パッケージ
PlayStation Plus公式サイトへ
準備中
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
男色ディーノのゲイムヒヒョー ゼロ:第712回「14年前のゲイムも面白い」
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2022/12/01 11:00

連載

男色ディーノのゲイムヒヒョー ゼロ:第712回「14年前のゲイムも面白い」

画像集 No.001のサムネイル画像 / 男色ディーノのゲイムヒヒョー ゼロ:第712回「14年前のゲイムも面白い」

著者近影
画像集 No.002のサムネイル画像 / 男色ディーノのゲイムヒヒョー ゼロ:第712回「14年前のゲイムも面白い」
 W杯が面白い。日本がドイツに勝ったというのもあるけれど,ただ単にW杯というサッカーコンテンツが面白い。これ,全試合を中継しているABEMAは大勝利と言っていいんじゃなかろうか。夜中にTVをつけなくても,寝転びながらスマホで見ることができるわけですから。サッカー好きにはたまらんイベントですよ。ここまでABEMAとW杯の相性がいいとは思わなんだ。五輪とかのスポーツイベントもABEMAと相性いいかもしれないね。
 そんなこんなで最近は寝不足の日々が続いているわけです。ところで,皆さんブラックフライデーってご存じでしたか? アメリカ発の習慣で,毎年11月の第4木曜日(感謝祭)の次の日の金曜日から数日間行われるセールのことなんですってね。私,由来を知らなかったのですよ。なんとなく言葉としては知っていたんだけど,プレミアムフライデーみたいなもんかなって思っていて,あまりピンと来てなかったんですよ。でもね,けっこうエグいセールが行われたりもしていたんだなって思い知らされたという話を,今週はいたします。

 私,この連載でたびたび「PlayStation Plusに入ったほうがいいよ」ってオススメしてきたじゃないですか。実際お得だしね。でも,ちょっと前にサービスがリニューアルされて,3段階のグレードが設定されてたんですよ。
 で,私は以前より継続というか何も手続きしてなかったんで一番安価な「エッセンシャル」(税込み850円/1か月,税込み2150円/3か月,税込み5143円/12か月)だったんですね。その上には「エクストラ」(税込み1300円/1か月,税込み3600円/3か月,税込み8600円/12か月)があり,さらに上には「プレミアム」(税込み1550円/1か月,税込み4300円/3か月,税込み10250円/12か月)があるのです。
 上のグレードのサービスになればなるほど,遊べるタイトルが増えるという認識で間違っていないと思う。でも,ですよ。別に毎月のフリープレイが遊ぶことができたら,私としてはそれ以上を望まないわけです。なので,エッセンシャルのままで良かったわけです。金額の差も大きいしね。なんせエッセンシャルからプレミアムに変更すると,12か月払いでも倍近くになってしまうのですよ。これはさすがに二の足を踏んでしまうわけです。

 とまあ,ここまで説明したところでそろそろ今週の主役,ブラックフライデーさんにご登場いただきましょう。いや先日,PlayStation Storeでブラックフライデーセールが行われておりましてね。そこでPlayStation Plusの会費もセール価格になっていたのですよ。私の場合,エッセンシャルの残り期間の影響もあってか,1000円ちょっと追加するだけでプレミアムの12か月分にアップグレードできちゃったんです。これはお得。
 ただ,問題は「じゃあプレミアムで何ができるんだ?」ってところだと思うんです。毎月のフリープレイだけヤりたいのであれば,いくら安くなっていても追加でお金を払う必要はないですからね。
 というわけで,ヤってみましたクラウドストリーミングというものを。これ,プレミアムだけの特典で,ストリーミングでゲイムが遊べるのですね。超簡単に言えばゲイム機で情報を処理するんじゃなくてクラウドサーバーで情報を処理するゲイムってこと。
 これによってプレイヤーにもたらされるのは,ゲイムマシンに大量のデータをダウンロードする必要が無いってことです。ネットワーク環境さえしっかりしていれば,マシンパワーは関係ないわけなのですよ。だから,気楽に遊べる。ストレージ容量の管理もたいへんじゃん? そのちょっとした苦痛から逃れられるってわけですね。

画像集 No.003のサムネイル画像 / 男色ディーノのゲイムヒヒョー ゼロ:第712回「14年前のゲイムも面白い」
 で,私はこのたびPlayStation Plusのストリーミングゲイムとして「AFRIKA」をプレイしてみたわけです。これ,2008年にPlayStation 3向けにリリースされた作品なんだけど,14年前の作品とは思えないくらいグラフィックスがきれいなんですね。でも,2008年〜2022年って,W杯が4回行われるくらいの年月なわけで,やはりゲイムにとっては大きな時間なのですね。今のゲイムのほうが,さらに上を行っていることは否定できない。
 でも,古臭いとかそういう印象でもなく。逆に今,2022年にこのAFRIKAを作り直したら凄いことになるんだろうなっていう謎の高揚感を得ることができたんですよ。ゲイムとしては完成してるからね。アフリカの大地と生き物の生態を写真に収めるっていう。「ポケモンスナップ」のリアル版みたいなもんですよ。

画像集 No.004のサムネイル画像 / 男色ディーノのゲイムヒヒョー ゼロ:第712回「14年前のゲイムも面白い」 画像集 No.005のサムネイル画像 / 男色ディーノのゲイムヒヒョー ゼロ:第712回「14年前のゲイムも面白い」

画像集 No.006のサムネイル画像 / 男色ディーノのゲイムヒヒョー ゼロ:第712回「14年前のゲイムも面白い」
 発売当時にもプレイして原稿にも書いていたんだけど,14年という時を超えたこのタイミングでプレイできるとは思わなかった(こんなに長いこと連載が続くとも思わなかった)。ゲイムって進化してるし,でもどの時代のゲイムもそのときにできる全力で作られてるんだなって,妙にノスタルジックな気持ちになりました。
 いや,PlayStation Plusのプレミアム会員の人でまだプレイしていないなら,ぜひAFRIKAもプレイしてみてください。っていうか,AFRIKAでなくともあと腐れのない遊び方ができるクラウドストリーミングを試してみてください。今と比べても比べなくても,いろんな感情が芽生えて面白いですよ。

画像集 No.007のサムネイル画像 / 男色ディーノのゲイムヒヒョー ゼロ:第712回「14年前のゲイムも面白い」 画像集 No.008のサムネイル画像 / 男色ディーノのゲイムヒヒョー ゼロ:第712回「14年前のゲイムも面白い」

 というわけで,今週はブラックフライデーを利用してクラウドストリーミングを体験してみましたってお話でした。いや,やはりゲイムって進化してますよ。で,過去の作品もカジュアルに遊べるようになった。
 ABEMAに関しても思ったことなんですが,やはりテクノロジーって進んでるんですね。テクノロジーを使うのは人間だからそれに振り回されてもいけないけど,やはり人生が豊かになるテクノロジーは使えるに越したことはないよね。W杯という昔からの楽しいコンテンツを,現代風に楽しむことができる。ゲイムにせよなんにせよ,テクノロジーを進化させている人達には感謝する一方で,そのテクノロジーをうまく使いこなせる人間でありたいなと思った今週でした。
 日本対スペイン戦も,ベッドに寝転びながら見るとします。決勝トーナメントも楽しめるといいなあ。結果は来週の原稿を書く頃には出ています。楽しみです。ではまた来週。

今週のハマりゲイム
PlayStation 5:「地球防衛軍6
Nintendo Switch:「カードファイト!! ヴァンガード ディアデイズ
iOS:「ロードモバイル
iOS:「ウイニングイレブン カードコレクション

■■男色ディーノ(プロレスラー)■■
ディーノ選手が所属するDDTプロレスは,今週末の12月3日(土)17:00より千葉・2AWスクエア大会「DRAMATIC DREAM TOUR 2022 in CHIBA 〜ONLY WE×DDT〜」を,翌4日(日)11:30より東京・後楽園ホール大会「D王 GRAND PRIX 2022 the FINAL」を開催します。ディーノ選手は両日共に飯野“セクシー”雄貴選手とのタッグで,彰人選手&大和ヒロシ選手,彰人選手&アントーニオ本多選手とそれぞれ対戦します。「最近気付いたんだけど,お尻を出していると子供達が喜ぶ。子供達に夢と希望を与えられている。大きくなってお尻を出したければ,お尻を出せる職に就こうというメッセージを大事に伝えていきたい」とのことです。
  • 関連タイトル:

    PlayStation Plus

  • 関連タイトル:

    AFRIKA

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:01月30日〜01月31日