日本最大級の
総合ゲーム情報サイト

イベント

笑劇団・天音がパワーアップ! 「ネオロマンス・フェスタ 金色のコルダ 〜15th Anniversary〜」レポート

 2018年9月15日と16日に,「金色のコルダ」シリーズ15周年を記念したイベント「ネオロマンス・フェスタ 金色のコルダ 〜15th Anniversary〜」が,神奈川県のパシフィコ横浜にて開催された。
 15日は「コルダ3」&「コルダ4」,16日は「コルダ」&「コルダ2」と,テーマ作品が日替わりとなる本イベント。本稿では,豪華なキャスト陣とともに,シリーズの思い出を振り返るメモリアル企画やライブなどで盛り上がった15日昼の部の様子をお届けしよう。

ホールに入ると,キャラクターが描かれたのぼりと楽器が出迎えてくれる
画像(001)笑劇団・天音がパワーアップ! 「ネオロマンス・フェスタ 金色のコルダ 〜15th Anniversary〜」レポート

会場には,ファンから贈られたフラワースタンドが多数飾られていた
画像(002)笑劇団・天音がパワーアップ! 「ネオロマンス・フェスタ 金色のコルダ 〜15th Anniversary〜」レポート 画像(003)笑劇団・天音がパワーアップ! 「ネオロマンス・フェスタ 金色のコルダ 〜15th Anniversary〜」レポート

物販コーナーには,新作アイテムがずらり。また「金色のコルダ オクターヴ」の特典が展示されたエリアも
画像(004)笑劇団・天音がパワーアップ! 「ネオロマンス・フェスタ 金色のコルダ 〜15th Anniversary〜」レポート 画像(005)笑劇団・天音がパワーアップ! 「ネオロマンス・フェスタ 金色のコルダ 〜15th Anniversary〜」レポート


「ネオロマンス・フェスタ 金色のコルダ 〜15th Anniversary〜」(9月15日 昼の部)

●出演者(敬称略)
福山 潤(如月響也役)
小西克幸(如月 律役)
内田夕夜(榊 大地役)
水橋かおり(水嶋悠人役)
伊藤健太郎(八木沢雪広役)
森田成一(火積司郎役)
谷山紀章(東金千秋役)
石川英郎(土岐蓬生役)
日野 聡(冥加玲士役)
宮野真守(天宮 静役)
増田ゆき(七海宗介役)
武内駿輔(須永 巧役)
三浦祥朗(氷渡貴史役)
前野智昭(トーノ役)
千葉進歩(円城寺阿蘭役)
峯 香織(円城寺冴香役)
高木礼子(小日向かなで役)

●演奏
加賀谷綾太郎(ヴァイオリン)
田中和音(ピアノ)

●アシスタント
アンフィニ(ユーキ,Kan)

 オープニングを飾ったのは,主人公達が通っている星奏学院のテーマ曲「STELLA SOL STELLA」。福山さん,小西さん,内田さん,水橋さん,高木さんの伸びやかな声が会場全体を包み込む。
 続いてコンクールの出場校&演奏者発表のアナウンスに合わせて,キャスト陣がステージへ。天音学園高校のメンバー紹介では,冥加に心酔する氷渡役の三浦さんが日野さんに跪くなど,それぞれのキャラクターに合わせたパフォーマンスで会場を沸かせる。

画像(011)笑劇団・天音がパワーアップ! 「ネオロマンス・フェスタ 金色のコルダ 〜15th Anniversary〜」レポート

 三浦さんと武内さん司会による最初のコーナー「名場面再現コーナー」は,イベントやゲームなどから,ファンの印象に残るシーンをキャスト陣が再現するというものだ。
 最初に演じられたのは,イベント「星奏学院祭5」のドラマ「絢爛華麗? アンサンブル狂想曲」。これは響也(福山さん),東金(谷山さん),天宮(宮野さん)のファンサービスにまつわるコミカルな内容だったことから,覚えているファンも多かったようで,内容が紹介されるとすぐに客席から笑いがもれていた。

 今回の再現でも,東金プロデューサーのセリフを嫌そうに言う響也,棒読みの天宮,そんな2人に金色のハリセンを持ちつつ指導する東金による息の合った掛け合いが見れた。演技後の感想で谷山さんは,リハーサルの時点で福山さんにハリセンで叩いてもいいと言われていたという裏話を披露。どれだけ身体を張る気だと、ツッコミを入れていた。

 2つ目のシーンは「金色のコルダ3 AnotherSky feat. 函館天音学園」内のイベントである,トーノ(前野さん)の「君のために魔法を」だ。主人公の時計を直すトーノの微笑ましいシーンだが,実は彼の言動には深い意味が隠されている……。前野さんも,「詳しくは言えないが,ぜひプレイしてほしい」と話していた。

 最後はコミック「菩提樹寮のアリア―金色のコルダシリーズー」3巻に収録された,「コルダ2」と「コルダ3」のクロスオーバーストーリー。「コルダ2」は,8年前の星奏学院が舞台となっており,この物語には小学生時代の八木沢,東金,土岐が登場する。
 八木沢役の伊藤さんと東金役の谷山さんも準備をするが,今回は八木沢役を水橋さん,東金役を峯さん,土岐役を増田さんが演じるスペシャルバージョンとなった。

 再現では主人公のことが大好きな加地(宮野さん)が暴走し,ストーリーが進まないハプニングも! 水橋さんが最後の「千秋のバカ」というセリフを「加地くんのバカ」に変更するというアドリブを入れ,会場は大爆笑。
 また,「日野さん」というセリフで喜怒哀楽が表現できると,谷山さんから話を振られた宮野さんが,見事に実演して喝采を浴びた。

画像(009)笑劇団・天音がパワーアップ! 「ネオロマンス・フェスタ 金色のコルダ 〜15th Anniversary〜」レポート

 「金色のコルダ4」のドラマコーナーで扱われたのは「兄弟の想い」。東金の推薦で音楽番組のオーディションに出演することになった響也,律(小西さん),八木沢,火積(森田さん)だが,バイオリニストとして兄にコンプレックスを持つ響也は辞退すると言い出す……。そんな響也に大地(内田さん)やハル(水橋さん),須永(武内さん)達は,いかに律が彼を認めているかを語る。
 また,東金の無茶ぶりでオーディションに参加させられそうになった土岐(石川さん)が,「千秋のバカ」と名場面再現コーナーのセリフをアドリブで披露して笑わせる場面も。ドラマの後は福山さんと小西さんが歌う「BELOVED」で,さらに如月兄弟の絆を感じることができた。
 そして,内田さんによる「君のすべてを」では,光を使って大地の愛犬・モモを表現する演出でファンを楽しませてくれた。

ドラマライブ

「BELOVED」
歌:如月響也(福山さん),如月 律(小西さん)

「君のすべてを」
歌:榊 大地(内田さん)

 作品の告知コーナーには,円城寺阿蘭(千葉さん)と円城寺冴香(峯さん)の姉弟が登場。2018年9月20日に発売されるPS Vita「金色のコルダ3 フルボイス Special」&「金色のコルダ3 AnotherSky feat 神南/至誠館/天音学園」の早期購入特典である2人のエピソードについて話してくれた。
 さらに最新作「金色のコルダ オクターヴ」の最新映像が公開され,2019年2月14日に発売決定と言う情報が発表されると,会場から大きな歓声が沸き起こった。2019年も「金色のコルダ」シリーズで,ステキな音楽と恋を楽しめそうだ。

 続いては,テーマに合わせた回答をスケッチブックに書き,そこからトークを膨らませていく思い出トークコーナー。キャスト陣のシンキングタイム中は,司会の福山さんが思い出を交えた軽快なトークでつなぎ,小西さんにツッコミを入れられていた。
 最初のテーマは,アニメ「金色のコルダ Blue♪Sky」収録時の思い出。峯さんは「宮野さんの腹筋」と回答し,収録時に宮野さんが腹筋を披露してそれに触らせてもらったという裏話を披露してくれた。日野さんは,「俺のシュトルム」という冥加の印象的なセリフでファンを笑わせる。

画像(010)笑劇団・天音がパワーアップ! 「ネオロマンス・フェスタ 金色のコルダ 〜15th Anniversary〜」レポート

 「キャラクターを掴んだ瞬間」というテーマでは,三浦さんから「劇団として笑いが出た」という答えが。三浦さんが参加する前から,チームワークバツグンの笑劇団・天音が出来上がっていて,その笑いを生み出す一員になれたときにキャラを掴めたという。また,同じ天音学園の七海を演じる増田さんは「ブラックホール」というセリフを挙げ,自分も劇団・天音のメンバーなんだと実感したそうだ。主人公を担当する高木さんは,キャラクターの色やデザインからイメージを固めていったという。

 次のテーマは,「金色のコルダ3」のドラマ「再戦のとき」。かなでと円城寺姉弟が冥加に勝負を挑むコメディーテイストの物語だ。トーノに案内されて冥加と対決するために,横浜天音学園を訪れたかなで達は,前哨戦として七海と氷渡となぜかジャンケン対決をすることになる。七海とのジャンケン対決で勝利した阿蘭は,(ゲーム本編では負け続けているキャラのため)「勝ったよー」と喜びを爆発させる。日野さんと宮野さんのアドリブで2人もジャンケンし,いつもとは違う雰囲気の冥加と天宮を見ることができた。
 冥加との直接対決の場面では,バイオリニスト加賀谷綾太郎さんと,ピアニスト田中和音さん演奏による「ソルヴェイグの歌」がドラマを盛り上げる。楽器の生演奏を交えた演出も,クラシック音楽をテーマにする本作ならではだ。

 モノローグライブコーナーでは,各キャラからの愛のメッセージとともに,それぞれのキャラクターソングが披露される。アニメ「金色のコルダ Blue♪Sky」のオープニングテーマ「WINGS TO FLY」の前には,如月兄弟と各学校の部長達からがんばってきた主人公へのメッセージが聴けるというファンにはグッと来る演出が用意されていた。

モノローグライブ

「1/2」
歌:七海宗介(増田さん)

「KEEP or LOSE」
歌:氷渡貴史(三浦さん)

「It's Magicai」
歌:トーノ(前野さん)

「Laboratory Love」
歌:天宮 静(宮野さん)

「WINGS TO FLY」
歌:如月響也(福山さん),如月 律(小西さん),八木沢雪広(伊藤さん),東金千秋(谷山さん),冥加玲士(日野さん)

 各学校のコンクールに対する熱い想いがこもったセリフで,イベントは終幕を迎える。しかしいつまでも拍手は鳴りやまず,キャスト陣は再びステージに。

画像(012)笑劇団・天音がパワーアップ! 「ネオロマンス・フェスタ 金色のコルダ 〜15th Anniversary〜」レポート

 最後の挨拶で,キャスト陣は作品への深い愛とファンへの感謝を語っていた。福山さんは,「15年間皆さんのおかげでここまで来れました。15年とまとめてしまうと大きい数字ですが,特別だった1日がこうやって15年の積み重ねになってステキなことだなと痛感しております。これからも今日という特別な日に感じ,その特別な日が普通になることを願っております。また皆さんとご一緒できることを心より願っております。これからも応援よろしくお願いします」とコメント。
 最後は「コルダ3」のイメージソング「BLUE SKY BLUE」を,キャスト&客席全員で熱唱してイベントは幕を閉じた。

 20周年に向け,ますます勢いを増していく「金色のコルダ」シリーズにこれからも注目していこう。

「金色のコルダ」15周年特設サイト



注目の記事

1
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
2
★★★★★★★
3
★★★★★
4
★★★★
5
★★★★
6
★★★★
7
★★★
8
★★★
9
★★★
パッケージ
金色のコルダ オクターヴ公式サイトへ
  • コーエーテクモゲームス
  • 発売日:2019/02/14
  • 価格:ダウンロード版:7800円(+税)
    トレジャーBOX:1万2800円(+税)
    祝福のパーティBOX:3万円(+税)
    情熱のバケーションBOX:3万円(+税)
    絆が生んだ音楽の奇跡BOX〜15th Anniversary〜:5万円(+税)
レビューを書く
準備中
お気に入りタイトル/声優

タイトル/ワード名(記事数)

全件表示する
最近記事を読んだタイトル/声優

タイトル/ワード名(記事数)

全件表示する