オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
パッケージ
真・三國無双7 Empires公式サイトへ
レビューを書く
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
総勢11人の「真・三國無双」のキャストが,歌やドラマでファンを大いに盛り上げた舞台公演「真・三國無双 声優乱舞 2015夏」の模様をレポート
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2015/08/21 13:18

イベント

総勢11人の「真・三國無双」のキャストが,歌やドラマでファンを大いに盛り上げた舞台公演「真・三國無双 声優乱舞 2015夏」の模様をレポート

 コーエーテクモゲームスの人気シリーズ「真・三國無双」に出演する声優陣による公演「真・三國無双 声優乱舞 2015夏」が,2015年8月15日に,渋谷公会堂にて開催された。公演は2回行われ,本稿では昼の部の模様をレポートする。

会場の渋谷公会堂には,真夏の暑い中,大勢のファンが詰めかけていた

「真・三國無双 声優乱舞 2015夏」出演者

[出演]
中井和哉(夏侯惇)
神奈延年(曹丕)
大原 崇(荀彧)
菅沼久義(孫権・姜維)
神田朱未(練師)
小野坂昌也(趙雲)
置鮎龍太郎(司馬師)
岸尾だいすけ(司馬昭)
伊藤かな恵(王元姫)
稲田 徹(呂布)
小松里歌(貂蝉)

[演奏]
MASA(ギター)/木下洋介(ベース)

[アシスタント]
Kan(アンフィニ)
(敬称略)


 公演は,恒例の「影ナレーション」からスタート。司馬師(置鮎さん)&司馬昭(岸尾さん)兄弟と王元姫(伊藤さん)による,アドリブ込みの公演前アナウンスに客席は早くも沸いた。そして真・三國無双シリーズのサウンドクリエイターMASA氏と木下洋介氏による演奏に合わせたオープニングムービーから出演者全員が紹介されると,会場は黄色い歓声に包まれた。

撮影/大山雅夫

 今回の公演では,夏侯惇役の中井さん,荀彧役の大原さん,練師役の神田さん,貂蝉役の小松さんが初出演となり,総勢11人のキャストによる歌ありドラマありのバラエティあふれるステージとなった。趙雲役の小野坂さんを中心に「いざ,開幕!」のかけ声とともに,オープニングライブがスタート。稲田さん(呂布役)と小松さんが披露した「REASON TO FIGHT」では,曲のラストに稲田さんが小松さんを抱きしめる演出に,客席からはため息が漏れていた。

 次のコーナーでは,キャストによる朗読劇のオリジナルドラマが展開。呂布に立ち向かう反董卓連合の夏侯惇や荀彧たちの活躍や,赤壁で対峙する魏と蜀/呉の武将たちの葛藤などを,出演者がシリアスに演じていた。

 シリアスなドラマコーナーから一転,次は「チーム対抗! 趙雲(小野坂さん)の心をつかめ!!」と題したバラエティコーナーがスタート。声優陣は中井さん・大原さん・神奈さんの「チーム魏」,菅沼さん・神田さんの「チーム呉」,伊藤さん・置鮎さん・岸尾さんの「チーム晋」,そして稲田さん・小松さんの「チーム他」に分かれ,司会の小野坂さんが出題する真・三國無双シリーズにちなんだクイズに答えるというもの。解答のジャッジは小野坂さんが行い,万が一正解でなくても,小野坂さんの心に響けばポイントがもらえるという,タイトルどおりのルールで行われた。

撮影/大山雅夫

 1問目は「呂布の愛馬セキト,漢字では赤い●と書く。●の中に入る動物をイラストで描いてください」という,出演者やファンならば常識的な問題が出題。正解を書かなくてもいいというルールから,1問目からほぼ全チームがネタに走ってしまう始末で,チーム魏とチーム呉が,「赤い」という部分にかけて「狐」と解答が被る中,チーム晋は「セキトだから,セキトモ(関 智一)さん」と,フリップに(関さんが演じる)ス○夫に似たキャラクターを描き,客席を爆笑に包んだ。正解はもちろん「兎」で,唯一ネタに走らなかったチーム他がポイントをゲットした。

 そして2問目は「各チーム全員でここだけの新しい無双乱舞をポージングで表現してください」というもの。こちらも「アテナエクスなんとか」や「アパッチのなんとか」など,どこかで見たことのあるポーズの無双乱舞が連発。小野坂さんは「公演のDVDが出てたときに,カットされちゃうから!」と,暴走気味のチームに突っ込みを入れつつ,独自基準の採点により,最終的に呉チームが優勝をおさめた。

 続く朗読劇によるオリジナルドラマ第2部は,前半に行われたシリアスなドラマから一転,「捜索大作戦・兄上はどこに!?」と題したコメディドラマが展開された。
 いなくなってしまった司馬師を探す司馬昭たちの様子を描くドラマでは,各々が演じるほかのキャラクターをアドリブで交えながら,出演者が客席に降りて来場者とコミュニケーションする演出も盛り込まれた。「肉まんを買いに行って,パンダと格闘していた」という司馬師も客席から登場し,来場者を大いに喜ばせた。

 そして公演の最後は「THE ULTIMATE LIVE」と銘打たれたライブパートに突入。総立ちとなった客席は,武将たちの勢力の色に合わせたカラフルなスティックライトで彩られた。

撮影/大山雅夫

「THE ULTIMATE LIVE」セットリスト

1:「FROM YOU TO US」司馬師(置鮎龍太郎)
2:「Ends-Ways-Means」荀彧(大原 崇)
3:「PUNISH YOU」王元姫(伊藤かな恵)
4:「Carry on」孫権(菅沼久義)
5:「SOUL TO SOUL」(置鮎龍太郎&岸尾だいすけ)

アンコール
1:「Silent Phoenix」曹丕(神奈延年)
2:「MISSION」趙雲&姜維(小野坂昌也&菅沼久義)
(敬称略)


 アンコールの「Silent Phoenix」で,神奈さんは自らギターを演奏。そしてラストの「MISSION」では,小野坂さんと菅沼さんが殺陣や振り付けを披露し,「Go Fight!!」「Get Up!!」のフレーズで会場の盛り上がりは最高潮へと到達。大歓声と拍手に包まれ,約2時間30分のステージは終了となった。なお,この公演の模様を収めたライブビデオは,2015年11月12日にGAMECITY先行豪華版の発売が予定されている。

物販コーナーも大盛況。会場限定のパンフレットやCD,そして「真・三國無双くじ」などが人気だった
  • 関連タイトル:

    真・三國無双7 Empires

  • 関連タイトル:

    真・三國無双7 Empires

  • 関連タイトル:

    真・三國無双7 Empires

  • 関連タイトル:

    真・三國無双7 Empires

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:06月15日〜06月16日