オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
パッケージ
ウルトラストリートファイターIV公式サイトへ
  • カプコン
  • 発売日:2014/08/07
  • 価格:パッケージ版:3990円(税別)
    アップグレード版:未定
  • Amazonで買う
  • Yahoo!で買う
レビューを書く
海外での評価
84
Powered by metacritic
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
[EVO2015]激闘を制した選手達に聞く,その瞬間。「鉄拳7」ノビ選手,「GGXrd」小川選手,「ウルIV」ももち選手――EVO2015勝利者インタビュー
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2015/07/24 00:00

イベント

[EVO2015]激闘を制した選手達に聞く,その瞬間。「鉄拳7」ノビ選手,「GGXrd」小川選手,「ウルIV」ももち選手――EVO2015勝利者インタビュー

 北米時間の2015年7月17日から19日にかけ,アメリカ・ラスベガスで開催された世界最大級の格闘ゲームイベント「Evolution 2015」(以下,EVO2015)。日本からも240名を超える選手が参加した今年度は「ペルソナ4 ジ・アルティマックス ウルトラスープレックスホールド」(以下,P4U2)「鉄拳7」「GUILTY GEAR Xrd -SIGN-」(以下,GGxrd)「ウルトラストリートファイターIV」(以下,ウルIV)の4種目で日本人選手が優勝を果たし,「大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii U」「Killer Instinct」「ULTIMATE MARVEL VS. CAPCOM 3」でも上位に入賞。格闘ゲーム大国日本にとって面目躍如の年だったと言え,未だ余韻冷めやらぬという格闘ゲームファンも多いことだろう。
 本稿では,3日間のリザルトを改めてまとめるとともに,鉄拳7部門で優勝したノビ選手,GGxrd部門優勝の小川選手,そしてウルIV部門覇者のももち選手へのミニインタビューをお届けしよう。
 とくに色々な出来事のあったウルIV部門のGrand FINALについては,ももち選手に詳しく聞いてみたので,格ゲーファンはお見逃しなく。

3位入賞者までに贈られた,金のアーケードスティック。なんと中まで金ピカという豪華仕様
ウルトラストリートファイターIV

EVO2015 公式サイト

4Gamer内「EVO2015」記事一覧



「P4U2」部門リザルト


  • 優勝:超選手(天田乾)/日本
  • 準優勝:タヒチ選手(マーガレット,岳羽ゆかり)/日本
  • 3位:はぎわら選手(クマ)/日本
  • 4位:あぐろ選手(鳴上悠)/日本
  • 5位タイ:ソウジ選手(クマ)/日本
  •       コイチ選手(アイギス)/日本
  • 7位タイ:JEO選手(シャドウ桐条美鶴,巽完二)/日本
  •       奥さん肉屋です選手(皆月翔)/日本

※優勝した超選手へのインタビューは「こちら」

ウルトラストリートファイターIV ウルトラストリートファイターIV
ウルトラストリートファイターIV ウルトラストリートファイターIV

「大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii U」部門リザルト


  • 優勝:ZeRo選手(シーク,ディディーコング)/チリ
  • 準優勝:Mr.R選手(シーク)
  • 3位:Nairo選手(ゼロスーツサムス)/アメリカ
  • 4位:あばだんご選手(ワリオ,パックマン,ロゼッタ&チコ)/日本
  • 5位タイ:Ally選手(マリオ,マルス)/カナダ
  •      DaBuz選手(ロゼッタ&チコ,オリマー)/アメリカ
  • 7位タイ:Esam選手(ピカチュウ)/アメリカ
  •      FOW選手(ネス)/アメリカ

日本勢あばだんご選手がその実力をいかんなく発揮し,見事4位入賞。観客を沸かせる派手なプレイングで,アメリカのファンから幾度も「Abadango!」コールを受けていた
ウルトラストリートファイターIV ウルトラストリートファイターIV
ウルトラストリートファイターIV ウルトラストリートファイターIV

「鉄拳7」部門リザルト


  • 優勝:ノビ選手(ドラグノフ)/日本
  • 準優勝:AO選手(アリサ)/日本
  • 3位:Saint選手(シャヒーン)/韓国
  • 4位:JDCR選手(平八)/韓国
  • 5位タイ:タケ。選手(ブライアン)/日本
  •      ぺこス選手(キング)/日本
  • 7位タイ:ユウ選手(フェン)/日本
  •      Mr.Naps選手(ブライアン)/アメリカ

Winner's FINALではAO選手がノビ選手を下したものの,ここからノビ選手が怒涛の進撃。韓国の超強豪Saint選手を撃破してGrand FINALに駒を進めると,AO選手を相手に逆転劇を連発。リセット後もぎりぎりの試合を戦い抜き,EVO2014のBBCP部門もかくやといった,ドラマチックな逆転優勝を達成した。なお,Evolutionの鉄拳シリーズ部門で日本勢が優勝するのは今回が初となる
ウルトラストリートファイターIV ウルトラストリートファイターIV
ウルトラストリートファイターIV ウルトラストリートファイターIV


■勝因はユウ選手からのアドバイス――「鉄拳7」部門優勝 ノビ選手


4Gamer:
 優勝おめでとうございます! 今のお気持ちを教えてください。

ノビ選手
ノビ選手:
 それが,まだ全然実感が沸かないんですよね。「World Cyber Games 2011」で優勝したときも3日ぐらい勝った気がしなかったんですが,同じような感じです(笑)。なので,Grand FINALのAO戦も細かい内容は全然覚えていないんですが……あいつマジで強ぇーっすわ! ビックリした!

4Gamer:
 素直に驚いた?

ノビ選手:
 鉄拳7になってから,あんなに根性のある相手と戦ったのは初めてです。EVO2015の決勝の舞台であれほどの闘いができて,AOには感謝していますし,何よりすっげえ楽しかったです。

4Gamer:
 トーナメントを戦い抜いてきて,もっとも苦しい闘いを強いられた相手というと,誰になるでしょうか。

ノビ選手:
 一番鬼門だったのは,韓国のSaintですね。僕の使っているドラグノフは,シャヒーンを相手にするのがキツくて,Winner'sでの初戦でもギリギリまで追い詰められてしまいました。Saintのリーチから逆転したあとは,「拾った命だから」と気軽にやっていたら勝てた,という感じです。

4Gamer:
 鉄拳シリーズでは,日本と韓国はライバル関係にありますが,鉄拳7ではこのEVO2015が初の激突になりましたね。

ノビ選手:
 決勝トーナメントは,実質日韓の選手で埋めつくされるだろうとは思っていました。でも,自分と当たる前に誰かが韓国勢を倒してくれないかなって期待もあって。結局自分が当たることになって……正直言って焦りましたね(笑)。

ウルトラストリートファイターIV

4Gamer:
 では,勝因は何だったのでしょうか。

ノビ選手:
 僕としては,いつもどおり普通にプレイできれば絶対に優勝できると思っていたんです。でも,最初はそうはいかなくて。Grand FINALの合間にユウさんからアドバイスをもらって,それが大きかったと思います。「楽しんでやれ」って言葉だったんですが,あれでどんなに技を食らっても,ラウンドを先に取られても,笑いながら気楽にプレイできるようになりました。

4Gamer:
 メンタル面を克服できたのが,優勝のポイントだったわけですね。
 ところで,ノビさんとユウさんは,orzという会社とスポンサー契約を結んだそうですが,これは一体どういう会社なのでしょうか。

ノビ選手:
 元々は,アキバ系カルチャーの盛り上げを目的とした会社だと聞いています。その派生で,プロゲーマーの支援も手がけることになり,その最初が我々だったという感じですね。そういう意味では,EVO2015優勝でようやくスポンサーに報いることができた気がします。

4Gamer:
 最後に,今後の活動について聞かせてください。

ノビ選手:
 今まで鉄拳を知らなかった人にも見てもらえるよう,海外大会に出場する機会を増やしたいと思っています。国内でも,僕とユウさんでイベントや講習会をやっていくつもりなので,EVO2015で鉄拳7に興味が湧いた人がいたら,ぜひ参加してほしいです。

4Gamer:
 ありがとうございました。これからの活躍にも期待しています!

ウルトラストリートファイターIV

「Killer Instinct」部門リザルト


  • 優勝:Rico Suave選手(Fulgore, Spinal, Thunder, Glacius, Omen/アメリカ
  • 準優勝:GutterMagic選手(Thunder)/アメリカ
  • 3位:SleepNS選手(Kan-Ra)/アメリカ
  • 4位:LCD選手(Maya, Hisako)/アメリカ
  • 5位タイ:ドミー選手(Cinder)/日本
  •      MyGod選手(Sabrewulf)/アメリカ
  • 7位タイ:Bass選手(Spinal)/アメリカ
  •      TheMaciaga5選手(Sadira)/アメリカ

ウルトラストリートファイターIV ウルトラストリートファイターIV
ギルティギアシリーズの強豪闇慈使いとしても知られるドミー選手が,CEO2015の覇者であるBass選手を破って5位タイに入賞。日本では本作の対戦環境が整っているとは言いがたく,その中で出したこの結果は偉業と言ってもいいだろう
ウルトラストリートファイターIV

「GUILTY GEAR Xrd -SIGN-」部門リザルト


  • 優勝:小川選手(ザトー=ONE)/日本
  • 準優勝:ナゲ選手(ファウスト)/日本
  • 3位:ヲシゲ選手(ミリア)/日本
  • 4位:中村選手(ミリア)/日本
  • 5位タイ:りおん選手(カイ)/日本
  •       どぐら選手(シン)/日本
  • 7位タイ:シュウト選手(アクセル)/日本
  •       Zidane選手(レオ)/アメリカ

日本のアーケードでならした猛者たちが上位をほぼ独占する結果となったGGXrd部門。そんな中,FAB選手,かずのこ選手を破ってベスト8入りを決めたアメリカのレオ使いZidane選手の存在は,北米コミュニティのこれからを予感させるものがあった
ウルトラストリートファイターIV ウルトラストリートファイターIV

取得ラウンド数を勘違いしてガッツポーズを取ってしまったヲシゲ選手の姿は,アメリカの大手スポーツ専門チャンネルESPNで取り上げられるほどの大旋風を巻き起こした。とはいえ,ヲシゲ選手はその後にしっかりと持ち直し,3位入賞
ウルトラストリートファイターIV ウルトラストリートファイターIV
ウルトラストリートファイターIV ウルトラストリートファイターIV


■“日本最強”から“世界最強”へ――「GGXrd」部門優勝 小川選手


4Gamer:
 優勝おめでとうございます! 今のお気持ちを聞かせてください。

小川選手
ウルトラストリートファイターIV
小川選手:
 “日本最強”から“世界最強”になることができて,やり込んできた甲斐がありました。あと,みんなから「ミリアが最強」と言われてムカついていたので,ザトーが最強であることを証明できて良かったです。

4Gamer:
 優勝までで,一番苦しかった相手は誰でしょうか。

小川選手:
 やっぱり,ナゲさんかな。キャラ相性的には,ザトー側がちょっと有利な組み合わせだと思うんですが,ナゲさんの対策とやり込み量は僕と同等かそれ以上の可能性があって,プレイヤー性能は明らかに僕よりも高い。さすがはミカド(※GGXrdの聖地「高田馬場ゲーセン・ミカド」のこと)の表のラスボスです。ま,裏のラスボスは僕なんですけどね。

4Gamer:
 では,ナゲ選手は普段から対戦している相手なんですね。

小川選手:
 いえ,対戦はあまりしてませんでした。ただ,以前に野試合を長時間やったことがあって,クセはそのときに掴みました。元々ファウストは選択肢が多いキャラではないので,そこを集中的に狙ったんです。

4Gamer:
 なるほど。ヲシゲ選手との試合についても聞きたいんですが,ヲシゲ選手が席を立ったとき,小川さんはダッシュからしゃがみHSを打ち,カウンターヒットさせていましたね。あれは狙っていたんですか?

小川選手:
 ミリアは接近されたとき,後方ジャンプで逃げるか,投げ仕込みの立ちHS暴れを選択することが多いので,そのどちらにも対応する技を出したんです。ヲシゲが急いで戻ってきたのが分かったので,多分そういう動きをするんじゃないかって。もし,あそこで冷静にしゃがみKを出されていたら,負けていたかもしれない。

4Gamer:
 あのとき会場は物凄く盛り上がっていましたが,小川さんは相当冷静だったみたいですね。

小川選手:
 「試合が終わるまでは席を立つな」と,パチさんに何度も言われていましたから。僕は勝てれば何でも良いので,相手が画面を見てなくても,手を抜いたりはしません。

4Gamer:
 今回,アメリカのZidane選手が7位タイに入賞しましたが,海外のプレイヤーレベルはいかがでしたか。

小川選手:
 ZidaneとKidviper(エルフェルト使い)は,いわゆる人間性能が高くて,強かったですね。日本勢は経験値やキャラ対策の差で勝っていましたが,来年になったら海外勢にも優勝のチャンスが出てくるんじゃないですか。

ウルトラストリートファイターIV

4Gamer:
 なるほど。ところで,試合の合間に頻繁にメモを見ていたようですが,どんなことが書いてあったのでしょうか。

小川選手:
 自分の負けパターンがメモしてあります。GODSGARDEN #10のとき,パチさんに厳しく言われたので。

小川選手が試合の合間に読んでいたメモ
ウルトラストリートファイターIV ウルトラストリートファイターIV

(偶然その場に居合わせた)パチ氏:
 ……いや,「何かあったらメモを取りなさい」というのと,「君の負けパターンはこれとこれとこれだよ」といった感じのことを,軽く言っただけなんだけども(笑)。

4Gamer:
 最後に,今後の活動について聞かせてください。

小川選手:
 あーくれぼ2015に向けて,さらにやり込んでいきたいです。今回は優勝できましたが,あーくれぼで勝てるかはまだ分からないので,ミカドで修行するつもりです。

4Gamer:
 EVO2015覇者となったことで,海外大会に招待されることも増えるんじゃないですか?

小川選手:
 いや,僕が一人で海外に行ったら死にますよ! 一人だと何もできないので,誰かが一緒に行ってくれるなら考えます。

4Gamer:
 これからの活躍にも期待しています。本日はお疲れ様でした!

ウルトラストリートファイターIV

「Mortal Kombat X」部門リザルト


  • 優勝:SonicFox(Erron Black - Outlaw/Kitana - Royal Storm)/アメリカ
  • 準優勝:A Foxy Grandpa選手(Kung Lao - Tempest)/イギリス
  • 3位:HoneyBee選手(D'Vorah - Swarm Queen)/カナダ
  • 4位:MIT選手(Tanya - Kobu Jutsu)/アメリカ
  • 5位タイ:DJT選手(Kung Lao - Tempest)/アメリカ
  •       Ketchup選手(Quan Chi - Sorcerer)/イギリス
  • 7位タイ:Zyphox選手(Liu Kang - Flame Fist)/アメリカ
  •       MilkySituation(Reptile - Noxious)/アメリカ

ウルトラストリートファイターIV
ウルトラストリートファイターIV ウルトラストリートファイターIV

「大乱闘スマッシュブラザーズDX」部門リザルト


  • 優勝:Armada選手(フォックス)/スウェーデン
  • 準優勝:Hungrybox選手(プリン)/アメリカ
  • 3位:PPMD選手(マース,ファルコ)/アメリカ
  • 4位:Plup選手(シーク,サムス)/アメリカ
  • 5位タイ:Mang0選手(フォックス)/アメリカ
  •       Leffen選手(フォックス)/スウェーデン
  • 7位タイ:Axe選手(ピカチュウ)/アメリカ
  •       Chudat選手(アイスクライマー)/アメリカ

昨年に引き続き,本命と目される選手達が順当に勝ち上がっていった本部門。本年度は,ピーチではなくフォックスを選択したArmada選手が見事優勝を果たした。なお,EVO2013-14と2連覇を達成しているMang0選手は表彰式の際,「優勝以外は興味がない!」と言わんばかりに,メダルを観客席に投げるパフォーマンスを見せた
ウルトラストリートファイターIV
ウルトラストリートファイターIV ウルトラストリートファイターIV

「ULTIMATE MARVEL VS. CAPCOM 3」部門リザルト


  • 優勝:KaneBlueRiver選手(ハルク/センチネル/ハガー)/チリ
  • 準優勝:RayRay選手(マグニートー/Dr.ドゥーム/センチネル)/アメリカ
  • 3位:ApologyMan選手(レッドアリーマー/Dr.ドゥーム/スーパースクラル)/アメリカ
  • 4位:Frutsy選手(モードック/キャプテン・アメリカ/Dr.ドゥーム)/メキシコ
  • 5位タイ:Cross選手(ゼロ/Dr.ストレンジ/ダンテ)/日本
  •       GoldenBoyNeo選手(マグニートー/Dr.ドゥーム,フェニックス)/アメリカ
  • 7位タイ:RF選手(モリガン/Dr.ドゥーム/バージル)/日本
  •       Dizzy選手(ゼロ/Dr.ドゥーム/バージル)/メキシコ

昨年度準優勝のChris G選手を撃破したRF選手,Filipino Champ選手とネモ選手に土をつけたClockw0rk選手を倒したCross選手の2名が,日本勢悲願のベスト8に進出。また,見事優勝を果たしたKaneBlueRiver選手は,ネモ選手やABEGEN選手と同じTeam BlackEyeに所属しており,その偉業に感極まるメンバーも。メキシコ勢の躍進もあって,UMvC3の歴史が動いた大会となったと言えるだろう
ウルトラストリートファイターIV ウルトラストリートファイターIV
ウルトラストリートファイターIV ウルトラストリートファイターIV

「ウルトラストリートファイターIV」部門リザルト


  • 優勝:ももち選手(ケン,エレナ,殺意の波動に目覚めたリュウ)/日本
  • 準優勝:GamerBee選手(アドン,エレナ)/台湾
  • 3位:Infiltration選手(ディカープリ,殺意の波動に目覚めたリュウ,アベル,ジュリ)/韓国
  • 4位:ネモ選手(ロレント)/日本
  • 5位タイ:ときど選手(豪鬼)/日本
  •       aiai選手(ジュリ)/日本
  • 7位タイ:NuckleDu選手(ガイル)/アメリカ
  •       PR Balrog選手(バイソン)/アメリカ

ももち選手,GamerBee選手,Infiltration選手──上位3名が複数キャラクターを使い分けての入賞となった本大会。ウルIV競技シーンにおける戦略面について,少なからず影響を及ぼしそうな結果と言えるかもしれない
ウルトラストリートファイターIV ウルトラストリートファイターIV
ウルトラストリートファイターIV

aiai選手は初の海外大会ながら,ウメハラ選手やXiaoHai選手を撃破して,5位タイ入賞と素晴らしい結果を叩きだした。今後の活躍にも期待できそうだ
ウルトラストリートファイターIV ウルトラストリートファイターIV


■積み重ねてきたことを捨てる勇気を――「ウルIV」部門優勝 ももち選手


4Gamer:
 優勝おめでとうございます。今の気持ちを聞かせてください。

ももち選手
ウルトラストリートファイターIV
ももち選手:
 嬉しさ半分,トラブルがあって素直に喜べないのが半分,といった感じですね。

4Gamer:
 最後の決定戦で,ももちさんのアーケードスティックが抜けた扱いになったトラブルですね。あれは,一体なんだったんですか?

ももち選手:
 決して僕がポーズボタンを押したわけではなく,アーケードスティックが故障して,コードのコネクタ部分が接触不良を起こしてしまったんです。なので,アーケードスティックを交換し,レギュレーションどおりに各種ゲージ状況を引き継いだうえで,ラウンドを失うことになりました。

※EVO2015のルールには,ゲームが中断された場合,そのままの状態で再開が可能であるなら,過失のあった側がラウンドを失う処理となることが明記されている。

4Gamer:
 ももちさん側が1ラウンド先取した状況から,ペナルティによって1-1になったと。

ももち選手:
 そうです。見ている人もモヤモヤしたと思いますし,もちろん自分としてもスッキリしない結末になってしまった。ただ,もし自分が先にラウンドを取られていたとしたら,あのペナルティでゲマビ(※GamerBee選手のこと)の優勝が決まってしまっていたわけで。それよりは,まだ良かったのかな,とは思っています。

トラブルで試合が中断されている間,会場は相当に物々しい雰囲気に包まれていた。配信で伝わったかは疑問だが,それこそ「暴動でも起こるんじゃないか」という雰囲気で,筆者としては正直肝を冷やした
ウルトラストリートファイターIV

4Gamer:
 分かりました。では,大会を戦い抜いてきて,もっとも苦しかった相手というと誰になりますか。

ももち選手:
 うーん……決勝トーナメントで戦った相手全員ですね。ときど戦もスコアでこそ3-1でしたが,内容は五分でしたし,どっちに転んでもおかしくなかった。どの試合も紙一重だったと思います。

4Gamer:
 勝敗を分けた要因はなんだったのでしょうか。

ももち選手:
 ケンにこだわらなかったのが勝因だったと考えています。インフィルとゲマビに対し,ずっとケンで戦っていたら,恐らく負けていたんじゃないかと。

Winner's FINALのInfiltration戦では,アベルに試合を取られ,決定戦に持ち込まれてからエレナに,また,Grand FINALのGamerBee戦で,リセットに持ち込まれてからは殺意リュウにキャラクターを変更した
ウルトラストリートファイターIV

4Gamer:
 ああ,Infiltration戦ではエレナを,GamerBee戦では殺意リュウを選択する場面がありましたね。あのときは,どんなことを考えていたのでしょうか。

ももち選手:
 まず,インフィルのアベルは立ち回りがものすごくうまかったです。でも,あれはそれだけで戦っているような感じで……自分の知っているアベル戦ではありませんでした。なので,ケンや豪鬼,殺意リュウといったスタンダードなキャラをぶつけても,恐らく噛み合わずに負けるだろうと。そこで,「相手が誰でも関係ない」エレナを使って,荒らしてやろうと思ったんです。

4Gamer:
 立ち回りで勝負をしない,ということですか。

ももち選手:
 そうですね。あの場面で一番有効なのはエレナだと考えました。

4Gamer:
 では,GamerBee選手にリセットされてから,殺意リュウを選んだのは?

ももち選手:
 もう,見るからにケンじゃ勝てそうになかったので(笑)。大会でのゲマビ戦は,もともと勝率があまり良くなかったですし,ここで意地を張ったら絶対に負けるなと。

4Gamer:
 エレナも殺意リュウも,EVO2015のために練習していた?

ももち選手:
 もちろん練習はしていましたが,決勝トーナメントに残った面子を見たときは,これならケン一本でイケるハズだと思ったので,出す予定はまったくありませんでした。ただ,インフィルとゲマビが色々なキャラクターを出しているのを見たとき,すごく勝ちに貪欲だなと感じて。この辺りは,日本人にはなかなかない感覚だと思うんですよね。だからこそ,見習わないと置いて行かれるんじゃないかって。

4Gamer:
 ああ,Infiltration選手はLoser's FINALで長考して,最後は「あと15秒で決めろ」と注意を受けていましたよね。あんな光景は初めて見ました。

ウルトラストリートファイターIV

ももち選手:
 自分の場合,去年から今年の始めにかけては,ケン一本のときの方が成績が良かったんですが,今年の途中からは成績が芳しくなくて。あのインフィルの長考を見たとき,自分は“ケン一本だったからCapcom Cup 2014で優勝できた”という呪縛に囚われているように感じたんですね。インフィルほど強いプレイヤーでも,勝つためにあれだけ真剣に悩んでいる。

4Gamer:
 実は,Infiltration選手からも「もともとジュリを出すつもりはなかった」と聞きました。

ももち選手:
 そうでしょうねえ(笑)。最初から決めていたら,あれほど悩まなかったと思いますし。逆に考えると,インフィルやゲマビのように,今まで積み重ねてきたことを捨てる勇気のあるプレイヤーが,結果を残せる時代になってきているのかなとも思いました。

4Gamer:
 日本の格闘ゲームファンは,1キャラ同士の極まった対戦を好みがちですが,キャラクターの被せ合いのような盤外での戦略にも,今後は目を向けていかなければなりませんね。最後に,今後の活動予定を聞かせてください。

ももち選手:
 特大イベントが終わったところなので,しばらくは練習しながら休憩するつもりでいます。EVO2015はなんとか優勝できましたが,最初に言ったとおり不完全燃焼な感はありますので,年末のCapcom Cup 2015の優勝を目指して取り組みつつ,自分の強みを見つめ直していきたいと思います。

4Gamer:
 Capcom Cupでの活躍にも期待しています。ありがとうございました。

ウルトラストリートファイターIV

EVO2015 公式サイト

4Gamer内「EVO2015」記事一覧

  • 関連タイトル:

    ウルトラストリートファイターIV

  • 関連タイトル:

    ウルトラストリートファイターIV

  • 関連タイトル:

    ウルトラストリートファイターIV

  • 関連タイトル:

    ウルトラストリートファイターIV

  • 関連タイトル:

    ウルトラストリートファイターIV

  • 関連タイトル:

    鉄拳7

  • 関連タイトル:

    GUILTY GEAR Xrd -SIGN-

  • 関連タイトル:

    GUILTY GEAR Xrd -SIGN-

  • 関連タイトル:

    GUILTY GEAR Xrd -SIGN-

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:11月13日〜11月14日
タイトル評価ランキング
81
KENGOHAZARD2 (PC)
76
鬼ノ哭ク邦 (PC)
74
2019年05月〜2019年11月