オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
龍が如く 極公式サイトへ
読者の評価
60
投稿数:1
レビューを投稿する
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
「龍が如く」のリアル捜査ゲーム「100億の少女誘拐事件」記者発表会&体験ツアーをレポート。桐生一馬とともに歌舞伎町を探索しよう
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2018/07/20 12:06

イベント

「龍が如く」のリアル捜査ゲーム「100億の少女誘拐事件」記者発表会&体験ツアーをレポート。桐生一馬とともに歌舞伎町を探索しよう

龍が如く 極
 2018年7月18日,セガゲームスの人気タイトル「龍が如く」シリーズと,SCRAPが展開しているリアル捜査ゲーム「歌舞伎町探偵セブン」のコラボレーションによるリアル体験型ゲームイベント「100億の少女誘拐事件」の記者発表会及びメディア向け体験ツアーが,新宿歌舞伎町の東京ミステリーサーカスにて開催された。

 記者発表会には,セガゲームスから「龍が如く」シリーズのチーフプロデューサー 横山昌義氏とプロデューサー 佐藤大輔氏,そして,このゲームイベントの企画・制作を手掛けるSCRAPの代表取締役社長 加藤隆生氏が登壇し,その詳細を解説した。


左からSCRAP 加藤隆生氏,セガゲームス 横山昌義氏佐藤大輔氏

 ゲームイベント「100億の少女誘拐事件」は,街を実際に歩いて捜査を楽しむ「歌舞伎町探偵セブン」に,「龍が如く」の世界観や登場人物を融合させたものだ。プレイヤーは新人探偵となって,歌舞伎町を実際に歩き,100億の少女を巡る事件の捜査に挑むという内容になっている。

 SCRAPの加藤氏は「『龍が如く』とコラボがしたくて,歌舞伎町が舞台のリアル捜査ゲームを作った」と言うほど,今回のコラボの相性の良さをアピール。
 一方,横山氏は「自分たちでゲームを作るのと監修するのでは毛色が違って難しい」と語り,リアル捜査ゲーム自体が一体どういうものなのかをまだ掴めていない段階では,本当に面白くなるか不安があったという。しかし,横山氏に上がってきた企画は,しっかりと「龍が如く」のイメージを掴んだ面白いものになっていて,以降はトントン拍子で作業が進んだとのことだ。
 横山氏と佐藤氏も実際に今回のリアル捜査ゲームを体験済みで,「想像以上に『龍が如く』になっていて,新しい体験だった」とその感想を述べ,横山氏は会う人々に勧めているとか。


 トークでは,「リアルヒートアクション」が話題に。これはゲーム中にとある場所で体験できる演出で,加藤氏は「あの茶番感はすごい(笑)」と笑うものの,実はこういった所で使われている映像や音声なども,今回のためにイチから作ったものだという。横山氏いわく「大人が真剣に悪ふざけをしているのが楽しい,という部分が前面に押し出された内容だったので,そのノリで行くならうちも乗りますよ」と,惜しまずに協力したそうだ。

龍が如く 極

 ここで檀上にはゲストとして,桐生一馬役の黒田崇矢さんと,龍が如くシリーズのものまね芸を得意としている芸人のNOモーション。が登場した。

左から黒田崇矢さん,NOモーション。の矢野ともゆき。さん星ノこてつ。さん。矢野さんは桐生のモノマネを披露したものの,黒田さんや横山氏からダメ出しされていた

 今回,黒田さんは新たに桐生の声を収録している。アフレコはおかしなセリフも含めてゲームの雰囲気そのままで,スッと入り込むことができたと述べる。黒田さん自身もこの手のゲームをやるのは初めてで,説明を聞いた段階ではあまり理解できなかったそうだが,実際に体験してみると思わず声が出るほど本気で楽しめる完成度だったと絶賛していた。


 NOモーション。の2人は,登壇時と同じ衣装でゲームを体験し,「僕と本物の桐生さん,2人で捜査をしているような気分になれた」とコメント。ゲーム中はLINEの登録をすることで,桐生からメッセージが入るような演出もあり,セリフを真似ながら楽しんだとも語っていた。
 ちなみに桐生と真島の衣装で歌舞伎町を歩いていると,多くの人に声をかけられたそうで,「龍が如く」の浸透ぶりを実感したという。


 その後は登壇者への質疑応答も行われた。既存のゲームIPをリアルゲーム化するにあたり,気をつける点を尋ねられた加藤氏は,「ゲームの中で体験したことを,現実の空間で体験し直すというのが目的。そこで懐かしさを感じるだけでなく,過去の体験が新しい感情になってよみがえり,改めて感動できるのが醍醐味」と返答。
 またリアルゲームの時代設定に関しては,「時代背景は考えずに作ってほしいとオーダーした」と横山氏は語る。今回のリアル捜査ゲームは,「龍が如く」のコアなファンがプレイすることを想定していて,時間軸を合わせようとすればするほど矛盾が出てしまうので,そういった部分を気にせず楽しく遊べるように時代設定はしなかったと答えていた。


実在のスナックや雑居ビル,ゲームの舞台は歌舞伎町全体


 ここからはリアル捜査ゲーム「100億の少女誘拐事件」の概要について,捜査をする現地の写真などを交えて紹介していこう。
 開催期間は2018年7月19日以降の毎日で,想定プレイ時間は2時間程度となっている。料金は専用バインダー付きが2500円(税込),過去に歌舞伎町探偵セブンをプレイしたことがありバインダーを持っている人は2000円(税込)となっている。
 エントリーは当日も行っているが,先にほかのプレイヤーがいた場合は,待たなければならないこともある。2か月前から予約可能なので,確実に遊びたいという人は日取りを決めて予約しておくと確実だ。

歌舞伎町にある東京ミステリーサーカス。「龍が如く」のリアル捜査ゲームの舞台にふさわしい場所にある

2階にはセブン探偵事務所専用の受付があるので,こちらで申込みをしよう

 東京ミステリーサーカスの2階で受付を済ませたら,専用のバインダーと捜査資料をもらい,そこに書いてある指示やSNS「ツイッカー」の情報を元に捜査を進め,目的の場所や人物などを見つけて,さらなる情報を入手していく。
 マップに書かれている実在の店舗や施設は運営と提携していて,営業中のそれらの場所に入り,指示通りに行動すると,情報を入手できるという仕組みだ。桐生一馬もどこかでプレイヤーと出会い,ともに捜査をしてくれるらしい。

歌舞伎町探偵セブン専用のバインダー。「龍が如く」のほかにもシナリオがあり,そちらを体験したときにもらったバインダーも使用できる

捜査資料には,目的地の地図や人物に関するヒントがあるので,それを元に街を歩いて捜査を進めよう

歌舞伎町のとあるスナック。ゲームで実際に訪れる場所の1つだ

 それぞれのスポットには,ゲームの登場人物に扮したキャストがいて,ゲームと同様,プレイヤーに対応してくれる。そこから新たな情報を入手できるという仕組みだ。訪れる店舗は実際に営業をしているので,場合によっては本物のお客さんがいる中でのリアルな体験ができる。もちろんドリンクやフードなどを注文するのもOKだ。

登場人物は探偵であるプレイヤーに対して,何か要望を言ってくるかもしれない。それにこたえてあげると,新情報が手に入るかも?

 ゲーム中はセブン探偵事務所の所長や,桐生一馬などとLINEを使ったやりとりがあり,プレイにはスマートフォンとLINEアカウントが必須となる。捜査資料に書かれているQRコードからLINE IDを登録し,相手に対して特定のワードを送ることで,返答やヒントなどが返信される仕組みだ。
 ちなみに桐生のLINEに対して,捜査とは直接関係のない,「龍が如く」に関連するワードなどを送ると,面白い答えが返ってくるという演出もあるそうだ。

トークでも話題に上がったリアルヒートアクション。チンピラを殴って右上に見えるヒートゲージを上げていくと……?

 体験ツアーの終了後,今回のリアル捜査ゲームを先行体験した一般のファンに向けてのトークショーが行われた。


 来場者と同様に,実際にゲームを体験した横山氏は,最初は小っ恥ずかしい気分とともに,キャラクターを演じるキャストの様子を厳しく見てしまい,職業病が出てしまったという。ただ,ゲームを進めるうちにそういう気分は消えて,最後は楽しくなっていたと語る。横山氏は「ディズニーランドと同じで,行く前は冷静だったのが,帰りはミッキーのカチューシャを着けていたあの気分」と喩え,「楽しいものには取り込まれてしまうんだなと思った」と感想を述べていた。

岩元辰郎氏によるキャラクターイラスト。セガゲームス以外の第三者が公式のキャラクターイラストを手掛けるのは,「龍が如く0」特典冊子の表紙以来とのこと

 今回のリアル捜査ゲームでは,一般人が普段あまり足を踏み入れることのない雑居ビルなども舞台となっていて,そこに入れるのも醍醐味だと黒田さん。開発陣も企画を持ち込まれたときに,最初は安全面を心配したそうだが,舞台となる物件選びは不動産会社などに相談し,一般人が入っても大丈夫な場所を選んだと加藤氏は答えている。ゲームは夜の時間帯(平日と土曜は20:30,日曜は20:00まで)も体験が可能で,昼とはまた違った雰囲気を味わえるそうだ。
 横山氏は,こうした異色のコラボは,今だからこそ実現できたとも語る。それこそ「龍が如く」の初期シリーズは,さまざまな事情で歌舞伎町の取材さえもままならないころで,ゲーム中でも歌舞伎町を名乗れない事情などもあったという。「現在,歌舞伎町は夜も安心して歩けるようになり,歌舞伎町と神室町をリンクさせることができる時代になった。それが今回のリアル捜査ゲームを生み出したということを改めて感じた」と横山氏は述べ,トークを締めくくった。


「龍が如く×歌舞伎町探偵セブン 100億の少女誘拐事件」公式サイト


龍が如く×歌舞伎町探偵セブン『100 億の少女誘拐事件』概要

これは探偵となったあなたが、実際に歌舞伎町を巡り事件を解き明かす体験型ゲームイベントです。

【ストーリー】
歌舞伎町では名の知れた「セブン探偵事務所」
そこには元ヤクザのラビットをはじめ、あらゆる事件を解決し悪人に恐れられる探偵達がいる。
一方、裏社会で数々の伝説を創って来た男、桐生一馬。
今は堅気として生きる彼もまた、多くの人々で賑わう町、新宿・歌舞伎町にいた。
裏社会と縁を切った過去がある、似た境遇を持つ二人の男。ラビットと桐生。
ある日起こった「100 億の少女」を巡る事件は、交わることのなかった二人の男を繋げていった。
あなたは探偵セブンの新人探偵として、人間の欲望・愛・人情に触れながら事件を解決していく。

【イベント公式ウェブサイト】
https://mysterycircus.jp/tanteiseven/ryu-ga-gotoku/

【公演日程】
2018年7月19日(木)〜

【チケット料金】
バインダー付きチケット:2,500円
通常チケット:2,000円

<チケット発売>
・少年探偵SCRAP団員先行発売
6月23日(土)12:00〜6月29日(金)23:59

・一般発売
6月30日(土)12:00〜

※前売・当日共に料金は一律。
※前売券が完売した場合、当日券の販売は行いません。
※バインダー付きチケットにはゲームに必要なバインダーがつきます。
※初めてプレイされる方はバインダー付きチケットをご購入ください。
※初めてプレイされる方で通常チケットをご購入された方は当日受付にて差額分500円をお支払いいただきます。


【プレイ形式】
  • 制限時間:なし
  • 想定プレイ時間:120 分程度
  • プレイ可能時間:平日:12:10〜22:00(受付終了:19:30 チェックポイント終了:20:00)
    土:10:10〜22:00(受付終了:19:30 チェックポイント終了:20:00)
    日祝:10:10〜22:00(受付終了:17:50 チェックポイント終了:20:00)
    ※22時以降は全ての施設及びチェックポイントがご利用いただけません。
  • チーム人数:1 人〜何人でも
  • 場所:屋外・屋内
  • スタート:順次スタート

【グッズ】

・ステッカーシート A5サイズ 全1種 500円(税込)
龍が如く 極

クリアファイル A4サイズ 全2種 500円(税込)
龍が如く 極 龍が如く 極

アクリルキーホルダー 約30mm×100mm 全2種 800円(税込)
龍が如く 極 龍が如く 極

缶バッジ 44mm 全4種 300円(税込)
龍が如く 極 龍が如く 極
龍が如く 極 龍が如く 極

※ランダム販売となります。
※購入後の交換・返品は致しかねますので予めご了承ください。


ロックグラス 全1種 2800円(税込)
龍が如く 極 龍が如く 極 龍が如く 極
  • 関連タイトル:

    龍が如く 極

  • 関連タイトル:

    龍が如く 極

  • 関連タイトル:

    龍が如く 極2

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:12月16日〜12月17日