オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
crossbeats REV. SUNRISE公式サイトへ
読者の評価
45
投稿数:4
レビューを投稿する
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
「crossbeats REV.」は最初からアーケードを目指して作ったタイトル――プロデューサーNAOKI氏にJAEPO会場で話を聞いてみた
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2015/02/26 10:00

イベント

「crossbeats REV.」は最初からアーケードを目指して作ったタイトル――プロデューサーNAOKI氏にJAEPO会場で話を聞いてみた

 2015年2月13日と14日に開催された「ジャパン アミューズメント エキスポ2015」のカプコンブースでは新作リズムゲーム「crossbeats REV.」が出展されており,同作にまつわるさまざまなイベントが催されていた。


「crossbeats REV.」公式サイト


 「crossbeats REV.」はiOS用リズムゲーム「CROSS×BEATS」をベースにしたアーケード版。音ゲーファンにはなじみ深いNAOKI MAEDA氏がシリーズプロデューサーを務めており,注目度の高いタイトルと言える。
 本稿では,同社ブースで開催されたステージやライブイベントの模様を写真でお届けすると共に,アーケード版の開発経緯などを聞いたNAOKI MAEDA氏へのインタビューを掲載しよう。数々のリズムゲームを手がけてきた氏に,本シリーズにかける想いなども語ってもらったので,ファンはぜひご一読願いたい。

カプコンブースでは,ハイスコアバトルからDJイベントまで,2日間にわたって数多くのイベントが行われた

JAEPO2015初日には,(写真左から)アイドルの仙石みなみさん,根岸愛さん,藤本結衣さんがゲストとして駆け付け,スペシャル大会に華を添えた
crossbeats REV. SUNRISE

crossbeats REV. SUNRISE crossbeats REV. SUNRISE
一般公開日には,本作に楽曲を提供するアーティストたちが集い,NAOKI氏と音楽トークを繰り広げる一幕も
crossbeats REV. SUNRISE

(写真左から)SLAKE氏,Z pinkpong氏,yamajet氏、Kent Alexander氏が登壇したスペシャルステージ。観客からの質問に答えるコーナーでは,「パンツの色は何色ですか?」といった質問まで拾い,もはやお笑いトークライブと化していた
crossbeats REV. SUNRISE

観客参加型のスペシャルハイスコアバトルでは,稼働前にも関わらずスゴ腕のプレイヤーたちが華麗なプレイを披露。MASTER譜面のフルコンボ達成者まで現れ,会場は大喝采となった
crossbeats REV. SUNRISE

crossbeats REV. SUNRISE crossbeats REV. SUNRISE
crossbeats REV. SUNRISE crossbeats REV. SUNRISE
2度にわたり行われたDJイベントでは,多数の楽曲提供アーティスト達が出演。CROSS×BEATS収録楽曲を含むサウンドで,ステージを盛り上げた
crossbeats REV. SUNRISE


CROSS×BEATSはもともとアーケード向けタイトルだった――NAOKI MAEDA氏ミニインタビュー


4Gamer:
 お時間をいただきありがとうございます。「crossbeats REV.」はiOS用の「CROSS×BEATS」をアーケード化したタイトルとのことですが,どういった経緯でアーケード版を作ることになったのでしょうか。

カプコン 「crossbeats REV.」プロデューサー NAOKI MAEDA氏
NAOKI MAEDA氏(以下,NAOKI氏):
 知ってる人は知ってると思いますが,僕は元々アーケード畑の人間でして,iOS用の「CROSS×BEATS」も最初はアーケード向けに企画したタイトルだったんです。とはいえ,アーケードに挑戦するためには,まずはその体制を整えなくてはならなかったんですね。

4Gamer:
 ええ,よく分かるお話です。

NAOKI氏:
 そんな中,どうも色々調べて分析してみると,音ゲー好きの若い人達は,コンシューマゲーム機よりもスマホで遊ぶことが多いというのが分かってきた。そこで,まずはアプリに挑戦してみようと思ったんです。

4Gamer:
 タッチパネルは音ゲーとも相性が良いですし。

NAOKI氏:
 そう。そういう狙いで2013年12月にリリースしたのが,iOS版の「CROSS×BEATS」です。クオリティを重視して,アーケードライクなリッチな音ゲーでありたいというのが,このゲームの理念です。

4Gamer:
 反響はいかがでしたか?

NAOKI氏:
 本格的なリッチコンテンツアプリ開発は初ということもあって,プレイヤーの皆さんからご指南をいただきながらの1年になりました。日々ご意見が寄せられるなかで,ある時から「アーケードでも遊びたい」という声もいただくようになり,それが元になって制作がスタートしたのがアーケード版の「crossbeats REV.」なんです。

4Gamer:
 ようやくアーケードに切り込んでいく体制が整ったと。では,そんな「crossbeats REV.」のコンセプトというと,何になるでしょうか。

NAOKI氏:
 「crossbeats REV.」は,分かる人に分かってもらいたく,そんな方に末永く楽しんでもらいたい,というのがコンセプトです。

4Gamer:
 コアプレイヤー向けということですか?

NAOKI氏:
 コアプレイヤーだけと言うと,ニュアンスが少し足らないかもです。アーケードには色々なプレイヤーがいますし,既にいろいろな音ゲーがありますよね。その中に,「crossbeats REV.」という,趣向性の濃い音ゲーがあってもいいんじゃないか? ってことなんです。

4Gamer:
 つまり,通好みの個性的なタイトルでありたいと?

NAOKI氏:
 そうです。操作性や世界観,そして音楽ゲームのプレイフィールドのベースとなる音楽についても,「crossbeats REV.ならでは」であることを重視しています。楽曲の選定にあたっては,クオリティはもちろん,作り手の高い熱量が大事だと僕は思っています。匠であるべき,とでも言いましょうか。

crossbeats REV. SUNRISE

4Gamer:
  なるほど。

NAOKI氏:
 僕はすごく音楽家の側面が強い人間でもあり,「音楽」となるとどうしても深堀りして,マニアックになってしまいます。でも音楽にしろゲームにしろ,深い造詣を持っている人って,見る目もすごく厳しいじゃないですか? クリエイターとして,その厳しさに耐え得る良い作品を作っていきたい。そうして音ゲー文化をもっと進化させて広げたい。これが僕のアイデンティティでもあるんですよ。

4Gamer:
 長年音ゲーに関わって来られたNAOKIさんらしいお言葉ですね。ところで,「crossbeats REV.」のゲームプレイ部分は,「CROSS×BEATS」をそのまま踏襲する形ですよね。これは何か狙いがあるのでしょうか。

NAOKI氏:
 先にも話したとおり,「CROSS×BEATS」自体がアーケードを目標に作ったものだったので,iOS版のマネタイズ部分を除くゲームデザインは,そのままアーケードにもハマるはず,という信念があるんです。アプリゲームなのに,アーケードのようなシビアな判定を盛り込んだりと,細部は作り込んでいましたし。

4Gamer:
 言われてみると,「CROSS×BEATS」は判定は厳しめだった気がします。ではiOS版で慣らしてから,アーケード版に挑戦するというのも良いかもしれませんね。

crossbeats REV. SUNRISE crossbeats REV. SUNRISE

NAOKI氏:
 そうですね。実は「crossbeats REV.」ならではの要素をさまざま想定してまして,その1つがアプリとアーケードの連動なんです。両メディアでの“密なる連動”を通じて,今までありそうで,無かった新たな遊びの回遊を感じてもらいたいんです。

4Gamer:
 密なる連動とは?

NAOKI氏:
 まだまだ多くは語れないんですが,例えばアプリで楽曲を解禁したとしますよね。そうなればアーケードでもやりたいじゃないですか? もちろんその逆もしかりで……こういった流れによって,新たな回遊を実現したいと思っているんです。イベントなんかも密に連動することで,アプリとアーケードをしっかりコネクトしたいと思っています。

4Gamer:
 「crossbeats REV.」自体からはちょっと離れますが,NAOKIさんが考えるアーケードの音ゲーの良さって,どんなところでしょうか。

crossbeats REV. SUNRISE
NAOKI氏:
 これはすごく個人的な考えなんですけど,音楽のライブやコンサートってすごいじゃないですか。大音量で,演者と観客が一緒になって創り上げる生の臨場感! 恐らくゲーセンの音ゲーも,それと同じ特性を持っているんじゃないかなと。

4Gamer:
 ライブ感ですね。

NAOKI氏:
 やっぱり,スマホやコンシューマゲーム機だと,ゲーセンのあのライブ感はどうしても味わえないですね。だからアーケードでは,音ゲーの人気が高く,未だ新タイトルが精力的にリリースされ続けている,と思っています。

4Gamer:
 分かりました。最後に本作に期待している読者に向けてメッセージをいただけますか。

NAOKI氏:
 はい。カプコン初のアーケード向け本格リズムゲームである「crossbeats REV.」は,楽曲はもちろん,目に見えないところまでとことんこだわり抜いた,匠の音楽ゲームとして制作を進めています。末永くプレイいただけるタイトルになると思いますので,2015年夏の稼働を楽しみにしていてください。

4Gamer:
 本日はありがとうございました。

crossbeats REV. SUNRISE

「crossbeats REV.」公式サイト

  • 関連タイトル:

    crossbeats REV. SUNRISE

  • 関連タイトル:

    CROSS×BEATS

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:12月13日〜12月14日