オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
北斗が如く公式サイトへ
  • セガゲームス
  • 発売日:2018/03/08
  • 価格:通常版:8390円(税別)
    世紀末プレミアムエディション:1万1390円(税別)
  • Amazonで買う
  • Yahoo!で買う
レビューを書く
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
「北斗が如く」名越稔洋氏と佐藤大輔氏が手応えを語った。原作どおりの強さで敵が登場する“原作モード”の追加も明らかに
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2018/03/08 15:56

イベント

「北斗が如く」名越稔洋氏と佐藤大輔氏が手応えを語った。原作どおりの強さで敵が登場する“原作モード”の追加も明らかに

 セガゲームスは本日(2018年3月8日),PlayStation 4用ソフト「北斗が如く」の発売を記念して,東京・セガ 秋葉原 3号館において豪華賞品が当たる抽選会を実施している(20:00終了予定)。会場には「北斗が如く」を手がけた龍が如くスタジオの総合監督を務める名越稔洋氏,同じくゼネラルプロデューサーの佐藤大輔氏が足を運び,メディア向けに囲み取材が実施された。

抽選会の会場となっているセガ 秋葉原 3号館。賞品は原 哲夫氏や名越氏,黒田崇矢さんのサイン入りポスター,「北斗が如く」のPS4用刻印パネルなど(関連記事
北斗が如く 北斗が如く

開発陣からコメントボードやファンがメッセージを書き込めるボードも設置されている
北斗が如く

ゲームに登場する「ひで武器」を実際に持てるフォトスポット。佐藤氏にモデルになってもらいました
北斗が如く

「北斗が如く」公式サイト



名越稔洋氏,佐藤大輔氏への囲み取材


――本日,「北斗が如く」の発売を迎えました。率直な感想をお願いします。

名越氏:
 とてもユニークな作品になっているので,1人でも多くの方に遊んでほしいですね。

佐藤氏:
 ようやく皆さんの手元に届けることができ,とても嬉しく思っています。どんな評価が来るのか,今からドキドキですね。

名越稔洋氏(左),佐藤大輔氏

――とくにこだわったポイントを教えてください。

名越氏:
 「龍が如く」と「北斗の拳」,それぞれのファンの方が期待されているポイントがありますし,そういう要素は入れなければならないと思っていました。加えて,意外性のあるものもたくさん入れなければならない。
 1と1を足して2にするだけでは面白くないので,2以上にするために何をすればいいのか。そのことを版元さんに確認を取りつつ,開発を進めていきました。
 お互いの今後のためにも,こういうステップを意味のあるものにしたいですね。

佐藤氏:
 「北斗が如く」は,龍が如くスタジオにしか作れないものを作る,というのが一番こだわったポイントです。
 バトルは「秘孔アクション」を軸に置いて作っているので,「龍が如く」とは違ったシステムになったのではないでしょうか。

――今後の施策を聞かせてください。

佐藤氏:
 何週間かにわたって,無料のダウンロードコンテンツを配信予定です。装備アイテムや宿星護符,ケンシロウのコスチュームなども用意されています。
 あとは“原作モード”ですね。普通のゲームは進行に応じて敵が強くなっていくものですが,このモードでは原作に登場するキャラクターの強さをそのまま反映しています。つまり,序盤や中盤に出てくる敵でも,原作で強ければゲーム中も強いということになります。

北斗が如く 北斗が如く

――とくに注目してほしいキャラクターは?

佐藤氏:
 原作のキャラクターがストーリーにどう絡んでくるのか。ぜひ見てほしいところですが,オリジナルキャラクターもすごく魅力的なので,こちらも注目してほしいですね。

――原先生との印象的なエピソードを教えてください。

名越氏:
 叱られるんじゃないかと思うくらい,こちらからは無茶なことも含めて,いろいろな提案をさせていただきました。
 ただ,我々が真面目に「北斗が如く」に取り組んでいるということが伝わったようで,そのおかげもあってか,叱られずにスムーズに制作を進められたことが逆に驚きでした。 懐の深いスタジオの方と仕事をすることで,作品の自由度も広がるので助かりましたね。

佐藤氏:
 龍が如くスタジオにしか作れない「北斗の拳」を目指したので,原作ではありえないケンシロウをたくさん提案しています。「本当に面白いものを作りたいんだ!」という思いを原先生にぶつけたら,認めていただきました。そのおかげで「北斗が如く」のような作品が作れたんだと思います。

――最後にファンへのメッセージをお願いします。

佐藤氏:
 「北斗の拳」と「龍が如く」,どちらのファンの方も楽しめる作品になっています。触ってもらったら,絶対に「面白い!」と言ってもらえる自信もあるので,ぜひ遊んでみてください。

名越氏:
 そろそろ皆さん,モンハンのストーリーも終わった頃だと思いますので(笑),このタイミングで「北斗が如く」もご検討いただけたら嬉しいですね。
 僕らもユニークなタイトルを作り続けていきたいですし,こういう作品を認めていただけたら,今後も良い意味ではっちゃけた作品を提案できます。「北斗が如く」をそのきっかけにしたいですね。

北斗が如く

「北斗が如く」公式サイト

  • 関連タイトル:

    北斗が如く

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
最新記事一覧へ新着記事10件
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:06月22日〜06月23日