オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
「BLAZBLUE CONTINUUM SHIFT EXTEND」総決算。続出する名試合に会場が湧いた「GODSGARDEN #7」フォトレポートを掲載
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2012/11/01 12:24

イベント

「BLAZBLUE CONTINUUM SHIFT EXTEND」総決算。続出する名試合に会場が湧いた「GODSGARDEN #7」フォトレポートを掲載

GODSGARDENの会場としては,久々の開催場所となった「Asagaya / Loft A」
BLAZBLUE CONTINUUM SHIFT EXTEND
 2012年10月28日,東京・阿佐ヶ谷にある「Asagaya / Loft A」にて,格闘ゲームイベント「GODSGARDEN #7」が開催された。今回競技タイトルとなったのは,2012年1月に開催された「GODSGARDEN #5」以来となるアークシステムワークスの「BLAZBLUE CONTINUUM SHIFT EXTEND」PlayStation 3 / Xbox 360 / PlayStation Vita,以下BBEX)。アーケード版が主体の店舗イベント「SUMMIT OF BLAZBLUE」との共同開催ということで,さまざまなプラットフォームで展開されてきたBBEXの,まさに総決算といえるイベントとなった。
 シングル戦日本一を決めるトーナメントのほか,ミニイベントも開催されて盛り上がった当日の模様を,フォトレポートでお伝えしていこう。

会場の様子。翌日の開催となる3on3大会「SUMMIT OF BLAZBLUE」に出場するため,地方から来たというプレイヤーも大勢いたようだ

「GODSGARDEN」公式サイト

「BLAZBLUE」シリーズ公式サイト

「SUMMIT OF BLAZBLUE」公式サイト



勝ち残るのは誰なのか。1/40の当日枠をかけた予選トーナメント


 イベントがスタートした18:00すぎ。本戦に出場できる残り1つの当日枠をかけた予選が開始となった。事前に行われた「SUMMIT OF BLAZBLUE」の店舗予選で出場権利を獲得できなかったプレイヤーにとっては,これが本戦出場の最後のチャンスとなる。
 当日予選は40人の出場選手を4ブロック,10名のトーナメントに分け,勝ち上がったブロック代表同士が,予選決勝トーナメントを戦う方式。N男選手(レイチェル),まつの選手(テイガー),サイコパス選手(ジン)など,翌日の3on3に出場が決定している選手も参加し,白熱した試合が続出するトーナメントとなった。
 結果,強豪ひしめく各ブロックを勝ち抜いたのは,ゆめかみ選手(プラチナ),おちん選手(ハクメン),N男選手(レイチェル),伝説選手(ハザマ)の4名。そして決勝トーナメントは関西のプラチナ使い,ゆめかみ選手が優勝をもぎ取り,みごと本戦出場の権利を獲得した。

当日予選決勝,ゆめかみ選手(プラチナ)vs.伝説選手(ハザマ)の一戦
実況を務めるのは,京都のおにいちゃんこと火九氏
プラチナのファンの女性プレイヤーから,かず@銀河選手にプラチナの武器である「無兆鈴」が手渡される一幕も。思わぬプレゼントに,かず@銀河選手も照れ笑い
配信の視聴者が,会場の参加者らにドリンクなどを奢ることができるシステム「奢られくん」。注文が入ると,コスプレイヤーのてくまくまぁやさんが該当者を呼び出してくれる仕組み

 本戦トーナメントは,全国各地で行われた店舗予選を勝ち抜いてきた15名に,当日予選の勝者ゆめかみ選手を加えた16名で争われる。本戦を前に,各選手からコメントをもらったので,以下に掲載しよう(コナン選手のみ,試合前の取材はNGとのことで除いている)。BBEX最強の座をかけた戦いの幕が,いよいよ切って落とされた。

ゆめかみ選手(プラチナ):マミサーキュラーで始まりマミサーキュラーで終わる。終始マミサーキュラーを打っていると思います
テツヲ選手(タオカカ):前回のGODSに出場できなかった悔しさがあるので,今回は優勝を狙っていきます!
king選手(ライチ):前回のGODSでは3位と,あと一歩届かなかったので,今回は絶対優勝します。そのうえで明日の3on3に望みたいです
頭文字D選手(バング):前回のGODSでは決勝に残れませんでしたが,今回は残れたので優勝します。明日の3on3に海外大会と弾みを付けて,プロゲーマーを目指します!
ろにった選手(ジン):BBEXのジンは弱いと言われてますが,このGODSの舞台で強さを見せつけ,そのイメージを払拭してみせます
マツ選手(バング):ずっとアーケードで頑張ってきたアケ勢の強さを見せ付けたいと思います。八王子のセントラルと,町田タイトーステーションが凄く盛り上がってるので,皆さんぜひ来てください!
ゆった選手(ラグナ):今作はかなりやり込んだので,結果が残せるよう頑張ります!
金じ選手(タオカカ):BBEXの集大成となる大会なので,今まで教えられたことと,自分のやり込みのすべてを出しきりたいです
マトイ選手(タオカカ):前回まったく勝てずに終わったので,今回はまず1勝……だけでなく,優勝を目指します
のぜ選手(ハザマ):とりあえず,楽しくやれればいいと思います。でも,やるからには勝ちたいですね(笑)
プロメテ選手(ライチ):今までのやり込みを見せたいと思います
小倉唯ちゃん大好き選手(ラムダ):名前のとおり,小倉 唯ちゃんが大好きなので,皆に小倉 唯ちゃんを知ってもらえるよう頑張ります
布施選手(ラグナ):さっき1回戦がプロメテさんのライチに決まったので,今まで練ってきたライチ対策を,GODSGARDENという大舞台で発揮できるよう頑張ります
こんばんはGacktです選手(ハクメン):優勝したあとに,またインタビューを受ける予定なので,その時はよろしくお願いします(笑)
かず@銀河選手(プラチナ):まだ身内で全国大会優勝者がいないので,今日は銀河勢として優勝します


いよいよ本戦,強豪達による名試合が続出


 いよいよ開始となった決勝トーナメント。レギュレーションは,お馴染みの「ダブルエリミネーション+フォーチュンボックス制」での開催だ。
 「GODSGARDEN #5」では8名による決勝トーナメントだったが,今回はその倍の16名でのトーナメントとなる。指名フェイズでは,以前に増して深い心理戦が行われていたようで,各選手とも慎重に立ち回っていたのが印象的だった。

※ダブルエリミネーション……GODSGARDENでは定番のトーナメントルール。プレイヤーは2つのライフを持っており,1度負けただけでは即敗退とならない。ライフを1失った選手はLoser'sトーナメントで敗者復活戦を行い,その勝者はWinner'Sを勝ち上がった選手とのGRAND FINALに挑むことができる。
※フォーチュンボックス……対戦相手を決定する際の手順。プレイヤーはくじ引きで決まった順に,対戦相手を任意に指名できる。ただしプレイヤーは1人につき1回の拒否権を持っており,当たりたくない相手からの指名は回避できる。


BLAZBLUE CONTINUUM SHIFT EXTEND
指名フェイズの模様。キャラクターやプレイヤーとの相性を考えながら,対戦相手を指名していく。指名を拒否をされると,指名した方まで拒否権を失うため「勝てそうな相手,かつ拒否されなさそうな相手」を選ばなければならない
BLAZBLUE CONTINUUM SHIFT EXTEND
さまざまな思惑が交錯しつつ,対戦カードが決定した1st STAGE。かず@銀河選手(写真手前)vs.ゆめかみ選手(写真奥)のプラチナ同キャラ対決は,コンボ回避のバーストを読んだ,ゆめかみ選手が逆転勝利
BLAZBLUE CONTINUUM SHIFT EXTEND
king選手(写真左)vs.テツヲ選手(写真奥)。ライチの棒を使った攻めをさせまいと,タオカカの素早い動きで猛攻をかけるテツヲ選手。これを見事に凌ぎ,反撃からのコンボを的確に決めたking選手の勝利となった
BLAZBLUE CONTINUUM SHIFT EXTEND
マツ選手(写真手前)vs.コナン選手(写真奥)の対決となったWinner's FINAL。マツ選手の操るバングの攻めを,見事にかいくぐったコナン選手が勝利を掴む。一般的には決して評価の高くないツバキで勝ち上がってきたコナン選手が,一足先にGRAND FINALへ進む
Winner's FINALでLoser'sに落ちたマツ選手(写真奥)を待っていたのは,ライチ使いのプロメテ選手(写真手前)。同じくライチ使いのking選手がセコンドにつき,プロメテ選手を応援するも,勝負を制したのは「釘」(通称・町田釘)とジャンプ4Bによる攻めを通したマツ選手。GRAND FAINALで待つコナン選手へのリベンジに臨む
BLAZBLUE CONTINUUM SHIFT EXTEND

 上級者同士のハイレベルな戦いが続いた決勝トーナメント。激戦に次ぐ激戦の末,GRAND FINALにコマを進めたのは,ツバキ使いのコナン選手と,バングを操るマツ選手のカードとなった。無敗のまま優勝に王手をかけたコナン選手に,マツ選手がWinner's FINALでの雪辱を果たせるかに注目が集まる。

 第1試合,Winner's FINALと同様に空中からの釘で攻め立てるマツ選手。対するコナン選手は,それを華麗にくぐり抜けて攻守を入れ替え,バングを画面端に追い詰める。その勢いを殺さず,第2ラウンドまでを先取し,コナン選手の勝利となった。

 次勝てばそのまま優勝が確定するコナン選手。第2試合もコナン選手を追い詰め,第1ラウンドを先取するが,第2ラウンドは追い詰められたマツ選手が,画面端での体力の奪い合いを制した。これで勢いに乗ったマツ選手は,その後の第3ラウンドに怒濤の攻めを見せ,第2試合はマツ選手が勝利を手にした。

優勝をかけた最後の戦い。攻撃が当たるたびに歓声があがり,会場のテンションは最高潮を迎えた
BLAZBLUE CONTINUUM SHIFT EXTEND

 コナン選手が勝てば優勝,マツ選手が勝てばラウンドリセットという,両者にとって運命の分かれ道となる第3試合。
 1ラウンド目,割り込みで放った萬駆阿修羅無双拳がガードされてしまい,あわやと思われたマツ選手だが,これをラピッドキャンセル→真空烈風バング落としでフォロー。ここぞという局面での冷静さが光り,マツ選手が勝利。
 2ラウンド目,空中から攻め込んで崩しを狙うマツ選手。しかしそこに合わせた空中投げからのコンボが決まり,コナン選手が1本取り返す。
 3ラウンド目,跳びまわるマツ選手のバングに対し,空中投げや空対空でカウンターを取りにいくコナン選手。負けじと投げからのコンボで体力を奪い合い,互いに体力2割を切ったところで,コナン選手の5Bがカウンターヒット。これが決め手となって,第3試合を制したのはコナン選手。1st STAGETから一度の敗北も経ず,勝利を重ねていったコナン選手が,GODSGARDEN #7優勝の座に輝いた。

※ラウンドリセット……2勝すれば優勝となるコナン選手に対し,Loser'sから上がってきたマツ選手が優勝するためには,計4勝しなければならない。マツ選手は2勝したところで,ようやくコナン選手と並んだこととなる。この状態のことをラウンドリセットと呼ぶ。

優勝が決まった瞬間,ガッツポーズをとるコナン選手

■「GODSGARDEN #7」決勝トーナメント リザルト

B1-1 ○ ゆめかみ選手 vs. かず@銀河選手
B1-2   ゆった選手 vs. マツ選手 ○
B1-3 ○ king選手 vs. 小倉唯ちゃん大好き選手
B1-4 ○ のぜ選手 vs. マトイ選手 
B1-5   ろにった選手 vs. コナン選手 ○
B1-6   頭文字D選手 vs. こんばんはGacktです選手 ○
B1-7 ○ プロメテ選手 vs. 布施選手
B1-8 ○ テツヲ選手 vs. 金じ選手 

W1-1 ○ マツ選手 vs. のぜ選手
W1-2 ○ コナン選手 vs. こんばんはGacktです選手
W1-3 ○ プロメテ選手 vs. テツヲ選手  
W1-4 ○ king選手 vs. ゆめかみ選手
W2-1   king選手 vs. コナン選手 ○
W2-2   テツヲ選手 vs. マツ選手 ○
WF-1   マツ選手 vs. コナン選手 ○

L1-1 ○ 頭文字D選手 vs. 布施選手
L1-2   ろにった選手 vs. ゆった選手 ○
L1-3   かず@銀河選手 vs. 金じ選手 ○
L1-4   マトイ選手 vs. 小倉唯ちゃん大好き選手 ○
L2-1 ○ ゆめかみ選手 vs. ゆった選手 
L2-2   小倉唯ちゃん大好き選手 vs. プロメテ選手 ○
L2-3 ○ 金じ選手 vs. のぜ選手 
L2-4   頭文字D選手 vs. こんばんはGacktです選手 ○
L3-1 ○ プロメテ選手 vs. 金じ選手 
L3-2   こんばんはGacktです選手 vs. ゆめかみ選手 ○
L4-1   金じ選手 vs. king選手 ○
L4-2   ゆめかみ選手 vs. vs. プロメテ選手 ○
L5-1   king選手 vs. プロメテ選手 ○
LF-1 ○ マツ選手 vs. プロメテ選手

GRAND FINAL ○ コナン選手 vs. マツ選手  




  優勝:コナン選手(ツバキ)
準優勝: マツ選手(バング)
  3位:プロメテ選手(ライチ) 


表彰式は数ある商品を好きに選べる選択制。コナン選手はプラチナのシーツをゲット
BLAZBLUE CONTINUUM SHIFT EXTEND
BLAZBLUE CONTINUUM SHIFT EXTEND BLAZBLUE CONTINUUM SHIFT EXTEND


「GODSGARDEN #7」覇者 コナン選手 ミニインタビュー


――優勝おめでとうございます。まずは大会を終えた今のお気持ちをお聞かせください

コナン選手:
 ありがとうございます。去年の闘劇で優勝したときは,キャラが強くてキャラパワーで押せたところがありました。でも今回は,キャラが弱体化したなかでの優勝なので,非常に嬉しいです。

見事,優勝を果たしたコナン選手

――ツバキは確かに,バージョンアップでマイルドになったキャラクターですね。キャラ替えをしなかったのは,何か理由があるんですか?

普段は「ゲームプラザセントラル 八王子店」でプレイしているというマツ選手。結果は惜しくも準優勝だったが,ホームの友人達の応援もあっての結果に,とても嬉しそうだった。同店では水曜日に対戦会なども行われているそうなので,近郊のプレイヤーは,ぜひ足を運んでみよう
コナン選手:
 自分より強いツバキ使いがまだいなかったので,諦めるのは早いかなと。あとはバージョンアップ直後に「ぶるれぼ」があったので,キャラを替えようにも間に合わなかった,という理由もありますね。

――なるほど。では今日の対戦カードで,一番きつかった相手というと,誰になるでしょうか。

コナン選手:
 みんな厳しかったですが,やっぱりマツ選手のバングがキツかったですね。実は前日の野試合でかなり負け越していて,寝る前にバング対策を考えていたんですよ。それがうまく活きたので,助かりました。

――2012年11月下旬には「BLAZBLUE CHRONOPHANTASMA」が稼働になります。当然プレイされると思うのですが,新作に向けた意気込みなどあれば,お願いします。

コナン選手:
 ロケテストでちょっと触った限り,かなり変わっている感じでした。新しいツバキが自分に合うかどうかまだ分からないですが,とりあえず最初はツバキで頑張ってみようと思っています。

――新作での活躍にも期待したと思います。本日はお疲れ様でした。


11月下旬の稼動を控えた「BLAZBLUE CHRONOPHANTASMA」にも期待


 BBEXの総決算として,約12時間にわたるイベントとなったGODSGARDEN #7。
 一つのゲームを中心にして,全国のプレイヤーが交流し,日頃のやり込みを披露するさまは,まさにGODSGARDENならではの風景といえるだろう。ハイレベルな試合の数々には会場も大盛り上がりで,本作のファンにとっては,まさに至福の時間だったに違いない。当日会場に来られなかったプレイヤーも,ぜひ配信されているアーカイブをチェックして,その雰囲気を感じてみよう。

 BLAZBLUEシリーズは,11月下旬に最新作「BLAZBLUE CHRONOPHANTASMA」の稼働を控え,今後ますます盛り上がりを見せるだろうことは想像に難くない。最後に,会場に“たまたま”遊びに来ていたアークシステムワークスの関根一利氏に,本イベントや新作に関するお話をうかがったので,以下に掲載しておこう。
 全国のBLAZBLUEファンは,開発陣も手ごたえを感じているという,最新作の稼動に期待しよう。


■アークシステムワークス 関根一利氏のコメント


アークシステムワークス 関根一利氏
4Gamer:
 本日はお疲れ様です。大盛り上がりの大会になりましたね。

関根一利氏(以下,パチ氏):
 もう,もの凄くレベルが高い試合ばかりで,これだけやり込んでもらえたというのが,超ありがたいです。優勝したツバキは「弱い」と言われることも多いキャラなんですが,こうして結果で示してくれたっていうのが,すごくイイ(笑)。
 もちろん“人”が強いというのは大きいですけど,まさか上位にツバキ,バング,ライチが来るなんて誰も予想してなかったんじゃないかな。

4Gamer:
 確かに。どのキャラクターでも優勝できる可能性があるというのは,プレイヤーにとっても励みになりますね。

パチ氏:
 自分達としても,そうあるべきだと思って作っているので,それにプレイヤー達が応えてくれたのが嬉しいですね。次回作への励みにもなります。

4Gamer:
 とくに印象に残った試合というと,どれでしょうか。

パチ氏:
 うーん,コナン選手とマツ選手の試合全部かな。あとking選手vs.プロメテ選手のライチ同キャラ戦も良かったです。あれは渋すぎてなかなか伝わり辛いけど,名試合ですよ。お互いタイプが違うけど,king選手の強気な部分を,プロメテ選手が全部カットしてたのが凄い。本当に,見に来て良かったです。

4Gamer:
 では先ほども話に出た新作「BLAZBLUE CHRONOPHANTASMA」について,お話いただけることがあればお願いしたいのですが……。

パチ氏:
 BLAZBLUE CHRONOPHANTASMAは,BBEX以上に,プレイヤーの皆さんのやり込みに耐えるタイトルに仕上げたつもりです。稼働後は,ぜひ今まで以上に遊んで,やり込みを見せてほしいですね。

4Gamer:
 稼動を楽しみにしたいと思います。本日はお疲れ様でした!

BLAZBLUE CONTINUUM SHIFT EXTEND
決勝トーナメント後の第2部では,普段のGODSGARDENとは趣向を変えたイベントが次々と行われた。「漢字テスト」は,GODSGARDENのスタッフの1人で,BLAZBLUEシリーズの有名プレイヤーでもあるレン氏が,漢字の読みを“どう間違えたか”を当てるクイズ大会。ところてんを「心太(しんた)」,シュウマイを「焼売(しょうちゅう)」などの超難問が続く。見事正解したプレイヤーには,レン氏の誤読の歴史が刻まれたTシャツがプレゼントされた
BLAZBLUE CONTINUUM SHIFT EXTEND
BBEXに収録されているオマケ要素「Unlimitedキャラクター」を用いた「Unlimited大会」も開催された。ちなみにUnlimitedキャラクターとは,既存キャラにゲームバランスを度外視したアッパー調整をほどこしたもの。ぶっちゃけ,まともに対戦ができるようには作られていないのだが,格闘ゲーム好きならニヤリとする要素が随所に散りばめられている。会場の強豪プレイヤー達も,普段は見られないような試合の展開に,思わず苦笑をもらしていた
会場の誰も正解にたどり着けなかった「edge」の読み。もはや漢字ではない気もするが,正解はまさかの「エッグ」。あまりといえばあまりの正解に,ファイティングエッジを販売するHORIのHORI_A氏も苦笑を隠せない
BLAZBLUE CONTINUUM SHIFT EXTEND

最後は各メーカー提供のプレゼント争奪ジャンケン大会。来場者全員が参加して,イベントの最後を締めくくった
BLAZBLUE CONTINUUM SHIFT EXTEND BLAZBLUE CONTINUUM SHIFT EXTEND
自身も本作のハイレベルプレイヤーながら,盛り上げ役に徹していたかみちゃん氏(写真左)とレン氏(写真右)。とくにレン氏は,漢字テストで会場からのブーイングを一身に受け,意気消沈のお疲れモードになっていた
BLAZBLUE CONTINUUM SHIFT EXTEND BLAZBLUE CONTINUUM SHIFT EXTEND

セクシーな衣装でイベントを盛り上げていた,コスプレイヤーのてくまくまぁやさん。前回のGODS #5に引き続き,ギルティギアのイノの衣装で参戦
BLAZBLUE CONTINUUM SHIFT EXTEND

「GODSGARDEN」公式サイト

「BLAZBLUE」シリーズ公式サイト

「SUMMIT OF BLAZBLUE」公式サイト

  • 関連タイトル:

    BLAZBLUE CONTINUUM SHIFT EXTEND

  • 関連タイトル:

    BLAZBLUE CONTINUUM SHIFT EXTEND

  • 関連タイトル:

    BLAZBLUE CONTINUUM SHIFT EXTEND

  • 関連タイトル:

    BLAZBLUE CONTINUUM SHIFT EXTEND

  • 関連タイトル:

    BLAZBLUE CONTINUUM SHIFT II

  • 関連タイトル:

    BLAZBLUE CHRONOPHANTASMA

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:11月13日〜11月14日
タイトル評価ランキング
81
KENGOHAZARD2 (PC)
76
鬼ノ哭ク邦 (PC)
74
2019年05月〜2019年11月