オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
シンアイ商会からSaitekの新作ジョイスティック「X52:DIGITAL JOYSTIC & THROTTLE」発売予定
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2004/10/28 20:10

ニュース

シンアイ商会からSaitekの新作ジョイスティック「X52:DIGITAL JOYSTIC & THROTTLE」発売予定
2004/10/28 20:10
 低価格ながら丈夫でハズレのないジョイスティックをリリースするメーカーとして,定評のあるSaitek。そのSaitekの新製品「X52:DIGITAL JOYSTIC & THROTTLE」が,国内正規代理店であるシンアイ商会から,2004年11月16日に発売される。

 X52:DIGITAL JOYSTIC & THROTTLEは,現行の「X45:DIGITAL JOYSTICK & THROTTLE」の後継製品にあたる,ジョイスティックとスロットルレバーのセット製品だ。全体的なスタイリングやボタンの配置は,ほぼX45:DIGITAL JOYSTICK & THROTTLEの設計を引き継いでいるが,新たに各種情報を表示できる「Multi-Function display」をスロットル部に搭載したことや,ボタン/ハットスイッチに青いLEDライトが埋め込まれ,暗いところでのプレイにも便利になったことなどが主要な改良点だ。また,金属パーツの使用を増やして耐久性と信頼性を向上させているのも,地味ながら重要なポイントである。

 ジョイスティック部には通常のボタン2個と金属製のトリガーボタン2個,8方向ハットスイッチ2個があるほか,3段階のロータリースイッチ1個を備え,現在の設定はLEDで表示されるようになっている。前面にある3個のレバーでは操作設定を切り替えられ,6種類の設定が保存/利用可能だ。ハンドルとボタン部分の間隔は5段階に調整できるため,自分の手の大きさに合わせられるのもポイントである。
 スロットル部では,アイドリングからアフターバーナーオンの状態まで推力を調整できるのはもちろん,2個の発射ボタンと8方向ハットスイッチ1個,ロータリースイッチ2個が搭載されている。ホイール動作も含めてマウスと同等の使い方ができるのも特徴だ。

 オープンプライスで,予想実売価格は1万5000円前後。 Force Feedback機能には対応せず,「Multi-Function display」の詳しい設定や使い方についてもまだ不明なものの,ブラックとシルバーでシャープにまとめた新デザインはなかなか格好よく,Saitek製品だけに耐久性にも期待が持てそうだ。発売を楽しみにしたい。(Guevarista)

「シンアイ商会」の公式サイトは,「こちら」
「Saitek」の公式サイトは,「こちら」




  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:08月04日〜08月05日
タイトル評価ランキング
68
64
Pokémon UNITE (Nintendo Switch)
2021年02月〜2021年08月