  • メインメモリ容量:2GB
  • ストレージ:内蔵(容量16GB)+microSDXC(最大256GB)
  • アウトカメラ:有効画素数約1310万画素
  • インカメラ:有効画素数約500万画素
  • バッテリー容量:2700mAh
  • 3G待受時間/LTE待受時間:約900時間/約780時間
  • 3G連続通話/LTE連続通話:約900分/約900分
  • LTE通信周波数帯:2GHz,1.7GHz,800MHz
  • PREMIUM 4G対応:非対応(受信時最大150Mbps,送信時最大50Mbps)
  • 無線LAN対応:IEEE 802.11n(5GHz帯非対応)
  • Bluetooth対応:4.2
  • 公称本体サイズ:約71(W)×約143(D)×約8.3(H)mm
  • 公称本体重量:約138g
  • 本体カラー:Champagne Gold,Pure White,Navy Black,Rose Pink
  • 主な対応サービス&機能:VoLTE,おサイフケータイ(NFC ※FeliCa搭載),防水(IPX5,8),防塵(IP6X),指紋認証


MONO MO-01J


 MONO MO-01Jは,NTTドコモ独自のエントリー向けスマートフォンだ。製造はZTE Corporationが担当している。価格は未公表ではあるものの,割安感のある価格で販売されるのがポイントになるという。

MONO MO-01J
Xperia

 搭載SoCがQualcommのミドルクラスSoCとしてはやや下位の「Snapdragon 617」なので,同じSoCを採用する「Moto G4 Plus」の例からすると,2Dグラフィックスのゲームは快適だが,3Dグラフィックスのゲームは荷が重いかもしれない。

NTTドコモ独自デザインというボディは,四側面とも中央部が膨らんでいるが辺の周囲はフラットという,なんとも形容しがたい特殊な形をしている。手に持った感触も独特で,好みが分かれそうだ
Xperia Xperia

●MONO MO-01Jの主なスペック
  • メーカー:ZTE Corporation
  • OS:Android 6.0(Marshmallow)
  • ディスプレイパネル:約4.7インチTFT液晶,解像度720×1280ドット
  • プロセッサ:Qualcomm製「Snapdragon 617」(MSM8952,8 CPUコア,動作クロック設定1.5GHz+1.2GHz)
  • メインメモリ容量:2GB
  • ストレージ:内蔵(容量16GB)+microSDXC(最大128GB)
  • アウトカメラ:有効画素数約1330万画素
  • インカメラ:有効画素数約490万画素
  • バッテリー容量:2440mAh
  • 3G待受時間/LTE待受時間:約410時間/約580時間
  • 3G連続通話/LTE連続通話:約710分/約620分
  • LTE通信周波数帯:2GHz,1.7GHz,1.5GHz,800MHz,700MHz
  • PREMIUM 4G対応:なし(受信時最大150Mbps,送信時最大50Mbps)
  • 無線LAN対応:IEEE 802.11n(5GHz帯非対応)
  • Bluetooth対応:4.1
  • 公称本体サイズ:約69(W)×約136(D)×約8.8(H)mm
  • 公称本体重量:約138g
  • 本体カラー:White,Black
  • 主な対応サービス&機能:VoLTE(VoLTEでの「WORLD WING」海外通話およびビデオコールは非対応),防水(IPX7),防塵(IP5X)


arrows NX F-01J


 富士通コネクテッドテクノロジーズ製のミドルクラススマートフォン。高さ1.5mから26方向でコンクリートの上に落下させても画面が割れないという,NTTドコモ製品では最も厳しい水準の落下試験をクリアしたという頑丈さが特徴だ。

arrows NX F-01J。前面(上)からではどれも同じに見えるが,背面はカラーが異なる(下)。カラーバリエーションは左からBlack,Copper,White
Xperia
Xperia

 虹彩認証対応カメラを搭載するといった,arrowsシリーズならではの要素もポイントの1つ。Qualcomm製のミドルクラスSoC「Snapdragon 625」を採用しており,ゲーム用途でも活躍できそうだ。

前面左上の目立つカメラは虹彩認証用のカメラで,その左隣にある小さなカメラがインカメラだ(左)。背面のアウトカメラは,四角い黒枠で覆われているが,枠の部分になにか機能があるというわけではなく,単なるデザインだそうだ(右)
Xperia Xperia

●arrows NX F-01Jの主なスペック
  • メーカー:富士通コネクテッドテクノロジーズ
  • OS:Android 6.0(Marshmallow)
  • ディスプレイパネル:約5.5インチTFT液晶(IPS-NEO),解像度1080×1920ドット
  • プロセッサ:Qualcomm製「Snapdragon 625」(MSM8953,8 CPUコア,動作クロック設定2.0GHz)
  • メインメモリ容量:3GB
  • ストレージ:内蔵(容量32GB)+microSDXC(最大256GB)
  • アウトカメラ:有効画素数約2300万画素
  • インカメラ:有効画素数約500万画素
  • バッテリー容量:2850mAh
  • 3G待受時間/LTE待受時間:未定
  • 3G連続通話/LTE連続通話:未定
  • LTE通信周波数帯:2GHz,1.7GHz,1.5GHz,800MHz
  • PREMIUM 4G対応:対応(受信時最大262.5Mbps,送信時最大50Mbps)
  • 無線LAN対応:IEEE 802.11a/n
  • Bluetooth対応:4.2
  • 公称本体サイズ:約75(W)×約156(D)×約7.7(H)mm
  • 公称本体重量:170g台
  • 本体カラー:Copper,White,Black
  • 主な対応サービス&機能:VoLTE,VoLTE(HD+),おサイフケータイ(NFC ※FeliCa搭載),防水(IPX5,8),防塵(IP6X),虹彩認証,ワンセグ,フルセグ


Disney Mobile on docomo DM-01J


 Disney Mobileブランドの新型スマートフォンだ。ベースモデルはAQUOS EVER SH-02Jで,スペックも同じである。

Disney Mobile on docomo DM-01J。本体カラーは左からBlue,Pink
Xperia

●Disney Mobile on docomo DM-01Jの主なスペック
  • メーカー:シャープ
  • OS:Android 6.0(Marshmallow)
  • ディスプレイパネル:約5.0インチTFT液晶(IGZO),解像度720×1280ドット
  • プロセッサ:Qualcomm製「Snapdragon 430」(MSM8937,8 CPUコア,動作クロック設定1.4GHz+1.1GHz)
  • メインメモリ容量:2GB
  • ストレージ:内蔵(容量16GB)+microSDXC(最大256GB)
  • アウトカメラ:有効画素数約1310万画素
  • インカメラ:有効画素数約500万画素
  • バッテリー容量:2700mAh
  • 3G待受時間/LTE待受時間:未定
  • 3G連続通話/LTE連続通話:未定
  • LTE通信周波数帯:2GHz,1.7GHz,800MHz
  • PREMIUM 4G対応:非対応(受信時最大150Mbps,送信時最大50Mbps)
  • 無線LAN対応:IEEE 802.11n(5GHz帯非対応)
  • Bluetooth対応:4.2
  • 公称本体サイズ:約71(W)×約143(D)×約8.3(H)mm
  • 公称本体重量:130g台
  • 本体カラー:Pink,Blue
  • 主な対応サービス&機能:VoLTE,おサイフケータイ(NFC ※FeliCa搭載),防水(IPX5,8),防塵(IP6X),指紋認証


V20 PRO L-01J


 LG Electronics製のハイエンドスマートフォン。10月18日にKDDIが発表した「isai Beat LGV34」のNTTドコモ版で,Snapdragon 820や容量4GBのメインメモリを採用するなど,スペックもほぼ同一である。
 下り通信速度最大500MbpsのPREMIUM 4Gに対応のもポイントだ。

V20 PRO L-01J。本体カラーは写真の「Titan」1色のみ
Xperia

 特徴の1つは,インカメラの右側に横長の「セカンドスクリーン」を備えているところ。メインの液晶パネルをオフにしている状態でも独立して表示でき,時計や通知を表示したり,アプリランチャーとして使ったりなど,さまざまな用途に使用できる。

インカメラの右側に4つのアイコンが並んでいる部分がセカンドスクリーン。セカンドスクリーン用のアプリは,プリインストールされているもの以外にも提供予定であるとのこと
Xperia Xperia

 背面には,有効画素数約1620万画素の標準カメラに加えて,有効画素数約820万画素で広角135度の撮影が可能な広角用カメラの2つを備える点も特徴だ。

V20 PRO L-01Jの背面(左)。LEDライトを挟んで,左が通常,右が広角用のカメラとなっている
Xperia Xperia

●V20 PRO L-01Jの主なスペック
  • メーカー:LG Electronics
  • OS:Android 7.0(Nougat)
  • ディスプレイパネル:約5.2インチTFT液晶,解像度1440×2560ドット
  • プロセッサ:Qualcomm製「Snapdragon 820」(MSM8996,4 CPUコア,動作クロック設定2.2GHz+1.5GHz)
  • メインメモリ容量:4GB
  • ストレージ:内蔵(容量32GB)+microSDXC(最大256GB)
  • アウトカメラ:有効画素数約1620万画素+約820万画素(デュアルカメラ)
  • インカメラ:有効画素数約510万画素
  • バッテリー容量:2900mAh
  • 3G待受時間/LTE待受時間:未定
  • 3G連続通話/LTE連続通話:未定
  • LTE通信周波数帯:2GHz,1.7GHz,1.5GHz,800MHz
  • PREMIUM 4G対応:対応(受信時最大500Mbps,送信時最大50Mbps)
  • 無線LAN対応:IEEE 802.11ac
  • Bluetooth対応:4.2
  • 公称本体サイズ:約72(W)×約149(D)×約7.9(H)mm
  • 公称本体重量:140g台
  • 本体カラー:Titan
  • 主な対応サービス&機能:VoLTE,VoLTE(HD+),おサイフケータイ(NFC ※FeliCa搭載),防水(IPX5,7),防塵(IP6X),指紋認証,ワンセグ,フルセグ

NTTドコモの2016年冬〜2017年春モデル特設ページ


  • 関連タイトル:

    Xperia

  • 関連タイトル:

    AQUOS

  • 関連タイトル:

    arrows(旧称:ARROWS)

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
タイトル評価ランキング
81
KENGOHAZARD2 (PC)
76
Days Gone (PS4)
76
鬼ノ哭ク邦 (PC)
74
2019年04月〜2019年10月