オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
No Man’s Sky公式サイトへ
読者の評価
75
投稿数:5
レビューを投稿する
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
見て楽しく,遊んでも楽しい。吉田修平氏が「No Man’s Sky」をプレイする特別映像が公開
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2015/12/08 12:35

イベント

見て楽しく,遊んでも楽しい。吉田修平氏が「No Man’s Sky」をプレイする特別映像が公開

 2015年12月5日と6日,サンフランシスコで開催されたゲームイベントPlayStation Experience 2015では,「No Man’s Sky」についての話がほとんどなかったが,その代わり,会期中に特別映像が公開されていた。これは,Hello Gamesのクリエイティブ・ディレクターであるショーン・マレー(Sean Murray)氏にソニー・コンピュータエンタテインメント ワールドワイド・スタジオのプレジデントである吉田修平氏が質問しつつ,実際にデモをプレイするという内容だ。

「No Man’s Sky」公式サイト


 PlayStation 4ユーザーで海外ゲームのファンという人なら,「No Man’s Sky」に注目している人も多いはずだ。理論的に1844京個を超える惑星が自動生成され,プレイヤーはそれらの星を自由に探索していくというユニークなアドベンチャーゲームである本作。惑星の環境や生物はプレイヤーが初めて地上に降り立った時点で生成され,そこで希少な鉱物を探したり,動物事典を作ったり,センチネルというロボット軍団と戦ったりなど,さまざまな遊び方が可能だ。

No Man’s Sky
No Man’s Sky

 映像では,吉田氏がマレー氏のプレイを見ながらさまざまな質問を投げかけたり,自分でプレイする様子が収められている。おそらく初プレイとなる吉田氏が,膨大な星々から成る天体図をグリグリ動かしてみたり,襲ってきたセンチネルと戦うシーンに注目だ。吉田氏の「銀河の中心部に到達できるのか?」という問いに対してマレー氏は,「できますけど,とてつもない時間がかかると思います」と話す。
 ただ,1つ1つの惑星はお互いにそれほど遠く離れてはいないようで,マレー氏が移動した新しい惑星から,さっきまでいた惑星が月のように見えていることも分かる。条件がよければ,そこに作られた渓谷や海なども確認できるとのことだ。

 吉田氏は最後に「見て楽しく,遊んでも楽しいゲームであることが分かった」と述べている。ソニー・コンピュータエンターテインメントは,この「No Man’s Sky」をファーストパーティタイトルとして扱うことを明らかにしており,2016年6月に設定されている発売日まで,さまざまなプロモーションが行われていくはずだ。

  • 関連タイトル:

    No Man’s Sky

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:05月24日〜05月25日