オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
DMM GAMES,人類滅亡後の世界を舞台にした「Mutant Year Zero: Road to Eden」の販売を開始
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2019/05/15 18:38

ニュース

DMM GAMES,人類滅亡後の世界を舞台にした「Mutant Year Zero: Road to Eden」の販売を開始

 DMM GAMESは本日(2019年5月15日),スウェーデンのデベロッパThe Bearded Ladiesが開発したストラテジックアドベンチャー「Mutant Year Zero: Road to Eden」の販売を,DMM GAMES PC ゲームフロアで開始した。価格は3600円(税込)で,日本語にも対応している。

「Mutant Year Zero: Road to Eden」公式サイト

DMM GAMES「Mutant Year Zero: Road to Eden」販売ページ


 欧米でのパブリッシングをFuncomが担当する本作は,核戦争によって人類の大半がいなくなったというダークな未来を舞台にした作品だ。生き残った人々と戦争後に出現したミュータント達は,「アーク」と呼ばれる拠点に集まり,文明の残骸を集めて細々と暮らしている。プレイヤーは,態度の悪いアヒルや怒りっぽいイノシシなどのミュータント達でチームを組み,あるのかさえ分からない安息の地,「エデン」を求めて冒険に出ることになる。

画像(003)DMM GAMES,人類滅亡後の世界を舞台にした「Mutant Year Zero: Road to Eden」の販売を開始

 戦闘には「X-COM」シリーズ風のターン制が採用されており,敵の背後に回って不意を突いたり,戦闘を回避したりして戦っていく。キャラクターにはそれぞれ特技があり,例えばクロスボウを装備したアヒルのミュータントは長距離の戦いを得意とし,人間型の女性キャラクターは爆発物の専門家だ。スキルツリーによる成長要素も用意されており,プレイヤーはリアルタイムの探索と,戦略性の高いターンベースの戦いを繰り返しながらゲームを進めていく。

画像(005)DMM GAMES,人類滅亡後の世界を舞台にした「Mutant Year Zero: Road to Eden」の販売を開始

 The Bearded Ladiesは,「HITMAN」シリーズを制作したIO Interactiveの開発者達が設立したデベロッパで,「PAYDAY」シリーズを手がけたUlf Andersson氏も参加している。彼らの処女作となる「Mutant Year Zero: Road to Eden」は,欧米で2018年12月にリリースされており,ファンやメディアから肯定的な評価を得ており,6月にはNintendo Switch版のリリースが控えている。
 彼らの行く手に,本当に安息の地はあるのか。興味のある人は以下のリリース文を参照してほしい。

ミュータント達の指揮を執り、ポストヒューマンの地球を探検せよ。
戦略アドベンチャーゲーム
『Mutant Year Zero: Road to Eden』
DMM GAMES PCゲームフロアに登場!

合同会社DMM GAMES(本社:東京都港区、最高経営責任者 社長:村中 悠介、URL:https://games.dmm.com/)は、本日、DMM GAMES PC ゲームフロア(https://dlsoft.dmm.com/)にて、『Mutant Year Zero: Road to Eden』(販売価格:3,600円(税込))の配信を開始いたしました。ターン制の戦闘と、ストーリー、探検、ステルス、ストラテジーを組み合わせた戦術アドベンチャーゲームです。

画像(001)DMM GAMES,人類滅亡後の世界を舞台にした「Mutant Year Zero: Road to Eden」の販売を開始

製品概要
タイトル:Mutant Year Zero: Road to Eden
ジャンル:アドベンチャー
通常価格:3,600円(税込)
販売ページhttps://dlsoft.dmm.com/detail/funcom_0001/
機種:Windows 7/8/10
プレイ人数:1人
※本タイトルは日本語表記に対応しております。


概要
HITMANのデザイナーやPAYDAYの共同制作者も参加する開発チームが贈る本作は、「XCOM」シリーズ風のターン制戦闘と、リアルタイムステルス要素を組み合わせた戦術的アドベンチャーゲーム。君が探検するのはポストヒューマン世界、その世界を支配するのは大自然と…ミュータントだ。

この世界は終わる。
単に時間の問題だった。極端な気候変動、世界的な経済危機、致命的なパンデミック、そして新旧の大国間の緊張の高まり。1945年以来、初めて武力紛争で核兵器が使用された。東も西も、無数のきのこ雲が立ち上り、そして静寂が訪れた。
すべてが終わったとき、地球は静まりかえっていた。廃虚となった都市を自然が侵食し、墓場と化した誰もいない通りを風が吹き抜ける。
人間はもういない。文明の残骸を集めているのはミュータントだ。変異した人型の生き物も全くの動物も、同じように何か使える物を探し、それとも単に空腹を満たすためにさまよっている。生きていくには、君は仲間と共にゾーンの探検に出向かなければならない。
いつか地獄の真ん中で、伝説のエデン、つまり古代の安息の地を見つけるかもしれない。そこには真実があると言われている。君はそこで答えを見つけるかもしれない。
しかし、それは全てデタラメかもしれない。

画像(002)DMM GAMES,人類滅亡後の世界を舞台にした「Mutant Year Zero: Road to Eden」の販売を開始


◆ポストヒューマンの地球を探検
見捨てられた都市、崩壊した道路、荒れ果てた田舎。ポストヒューマン世界を旅しよう。評判悪く怪しげなキャラクターたちが住むネオン輝くオアシス「アーク」に戻れば、物資を補充し次の冒険の計画を立てられる。

◆ミュータントのチームを指揮
態度の悪いアヒルに、怒りっぽいイノシシ。ミュータントたちは普通のヒーローではない。ダックス、ボーミン、セルマやその他大勢のキャラクターと知り合おう。それぞれが独自の個性や視点、背景を持っている。

◆気付かれることなく接近
影に隠れて忍び寄り、争いを避けたり、不意打ちをかけたりしよう。リアルタイムステルス要素によって接近手段を自由にコントロールできる。敵のキャンプに潜入し、ミュータントチームを有利な位置に配置して敵の意表を突こう。

画像(004)DMM GAMES,人類滅亡後の世界を舞台にした「Mutant Year Zero: Road to Eden」の販売を開始

◆ミュータントをアンロック
新ミュータントや既存ミュータントの新能力をアンロックしよう。セルマの「石肌」やボーミンの「突撃」、またダックスは、クロスボウを持った身長1.2mのしゃべるアヒルでありながら、大勢の敵に気付かれることなくキャンプに忍び込むという不思議な能力がある。

◆ダイナミックな環境
環境を生かして優位に立とう。投光器を避けたり視線から隠れたり、また壊せる壁や建物をすべて爆破して大混乱を巻き起こしたりもできる。

画像(006)DMM GAMES,人類滅亡後の世界を舞台にした「Mutant Year Zero: Road to Eden」の販売を開始
画像(007)DMM GAMES,人類滅亡後の世界を舞台にした「Mutant Year Zero: Road to Eden」の販売を開始
  • 関連タイトル:

    Mutant Year Zero: Road to Eden

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:05月26日〜05月27日