オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
OCTOPATH TRAVELER公式サイトへ
読者の評価
86
投稿数:10
レビューを投稿する
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
「OCTOPATH TRAVELER Break, Boost and Beyond」をレポート。アレンジアルバムの楽曲に加え,新アレンジ曲がお披露目に
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2019/08/01 12:00

イベント

「OCTOPATH TRAVELER Break, Boost and Beyond」をレポート。アレンジアルバムの楽曲に加え,新アレンジ曲がお披露目に

 2019年7月28日,スクウェア・エニックスのRPG「OCTOPATH TRAVELER」PC/Nintendo Switch)の初ライブ「OCTOPATH TRAVELER Break, Boost and Beyond」が,東京・オリンパスホール八王子にて開催された。
 本ライブでは,2月に発売されたアレンジアルバム「OCTOPATH TRAVELER Arrangements -Break & Boost-」収録楽曲に加え,新たなアレンジ楽曲がゲーム映像とともに披露された。本稿では,当日行われた2公演のうち,2ndステージの模様をレポートしよう。
 また記事の終わりには,本作の音楽を担当した作曲家の西木康智氏と,奏者の皆さんのコメントも掲載している。

画像(001)「OCTOPATH TRAVELER Break, Boost and Beyond」をレポート。アレンジアルバムの楽曲に加え,新アレンジ曲がお披露目に

 本ライブでは,「Break & Boost」と同じく「OCTOPATH TRAVELER」の楽曲をアコースティックアレンジしたBreakと,ロックアレンジしたBoostの演奏が披露された。
 ライブのオープニングを飾ったのは,Boostアレンジの「OCTOPATH TRAVELER -メインテーマ-」。力強くメリハリの利いた演奏が,冒険の始まりを感じさせる。
 ピアノとヴァイオリンによるBreakアレンジの「フロストランド地方」から一転,Boostアレンジの「バトル1」ではスクリーンにゲームのバトル画面が映し出され,聴く側のテンションも上がっていく。

画像(002)「OCTOPATH TRAVELER Break, Boost and Beyond」をレポート。アレンジアルバムの楽曲に加え,新アレンジ曲がお披露目に

 ライブのMCを務めたのは,本作の音楽を担当した西木康智氏だ。西木氏は,今回のライブが実現したことについて,来場者に感謝を述べるとともに,ぜひライブならではの演奏を楽しんでほしいと語った。
 さらに西木氏は,BreakアレンジとBoostアレンジの意味を改めて説明するとともに,さらにそれらを超え,新たなアレンジを施した楽曲を加えるという意味でライブ名に“Beyond”という言葉を入れたと話していた。

西木康智氏
画像(003)「OCTOPATH TRAVELER Break, Boost and Beyond」をレポート。アレンジアルバムの楽曲に加え,新アレンジ曲がお披露目に

 続いて,Breakアレンジの3曲が室内楽形式で披露された。クラリネットが印象的な「崖下の村オアウェル」,ヴァイオリンとアコースティックギターが生み出すうねりが聴き手の心を揺さぶる「赤き断崖の集落」,そして初披露となった「学問の都アトラスダム」はピアノと弦楽器によるゆったりとしたアレンジと,それぞれ異なる方向性の演奏となっていた。

画像(004)「OCTOPATH TRAVELER Break, Boost and Beyond」をレポート。アレンジアルバムの楽曲に加え,新アレンジ曲がお披露目に

 上記3曲のアレンジを手がけ,今回のライブではピアノを弾いている森 悠也氏は,「OCTOPATH TRAVELER」の楽曲について「メロディが立っているので,僕は調理するだけでいい感じになる」とコメント。また西木氏も「森君のアレンジは難しいことをやっているけれども,シンプルに聴こえるので素晴らしい」と表現した。
 またコンサートマスターの吉田篤貴氏は,今回のライブのためにヴァイオリン2本とヴィオラ,クラリネットを用意したとのことで,「こんなに持ってくるのは初めて」と語った。今回のライブでは1曲の演奏中にヴァイオリンとクラリネットを持ち替えることもあったのだが,一瞬混乱するそうだ。

 森氏のピアノと吉田氏のヴィオラによって演奏されたBreakアレンジの「決意」のあとは,「宝物のために」「ボスバトル2」「理を司る者」の緊張感溢れるハードロック調Boostアレンジが会場に響き渡った。
 そして前半の最後を飾ったのは,こちらも初披露のアレンジとなる「キャラクターテーマメドレー Beyond」。曲名のとおり,キャラクター達のテーマがゆったりとした演奏で次々に披露された。

画像(005)「OCTOPATH TRAVELER Break, Boost and Beyond」をレポート。アレンジアルバムの楽曲に加え,新アレンジ曲がお披露目に

 後半の楽曲は,すべて初披露のアレンジが施されていた。1曲めは,弦楽器とピアノ,アコースティックギター,ドラムでメリハリの利いた展開を聴かせる「街は川と共に生きる」。次の「洞窟ダンジョン〜地下道ダンジョン」では,弦楽器とピアノが物寂しい雰囲気を表現した。
 ピアノのイントロで始まる「師匠のために」は,ギターサウンドをフィーチャーしつつ「旅路の果てに立ちはだかる者」へとつながり,不穏さを感じさせるアレンジとなっていた。

画像(006)「OCTOPATH TRAVELER Break, Boost and Beyond」をレポート。アレンジアルバムの楽曲に加え,新アレンジ曲がお披露目に

 ここでゲストとして,「OCTOPATH TRAVELER」のプロデューサーを務める高橋真志氏が登壇。高橋氏は,まだ「OCTOPATH TRAVELER」が1作品しかリリースされていない新参者のタイトルに過ぎないと言及し,にも関わらずこうしてライブに沢山のファンが駆け付けてくれたことの喜びを語った。
 また西木氏に音楽を依頼したのは2〜3年前とのこと。とくにバトル曲は,開発チームが用意した「感情曲線グラフ」なるものに沿って作っていったそうだが,西木氏の考える曲線とは異なっていて,「感情の変遷がエグいな」と思ったこともあったという。

高橋真志氏
画像(007)「OCTOPATH TRAVELER Break, Boost and Beyond」をレポート。アレンジアルバムの楽曲に加え,新アレンジ曲がお披露目に

 「バトルアドバンスト」は,スマートフォンゲーム「OCTOPATH TRAVELER 大陸の覇者」iOS/Android)からの新曲。ハードロック然としたバトル曲で,疾走感が特徴的だ。
 そしてライブ本編の最後は,「フィニスの門」と「魔神の血を継ぐ者」が立て続けに演奏され,メロディアスなギターとヴァイオリン,混沌としたピアノのフレーズが,フィニスの門にまつわる物語を思い起こさせる展開となった。

画像(008)「OCTOPATH TRAVELER Break, Boost and Beyond」をレポート。アレンジアルバムの楽曲に加え,新アレンジ曲がお披露目に

 鳴り止まない拍手の中,始まったアンコールの1曲めは,Breakアレンジの「踊子プリムロゼのテーマ」。ピアノとヴァイオリン,アコースティックギターが,プリムロゼがたどる運命を,原曲よりも情熱的に描いていく。
 アンコール2曲めは,再び「ボスバトル2」。「OCTOPATH TRAVELER」屈指の人気曲ということで,ライブ本編とは異なるBreakアレンジで披露された。
 最後の「OCTOPATH TRAVELER -メインテーマ-」も,ライブ本編と異なりボーカルバージョン。脇坂真由さんの歌声とともに,しっとり聴かせるアレンジとなっており,演奏終了後は再び会場が拍手に包まれ,ライブは幕を閉じた。
 なお,本ライブのBlu-rayは,12月18日に発売される予定だ(関連記事)。

画像(009)「OCTOPATH TRAVELER Break, Boost and Beyond」をレポート。アレンジアルバムの楽曲に加え,新アレンジ曲がお披露目に

【イベント概要】
OCTOPATH TRAVELER Break, Boost and Beyond

音楽:西木康智
演奏:吉田篤貴(Violin/Viola/Clarinet),須原 杏(Violin),内田麒麟(Cello),森 悠也(Piano/ Synthesizer),青木征洋(Gut Guitar),Seku(Electric Guitar/Acoustic Guitar),塚越 廉/Ren(Electric Guitar/Acoustic guitar),上田哲也(Bass Guitar),今井義頼(Drums)

主催:キョードー東京
協力:スクウェア・エニックス

【セットリスト】

<第一部>
01. OCTOPATH TRAVELER - メインテーマ -
Violin/Piano/Electric Guitar/Acoustic Guitar/Bass guitar/Drums

02. フロストランド地方
Viola/Piano

03. バトル1
Electric Guitar/Gut Guitar/Bass Guitar/Drums

04. 崖下の村オアウェル
Clarinet/Piano/Gut Guitar

05. 赤き断崖の集落
Violin/Cello/Gut Guitar

06. 学問の都アトラスダム
Violin/Cello/Piano

07. 決意
Viola/Piano

08. 宝物のために
Violin/Cello/Piano/Electric Guitar/Bass Guitar/Drums

09. ボスバトル2
Violin/Electric Guitar/Bass Guitar/Drums

10. 理を司る者
Violin/Cello/Electric Guitar/Bass Guitar/Drums

11. OCTOPATH Character Theme Medley Beyond
Violin/Cello/Clarinet/Piano/Acoustic Guitar/Bass Guitar/Drums

<第二部>
12. 街は川と共に生きる
Violin/Cello/Piano/Gut Guitar/Bass Guitar/Drums

13. 洞窟ダンジョン~地下道ダンジョン
Violin/Viola/Cello/Piano

14. 師匠のために
Piano/Electric Guitar/Bass Guitar/Drums

15. 旅路の果てに立ちはだかる者
Electric Guitar/Bass Guitar/Drums

16. 大陸の覇者より〜バトルアドバンスト
Violin/Cello/Piano/Electric Guitar/Bass Guitar/Drums

17. フィニスの門
Violin/Viola/Cello/Piano/Electric Guitar/Bass Guitar/Drums

18. 魔人の血を継ぐ者
Violin/Synthesizer/Electric Guitar/Bass Guitar/Drums


19. 踊り子プリムロゼのテーマ
Violin/Piano/Gut Guitar

20. Break:ボスバトル2
Violin/Cello/Piano

21. OCTOPATH TRAVELER - メインテーマ -
Violin/Clarinet/Cello/Piano/Electric Guitar/Acoustic Guitar/Bass Guitar/Drums/Vocal


■西木康智(Composer)
 アコースティックとロックのいいとこ取りという文字どおりBeyondな内容のコンサートを,バンドメンバー,関係各社,そして何より暖かいファンの方々のご声援があって無事成功させる事が出来ました。これからもオクトパストラベラーの旅路がどんどん拡がっていくよう,音楽もいろいろな試みが出来ればと思っています。引き続き応援をよろしくお願いします。

■吉田篤貴(Violin/Viola/Clarinet)
 こんなにいろんな種類の音楽を一回のステージで演奏できるのは,すごく楽しいし,それだけオクトパストラベラーの世界感が色彩豊かで,最高でした! 自分にとっては,4つの楽器の持ち替えや,ジャンル感が違う曲を弾き分けるのはチャレンジでしたが,結果ものすごく達成感を得ることができてうれしかったです。

■須原 杏(Violin)
 アコースティックの曲とロックの曲と,どちらのいいところも弾けて,楽しかったです。アレンジも素晴らしくて,とても弾きがいがありました。「OCTOPATH TRAVELER」の映像もちょっと拝見したので,このあとプレイしてみようと思っています!

■内田麒麟(Cello)
 先日1人で居酒屋に行ったんですけど,そこで刺身の盛り合わせを頼んだんです。そしたら,マグロとハマチとタコが出てきました。圧倒的にタコがおいしくて,感動してしまったんですよ。タコってこんなおいしいんだなって,すごく思いました。今回,とてつもなくエネルギッシュなサウンドのなかで,僕は同じような感動を皆さんと共有できたんじゃないかなと思っています。

■森 悠也(Piano/Synthesizer)
 ジャンルが異なる曲が交互にでてくるので,最初はわりと不安だったんです。どうしてもロック調の曲の方が音圧があるので,アコースティックとの差で盛り上がりにかける部分が出るんじゃないかなあっていう心配がありました。でも,終わってみると,このギャップが逆にメリハリになって,すごく良いステージになったと感じました。

■青木征洋(Electric Guitar)
 みんなでワイワイ低音源リフをやっている瞬間は,より笑顔で演奏できて得も言われぬ多幸感を感じました。みんな簡単な曲なんて1曲もなかったはずなんですが,リハーサルから1週間の間で,お互いのギアがはまっていく感じが楽しくて,もう終わってしまうことがさびしいなと思っています。

■Seku(Electric Guitar/Acoustic Guitar)
 私は,速弾きが大好きなので,今回のライブでたくさん速弾きができて,うれしかったです。

■塚越廉/Ren(Electric Guitar/Gut guitar)
 ゲーム音楽のライブ自体,僕は初めての経験でした。ゲーム音楽のコンサートとか,ライブで演奏することがずっと夢だったので,それが叶ってうれしかったです。「OCTOPATH TRAVELER」をプレイ中なので,曲を練習しつつ,シーンを思い出したりして,非常に感慨深かったです。アルバム制作当時はライブ開催なんて想像もしていなかったので,難しいアレンジにしてしまったのですが,ライブでも演奏できて,幸せでした。

■上田哲也(Bass Guitar)
 僕自身はゲーム音楽のコンサート,ライブをプロアマ問わず経験しているのですが,今回の公演ではメンバーの皆さんが素晴らしくて,頼りがいがあって,一緒に演奏できて非常に楽しくて幸せです。僕自身もゲームがすごく好きで,「OCTOPATH TRAVELER」もずっと注目していて,Steam版を始めたのですが,ゲームの世界を思い浮かべながら,演奏できてとても気持ち良い感じです。

■今井義頼(Drums)
 いろんな現場をやってきた中でも,ホーム感がすごいあって,みんなで助け合って作っている感じがすごくよかった。曲もすごく素敵で,スリルもあるし。リハーサルから本番まであっという間でした。もっとやりたいなあって思うところで,終わっちゃうのがさびしい。それくらい自分にとっては楽しいし,魅力的な現場でした。

Photo by 中村ユタカ
画像(010)「OCTOPATH TRAVELER Break, Boost and Beyond」をレポート。アレンジアルバムの楽曲に加え,新アレンジ曲がお披露目に
  • 関連タイトル:

    OCTOPATH TRAVELER

  • 関連タイトル:

    OCTOPATH TRAVELER

  • 関連タイトル:

    OCTOPATH TRAVELER 大陸の覇者

  • 関連タイトル:

    OCTOPATH TRAVELER 大陸の覇者

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:11月20日〜11月21日
タイトル評価ランキング
81
KENGOHAZARD2 (PC)
76
鬼ノ哭ク邦 (PC)
74
73
DEATH STRANDING (PS4)
56
Epic Seven (iPhone)
2019年05月〜2019年11月