オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
ストリートファイターV公式サイトへ
  • カプコン
  • カプコン
  • 発売日:2016/02/18
  • 価格:パッケージ版:7990円(税別)
    ダウンロード版:2990円(税込)
    HOT!パッケージ:8990円(税別)
  • Amazonで買う
  • Yahoo!で買う
読者の評価
36
投稿数:9
レビューを投稿する
海外での評価
77
Powered by metacritic
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
東西対抗のe-Sports大戦は5ジャンルすべてを制した東軍の勝利に。「Red Bull 5G」レポート
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2016/12/22 13:00

イベント

東西対抗のe-Sports大戦は5ジャンルすべてを制した東軍の勝利に。「Red Bull 5G」レポート

ストリートファイターV
 Red Bullは2016年12月18日,東京都内においてe-Sportsイベント「Red Bull 5G FINALS 2016」を開催した。
 東西に分かれたゲームプレイヤー達が,さまざまなジャンルのゲームタイトルで激突するという,恒例のこのイベント。2012年と2013年を東軍が,2014年と2015年を西軍がそれぞれ連覇しており,今大会を2対2で並んだ状況で迎えている。

ショーアップされた「Red Bull 5G FINALS 2016」の舞台
ストリートファイターV

試合の合間には,フリースタイルフットボールなども披露された
ストリートファイターV ストリートファイターV

 そんな今大会で,競技種目となったのは以下の5つのタイトルだ。


 競技の順番は,敗れた側が次のジャンルを選ぶというルールであるため,どの順番で試合が行われるかは,事前には知ることができない。イベントのオープニングでは,西軍からプロジェクトアドバイザーの松井 悠氏へ優勝旗の返還が行われ,昨年敗れた東軍が最初の競技を選択。ここではRACINGが選ばれ,勝ち越しを狙って東西両軍の激突がスタートした。

ストリートファイターV ストリートファイターV

RED BULL 5G 2016 公式サイト



タッグチームによる「PROJECT CARS」は,東軍ベテランコンビの走りが冴える


 RACING部門は,PROJECT CARS PERFECT EDITIONを使用しての,2人チーム制タイムアタックとなる。東軍からやまどぅー選手ほんだ選手,西軍よりみとすぱ選手ねぎ選手が出場し,4人が入り乱れて「スパ・フランコルシャン」コースを走り,合計タイムで勝敗を決する。奇しくも,やまどぅー選手とねぎ選手,両軍のリーダーがいきなり直接対決することとなった。

ストリートファイターV

 スターティンググリッドを決める会場予選での順位は,1位:ほんだ選手(東),2位:やまどぅー選手(東),3位:みとすぱ選手(西),4位:ねぎ選手(西)と,東軍が上位を独占。やまどぅー選手が2012年と2013年,ほんだ選手は2014年に出場経験を持つだけあり,さすがはベテランコンビの風格だ。

ストリートファイターV

東軍代表のやまどぅー選手(左写真左)・ほんだ選手(左写真右)と,西軍代表のみとすぱ先取(右写真左)・ねぎ選手(右写真右)
ストリートファイターV ストリートファイターV

 本選でもほんだ選手とやまどぅー選手は,開始早々に1・2フィニッシュの体勢を作り出した。とにかく安定した走りで崩れることなく快走し,東軍が合計タイム16分00秒581で文句なしの勝利となった。

ストリートファイターV ストリートファイターV
ストリートファイターV ストリートファイターV
ストリートファイターV ストリートファイターV


最後までボールに食らいつく!熱い展開の「ロケットリーグ」


 第2試合に選ばれたのは,FREE部門のロケットリーグ。東軍が「Icarus」のYuhi選手Shinozaki Akira選手,ドレックス選手。西軍は「むきむきぼんぼん」のkh選手ねもと選手みくみく選手という布陣だ。

ストリートファイターV

ストリートファイターV
左から,東軍代表のYuhi選手,Shinozaki Akira選手,ドレックス選手
ストリートファイターV
左から,西軍代表のkh選手,ねもと選手,みくみく選手

 1セット目は両軍互いに譲らず,1対1のスコアで残り時間がゼロになってしまう。しかし,本作は時間が切れても,ボールが地面に落ちるまで試合は終わらない。ここで,東軍のYuhi選手が空中のボールに食らいついてシュートを決め,東軍に勝利をもたらした。

ストリートファイターV

 続く2セット目は西軍が奮戦。東軍が全員攻め上がった所にみくみく選手がカウンターを決めるなどの活躍を見せ,西軍が星を取り返す。

ストリートファイターV ストリートファイターV

 運命の3セット目は途中まで1対1の互角だったが,残り50秒でドレックス選手,29秒でShinozaki Akira選手が連続でゴールを決めて東軍がリード。しかし,この快進撃を目の当たりにしても西軍のハートは強かった。即座にみくみく選手とkh選手がやり返して一気に3対3の同点に持ち込む。試合は,先にゴールを決めた方が勝ちとなる延長戦にもつれこんだが,開幕早々にYuhi選手がシュートを決め,東軍の勝利が確定した。

ストリートファイターV ストリートファイターV
ストリートファイターV ストリートファイターV


パズルの異種格闘技戦「ぷよぷよテトリス」


 第3試合はPUZZLE部門のぷよぷよテトリスとなった。ぷよぷよとテトリスという2大落ちものパズルが同じフィールドで対戦するという本作の性質を反映し,ぷよぷよとテトリスのプレイヤーによるタッグチーム戦に。東軍は,TOM選手(ぷよぷよ)&あめみやたいよう選手(テトリス),西軍はくまちょむ選手(ぷよぷよ)&HBM選手(テトリス)が出場した。

ストリートファイターV

ストリートファイターV
左から,東軍代表のあめみやたいよう選手,TOM選手
ストリートファイターV
左から,西軍代表のくまちょむ選手,HBM選手

 1セット目は3-0で東軍の圧勝に。2セット目は西軍も一矢報い,1-1の同点で決勝ラウンドに突入した。HBM選手とTOM選手が倒れ,くまちょむ選手とあめみやたいよう選手というぷよぷよとテトリスの一騎打ちとなったが,あめみやたいよう選手が手数に優れるテトリスのメリットを活かして一気に追い込み東軍の勝利。
 これにより,3ジャンルを先取した東軍が,2016年の覇者に決定した。

ストリートファイターV ストリートファイターV
ストリートファイターV ストリートファイターV


西軍は一矢報いられるか。「ウイニングイレブン2017」


 勝敗が決しても,5部門すべての試合を行うのがRed Bull 5Gの流儀。第4試合のSPORTS部門はウイニングイレブン2017。東軍のゴンタ選手がバルセロナを,西軍のからあげ選手がMDホワイトを選択。勢いに乗る東軍と,1部門でも勝利がほしい西軍との戦いとなった。

ストリートファイターV

東軍代表のゴンタ選手(左写真)と,西軍代表からあげ選手(右写真)
ストリートファイターV ストリートファイターV

 試合はゴンタ選手がボールを支配してゲームの主導権を握り,終始攻勢を維持。さらに,ディフェンスにおいても巧みにプレスをかけてからあげ選手の得点を許さない。前半と後半で1点ずつを入れた2-0で危なげなく勝利し,これで東軍は4連勝となった。

ストリートファイターV ストリートファイターV
ストリートファイターV ストリートファイターV


「ストリートファイターV」はジャイアントキリングあり,熟練の技ありの熱戦に


 最後を飾るのは,FIGHTING部門のストリートファイターV。東軍のウメハラ選手(リュウ)とボンちゃん選手(ナッシュ)というRed Bullアスリートコンビを,西軍のガチくん選手(ラシード)とぷげら選手(キャミィ,バイソン)が迎え撃つ。

ストリートファイターV

東軍代表のウメハラ選手(左写真),ボンちゃん選手(右写真)
ストリートファイターV ストリートファイターV

西軍代表のガチくん選手(左写真),ぷげら選手(右写真)
ストリートファイターV ストリートファイターV

 2ラウンド先取の試合を1ゲームとし,2ゲーム勝利した側が1マッチを取得。先に3マッチを取った方が勝利となる形式。ただし,同じプレイヤーが連続して出場できるのは2マッチまでという制限が付くため,選手の交代が重要となる。

ストリートファイターV ストリートファイターV

 この試合で台風の目となったのは,西軍のガチくん選手だ。
 1マッチ目のウメハラ選手対ぷげら選手戦は,ウメハラ選手が勝って東軍先取となったが,2マッチ目からガチくん選手が登場。とにかく強気に攻め込むスタイルで暴れ回る。ガチくん選手は第2マッチではボンちゃん選手を,第3マッチではウメハラ選手を倒すジャイアントキリングを披露して,西軍の勝利にリーチをかけた。

ストリートファイターV ストリートファイターV
ストリートファイターV ストリートファイターV

 勢いに乗ったガチくん選手がこのまま逃げ切ってしまうと思われたが,前述したルールにより,ガチくん選手がずっと出続けるわけにはいかない。交代したぷげら選手は,必勝を期して隠し球のバイソンを投入するも,東軍のボンちゃん選手はこれを撃破し,決着は5マッチ目までもつれ込んだ。
 5マッチ目,東軍はここでウメハラ選手を出すかと思われたが,しばしの協議の末,ボンちゃん選手は続投。西軍はガチくん選手が期待を背負って再登板することに。ガチくん選手は果敢に攻撃をかけるが,ラウンドが進むにつれボンちゃん選手もこれに対応し,結果は東軍の勝利。東軍は5ジャンルをすべて制するという前代未聞の記録を打ち立て,昨年の雪辱を果たすこととなった。

ストリートファイターV ストリートファイターV

 5年目となる今年で一つの区切りを迎えたRed Bull 5G。今後については明かされていないものの,複数のゲームタイトルによる東西対抗戦というストーリーは,誰にとって分かりやすいものだけに,新たな展開も期待したいところだ。

ストリートファイターV ストリートファイターV
ストリートファイターV ストリートファイターV
各ジャンルの勝者には,プレゼンターからトロフィーが手渡された。写真左からポルノ鈴木氏(RACING),kokken氏(FREE),細山田水紀氏(PUZZLE),ブンブン丸氏(SPORTS),アール氏(FIGHTING)
ストリートファイターV

ストリートファイターV
ストリートファイターV

RED BULL 5G 2016 公式サイト

  • 関連タイトル:

    ストリートファイターV

  • 関連タイトル:

    ストリートファイターV

  • 関連タイトル:

    ウイニングイレブン 2017

  • 関連タイトル:

    ウイニングイレブン 2017

  • 関連タイトル:

    PROJECT CARS PERFECT EDITION

  • 関連タイトル:

    ロケットリーグ

  • 関連タイトル:

    ロケットリーグ 日本語版

  • 関連タイトル:

    ロケットリーグ - Game of the Year Edition

  • 関連タイトル:

    ぷよぷよテトリス

  • 関連タイトル:

    ぷよぷよテトリス

  • 関連タイトル:

    ぷよぷよテトリス

  • 関連タイトル:

    ぷよぷよテトリス

  • 関連タイトル:

    ぷよぷよテトリス

  • 関連タイトル:

    ぷよぷよテトリス

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:06月26日〜06月27日