オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
マフィア梶田の二次元が来い!:第428回「ヘルキャットに乗り込むGOHOマフィアの錬金術士」
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2018/10/30 12:00

連載

マフィア梶田の二次元が来い!:第428回「ヘルキャットに乗り込むGOHOマフィアの錬金術士」

画像(001)マフィア梶田の二次元が来い!:第428回「ヘルキャットに乗り込むGOHOマフィアの錬金術士」

アニゲラ,10月28日に文化放送メディアプラスホールにて公録イベントを行ってきました。本編でもその模様の一部が放送されますので,お楽しみに!
画像(005)マフィア梶田の二次元が来い!:第428回「ヘルキャットに乗り込むGOHOマフィアの錬金術士」
 電撃G'sマガジン.comにて大反響連載中の「GOHOマフィア!梶田くん」。今夜20:00に,第18話が掲載されます。

 すっかり気温も低くなってきましたが,寒さに震える読者さんの心に温もりをお届けするのが梶田くんの使命。今回も涙がホロリ,世界がちょっと美しく思えるような題材を取り揃えております。

 そういえば,そろそろストックも溜まってきたし単行本化に向けて動き出すタイミングかも……? どうぞ御期待ください!


ポプテピピックの作者,大川ぶくぶ氏がマフィア梶田をコミック化! 詳しくは「こちら
画像(004)マフィア梶田の二次元が来い!:第428回「ヘルキャットに乗り込むGOHOマフィアの錬金術士」

電撃G'sマガジン.com

GOHOマフィア!梶田くん



画像(002)マフィア梶田の二次元が来い!:第428回「ヘルキャットに乗り込むGOHOマフィアの錬金術士」

 「RADIO 4Gamer Tap(仮)」の第101回では,NHN PlayArtとコーエーテクモゲームスより配信中の「アトリエ オンライン 〜ブレセイルの錬金術士〜」iOS / Android)を特集。ゲストとしてマーケティング担当の新井沙織氏をお招きし,ゲームの魅力をご紹介いただきつつ実際にプレイしてきました。

 コンシューマで人気を博してきた「アトリエ」がスマホで楽しめる本作。素材収集やクラフトの魅力はそのままに,遊びやすくなり,さらにマルチプレイが可能です。過去シリーズのキャラクターも登場しますし,しっかりと作り込まれたストーリー面にも要注目ですね。

「アトリエ オンライン 〜ブレセイルの錬金術士〜」公式サイト

「アトリエ オンライン 〜ブレセイルの錬金術士〜」ダウンロードページ

「アトリエ オンライン 〜ブレセイルの錬金術士〜」ダウンロードページ



画像(003)マフィア梶田の二次元が来い!:第428回「ヘルキャットに乗り込むGOHOマフィアの錬金術士」

 前回に引き続き,第一種運転免許を取得できたマフィア梶田がマイカーを購入するというお話。オタク特有の“こだわり”から見出したのが「ダッジ・チャレンジャー」というアメ車だった……というところまでは話しましたね。

 このチャレンジャー,映画マニア的には「バニシング・ポイント」や「デス・プルーフ in グラインドハウス」で主役級の活躍をしていた車というイメージがあります。ただし,どちらも1970年式なので現行のモデルとはだいぶフォルムが違っていますが,特徴的な面構えだけは変わることなく見事に引き継がれていますね。ちなみにダッジのチャレンジャーやチャージャーというのはフィクションの世界だとアウトローが選びがちで,たいがいの末路ではボッコボコのベッコベコに大破するんですわ。縁起はよくないですな……。



 しかしながら,カッコイイものはカッコイイ。ぜひとも乗りたい。そうなると,今の日本にダッジの正規ディーラーが見つからないことなんて,些細な問題ですよね。てなわけで,選択肢はアメ車を扱っている業者に新車を輸入してもらって買う,あるいは国内に存在する在庫車から選んで買うかのどちらかしかないわけです。
 まぁ,元々新車にこだわるつもりは無かったので都内にある中古車から選ぼうと気楽に考えていたのですが,いざ探してみるとコレが思いのほか少ない! 諸々の希望条件を絞り込んだら,なんとまぁ都内には該当する車が2台しか存在しておりませんでした。一方が「R/T プラスシェイカー」,もう一方が「SRT ヘルキャット」です。正直,どちらもビジュアル面では文句無しなので迷いました。グレードとしてはヘルキャットの方が上で,価格も200万〜300万は違ってきてしまうのですが……。



 最終的に,マフィア梶田が選んだのはヘルキャットの方でした。決め手は“レッドキー”と呼ばれるアイテムの存在です。この車,なんと700馬力オーバーという一般の交通事情からすれば絶対に必要ないパワーを持っているのですが,通常のキーで起動した場合は500馬力に抑制されるんですよ。まぁ,それでも十分にアホらしいんですが,ここでレッドキーを使った場合,リミッターが解除されて限界までパワーを発揮できるんです。ロボットアニメかよ……。


 とはいえ,実のところマフィア梶田,車のパワーそのものにはあまり興味がないのです。というか,意味が分かっておりません。700馬力とか言われても,馬が700匹ってまったくピンとこないですし,やたらスピードが出ても怖いだけですし……。しっかり安全運転してゴールド免許が欲しい。
 「じゃあ,なんでヘルキャットなの!?」って。ここが大事。言いましたよね,オタク特有の“こだわり”が大事なんだと。たとえ現実的には使う機会がまったく無かったとしても「この車ならいざという時にリミッターを解除できる」というロマンにお金を出したんです!
 それと,中古車巡りには「免許取得1年未満で初心者マークですが走行距離30,000km超えで無双してます」という“なろう小説”みてぇな肩書きの中村悠一さんが付き合ってくれたんですけれども。ヘルキャットのレッドキーについて,ここぞとばかりに「梶田,トランザムは使うなよ」って言われました。そんなん「了解!トランザム!」ってなりますよね。そゆこと。


 というわけで,ほぼ即決に近い状態で購入を決めた「ダッジ・チャレンジャー SRT ヘルキャット」。この車に初心者マークを付けると話してディーラーさんに「そんなの聞いたことないです……」と,唖然とされながら諸々の手続きも済みまして。納車日が着々と迫っております。そう遠くないうちに,ヘルキャットの運転席でドヤ顔をしているマフィア梶田の姿をお見せできるはず。期待していてください!
  • 関連タイトル:

    アトリエ オンライン 〜ブレセイルの錬金術士〜

  • 関連タイトル:

    アトリエ オンライン 〜ブレセイルの錬金術士〜

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:11月15日〜11月16日