オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
パッケージ
ディープ ブラック リローデッド公式サイトへ
レビューを書く
海外での評価
39
Powered by metacritic
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
ボコボコブクブク。水中アクション「Deep Black: Reloaded」を紹介する……ボコボコ……今週の「海外ゲーム四天王」。ブクブク
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2012/02/20 17:49

連載

ボコボコブクブク。水中アクション「Deep Black: Reloaded」を紹介する……ボコボコ……今週の「海外ゲーム四天王」。ブクブク

第117回:「Deep Black: Reloaded」

 今週の「海外ゲーム四天王」は,ロシアのデベロッパが開発したTPS「Deep Black: Reloaded」を紹介しよう。やはり冬といえば海……はちょっと季節外れのような気がするが,酸素補給の必要がなく,手足からのジェット噴射で移動できるというハイテク水中戦闘服を着込んだ主人公が,さまざまな武器を使って戦う本作。
 水中での三次元的な戦闘に加え,水の中ならではのさまざまなギミックが用意されているという,このちょっと気になるゲームを,いろんな意味でおぼれかかっているライターの朝倉氏が紹介する。ボコボコ。

ロシア生まれの個性的なTPSが登場
泳げない人でも激しい水中アクションが楽しめる

ディープ ブラック リローデッド
 冬だ! 海だ! 寒い! ……うう。いつものように,勢いだけで何とかしようと思ったが,さすがに無理か。というわけで,今週の「海外ゲーム四天王」は,ちょっと季節に合っていない感じはあるものの,戦闘用のスイムスーツで身を包んだ男が水中で暴れ回るTPS,「Deep Black: Reloaded」をご紹介する。

 時は西暦2047年,政府さえ操る巨大企業Ishiguro-Himmel Systemsを相手に,どこの国や勢力にも属さない独立系の戦闘組織,CHief Amphibious Reconnaissance Operations Network(略してCHARON。名前長すぎ)の戦いを描いた本作は,ロシアのゲームデベロッパBiart Companyが開発,2012年前半のリリースが予定されている。今回は,つい先日公開されたばかりのデモ版(公式サイトからダウンロード可能)をベースに本作を見ていこう。

ディープ ブラック リローデッド

「Deep Black: Reloaded」公式サイト


 本作最大のウリは,すでに気づいている人も多いと思うが,水中でのバトルアクションだ。プレイヤーは全身を覆う特殊な戦闘用スーツを着用しており,これは酸素を補給する必要のない潜水服で,手足の部分からジェットを噴射して移動もできるという優れものだ。しかも,緊急時には短時間ながら背中のジェットを噴射させて高速移動も可能というから嬉しい。
 プレイヤーキャラクターが使用する武器はマシンガンショットガンといった銃器で,どういう仕掛けか水中でも問題なく射撃できる。このほかスナイパーライフルやスタンガン,ロケットランチャーなども登場するらしいが,デモ版では残念ながら手に入らなかった。
 また,時折現れてプレイヤーに向かって突進してくるガードロボットとの近接戦闘では画面が切り替わり,主人公の左腕から突き出された巨大なナイフを,Fキー連打で敵に突き刺して倒すという,ちょっとしたミニゲームになっている。

ディープ ブラック リローデッド
ディープ ブラック リローデッド ディープ ブラック リローデッド
ディープ ブラック リローデッド ディープ ブラック リローデッド

 ゲームは水中と水上が交互に出てくるような感じで進んでいく。敵と交戦しつつ水中に潜り,要所で水面に出ては計器盤などを操作して先へ進むための扉を開け,また水中に潜って進むという感じだ。水上でもスーツは着たままでOKなので,水中から水上へ,そしてまた水中へという移動がスムーズに行える。

 また戦闘では,瓦礫などの背後に隠れて銃撃戦を行うカバーアクションが取り入れられている。ただし水中はもちろん,水上でもスピード感があまりなく,ちょっとモッサリした雰囲気だ。水中では水の抵抗があるのでゆっくり,しかし水上ではキビキビと動くなど,もっとメリハリがあれば良かった。

ディープ ブラック リローデッド
ディープ ブラック リローデッド

 公式サイトによれば,シングルプレイミッションでは4つのエリアをめぐる40のミッションが用意されているというから,遊びごたえがありそうだ。デモ版ではプレイできなかったが,マルチプレイもサポートされている。ただし,どういうゲームモードで,いくつのマップが用意されているのかといったあたりは現時点では発表されていない。

 グラフィックスは,掲載したスクリーンショットからも分かるように,なかなかキレイだ。本作で使用されているゲームエンジンはBiart Companyが独自開発した「biEngine」で,これはNVIDIA PhysXと3D Visionをサポートするほか,2011年夏に発売された,PC用モーションコントローラRazor Hydraにも対応するなど,かなり力の入ったものだ。

ディープ ブラック リローデッド
ディープ ブラック リローデッド ディープ ブラック リローデッド

 デモ版では,チュートリアルを含めたシングルプレイミッションの一部がプレイできる。人質救出に向かったプレイヤーが,次々と現れる敵と銃撃戦を展開しながら進んでいく。手の届かない位置にあるスイッチを,Harpoonという腕の部分から発射するワイヤーでハッキングして操作したり,流れのやたらと早い場所をジェット噴射の高速移動で乗り切ったりなど,戦闘だけではないさまざまなプレイが体験できるものになっている。最近のデモ版としては珍しく,ファイルサイズが481MBしかない手軽さも魅力なので,気になる人はプレイしてみよう。

■■朝倉哲也(ライター/四天王)■■
 アクションゲームからMMORPG,アドベンチャーからストラテジーまで,なんでもプレイする雑色系ライター。年季の入ったPCゲーマーでもあったが,最近はコンシューマ機のゲームもプレイするようになったので,そのオールラウンダーぶりをますます強くしている。
  • 関連タイトル:

    ディープ ブラック リローデッド

  • この記事のURL:
AD(最終更新日:2012/07/12)
ディープ ブラック リローデッド
Software
発売日:2012-07-12
価格:6050円(Amazon) / 4840円(Yahoo)
amazonで買う
Yahoo!で買う
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:05月23日〜05月24日