オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
Xbox LIVE アーケードで人気の「Trial」シリーズが1つになったPC版,「トライアルズ エボリューション ゴールドエディション」のレビューを掲載
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2013/03/26 13:21

レビュー

華麗なテクニックで難コースを攻めろ! あっ,失敗だ。

トライアルズ エボリューション ゴールドエディション

Text by UHAUHA


Xbox LIVE アーケードで人気絶頂のTrialsシリーズが,
1つになってPCに登場


 2010年6月にXbox LIVE アーケードに登場して以来,ダウンロードランキングの上位を常にキープし続けている横スクロールのモトトライアルアクション「Trials HD」。そのTrials HDを勢いよく進化させた「Trials Evolution」も,2012年4月に配信が開始されて以来,前作をしのぐ勢いで人気を集めており,2本合わせて全世界累計で400万本(ダウンロードも含む)以上のセールを記録したという。

 そんな「Trials HD」「Trials Evolution」をセットにしてPC版へ移植した「トライアルズ エボリューション ゴールドエディション」が,Amazon.co.jpのPCソフトダウンロードストアで,2013年3月21日に発売されたのだ。

オフロードバイクでコースを走破する本作は,見た目は3Dだが操作は2D。ただスピードを出すのではなく,先を見越した走りも必要となるので,トライ&エラーを繰り返してコースを走り抜けよう
トライアルズ エボリューション ゴールドエディション
トライアルズ エボリューション ゴールドエディション
走行中にコースが崩れるなど,ダイナミックに変化するコースも多数用意されており,バリエーションは豊富だ
トライアルズ エボリューション ゴールドエディション
リアに体重をかけるのが遅れたために障害物(タイヤ)を超えられなさそう。筆者はもう無理だが,すぐに体重移動すれば,転倒は免れるかも
トライアルズ エボリューション ゴールドエディション
屋内がメインのTrial HDではテクニカルなコースが多い。何度もトライしてコースを覚えよう
トライアルズ エボリューション ゴールドエディション
コースは曲がっているが,自動でカメラアングルが切り替わるので,ハンドル操作は必要ない

「トライアルズ エボリューション ゴールドエディション」購入ページ


 Trialsシリーズは,コース上に設置された障害をテクニックを駆使して攻略し,いかにミスせず短時間でゴールを目指せるかを競う「モトトライアル」をテーマにしたゲームだ。おおざっぱに分けて,屋内に坂道や障害物を配置して作られたコースがメインなのが「Trials HD」で,大自然の中にある丘や岩などを使った野外コースがメインとなるのが「Trials Evolution」となる。


即座にリトライできるから高難度コースにも挑める
見事なゲームデザイン


 同じシリーズとはいえ,もともとは別のゲーム。本作ではシングルプレイのキャリアモード(SINGLEPLAYER)に,Trials Evolutionが「クラッシュ郡」として,またTrials HDが「HD Warehouse」としてまとめられている。

難度が上がると「こんなの登れんの?」というコースも登場する。スピード,アクセルワーク,体重移動のすべてが揃わないと先に進めない。ちなみにこの写真,壁を登れずに落下すると,ドラム缶が爆発してライダーが吹っ飛ぶ
トライアルズ エボリューション ゴールドエディション

 いずれにも,複数のコースで構成される「イベント」が用意されており,コースを走破して獲得できるメダルの数によって,新しいイベントがアンロックされていくというアンバイだ。それぞれのイベントには難度が設定されており,「BEGINNER」から始まって,「EASY」「MEDIUM」「HARD」,そして最高難度「EXTREME」へとステップアップしていく。要するに,走れば走るほどコースが難しくなっていくわけだ。

 ミスの回数と走破タイムにより,「ブロンズ」「シルバー」「ゴールド」「プラチナ」の各メダルがもらえるが,メダルは共通で,例えばクラッシュ郡の次のイベントをアンロックするために,HD Warehouseのイベントでメダルを獲得してもいい。2つが1つになったことで,Xbox LIVE アーケード版より楽にゲームが進められるようになったという印象だ。

トライアルズ エボリューション ゴールドエディション
アンロックに必要なメダル数がすぐに確認できるため,ついつい挑戦を続けてしまうのだ。ああ,止められない
トライアルズ エボリューション ゴールドエディション
ミスしても,最後まで走りさえすればブロンズメダルが獲得できるが,全コースでゴールドメダルを目指そう(プラチナはかなりきつい)

 それぞれの難度について客観的に説明すると,「BEGINNER」はたぶん鼻歌まじりでクリアできるが,「MEDIUM」あたりになるとミスを誘うようなコースデザインになり,かなり苦労するはず。「HARD」ともなると本当にクリアできるのか心配になり,「EXTREME」では「もうダメ!」と投げ出しそうになるだろう。分かっていただけましたか。

大自然の中に作られたコースがメインのクラッシュ郡は,目もくらむ高所から真っ逆さまに降りる状況も多い。高低差とスピード感がたまらない
トライアルズ エボリューション ゴールドエディション

トリッキーなコースも少なくない。バイクが予想外の動きをするので慎重に操作しよう
トライアルズ エボリューション ゴールドエディション
 高難度になると,それこそ数え切れないほどのトライ&エラーが必要になるが,作っているほうもそれを理解しており,ワンボタンでストレスなくリトライできる親切設計になっている。つまり,障害物の直前にチェックポイントがあり,ボタン一つで直前のチェックポイントからリトライできるのだが,ミスもカウントされており,ミス500回でゲームオーバーになるようだ。また,コース最初からやり直すリトライもあり,こちらではミスの回数がリセットされる。
 ボタンを押した瞬間,即座にチェックポイントからプレイ再開となるため,再ロードをイライラしながら待って,始まったとたんにまたミスして,やってらんねえとコントローラ(またはキーボード)を投げ出すことはない。ストレスなくリトライできるのは非常に重要な要素で,この機能があってこそ本作の面白さがあるのだと思う。

 なお,本作にはさまざまなコースが用意されているが,本物のモトトライアルとはかなりかけ離れた,突拍子もないコースも多い。このへんはぜひ,掲載したムービーを見てほしい。


シンプルな操作性から再現される奥の深い
バイクの挙動を楽しもう!


 バイクの操作は,アクセルとブレーキ,それと前後への体重移動のみと非常にシンプルだ。見た目は3Dだが中身は2Dなので,コースがカーブしていてもハンドル操作の必要はなく,このシンプルさがたまらなくいい。

本物のモトトライアルにはないループも大量に登場する。加速装置が付いていれば,急加速できる
トライアルズ エボリューション ゴールドエディション

 モトトライアルだけに平坦なコースは少なく,あちこちにジャンプスポットが用意されている。そのためレースでは,先のことを考えてジャンプする必要があり,地面の傾斜などに合わせて着地しなければ,スピードが落ちてしまう。

トライアルズ エボリューション ゴールドエディション
ジャンプからの着地では,姿勢次第で簡単に転倒する。このへんが腕の見せどころだ。あわててアクセルを踏んだり,急激にリアに体重移動させると状況をさらに悪くすることがあるので,臨機応変に対処したい
トライアルズ エボリューション ゴールドエディション
排気量,トップスピード,アクセルレスポンス,機敏性などが異なる5種類のバイクが用意されている
 アクセルワークと体重移動によるバイクの動きは物理計算によって再現されており,非常にリアルなものだ。体重をリアにかければウィリーになるし,ラフなアクセル操作では転倒してしまう。また,急な上り坂では体重をフロントにかけないと前輪が浮き上がって登れないし,ブレーキをかけたときにフロントに体重をかけるとジャックナイフ(前傾)で転倒してしまう。あり得ないコースを走るゲームだけに,バイクの挙動がいい加減では興ざめしてしまう。作った人は,力の入れどころがよく分かっているという感じだ。

 ゲームではジャンプを多用するが,飛ぶ瞬間に体重をリアからフロントに移すことで,普通よりも高く遠くへ飛べる。また,フロント→リア→フロントに素早く体重を移動することでバイクをバウンドさせ,小さい障害物を乗り超えることが可能だ。トライ&エラーを繰り返し,こうしたテクニックを身につけることで,「絶対に無理!」と思っていた場所も,いつの間にか楽勝で突破できるようになり,やればやるほど面白くなるはずだ。意外とマグレで突破できてしまうこともあって,プレイしている自分が驚くこともある。

トライアルズ エボリューション ゴールドエディション
垂直に近い坂道でも,アクセルワークと体重移動で登れる。ちょっとでもバランスを崩すと落下するので,慎重な操作が必要だ
トライアルズ エボリューション ゴールドエディション
ルートによってタイムに影響が出る場合がある。ジャンプで上の段に届かずに落下しても,下の段に着地すればミスにならない


バイク好きでなくても,
ゲーム好きならプレイしておきたいタイトル


 「スキルゲーム」(Skill Game Circus)と呼ばれるモードがクラッシュ郡とHD Warehouseに用意されており,ここではさまざまな課題に挑戦していくことになる。

 例えば,スキーでコースを滑り降り,ジャンプ中に宙返りしてポイントを稼ぐという「Ski Jump」,障害物にライダーを激突させ,骨折した場所の数を競う「Down The Stairs」,巨大な鉄球を操作し,どこまで進めるかを競う「S.P.H.E.R.E.」など,モトトライアルとはまったく関係ないものばかりで,中にはUFOを操作するというものさえある。とはいえ,このスキルゲームでもメダルが獲得できるし,なにより面白いので,やらない手はない。

トライアルズ エボリューション ゴールドエディション
バイクの代わりにスキー板を装着してコースを攻める。ジャンプ中に宙返りをすることでポイントアップだが,もはやモトトライアルではない
トライアルズ エボリューション ゴールドエディション
鉄球を操作してどこまで運べるかを競う「S.P.H.E.R.E.」。スキルゲームには,息抜きにちょうどいい,遊べるゲームが揃っている感じだ

このコースではライバルと併走するため,自分が奥のレーンになると見えにくい。とはいえ,かなり熱い展開になる
トライアルズ エボリューション ゴールドエディション
 世界中のプレイヤーと腕を競える「マルチプレイ」(MULTIPLAYER)モードでは,シングルプレイのコースを使って,最大4人のプレイヤーとの走りが楽しめる。また,走行ラインが4本ある専用コースを使った障害物レースも用意されており,シングルプレイとはひと味違うレースが楽しめる。人気ゲームであるだけに,対戦者探しに困ることはなく,そのへんも嬉しいところだ。

 さらに,「コースエディタ」(TRACK CENTRAL)でオリジナルのコースが作れ,それをネットで公開できる。もちろん,ほかのプレイヤーが作成したコースをダウンロードすることも可能で,すでに大量のデータがアップロードされているため,片っ端からダウンロードして遊んだら時間がいくらあっても足りないだろう。

コースエディタでオリジナルコースも作成可能だ。デザイン→走る→デザイン→走るを繰り返して調整しよう。いいのができたら世界に公開だ
トライアルズ エボリューション ゴールドエディション


 シンプル操作で手軽に遊べ,一度始めるとなかなか止めどきが見つからない,魔性の魅力を持った本作。コースデザインも細かいところまで良く練り込まれているので,思う存分にモトトライアルの世界(というか,現実のモトトライアルの世界を逸脱しているが)が楽しめる。興味はあったけどコンシューマ機を持っていなかったという人は,この機会にぜひプレイしてほしい。

コースデザインが素晴らしく,慎重に進むところや,テンポよく進むところが,いいバランスで出てくる。プロライダー顔負けのテクニックで障害をクリアしよう。初見なのにノーミスでクリアできるコースはないと思え! 思え!
トライアルズ エボリューション ゴールドエディション

「トライアルズ エボリューション ゴールドエディション」購入ページ

  • 関連タイトル:

    トライアルズ エボリューション ゴールドエディション

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:11月16日〜11月17日
タイトル評価ランキング
81
KENGOHAZARD2 (PC)
76
鬼ノ哭ク邦 (PC)
74
2019年05月〜2019年11月