オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名

募集中
LINEで4Gamerアカウントを登録
QRコードでLINEの4Gamer
アカウントを友達登録すると
月〜金の週5回,21時に厳選
ニュースをお届けします!
※購読にはLINEアプリが必要です
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

Unite Tokyo 2018

このページの最終更新日:2018/05/14 19:20

rss


キーワード

下線

[Unite 2018]キャプチャデータはもういらない! プロシージャル・キャラクターアニメーション作成ガイド

[Unite 2018]キャプチャデータはもういらない! プロシージャル・キャラクターアニメーション作成ガイド

[GamesIndustry.biz]テレビの現場でもUnityは活用されている。通行人などのMob処理を柔軟に行うために開発されたのが「SmartRig Biped」だ。歩行アニメーションをプロシージャルに生成するシステムだという。

[2018/05/14 19:20]

[Unite 2018]小中学生向けのプログラミング教室から大学まで,教育の現場におけるUnityの存在とは

[Unite 2018]小中学生向けのプログラミング教室から大学まで,教育の現場におけるUnityの存在とは

[GamesIndustry.biz]「Unite Tokyo 2018」で行われたセッションのなかから,教育機関でのUnityの活用に関する講演「Unityを教える -教育現場でのUnity活用-」の模様をレポートしよう。

[2018/05/10 17:11]

[Unite 2018]誘導ミサイルはどうやって作るのか? 基礎からCompute Shaderによる実装まで

[Unite 2018]誘導ミサイルはどうやって作るのか? 基礎からCompute Shaderによる実装まで

[GamesIndustry.biz]Unite Tokyo 2018の講演より,ユニティ・テクノロジーズ・ジャパンの安原祐二氏による「誘導ミサイル完全マスター」の模様をレポートする。第一人者がさまざまなタイプの誘導ミサイルの基礎から応用まで解説している。

[2018/05/10 00:00]

[Unite 2018]バーチャルYouTuberに魂を込め,“東雲めぐ”という魔法をかける。「AniCast!東雲めぐちゃんの魔法ができるまで」聴講レポート

[Unite 2018]バーチャルYouTuberに魂を込め,“東雲めぐ”という魔法をかける。「AniCast!東雲めぐちゃんの魔法ができるまで」聴講レポート

 ゲーム開発環境「Unity」の開発者向けイベント「Unite Tokyo 2018」が,東京国際フォーラムで開催された。最終日となる2018年5月9日には,「AniCast!東雲めぐちゃんの魔法ができるまで」と題された講演が行われ,バーチャルYouTuberに魂を込める手法などが紹介された。

[2018/05/09 18:50]

[Unite 2018]Unite Tokyo 2018基調講演レポート。Unity 2018.1の新機能や次世代エディタ環境を世界初公開

[Unite 2018]Unite Tokyo 2018基調講演レポート。Unity 2018.1の新機能や次世代エディタ環境を世界初公開

[GamesIndustry.biz]現在開催中の「Unite Tokyo 2018」から基調講演の模様をお届けしよう。最新版Unity 2018.1の詳報から次世代エディタまで盛りだくさんな話題が詰め込まれていた。

[2018/05/09 00:00]

[Unite 2018]ユニティ・テクノロジーズ・ジャパンの「Unity教育プロジェクト」とは。子ども向け教材の展開も示されたセッションをレポート

[Unite 2018]ユニティ・テクノロジーズ・ジャパンの「Unity教育プロジェクト」とは。子ども向け教材の展開も示されたセッションをレポート

 2018年5月7日から9日にかけて,ゲームエンジン「Unity」の開発者向けイベント「Unite Tokyo 2018」が東京都内で開催中だ。Unity認定試験の試験概要と試験体系などが紹介されたセッション「Unityのエデュケーション計画と認定試験+あそびのデザイン講座」をレポートする。

[2018/05/08 21:14]

[Unite 2018]リアルパックマンの開発期間はわずか2か月。軽いフットワークでゲームを作る,「とても楽しい!HoloLensとUnity,テーマパークのMRゲーム開発について」聴講レポート

[Unite 2018]リアルパックマンの開発期間はわずか2か月。軽いフットワークでゲームを作る,「とても楽しい!HoloLensとUnity,テーマパークのMRゲーム開発について」聴講レポート

 東京国際フォーラムで開催中のUnityの開発者向けフォーラム「Unite Tokyo 2018」で5月8日,「とても楽しい!HoloLensとUnity,テーマパークのMRゲーム開発について」と題された講演が行われた。「MRは現場が主役」をキーワードに,ナンジャタウンの施設を活用したMRタイトルの開発が語られた。

[2018/05/08 20:59]
さらに記事を探す

トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:05月22日〜05月23日