オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
Mosh Pit Simulator公式サイトへ
  • 発売日:2019/01/15
  • 価格:未定
レビューを書く
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
[gamescom]マネキン風のグニャグニャ人間を好きなようにできるVRバカゲー「Mosh Pit Simulator」。その斬新なアイデアとは
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2016/08/20 12:16

イベント

[gamescom]マネキン風のグニャグニャ人間を好きなようにできるVRバカゲー「Mosh Pit Simulator」。その斬新なアイデアとは

本業は英語教師というソス・ソソウスキー氏は,ポーランドのインディーズゲーム開発者の中で頭角を現しつつあるという
 ポーランド出身のソス・ソソウスキー(Sos Sosowski)氏が開発を手掛けるVR専用の物理シミュレーションゲーム「Mosh Pit Simulator」のプレイアブルデモを,gamescom 2016のポーランドブースでチェックしてきたので紹介しよう。

 HTC ViveとOculus Riftでの発売が予定されている「Mosh Pit Simulator」の“モッシュピット”とは,ヘビメタなどのコンサートで自分の興奮度を表現するために,グルグルと走り回ったりジャンプしたりしながら周囲とぶつかり合う様子を表現したスラングだ。
 本作においては, “モッシュピット・ヒューマン”と呼ばれるマネキン風のグニャグニャ人間たちが,プレイヤーの周囲に集まってくるという奇妙な設定になっており,プレイヤーは鬱陶しい奴らを投げ付けたり痛めつけたりしながら,大した目的もなく街の破壊を続けていく。

 今回のデモは,gamescom 2016に間に合わせるために必死で作り上げていたというα版程度のもので,最初はスイミングプールに出現する1体のモッシュピット・ヒューマンの,臀部に手を差し込むようにして掴み上げるというチュートリアルから始まる。


 人体などの重さは計算されていないために,果たしてこれを「物理シミュレーション」と言って良いのかどうかは分からないが,彼らはちょっとした衝撃で顎が外れるように伸び,手足が妙な方向にねじ曲がる。
 ソソウスキー氏は「キャラクターモデルの関節を増やし過ぎちゃったので減らさないと……」などと話していたが,このモッシュピット・ヒューマンの在り様が本作の基盤になっているとも言えるため,修正するつもりはないかもしれない。こういう奇妙なゲームを作る開発者たちの解説は,本当かジョークなのかが分かりにくいことが多いのだ。

Mosh Pit Simulator Mosh Pit Simulator

 この後はシーンが変わって,スピーカーやアンプが積まれた場所が出現する。モッシュピット・ヒューマンたちは常時5〜6体がまとわりついてきて,何度投げ飛ばしても新しいものが次々と湧いてくるので,なかなかしつこい。ちなみに,ヘビメタなどのBGMはなく,ピョコピョコと素っ頓狂なリズムが反復されているだけの,ちょっといらつく音楽しか用意されていなかった。
 ここでなぜか急にテレビが降って来たのだが,そこに映っているのがソソウスキー氏自身で,隣でゲームの解説している姿がライブ中継されている。これは,「Mosh Pit Simulator」のデモをプレイしていたノートPCのカメラを使ってゲーム内にリアルタイムで取り込んでいるもので,ソソウスキー氏は「ちゃんとしたチュートリアルを作る暇がなかったので,自分を登場させて解説しているのです」と説明していた。ゲーム外の人とコミュニケーションできるというアイデアは非常に面白く,これだけでもVRゲームの新しい表現法として確立できそうだ。デモを見ていた人々も,この部分には驚いている人も多かった。

 デモでは至るところに設置されたテレビの中のソソウスキー氏に指示されるままに,コンサート会場から運搬カートをかっさらって逃げ出し,住宅街の通りを直進していった。ちなみに,交差点では,乗用車やバスはいいとして,なぜか巨大なタンカーまでが往来している。しかし,モッシュピット・ヒューマン同様に重量要素はないようで,プレイヤーにぶつかると横転してしまい,モッシュピット・ヒューマンを投げ付けるとバスであっても飛んで行ってしまった。

Mosh Pit Simulator Mosh Pit Simulator

 最後は交差点の真ん中に立ちはだかるプレイヤーにモッシュピット・ヒューマンが襲い掛かってくる。そこでプレイヤーが両手を上げることでフォース(のようなもの)がみなぎり,手を触れずにオブジェクトを遠くに飛ばし,高層ビルをドミノのように次々と倒すといった,ギミックが紹介された。この要素は,今後「Mosh Pit Simulator」がどのようなゲームになっていくのかを示唆する内容かもしれない。

 ソソウスキー氏によると,2016年内にはアーリーアクセス版をリリースしたいとのことだったが,何にせよ1人で制作するゲームであるために,そのスケジュールは非常にあいまいな状態であるようだ。すでにゲラゲラ笑いながら楽しめるVRデモにはなっているものの,「Goat Simulator」のような人気タイトルに進化していくのかどうか,その成長を楽しみにしたい。

Mosh Pit Simulator

「Mosh Pit Simulator」公式サイト

4Gamerのgamescom 2016記事一覧ページ

  • 関連タイトル:

    Mosh Pit Simulator

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
タイトル評価ランキング
81
KENGOHAZARD2 (PC)
76
Days Gone (PS4)
76
鬼ノ哭ク邦 (PC)
74
2019年04月〜2019年10月