オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
Jurassic Park: The Game公式サイトへ
  • Telltale Games
  • 発売日:2011/11/16
  • 価格:29.99ドル(全4エピソード分)
レビューを書く
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
新作アドベンチャー「Jurassic Park: The Game」を紹介する今週の「海外ゲーム四天王」でティラノサウルス大暴れ。ぐおー
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2011/11/21 19:10

連載

新作アドベンチャー「Jurassic Park: The Game」を紹介する今週の「海外ゲーム四天王」でティラノサウルス大暴れ。ぐおー

第106回:「Jurassic Park: The Game」

 「ティラノサウルスはジュラ紀じゃなくて,白亜紀の恐竜なんですよ。だから,ジュラシック・パークにティラノサウルスがいるのは,おかしいんですよ。あははは」と語るのは編集部のginger。では,ジュラ紀とはいつ頃なのかと聞いたところ,「ま,割と前ですね。あははは」との返事。そんな,中途半端な恐竜の知識を持つgingerが,今週の「海外ゲーム四天王」でお贈りするのが,2011年11月16日に発売されたTelltale Gamesの「Jurassic Park: The Game」だ。日本からは,Steamなどを通じて購入できる。
 Telltale Gamesといえば,エピソディック形式でアドベンチャーを配信することで知られたデベロッパ。映画をテーマにした作品が多い同社だが,今回はJurassic Parkをアクションゲームではなくアドベンチャーにした。果たして,それはどのような作品なのだろうか。あはははは。

現代に甦った恐竜が人間を襲う
あの超人気小説/映画がアドベンチャーに


 琥珀に閉じ込められた蚊の中に残されていた血液から恐竜のDNAを採取し,それを利用してクローン化した恐竜を放ったテーマパークといえば,ジュラ紀っぽい公園,すなわち「ジュラシック・パーク」だ。マイケル・クライトンの原作小説をスティーヴン・スピルバーグが映像化した同名映画は世界中で大ヒットとなり,ティラノサウルスやトリケラトプスを始めとした恐竜達が生き生きと描かれた大迫力のCGに度肝を抜かれた人は多いことだろう。ブラキオサウルス,ヤバイ。マジ,でかい。

Jurassic Park: The Game

「Jurassic Park: The Game」公式サイト


 というわけで,今回の海外ゲーム四天王は,そんなジュラシック・パークをモチーフにした「Jurassic Park: The Game」をご紹介。本作は,映画の第1作の裏側で起こっていた出来事を描くオリジナルストーリーが展開するアドベンチャーゲームだ。舞台となるのはもちろん,コスタリカ沖120マイルにある孤島,イスラ・ヌブラルにInGen社が極秘に建造した恐竜王国,ジュラシック・パークである。ところで,ティラノサウルスやトリケラトプスはジュラ紀じゃなくて白亜紀の恐竜だって知ってました?

Jurassic Park: The Game
Jurassic Park: The Game Jurassic Park: The Game
Jurassic Park: The Game Jurassic Park: The Game
Jurassic Park: The Game Jurassic Park: The Game

 本作で描かれるのは,映画でグラント博士を乗せた最後のヘリが飛び立ったあとの出来事で,ゲームに登場する人物はほぼ全員オリジナルだが,恐竜の胚を髭剃り用のシェービングクリームに偽装して持ち出そうとしたデニス・ネドリーが,ディロフォサウルスに襲われた死体となって見つかるなど,映画を見た人ならニヤリとさせられるシーンも随所に登場する。そのぶん,本作では状況説明などが割とばっさり省略されており,映画や原作を知っている人向けの作りだ。ちなみにディロフォサウルスというのは,エリマキトカゲのようなエリを持った中型の恐竜で,口からシュッと毒を吐くやつだ。あれが目に入ると,もうダメ。絶体絶命。

Jurassic Park: The Game Jurassic Park: The Game

 ゲームはポイント&クリック型のアドベンチャーゲームで,画面内に表示されたポイントをクリックして調べたり,会話の選択肢を選んだりしながらストーリーを進めていく。実にまったく当たり前の説明で恐縮だ。また,本作ではゲームの随所にクイックタイムイベントが仕込まれているのが特徴で,これがまた,なかなかに手に汗握る。例えば,ティラノサウルスに襲われて逃げる最中などに,このクイックタイムイベントが発生し,タイミングよく正確にキー入力を行わないと,足をつまづかせてよろめいたところをパックリ食べられてしまったりするのだ。

Jurassic Park: The Game

 操作自体は非常に単純なので,こんなものが面白いのだろうかと思う人もいるかもしれないが,あなどるなかれ,これが結構面白い。実際にティラノサウルスに追いかけられたことがある人ならお分かりのとおり,絶体絶命のピンチに直面すると,普段は難なくこなせることも焦ってうまくいかないものであり,プレイ中はかなりの頻度で恐竜達においしくいただかれてしまうだろう。しかも本作では,映画ばりの大迫力のアングルで恐竜達が襲い掛かってくるので,まさに映画の中に自分が入り込んでしまったかのような体験ができるのだ。

 ゲームにはこのティラノサウルスのほかにも,映画でおなじみのトリケラトプスやディロフォサウルス,そして高い知能と連係プレイによる狩りでティラノサウルス以上に人間達を苦しめた,ヴェロキラプトルなどが登場。さらに,映画には登場しなかった,新手の恐竜達も加わり,もう右も左も恐竜だらけという状況に。中でも,ゲーム終盤のモササウルスとの水中での追いかけっこは本作におけるハイライトシーンの一つで,見ているだけで心臓が止まりそうなほどの恐怖感を味わえる。あんな恐ろしい魚竜に追いかけられたら,それだけで気絶しちゃうよ!

Jurassic Park: The Game
Jurassic Park: The Game Jurassic Park: The Game

 謎解きにはそれほど難しいものはなく,クイックタイムイベントも何度か挑戦すれば誰でもクリアできる(と思う)ので,映画や原作のファンにはぜひともオススメしたい一本なのだが,全編ノンストップで英語による会話シーンが繰り広げられるため,ストーリーを理解しようと思ったらそれなりの英語力が要求されるのがつらいところ。とはいえ,画面を見ていれば次にやるべきことは明白なので,英語の勉強のつもりで本作に挑戦してみるのも悪くないかもしれない。映画を見て,「俺ならもっと華麗に恐竜から逃げ切って見せるのに!」と,もどかしい思いをしていた人は,本作で自慢の逃げ足を思う存分発揮してほしい。

Jurassic Park: The Game
Jurassic Park: The Game
  • 関連タイトル:

    Jurassic Park: The Game

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:12月11日〜12月12日