オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
超速変形ジャイロゼッター アルバロスの翼公式サイトへ
読者の評価
81
投稿数:3
レビューを投稿する
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

  • 概要
  • ニュース(8)
  • 特集(0)
  • レビュー(0)
  • 体験版(0)
  • ムービー(0)
  • 読者レビュー(3)

超速変形ジャイロゼッター アルバロスの翼

超速変形ジャイロゼッター アルバロスの翼
公式サイト http://3ds.gyrozetter.com
発売元 スクウェア・エニックス
開発元
発売日 2013/06/13
価格 パッケージ版5490円,ダウンロード版5000円(いずれも税込)
ジャンル
レーティング
備考
その他
  • RSS
  • レビューを投稿する
  • このページのURL:
このゲームの読者の評価
81
グラフ
読者レビューについて
 4Gamer読者レビューは,読者の皆さんがご自身の判断で書いたレビューを掲載するためのコーナーです。掲載前には編集部で主に公序良俗面のチェックを行っていますが,掲載されている情報について,4Gamer.netが正確さの保証を行うものではありません。掲載情報のご利用は,読者の皆様自身の判断と責任で行ってください。
 なお,ゲームの評価を表す「GamerScore」は,投稿されたレビューの平均点を表示したものではありません。投稿の傾向を分析・考慮し,補正を加えることで,有用と思われるスコアを目指した形となっております。詳しくは「こちら」をご参照ください。
  • 前のページ前のページ
  • Pages: 1
  • 車好き、RPG好き、子供向け大好きな人にはオススメ 75
    • 投稿者:cuts(男性/30代)
    • 投稿日:2013/07/01
    良い点
    ・新車から旧車、オリジナルまで多数の車が登場する。

    ・ターンを消費してギアを上げ強力な技を出すか、
     今のギアで通常技を連発するか、ギアによる戦略性が面白い。

    ・属性効果が大きく、雑魚敵相手でも弱点を突かれると、
     ピンチに追い込まれる適度な難易度。

    ・音楽が良かった。

    ・通常のRPGにある状態異常を、うまく車に置き換えてあって楽しかった。
    悪い点
    ・ほとんどのボスがファイナルバースト1発で倒せる。倒せなくても瀕死近くまで削れる。

    ・ストーリーがイマイチ盛り上がりに欠ける。
     「指示に従ってたら次がラスボスだった」みたいな感じで
     「そろそろボスが来るかも!」の様な期待感があまりなかった。
     ガイドが親切過ぎるのかもしれない。

    ・アニメを観ていなくても楽しめるという事だったが、
     おそらくアニメを観ていないと話の筋がわからないと思う。

    ・もう少しZカードに種類が多いと良かった。

    ・サブクエストももっと多いと良かった。
    総評
    押さえるべき点をしっかり押さえた良作だと思う。
    しかし「外してはいないが、クリティカルヒットもない」という感じで、
    強くオススメする程の出来ではない。
    自分の様に、車好きで、子供向けの世界観が好きな人には良いと思う。

    途中ジャイロゼッター乗り換えでレベルを上げたり、
    サブクエストなどを消化するなどして、かなりゆっくり目に進めて、
    クリアまで23時間。
    プレイ時間
    20〜40時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 5 5 3 3
  • ご一緒にアーケードとアニメもいかがですか? 80
    • 投稿者:スズシロ(男性/40代)
    • 投稿日:2013/07/01
    良い点
    アーケードのキッズTCG、テレビ東京系アニメ等でマルチメディア展開されている作品だけあって、原作に親しんでいる人間には垂涎もののシチュエーションが展開される。

    ・「アニメの世界」をそのまま冒険できる
    敵の奇襲を受け、40年後の未来に飛ばされてしまった原作主人公&ヒロイン。
    彼らを救いだすのは、プレイヤー操るところの主人公ファミリーなのだ。
    窮地に立たされた主人公を自らの手で救う、という空想に胸を躍らせた小さなお友達、あるいは今もそんな妄想がこびりついている大きなお友達には、またとないアピールポイントだろう。
    幕間にはアニメ版スタッフによるムービーも挿入され、アニメ版ファンを違和感なく没入させてくれる。
    また、アニメ版各キャラの、現代とは異なる壮年期の姿も見どころの一つだろう。

    ・「我が家の愛車」を仲間にできる
    アーケード版から貫かれる本作のセールスポイント、「実車から変形するロボット」=ジャイロゼッターの魅力は、本作でも健在である。
    ゲームオリジナルの架空車両もさることながら、国内自動車メーカー各社の協力のもと、実在の車両がロボットに変形し、手ごわいライバルとして立ちふさがるのだ。
    もちろん「イビルバスター」なるアイテムを使うことにより、一転して彼らを味方に引き入れ、コレクションすることもできる(ポケット某を思い浮かべていただければ話が早い)。
    さらに今回はダイハツ・スズキ両社や、アーケード未収録の車種も参戦。
    先輩方に負けない存在感を発揮してくれる。

    ・ドライブでがっつり、徒歩でのんびり。選べるフィールド画面
    各地のマップ同士は道路でつながっており、愛車を駆って旅をするミニドライブゲームとしても楽しめる(走行中は経験値が加算され、ドリフト成功でボーナスも加算されるため、経験値稼ぎにもなる)。
    各車にはそれぞれ得意地形が設定されており、ダンジョンやフィールドで先頭車両を入れ替えることで、円滑に移動できる点も見逃せない。
    また運転の苦手な人は変形して徒歩で通行することもでき、プレイヤーのスキルに応じて使い分けられる点も評価したいところだ。

    ・入門に最適! 元気いっぱいのキャラクターたち
    むろん、本作からエントリーするユーザーにとっても、本作はジャイロゼッターの入門編として十分に機能している。
    本作オリジナルキャラクターの視点で冒険することで、原作の根幹にかかわるある設定も含め、ジャイロゼッターのエッセンスを存分に満喫できるようになっているのだ。
    特に、主人公の妹・エリカのシリアスもコメディもこなすバイプレイヤー振りは、一見の価値がある。

    ・サウンドトラックを通じた作品世界の統一
    最後に、本作・アニメ版・アーケード版でサウンドトラックが統一され、プレイヤーの没入を助けてくれている点にも言及しておきたい。
    佐藤直紀の手になる楽曲が各作品において共用されることで、「ジャイロゼッターの音楽」として作品間を連結し、世界を貫く大黒柱として機能しているのだ。
    また、未来世界に迷い込んだヒロイン・りんねがアイドルデビューする一幕では書き下ろしの挿入歌が用意され、ファンを楽しませてくれる。
    悪い点
    反面、グラフィックやユーザーインターフェイスには粗削りな点が見受けられ、惜しまれるポイントとなっている。

    ・戦闘における車種システムの必然性
    本作の車種はセダン・ワゴン・スポーツ・エコの4種に分かれているが、アーケード版に存在したような各種編成ボーナス(車種違い・同メーカー・同色など)はなく、現状図鑑の一項目にとどまっている。
    アーケード版から移行したユーザーにとっては物足りなさを感じさせる点であり、かつ、車種というパラメータの必然性も懸念される。

    ・練習走行モードの欠落
    本作においてはドライブパートも移動の一環であり、車両形態での移動中は常にエンカウントの危険にさらされながらの走行となる。
    自分よりも低レベルな敵を回避するアイテム、戦闘から逃走しやすくなるアイテムはあるものの、エンカウントを気にせずゆっくり練習ができる機会が限定される点が惜しまれる。

    ・ユーザーインターフェイスの作り込み不足
    保有するジャイロゼッターを管理する際、検索画面にソート機能がなく煩雑なのが惜しまれる。図鑑モードで簡易ソート機能があるところを見ると、それほど技術的に困難とも思えないが……? ムービーやボイス演出に容量を割いた反作用であろうか。
    また、細かい話だがリーダー車両を交代する時にいちいち下画面をタッチしなければならないのも物足りない。

    ・予備がないセーブデータ
    対戦要素との関連で仕方がないのかもしれないが、セーブデータが1つしかないのは少々不安を感じた(即時セーブ可能なのが救いではあるが)。3DS1台を家族で共用したいユーザーにとっては、いささか不親切と取られないだろうか?

    ・低画質なグラフィック、超必殺技演出の没個性化
    先に述べた容量の問題も考慮せざるを得ないとしても、作中のポリゴンモデルは原作の魅力を引き出し切れていない。作中のジャイロゼッターはロボット形態において車輪をモチーフにした円形の意匠を多用しているのだが、それらが五角形や六角形で代用されているのはさびしい限りである。
    また、作中最大の必殺技となる「ファイナルバースト」に関しても、主人公一家専用機(正規ドライバー搭乗時)以外はエフェクトの色と背景が違うだけというのはいかにも味気ない。アーケード版でメーカーごとの多彩なファイナルバーストに親しんでいるだけに、興がそがれる思いであった。
    総評
    細かいあらはあるものの、一介のジャイロゼッターファンとしては十二分に満喫できる作品であった。
    ファンの欲目を抜くとしても、番号のつかない完全新規タイトルを世に問うた意欲は評価したい。
    繰り返しになるが、ジャイロゼッターというコンテンツへの良き入門編として、購入の価値は十分にあるだろう。ポケモンフォロワーのそしりは免れないにしても、一定の評価は得られうる作品であると判断できる。
    本作をきっかけに、アニメ・漫画・アーケードと家族ぐるみでジャイロゼッターの世界を楽しんでいただけるよう念願して、本稿のしめくくりとしたい。

    なお、アニメから入った(特定のキャラの)ファンについてはもう一言付け加えたい。
    「とにかく北海道まで進めろ」
    詳述は避けるが、そのためだけに夜を徹する甲斐はある。
    実際に夜を徹した筆者が保障しよう。
    プレイ時間
    100〜200時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    2 5 3 5 5
  • ずっとやってても飽きないゲーム 90
    • 投稿者:DMQooT(男性/20代)
    • 投稿日:2013/06/22
    良い点
    普通のRPGではたまに移動が面倒くさくなるときがありますが、このゲームは基本RPGで移動はレースゲームのようになっているので常に刺激的でした。
    操作性も非常によく、レースゲームだけでも楽しめるくらいです。

    個人的に気に入っている点としては敵キャラのマシンを仲間にできるシステムが素晴らしいと思いました。仲間にした車にあった走り方ができるので「自分好みの車を自由にカスタマイズできる」というのが良かったです。

    又、戦闘シーンは毎回戦うムービーが流れていてそれを見るのも楽しいのですが、少し時間がかかります。しかし、早送り機能がついているので戦闘もサクサク進めました。

    お話はTVアニメとは少しだけ違う世界なのでTVアニメを見ていない人でも十分楽しめる内容だと思います。

    悪い点
    ・ムービーはクリア後に見れるのですが、ムービー以外のイベントは見れないのでセーブデータが複数あるといいと思いました。

    ・ロードがちょくちょく入るのが少し気になりました。1回のロードは短いので何度もロード画面を出さなくても大丈夫だと思いました。
    総評
    グラフィックは文句なしです。特に戦闘シーンの演出はアーケード版のようです。
    サウンドも歌入りのBGMが流れたりして楽しい気分になれます。世界観ともあっていました。
    快適さは短いロードがよく入るのが気になります。しかし戦闘シーンの早送り機能はとても素晴らしいと思います。
    熱中度はかなり高いと思います。良い点でも書いたとおり、2つのジャンルが交互に行われるので飽きる事がないと思います。
    ボリュームは個人的にはストーリーがもう少しあると良かったです。やり込み要素は強いのでストーリーが終わった後も遊べるのが嬉しいです。

    プレイ時間
    60〜100時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 5 4 5 4
  • 前のページ前のページ
  • Pages: 1
レビューを投稿する

4Gamer読者レビューは,皆さんがプレイしたゲームを評価するという読者参加型のコンテンツです。投稿されたレビューは,4Gamer.netに掲載されるほか,「読者の皆さんの評価」である「GameScore」の算出に利用されます。

レビューを投稿する
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:06月13日〜06月14日
タイトル評価ランキング
68
48
魔界戦記ディスガイア6 (Nintendo Switch)
30
ETERNAL (iPhone)
2020年12月〜2021年06月